来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ライブ] 元ミーターズのレオ・ノセンテリらが参加THE METERS EXPERIENCE来日決定![ライブ]

ニュー・オーリンズ・ファンクを生み出した第一人者的存在、元ミーターズのギタリスト、レオ・ノセンテリがビルボードライブ・オリジナルのスぺシャル・ユニットで登場!
参加メンバーは、P-ファンクのバーニー・ウォレル、JBズのフレッド・ウェズリー、ギャラクティックのスタントン・ムーア、高速スラップのビル・ディケンズ、ニュー・オーリンズで活動を続けているCRグル―ヴァーという超絶な布陣。このメンバーが、60年代半ばにレオ・ノセンテリがアート・ネヴィル、ジョージ・ポーターJr.らと結成したミーターズのインスト・ファンク・グループとしてのスピリットを蘇らせてくれる。ファンク/ジャズ/R&Bが一体となった、まさに伝統と革新のグルーヴを体感!

<ミーターズExperience>
featuring
レオ・ノセンテリ(THE METERS)
バーニー・ウォレル(P-FUNK)
フレッド・ウェズリー(JB HORNS)
スタントン・ムーア(GALACTIC)
ビル・ディケンズ
CRグルーヴァ−

公演情報

2013/1/29(火) Billboard Live OSAKA(大阪)
2013/1/30(水)、31(木) Billboard Live TOKYO(東京)
[チケット情報はこちら]

2012-11-29 19:21 この記事だけ表示

[ライブ]The Pharcyde、デビューアルバムのリリース20周年を記念する来日ツアー決定![ライブ]

Delicious Vinyl presents Bizarre Ride Live!Japan Tour 2012 in OSAKA supported by DISSIZIT! / XLARGE

ヒップホップ黄金期と呼ばれる’90年代のヒップホップ・シーンの中で、今でも根強い人気を誇るウェストコーストを代表するグループ、The Pharcyde。その彼らのデビュー・アルバム『Bizarre Ride II The Pharcyde』のリリース20周年を記念する来日ツアー『Delicious Vinyl presents Bizarre Ride Live! Japan Tour』が今年12月に開催される。

地元LAにてダンサーとしてのキャリアを経て’80年代後半に結成されたThe Pharcydeは、’92年にDelicious Vinylよりリリースされたシングル「Ya Mama」によってデビューし、4人のMCによる独特のマイクリレーとその音楽性のオリジナリティの高さによって、瞬く間に注目を浴びる存在となる。その後、同年にリリースされた1stアルバム『Bizarre Ride II The Pharcyde』、続いて’95年リリースの2ndアルバム『Labcabincalifornia』によって全米のみのならずヨーロッパやアジアでも不動の人気を得ることとなる。

■The Pharcyde - Ya Mama

今回の『Delicious Vinyl presents Bizarre Ride Live! Japan Tour』に参加するのはThe PharcydeのオリジナルメンバーであるFatlip、Slimkid3、そして『Bizarre Ride II The Pharcyde』のプロデューサーであるJ-Sw!ft、L.A. Jayで、彼ら4人が同アルバムを1曲目からラストまで完全再現するというコンセプトで行なわれる。
アメリカ国外では今回の来日ツアーが初のお披露目となる。この貴重な機会を是非お見逃しなく!



■The Pharcyde(ファーサイド) official link
http://thepharcyde.com/

公演情報

2012/12/12(水) GRAND Cafe (大阪)
[チケット情報はこちら]
>携帯の方はこちら

The Pharcyde
『Bizarre Ride II The Pharcyde』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★The Pharcyde(ファーサイド) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-29 19:18 この記事だけ表示

[ライブ] 結成50周年記念!THE JIM KWESKIN JUG BAND 来日公演決定![ライブ]

THE JIM KWESKIN JUG BAND REUNION TOUR

1960年代初頭、折からのフォークブームでボブ・ディラン他のシンガーソングライター達が登場したがそれと同時に古くから有ったジャグ・バンドミュージックに注目しバンドを結成した若者達がいた。
ボストンのジム・クエスキン・ジャグ・バンド(J.K,J.B.)、ニューヨークのイーブン・ダーズン・ジャグ・バンド(E.D.J B)にデイブ・ヴァン・ロンクのラグタイム・ジャグ・ストンパーズ(R.J S)その他かなりの数のジャグバンドが登場した。 これらのジャグ・バンドからはその後有名になるシンガーやソングライター、ミュージシャン達が出た。
JKJBからはジムにジェフとマリア・マルダー、EDJBからはジョン・セバスチャン、エリック・カッツ、デイヴィッド・グリスマン、ステファン・グロスマン、RJSからはサム・チャーターズ、バリー・コーンフェルド、ダニー・カブといったその後の音楽シーンを引っ張って行く人達だ。
そのジャグ・バンドブームのきっかけを作ったのがJ.K.J.B(ジム・クエスキン・ジャグ・バンド)だ。
彼らは他のグループが短命に終ったのに比べてその後アルバムを出し続け1970年代になってそれぞれがソロで活動するまでライブ活動を続けた。

メンバーは初期の頃からだいぶ変わったが今回来日するメンバーは最後のアルバム、ガーデン・オブ・ジョイ当時のメンバーでバンドの名物プレーヤーだったフリッツ.リッチモンドは惜しくもなくなってしまったのでジム.マリア、ジェフにビル・モンローのブルー・グラス・ボーイズやブルーヴェルヴェット・バンドのメンバーだったビル・キースとリチャード・グリーンの5人にサポートとなる。
今回は結成50周年記念という事だがメンバーそれぞれが個人の街道に忙しく、アメリカと日本のみのライブになるらしい。
30数年ぶりに集まる彼らの演奏に期待したい。

【来日メンバー】
Jim Kweskin/Bill Keith/Richard Greene/Maria Muldaur/Geoff Muldaur

公演情報

2013/4/10(水) BIGCAT (大阪)
2013/4/12(金) 日本橋三井ホール (東京)
[チケット情報はこちら]
>携帯の方はこちら

ジム・クエスキン・ジャグ・バンド
『ガーデン・オブ・ジョイ』
NOW ON SALE
>>ご予約・ご購入はこちらから!

★Jim Kweskin(ジムクエスキン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-28 19:13 この記事だけ表示

[ライブ]アダム・ランバート待望のソロ来日公演、東京追加公演が決定![ライブ]

全米ビルボードチャート初登場No1!!
クイーンが認めた世紀のヴォーカリスト、アダム・ランバート待望のソロ来日公演、東京追加公演が決定!

<追加公演>
2013/2/21(木) 渋谷公会堂(東京)

■アダム・ランバート
1982年、米インディアナ州生まれ、カリフォルニア州サン・ディエゴ育ち、ロサンジェルス在住。 10歳から演劇を学び、クイーン、レッド・ツェッペリン、デヴィッド・ボウイ、マイケル・ジャクソン、マドンナといったアーティストから影響を受けつつ、バンドのシンガーとして活躍。その後、『ウィキッド』ほか数々のミュージカルにも出演を果たす中、去年(09年)「アメリカン・アイドル シーズン8」に挑戦。ザ・ローリング・ストーンズからマイケル・ジャクソンまでどんな曲も見事に自分のカラーで歌いこなすアダムは、番組史上最高の賞賛と注目を浴び、その圧倒的な歌唱力とカリスマ輝くパフォーマンスで一気にスターダムへと駆け上がった。「アメリカン・アイドル」放送終了後も快進撃は止まることころを知らず。アダムが表紙を飾った「Rolling Stone誌」は売り切れ、「People誌」の【今最もセクシーな独身男性2009】に選ばれるなど、アメリカではその盛り上がりが社会現象にまでなった。

■Adam Lambert(アダム・ランバート) official link
http://www.adamofficial.com/

公演情報

2013/2/19(火)・20(水)、21(木) 渋谷公会堂(東京)
★21日は追加公演
2013/2/23(土) 金沢市文化ホール(石川)
2013/2/25(月) クラブ ダイアモンドホール(愛知)
2013/2/26(火)  なんばHatch(大阪)
[チケット情報はこちら]

アダム・ランバート
『トレスパッシング』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Adam Lambert(アダム・ランバート) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-27 12:41 この記事だけ表示

[ライブ] SONATA ARCTICA、約3年振りとなる単独ジャパン・ツアーが決定![ライブ]

“LOUD PARK 12”で確かなライヴを披露、ファンとの絆を確固たるものとし、バンドとしての円熟期を迎えつつあるSONATA ARCTICA単独としては約3年振りとなるジャパン・ツアーが決定!!

■SONATA ARCTICA
1999年末に1stフル・アルバム、「Ecliptica」でデビュー(日本盤は3月にリリース)。その後メンバー・チェンジを経て、翌年ミニ・アルバム「Successor」を発表、新布陣で臨んだ2ndアルバム「Silence」は1stアルバム以上のヒットを記録し、新世代HMの旗手として一躍シーンにその名を知らしめた。

2002年には1stジャパン・ツアーの模様を収録したライヴ・アルバムをリリース、活動は順風満帆に見えたかに思えたが、ミッコ・ハルキン(Key)が脱退、オーディションの末に選ばれたヘンリク・クリンゲンベリが後任として加入する。しかし既にレコーディングが進行していた、3rd「Winterheart's Guild」にはスケジュール的に参加できず、イェンス・ヨハンソン(Stratovarius)のヘルプを得て完成。その後ワールド・ツアー終了後に、4作目である「Reckoning Night」の曲作りに着手、紆余曲折を経て完成をみたこのアルバムは2004年10月にリリースされた。新しいマネージメントに移籍してのこの作品は日本を含めたヨーロッパ各国でスマッシュ・ヒットを記録、母国フィンランドを含め各国で過去最高のセールスを記録、その勢いをかって2004年2月には3度目のジャパン・ツアーを実現させる。続いて通算5作目となる「Unia」は、2007年5月にリリースされたが、この直後オリジナル・メンバーの1人ヤニ・リマタイネンがグループから脱退という、グループ結成以来の危機に見舞われる。バンドは既に旧知の間柄であったエリアス・ヴィルヤネンを急遽正式メンバーに加え、ワールド・ツアーを乗り切る。過去最高の規模となったこのツアーは彼等に著しい成長をもたらし、結果ここで得られた経験は2009年9月にリリースされる6thアルバム「The Days Of Greys」へと反映されることになった。このツアーでは母国オウル公演が2011年秋2作目のライヴDVDとしてリリースされた。並行して行われた新曲作りが終了するや、すぐさま新作のレコーディングを開始し、12年5月に通算7枚目のスタジオ・アルバム「Stones Grow Her Name」を完成させた。10月にはLOUD PARK 12へ出演を果たした。

■SONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ) official link
http://www.sonataarctica.info/site07/

公演情報

2013/2/6(水) SHIBUYA O-EAST (東京)
2013/2/7(木) BIG CAT (大阪)
2013/2/8(金) 名古屋CLUB QUATTRO (愛知)
[チケット情報はこちら]

ソナタ・アークティカ
『ストーンズ・グロウ・ハー・ネーム』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★SONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-26 21:29 この記事だけ表示