来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[フェス]『エレクトラグライド』開催まであと18日!タイムテーブル&場内マップ発表!![ライブ]

今年のエレグラは2ルームをブチ抜いた巨大な1つのフロアに、2つのステージが対面で設置され交互にパフォーマンスが進行! 要は、カブリなしで全てのショウを観ることが可能。 次から次へとノンストップで繋がって行くパフォーマンスが、濃密なヴァイブを生み出し、フロアをそして一夜のパーティーを最高の一体感に包み込む! さらにタイムテーブルに注目せよ!まさに息つく暇もない疾風怒濤のランニング・オーダー!

NOSAJ THING × 真鍋大度 × 堀井哲史 × 比嘉了
フライング・ロータスやケンドリック・ラマーも認めるL.A.ビートの逸材ノサッジ・シングと、パフュームの演出をはじめ世界的認知度を飛躍的に上げ続ける真鍋大度率いるライゾマティクスの面々が世界初公開となるオーディオ・ヴィジュアル・セットで登場。electraglide 2013のイノヴェイティヴな幕開けを告げる。

FACTORY FLOOR
アシッド、パンク、ディスコ、インダストリアルを3ピースで配置しながら、破壊力抜群のライヴ・パフォーマンスに中毒者続出!!ポスト・パンク、クラウト・ロックのDNAを現代のミニマリズムでモダナイズした緊張感溢れるグルーヴが暴力的な興奮へと昇華していく様は必見(失禁)!!

MACHINEDRUM
IDM〜エレクトロニカ、ヒップホップ、ポスト・ダブステップ、ジュークとビート・ミュージックの潮流を掴みながら、そのドープネスをポップに錬金してきた奇才が最新作にして傑作『Vapor City』リリース後の初舞台をエレグラで披露!ディープでヴェイパーな街のサウンドトラックが幕張メッセを覆い尽くす!!

SHERWOOD & PINCH
全てのベース・ミュージック・フリークが狂喜した最強のドリーム・タッグが再びここ日本を襲撃!!ダブ・サウンドのルーツと未来が邂逅した“今”を鳴らす、陶酔と覚醒のレベル・ミュージックが来場者の足腰、そして魂を直撃!!衝撃のヘヴィウェイト・ダブに応答せよ!!

JAMES BLAKE
先日マーキュリー賞を受賞し、名実ともにUKを代表するアーティストとなったジェイムス・ブレイクが2013年のワールド・ツアーのファイナル公演としてelectraglide初登場!視覚も魅了する大がかりな舞台演出の機材を持ち込みフル・セット(日本初上陸!)で行われるショウ!さらにヴァージョンアップした唯一無二のJBワールドは、再び伝説の一夜を更新するだろう。

2manydjs LIVE
EDM前夜からロックとダンスの垣根をブチ壊し、キラー・チューンとキラー・チューンを掛け合わせた“マッシュ・アップ”の洪水でフロアを掌握するパーティー奉行がなんと10年ぶりにエレグラに降臨!かかっている曲のアートワークがリアルタイムでシンクロしていく最強のパーティー・エンターテインメントを投下!

!!!(chk chk chk)
即完!大合唱!!汗まみれの肉弾戦!!!となったプレミア来日公演も記憶に新しい、最狂のモンスター・グルーヴ・バンドが帰還!ロック・フリーク、パンクス、テクノ・ヘッズをまとめて飲込む狂乱のグルーヴで幕張メッセのフロアがダンサーの洪水で溢れかえること必至!!!

MODESELEKTOR [DJ SET + 909] with Pfadfinderei
貪欲なまでに雑食なサウンドで世界中のダンスフロアを狂喜乱舞させてきたデュオが遂にエレグラ初参戦!今回は新機材とTR-909を組み込んだDJセットに盟友であるマルチ・メディア・アーティストPfadfindereiがVJとして帯同した圧巻のオーディオ・ヴィジュアル・セットを本邦初公開!!

THEO PARRISH
デトロイトのブラックネスを体現し続けるこの男がまさかのelectraglide 2013出演!百花繚乱のパフォーマンスを抜けた後に、ソウル、ジャズ、ファンク、ディスコ、テクノ、ハウス…すべてのミュージック・ラバーを祝福する至高のDJプレイが今年のエレグラを大団円へと誘う!!

タイムテーブル/フロアマップはこちら
http://www.electraglide.info/2013-news/#1112-1

■エレクトラグライド2013 official link
http://www.electraglide.info/

公演情報

2013/11/29(金) 幕張メッセ(千葉)
[チケット情報はこちら]

★electraglide (エレクトラグライド)最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-11-12 14:44 この記事だけ表示

[ライブ] 2014年2月開催Hostess Club Weekender、全出演アーティスト発表![ライブ]

NEUTRAL MILK HOTEL、DEERHUNTERらを迎え、11/30(土)12/1(日)に恵比寿ガーデンホールで第6回の開催を控える「Hostess Club Weekender」より、つづく第7回の開催とその出演者が発表されました。

2014/2/15(土)、16(日)の2日間にわたり新木場スタジオコーストにて開催する第7回。気になる出演者は、Mogwai、The National、Warpaint、CHVRCHES、Youth Lagoon、Daughter、King Krule、Asgeir、Errors、Buke & Gaseの全9組。新人から大御所まで独自の視点でセレクトした刺激的なアーティストを多数フィーチャー。毎回大好評の出演アーティストによるサイン会、会場限定のレア盤やグッズを販売するポップアップ・ショップである“Hostess Shop”、こだわりの飲食ブースなど、週末に目一杯音楽を楽しむイベントとしてすでに定着してきている「Hostess Club Weekender」。お見逃しなく!

<第7回 2014/2/15(土)16(日)公演ラインナップ>

■Mogwai(モグワイ)
1995 年にスチュアート(G)、ドミニク(B)、マーティン(Dr)、バリー(Vo,G, Key)、ジョン(G)で結成されたポスト・ロック界で最も影響力を持つ重鎮バンド。1997 年のデビューから現在までに7 枚のスタジオ・アルバムを発表。フジロック'06 でのトリや、メタモルフォーゼ'10 では圧巻のステージを披露し話題に。2011 年2 月の日本公演では2 公演をソールドアウトにし、また同年のフジロックフェスティバル'11 ではグリーンステージに出演。変わらぬ人気の高さを証明した。2014 年2 月、スタジオ・アルバムとしては通算8 枚目となるニュー・アルバム『レイヴ・テープス』をリリース予定。
日本オフィシャルサイト:http://hostess.co.jp/mogwai/

■The National(ザ・ナショナル)
1999 年ブルックリンにて結成。アーロン・デスナー(G, B)とブライス・デスナー(G)、スコット・デヴェンドーフ(G, B)とブライアン・デヴェンドーフ(Dr)兄弟と、マット・バーニンガー(vo)からなる5 人組。2001 年デビュー・アルバム『ザ・ナショナル』をリリース。2010 年の5th アルバム『ハイ・ヴァイオレット』は、全米チャート第3 位、全英チャート第5 位を記録。2011 年に行われた初の単独来日公演はソールド・アウトとなり、多くの観客を魅了しました。2013 年5 月、ニュー・アルバム『トラブル・ウィル・ファインド・ミー』をリリース。全米・全英チャート第3 位を記録し、ロラパルーザやボナルー・フェスティバルといった大型フェスにも軒並み出演するなど、アメリカを代表するバンドに。
日本オフィシャルサイト:http://hostess.co.jp/4ad/thenational/

■Warpaint(ウォーペイント)
米ロサンゼルス出身の女子4 人組バンド。2009 年、自主製作EP「Exquisite Corpse」でデビューすると、地元ロサンゼルスでいきなり話題となる。その後英名門レーベル<RoughTrade>と契約し、2010 年にデビュー・アルバム『ザ・フール』をリリース。元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテをはじめとした多くのアーティストやセレブが彼女らをフェイヴァリット・バンドに挙げている。
日本オフィシャルサイト:http://hostess.co.jp/roughtrade/warpaint/

■CHVRCHES(チャーチズ)
グラスゴー出身のローレン・メイベリー(Vo)、イアン・クック(Key,B,Vo)、マーティン・ドハーティ(Key,Vo)で結成した3 人組バンド。注目新人を選ぶBBC サウンド・オブ・2013で5 位を獲得し、レーベル契約前からネットを中心に人気が爆発。さらに、デペッシュ・モード、トゥー・ドア・シネマ・クラブのサポートを務め、同年7 月には日本独自企画盤『EP』で日本デビュー。8 月にはサマソニで初来日を果たし話題をさらった。9 月、待望のデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』をリリース。全英チャート初登場9 位(10/5 付)、全米チャート12 位(インディー1 位) (10/12 付)を記録した。
日本オフィシャルサイト:http://hostess.co.jp/chvrches/

■Youth Lagoon(ユース・ラグーン)
米アイダホ州ボイシー出身のマルチ・インストゥルメンタリスト、トレバー・パワーズのソロ・プロジェクト“ユース・ラグーン”。高校時代に様々なバンドを渡り歩く中で、ソロ・プロジェクト“ユース・ラグーン”をスタート。2011 年のデビュー・アルバムが国内外メディアで軒並み絶賛された。2013 年3 月、セカンド・アルバム『ワンダラス・バグハウス』をリリースすると、米音楽サイトであるピッチフォークにて8.7 点&ベスト・ニュー・ミュージックを獲得するなど、ベッドルーム・ポップ界話題の新鋭として注目をされている。
海外オフィシャルサイト:http://www.facebook.com/youthlagoon

■Daughter(ドーター)
2010 年にヴォーカルのエレナ・トンラを中心にロンドンで結成した3 ピース・ロックバンド。2012 年、新人アーティスト発掘音楽フェスSXSW でのライヴが話題となり、セイント・ヴィンセント、グライムス等を世界的にブレイクさせた英名門レーベル<4AD>と契約。デビュー前から米人気テレビ番組デイヴィッド・レターマンに出演するなど、注目新人として話題を呼び、2013 年3 月にデビュー・アルバム『イフ・ユー・リーヴ』をリリース。同年7 月にはフジロックフェスティバル '13 で初来日を果たす。
日本オフィシャルサイト:http://hostess.co.jp/4ad/daughter/

■King Krule(キング・クルエル)
ロンドン出身、アーチー・マーシャルによるプロジェクト。2011 年にガールズ等を送り出してきた<True Panther Sounds>からリリースしたデビューEP『キング・クルー』の革新的なサウンドが話題となり、国内外の媒体が大絶賛する等注目を浴び、BBC“サウンド・オブ・2013”にもノミネートされる。アデル、ヴァンパイア・ウィークエンド擁する<XL レコーディングス>からデビュー・アルバム『シックス・フィート・ベニース・ザ・ムーン』を9 月にリリース。次世代UK シーン期待の新星として注目を集めている。
日本オフィシャルサイト:http://hostess.co.jp/xl/kingkrule/

■Asgeir(アウスゲイル)
アイスランドの人口40 人余りの集落、ロイガルバッキ出身のシンガー・ソングライター。2012 年9 月にリリースした自身のデビュー・アルバム『Dyrd i daudathogn』が数々の記録を更新し、アイスランド史上最速で売れた国内アーティストによるデビュー・アルバムとなる。2013 年にはアイスランド音楽賞2 部門(「最優秀アルバム賞」「新人賞」)を受賞したほか、Nordic Music Prize(北欧版マーキュリー的なアウォー ド)にノミネートされるなど一躍国内音楽界のスター・シンガー・ソングライターとなり、今では21 歳という若さにしてアイスランドの全人口の10 人に1 人が彼のアルバムを所有している売り上げを誇る。2014 年には英語ヴァージョンのアルバム『In The Silence』をリリース予定。
日本オフィシャルサイト:http://hostess.co.jp/asgeir

■Errors(エラーズ)
2004 年にグラスゴーで結成したポスト・エレクトロ・バンド。活動を開始するや否や早速その個性的なダンス・サウンドが注目を集め、モグワイが主宰するレーベル<Rock Action>と契約。2007 年には、アルバム・デビュー前にも関わらずアンダーワールドの前座に大抜擢された。これまでに4 枚のアルバムと数枚のEP 及び7 インチをリリース。モグワイやザ・トワイライト・サッドのオープニング・アクトを務めるなど、グラスゴー音楽シーンを中心に注目を集めている。
海外オフィシャルサイト:http://www.weareerrors.com/

■Buke And Gase(ビューク・アンド・ゲイス)
アローン・ダイヤーとアロン・サンチェスによって結成され、NY ブルックリンで活動する男女デュオ。自ら制作/改造してつくられたオリジナル楽器 を自在に操り、パワフルなロック・サウンドを生み出すという、ユニークな演奏スタイルを確立。2009 年、ザ・ナショナルのアーロン&ブライスのデスナー兄弟が共同運営するレーベル<Brassland>と契約し、2010 年に全米デビュー。2013 年、ニュー・アルバム『ジェネラル・ドーム』をリリース。
海外オフィシャルサイト:http://www.bukeandgase.com/

■Hostess Club Weekender official link
http://ynos.tv/hostessclub/

公演情報

■第6回
11/30(土)The Garden Hall (東京)
Neutral Milk Hotel/Okkervil River/Sebadoh/Delorean/Temples
12/1(日)The Garden Hall (東京)
Deerhunter/Juana Molina/Four Tet/Omar Souleyman/Austra
[チケット情報はこちら]

■第7回
2014/2/15(土)・16(日) 新木場スタジオコースト(東京)
Mogwai/The National/Warpaint/CHVRCHES/Youth Lagoon/Daughter/King Krule/Asgeir/Errors/Buke & Gase
[チケット詳細近日公開]


Hostess Club Weekender 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-11-11 21:04 この記事だけ表示

[ライブ] 結成35年を迎えたTOTO、待望のジャパン・ツアーが決定![ライブ]

結成35年を迎えたTOTO、待望のジャパン・ツアーが決定!「ホールド・ザ・ライン」「アフリカ」「ロザーナ」など名曲の数々が甦る!!

■TOTO(トト) official link
http://www.sonymusic.co.jp/artist/Toto/

公演情報
2014/4/23(水)名古屋市公会堂(愛知)
2014/4/24(木)フェスティバルホール(大阪)
2014/4/28(月)日本武道館(東京)
2014/4/30(水)東京エレクトロンホール宮城(宮城)
2014/5/2(金)ニトリ文化ホール(北海道)
[チケット情報はこちら]


TOTO(トト)
オールタイム・ベスト 1977-2011〜イン・ザ・ブリンク・オブ・アイ〜
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★TOTO(トト) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-11-11 20:11 この記事だけ表示

[ライブ] VOLBEAT 新規公演決定![ライブ]

日本デビュー、更にサマーソニック出演をも果たし、ここ日本でも存在感を示した2013年のVOLBEAT そして2014年遂に念願の単独公演が決定!


■VOLBEAT オフィシャルリンク
>>http://www.volbeat.dk/landingpages/outlaw-gentlemen-shady-ladies-touredition/

■Volbeat - Cape Of Our Herot

公演情報

2014/2/15(土)、16(日) 渋谷CLUB QUATTRO(東京)
2014/2/17(月) 梅田CLUB QUATTRO (大阪)
[チケット情報はこちら]

VOLBEAT
『アウトロー・ジェントルメン&シェイディ・レディース デラックス・エディション』
発売日:NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★VOLBEAT (ヴォルビート)最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)


2013-11-08 18:41 この記事だけ表示

[ライブ] KILLSWITCH ENGAGE ヘッドライナーツアー決定![ライブ]



2013年3月、最新アルバム「ディスアーム・ザ・ディセント」をリリースしたKsE。このアルバム制作に入る前、9年間フロントマンを続けて来たハワード・ジョーンズが脱退という衝撃のニュースを乗り越え、ハンド初期2作品においてシーンに強烈なインパクトを残したシェシー・リーチをボーカリストとして迎え入れていた。そして完成させた「ディスアーム・ザ・ディセント」は我々の心配を、時に激しく時に優しく「ポジティブ・メンタル・アティテュード」を歌い上げるジェシー・リーチが吹き飛ばすことになる。ジェシーの復帰によりデフォルトされたハードコア・スピリッツ、鋭くエッジの効いたブルータルでヘヴィーなサウンド、壮大に広がる展開が今まで以上に際立ち驚異的な融合を見せている。そんな揺るぎないKsEの姿がフジロック13で目撃され誰もが認めた。

多くのニュー・ジェネレーション・メタル・バンドが台頭し淘汰されて来た中、KsEが今後のメタル・シーンの中核を担うにちがいないことを来春のツアーが証明してくれることだろう

■KILLSWITCH ENGAGE official link
http://www.killswitchengage.com/

<公演情報>

2014/4/2(水) 名古屋クラブクアトロ(愛知)
2014/4/3(木) 梅田クラブクアトロ(大阪)
2014/4/4(金) ドラムロゴス(福岡)
2014/4/6(日) 広島クラブクアトロ(広島)
2014/4/7(月) 赤坂BLITZ(東京)
[チケット情報はこちら]

KILLSWITCH ENGAGE
『ディスアーム・ザ・ディセント(DVD付スペシャル・エディション)』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★KILLSWITCH ENGAGE(キルスイッチ・エンゲージ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-11-06 16:57 この記事だけ表示