来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ライブ] Steve Kimock featuring Bernie Worrell, Andy Hess & Wally Ingram来日決定![ライブ]

Steve Kimock featuring Bernie Worrell, Andy Hess & Wally Ingram
単独公演としては9年ぶり、今年のフジに引き続き伝説のファンクバンド、パーラメント/ファンカデリック及びトーキングヘッズのキーボードのバーニー・ウォーレル、ガヴァメント・ミュールのベーシストのアンディ・ヘス、シェリル・クローやデヴィッド・リンドレーのドラマーとして知られるワーリー・イングラムと言う超豪華メンバーを引き連れて再来日決定!

グレイトフル・デッドファミリーの一員であるギタリスト、スティーヴ・キモックは、故ジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッド)等の当時サイケデリックを代表する著名人らとジャムに明け暮れる日々を送り、ジェリー・ガルシアに「一番好きな無名のギタリスト」とまで言わせた。16年以上活動したZEROというバンドで6枚のアルバムを残し、その後、様々なセッションを経て、ガルシア亡き後、グレイトフル・デッドの残りのメンバーで結成されたThe Other Onesのギタリストに抜擢される。その後キモック・アンド・フレンズをスタートさせ、現在のスティーヴ・キモック・バンドへと進化していくことになる。彼を中心とするこのバンドはサイケデリックロックを軸に、ファンク/ジャズ/サンバ等多種多様なジャンルを超越した、他に類を見ない空を駆けるような超絶インストギターサウンドを奏で、ここ日本でも多くのファンを獲得している。
今年のフジロックには、伝説のファンクバンド、パーラメント/ファンカデリック及びトーキングヘッズのキーボードのバーニー・ウォーレル、ガヴァメント・ミュールのベーシストのアンディ・ヘス、シェリル・クローやデヴィッド・リンドレーのドラマーとして知られるワーリー・イングラムと言う超豪華メンバーを引き連れてフィールド・オブ・ヘヴンのトリを飾り、数多くのファンを魅了した。
そんな彼が単独公演としては9年ぶりとなる再来日決定!
ぜひ彼らの奏でる最高のインプロヴィゼーションとグルーヴを体験して下さい!!

■ STEVE KIMOCK official link
http://www.kimock.com/

公演情報

2013/3/23(土) DAIKANYAMA UNIT (東京)
2013/3/24(日) YOKOHAMA BAY HALL (神奈川)
2013/3/26(火) UMEDA CLUB QUATTRO (大阪)
[チケット情報はこちら]

STEVE KIMOCK
『Eudemonic』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★STEVE KIMOCK(スティーブキモック) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-08 19:53 この記事だけ表示

[ライブ] 今年一番話題のバンドFUN. 、7月の即完売公演を経て待望の東名阪ツアーが決定![ライブ]

アメリカからの新しい風、 全米でファン.(FUN.)タスティックな記録ずくめ!!
7月の即完売公演を経て待望の東名阪ツアーが決定!

★シングル“We Are Young”6 週連続で全米シングル・チャートで1位獲得!
★4週連続で米iTunes シングル・チャート1位&累計 500万ダウンロード超え!!
★2012 年度、世界で最もシングルがダウンロードされた新人!!


正に記録ずくめ。2012年を総括するのはまだ早いが、今年一番話題のバンドFUN.。
7月に決まった急遽初来日1日だけのライブは瞬く間にソールドアウト。
今最も望まれていた来日ツアーが遂に実現。

【BLOW UP】
洋楽不況が叫ばれる中、TOWER RECORDS店頭で好リアクションのあった新人をTOWER RECORDSとSMASHが完全共催により、マーケットに伝えていこうと考えた企画が"NEXT BREAKER"。
そしてさらにステップしたアーティストを世の中に広げていこうと新たに立ち上げる企画が"BLOW UP"。
音楽は聴くものであり、感じるもの。店頭からライブまでを一つの流れとしてお客様に共感していただく、まさにNO MUSIC,NO LIFF.な企画。今回はNEXT BREAKER vo.4で7月に来日。瞬く間にチケットがソールドアウトしたファン.の来日が決定!

■ FUN. official link
http://www.ournameisfun.com/

公演情報

2013/2/24(日)新木場STUDIO COAST (東京)
2013/2/25(月)大阪BIG CAT (大阪)
2013/2/26(火)名古屋CLUB QUATTRO (愛知)
[チケット情報はこちら]

FUN.(ファン)
『サム・ナイツ〜蒼い夜〜(初回限定スペシャル・プライス盤) [Limited Edition]』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★FUN.(ファン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-08 19:42 この記事だけ表示

[ライブ] 爆音ガレージ・ロック・バンド、JAPANDROIDS来日決定![ライブ]

カナダ発、2ピース爆音ガレージ・ロック・バンド『ジャパンドロイズ』の来日が決定!!

Brian King/ブライアン・キング(g, vo)とDavid Prowse/デヴィッド・プラウズ(dr, vo)により2006年に結成。バンドは「All Lies」(2007)と「Lullaby Death Jams」(2008)という2枚のEPをセルフ・リリースし、大きな注目を浴びるようになる。2009年にはファースト・アルバム「Post-Nothing」をリリース。このアルバムは瞬時に大絶賛を浴び、同年の末には、地元カナダの「Exclaim!」をはじめ、「Pitchfork」「Spin」「NME」「Stereogum」「The A.V. Club」「Pop Matters」他、多くのメディアが「Post-Nothing」を年間ベスト・アルバムの1枚に選出。バンドは23カ国にもわたるワールドツアーをこなし、世界中のファンを獲得する。また地元カナダでは同年のPolaris Music PrizeやJuno Awardの“Alternative Album Of The Year”にもノミネートされた。
「Post-Nothing」から3年、今年5月に傑作セカンド・アルバム「CELEBRATION ROCK」を発表。ライヴ活動で培った演奏力、ソングライティング力を、ダイレクトに曲づくり〜レコーディングに反映させたというその作品は、Billboardで初登場37位を獲得し「THE HOUSE THAT HEAVEN BUILT」というサマーアンセムも生み出した。 バンドはフジロック‘12で初来日。 壁のように積まれたギターアンプとベースアンプから掻鳴らされるブライアンのギターの圧倒的な音圧とデヴィッドのたたみかけるようなドラミング、シンガロングされるコーラスが一体となり、ロックンロールは暴走していく。2ピースゆえの生々しさと出音への本気度がそのまま伝わる素晴らしいライブを披露した。
その後も世界中をツアーしている彼らの再来日公演が決定した。

■ JAPANDROIDS(ジャパンドロイズ) official link
http://japandroids.com/

公演情報

2013/2/18(月) 渋谷WWW (東京)
2013/2/19(火) CONPASS (大阪)
[チケット情報はこちら]

JAPANDROIDS
『セレブレイション・ロック』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★JAPANDROIDS(ジャパンドロイズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-08 19:37 この記事だけ表示

[ライブ] SPARKS、急遽来日決定![ライブ]

この10月にイギリスで行った「TWO HANDS, ONE MOUTH TOUR」も成功のうちに終え、根強い人気の高さを証明したSPARKS、急遽来日決定!

今回は声とキイボードと例によって奔放で予期しない動きによるロンとラッセル兄弟二人だけによるステージだ。類い稀なソングライティングと誰も真似ができないスタイルで多くのミュージシャンに影響を与えファンを喜ばせて来たスパークスだが、ここ最近彼らのショーには豪華さが増して来ていた。例えば2008年ロンドンでは、今までにリリースした21枚のアルバムを1晩につき1枚ずつ21日間の公演で演奏したり、22枚目の作品『The Seduction Of Ingmar Bergman』発表の際にはロサンジェルス映画祭においてライブ・ミュージカルとして演じられた。そしてファースト・アルバムを発表した1972年から40年が経過した今、彼らは混じりっ気のないデュオという形で数多いスパークスの曲からより選ってお贈りする。我々は知的で洞察力のある歌詞、その比べ様がないメロディーに贅沢な創りものを脱ぎ捨てたスパークスのエッセンスを再発見することだろう。

■ SPARKS(スパークス) official link
http://www.allsparks.com/

公演情報

2013/1/8(火) 渋谷CLUB QUATTRO (東京)
2013/1/9(水) 梅田CLUB QUATTRO (大阪)
[チケット情報はこちら]

SPARKS
『キモノ・マイ・ハウス』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★SPARKS(スパークス) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-08 19:33 この記事だけ表示

[ライブ] 世界が注目するインディー・ロックバンド、THE LUMINEERSの初来日公演が決定!![ライブ]

デビューアルバムに収録された「ホー・ヘイ」が50万ダウンロードを記録、世界が注目するインディー・ロックバンド、ザ・ルミニアーズの初来日が決定!!

マムフォード&サンズの最新アルバムが全米・全英でともに1位を獲得するなど、コンテンポラリー・ルーツ・ミュージックをベースにしたバンドが、懐古趣味ではなく新鮮なサウンドとして、今や世界中の若い音楽ファンを魅了している。そんな時代の風を受けたアメリカ・コロラド州デンヴァーをベースに活動する3人組、ザ・ルミニアーズの登場は、マムフォードに対する、まさにアメリカからの必然的な回答とも言えるだろう。2012年4月、バンド名をタイトルにしたデビューアルバム『ザ・ルミニアーズ』が、リリース直後いきなりのビルボード・チャート11位。収録曲「ホー・ヘイ」が50万ダウンロードを記録するなど、このアルバムはネット世代のリスナーを中心に半年以上経った現在も異例のロング・セールスをつづけている。この秋にはUKデビューも果たし、ヨーロッパ各地でも話題が話題を呼び、当初予定していたツアー会場でのチケットが瞬く間に完売。チケットを求める声に押されて、キャパシティ数倍の会場への変更となるほどの盛り上がりぶりを見せている。12月にはアメリカでデイヴ・マシューズ・バンドに招かれたアリーナ・ツアーも予定。着実にビッグなバンドへのステップを駆け登るなか、2013年1月16日に日本盤もリリース。そしてこの春、待望のザ・ルミニアーズ初来日公演が決定!!

■ THE LUMINEERS - Ho Hey

■ THE LUMINEERS(ザ・ルミニアーズ) official link
http://thelumineers.com

公演情報

2013/4/5(金) 原宿アストロホール (東京)
[チケット情報はこちら]

THE LUMINEERS
『Lumineers』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★THE LUMINEERS(ザ・ルミニアーズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-08 19:26 この記事だけ表示