来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ライブ] リンビックシステム、来日公演決定![ライブ]

マイケルとジャレドのベル兄弟によるインストゥルメンタル・デュオ、リンビックシステムの来日公演が決定! “2人バトルス”と称されるすさまじいライブパフォーマンスは見応え十分!

■Lymbyc Systym(リンビックシステム)
米国アリゾナ郊外で生まれ育ったマイケルとジャレドのベル兄弟によるインストゥルメンタル・デュオ。デビューEPが、The Album LeafやMice Paradeの耳に留まり、オープニング・アクトに抜擢される。2006年、Mush Recordsより1st『LOVE YOUR ABUSER』をリリース。Bloken Social Scene、The Books、This Will Destroy Youらとツアーをこなす傍ら、マイケルはCrystal CastlesやHer Space Holiday等のバック・メンバーも務める。2009年、2nd『SHUTTER RELEASE』をリリース。2012年に3rdアルバム『SYMBOLYST』発表。ライヴ・バンドとしてすさまじいパフォーマンスは“2人バトルス”とも称される。

■Lymbyc Systym official link
http://www.lymbycsystym.com/

公演情報

2013/1/5(土) Shibuya O-nest (東京)
2013/1/6(日) Nagoya Live & Lounge Vio (愛知)
2013/1/7(月) Osaka Conpass (大阪)
[チケット情報はこちら]
>携帯の方はこちら

Lymbyc Systym
『Symbolyst』
NOW ON SALE!
>>ご購入はこちらから!

★Lymbyc Systym(リンビックシステム) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-13 18:56 この記事だけ表示

[ライブ] "世界No.1メロディ・メーカー"ブルーノ・マーズ、一夜限りのプレミアム・ライヴが決定![ライブ]

そのメロディは現代の奇跡、その歌声は世界の至宝
2011年シングル世界売上1位2位を独占!グラミー賞2年連続6部門ノミネート!
"世界No.1メロディ・メーカー"全世界待望のセカンド・アルバムを携えて、東京一夜限りのプレミアム・ライヴが決定!

■Bruno Mars
ハワイ州ホノルル出身のブルーノ・マーズは、ミュージシャンだった両親の影響で幼い頃からレゲエ、R&B、フォーク、ロックなど様々な音楽に囲まれて育つ。高校卒業後、L.A.に移住した彼は、フィリップ・ローレンスとアリ・レヴィーンと共にプロデューサー・チーム=ザ・スミージントンズを結成。

彼らは2009年の全米No.1ヒット=フロー・ライダー「ライト・ラウンド」や、サッカー・ワールドカップの公式ソング=ケイナーン「ウェイヴィン・フラッグ」等を手掛け一躍人気チームとなる。2010年に入るとブルーノはシンガーとしても本格的に活動を開始。客演と共同作曲/プロデュースを手掛けた全米No.1ヒット=B.o.B「ナッシン・オン・ユー」や全米4位のトラヴィー・マッコイ「ビリオネア」では彼が歌う印象的なサビが話題となり一躍時の人に。10月にデビュー・アルバム『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』を全米で先行発売すると、1stシングル「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」が全米4週連続1位、2ndシングル「グレネイド」も全米4週1位を記録し、デビューしてイキナリ2曲連続1位という大ブレイク。2011年2月の第53回グラミー賞では新人としては最多の6部門で計7ノミネートされ、見事「最優秀男性ポップ・ヴォーカル賞」を受賞。その後、3rdシングル「ザ・レイジー・ソング」も再び全米TOP5ヒット(最高4位)となる。自身の活動と並行してプロデュース&客演も積極的に行い、2010〜2011年にかけては、ザ・スミージントンズとしてシーロー・グリーン「ファ★ク・ユー」、フロー・ライダー「フー・ダット・ガール」等を手掛け、プロデュース&客演も行ったエミネム率いるバッド・ミーツ・イーヴィル「ライターズ」、リル・ウェイン「ミラー」、スヌープ・ドッグ&ウィズ・カリファ「ヤング・ワイルド&フリー」も大ヒットを記録。また、2011年秋には人気映画シリーズ最新作『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1』のエンディング・テーマとして新曲「イット・ウィル・レイン」を提供し、全米TOP3ヒット(12/31現在、最高3位)となる。2012年2月に発表される第54回グラミー賞では主要部門を含む計6部門にノミネートされ、“デビュー以来2年連続6部門ノミネート”という快挙を達成。和み系の美メロと爽やかな美声で世界的に大ブレイクを果たした彼は、今や“ポップ・ミュージック界のブライテスト・スター”として不動の地位を確立しつつある。

■Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) official link
http://www.brunomars.com/


公演情報

2013/1/26(土) 恵比寿ガーデンホール(東京)
[チケット情報はこちら]

ブルーノ・マーズ
『アンオーソドックス・ジュークボックス』
(初回限定超スペシャル・プライス盤)
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-11 18:17 この記事だけ表示

[ライブ] チャーリー・ハンター&スコット・アメンドラ、新作を引っ下げ来日決定![ライブ]

Charlie Hunter & Scott Amendola: Back to Japan!
7弦ギターの鬼才、チャーリー・ハンターと、ハンターのJ.カークからの盟友で重量感のあるドラミングが定評のスコット・アメンドラが、新作『ノット・ゲティング・ビハインド・イズ・ザ・ニュー・ゲティング・アヘッド / Not Getting Behind is the New Getting Ahead』を引っ下げ来日決定!

「チャーリー・ハンター」といえば、オリジナリティあふれるギター・テクニックばかりが注目されるが、その音色、プレイ同様と多彩なキャリアから引き出されるインタープレイと即興性は見逃せない。スコット・アメンドラとのアルバム・コンセプトはブレぬままに縦横無尽のパフォーマンスを見せてくれることだろう。


■CHARLIE HUNTER(チャーリー・ハンター) official link
http://www.charliehunter.com/

公演情報

Charlie Hunter & Scott Amendola 2013 Japan Tour
2013/2/6(水) 横浜 Thumbs Up (神奈川)
2013/2/8(金) 北堀江 Club Vijon (大阪)
2013/2/9(土) 神戸 James Blues Land (兵庫)
2013/2/11(月) 清水 Ark (静岡)
2013/2/14(木) 六本木 SuperDeluxe (東京)
[チケット情報はこちら]
>携帯の方はこちら

Charlie Hunter & Scott Amendola
『Not Getting Behind Is the New Getting Ahead [Analog]』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★CHARLIE HUNTER(チャーリー・ハンター) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-07 20:11 この記事だけ表示

[ライブ] パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)、結成以来初のジャパン・ツアー決定!![ライブ]

PUBLIC IMAGE LIMITED JAPAN TOUR 2013
プレミア必至!ジョン・ライドン率いるPiL、2009年再結成以来初のジャパン・ツアー決定!!

■ PUBLIC IMAGE LIMITED
セックス・ピストルズのヴォーカリストとして活動していたジョニー・ロットンが、1978年1月に脱退。
ジョン・ライドンと改名し(法律的な理由で)、パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)を結成。
早くもその年の暮れにはデビュー作『パブリック・イメージ (Public Image - First Issue)』を発表。ライドンのパンク・ロックの旗手というイメージを裏切り、ロックを解体するかのような斬新なサウンドで、ポスト・パンクの先陣を切る。

翌79年には45回転12インチ3枚組で缶入りという特殊仕様にして傑作の誉れ高い『メタル・ボックス』を発表。80年には初のライヴ盤『パリ・ライヴ』をリリース。3作目『フラワーズ・オブ・ロマンス』(81年)を発表、続いて日本でのライヴ盤『ライヴ・イン・TOKYO』(83年)をリリース。
以降、ライドンを中心にメンバーの変遷もありながらミクスチャー〜ポップへと路線を変え『ジス・イズ・ホワット・ユー・ウォント』(84年)、『ALBUM』86年)、『HAPPY?』(87年)、『9』(89年)を発表するなど順調に活動を続けるが、92年にリリースした『ザット・ホワット・イズ・ノット』をもって活動を一旦休止。96年のピストルズの再結成、翌年の初のソロ作『サイコパス』の発表も挟みつつ、2009年にPiLは再結成を果たす。メンバーはルー・エドモンズ(g)、ブルース・スミス(dr)に新加入のスコット・ファース(b)。エドモンズとスミスは1986年から1989年までの作品に参加、新加入のファースはジョン・ライドンによって見出されている。再結成を果たしたPiLのメンバーはジョン・ライドンをして"かってないほど素晴らしい"と言わせるほどで、ファン、評論家、プロモーターから支持されている。
"サマーソニック2011"には初来日から22年ぶりの来日公演を果たした。今年20年ぶりとなる新作『ディス・イズ・PiL』を発表しUK、USを中心としたツアーを行うなど精力的な活動を行っている。

■ PUBLIC IMAGE LIMITED official link
http://www.pilofficial.com/

公演情報

2013/4/2(火) 名古屋 CLUB DIAMOND HALL (愛知)
2013/4/3(水) なんばHATCH (大阪)
2013/4/5(金)、4/6(土) SHIBUYA-AX (東京)
[チケット情報はこちら]

パブリック・イメージ・リミテッド
『This is PiL〜伝説をぶっとばせ(初回限定盤)(DVD付)』
NOW ON SALE
[CD+DVD]
>>ご購入はこちらから!

★PUBLIC IMAGE LIMITED(パブリック・イメージ・リミテッド) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-07 18:21 この記事だけ表示

[ライブ]ジェーン・バーキンが戻ってくる!Jane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”[ライブ]

東日本大震災復興支援を目的に始まったコンサート、Jane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”。

世界の人が震災のことを忘れないようにと、ジェーン・バーキンが日本のミュージシャンとともに1年半にわたって世界を巡ってきたJane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”。 いよいよ3月、27カ国74公演に及ぶこのワールドツアーはアジアで幕を閉じます。
3月28日(木)東京オペラシティ コンサートホールにジェーンの歌声が戻ってきます。

※すべての公演地のロビーでは坂本龍一が呼びかけて設立された『こどもの音楽再生基金:School Music Revival』の募金活動も行っています。

【出演アーティスト】
・Jane Birkin
・中島ノブユキ(Pf)
・金子飛鳥(Vl)
・坂口修一郎(Tp/Tb)
・栗原務(Dr)

Jane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”
私たちの心がいつもそばにあることを感じてほしいのです。


このプロジェクトで私は、日本人の音楽家と一緒に1年半にわたって世界中で演奏をしました。日本の皆さんのことを忘れないために。ただ思うだけでなくすべての公演地で、募金活動※も行っています。少しでも家やものや家族を失った方々のお役に立てるように、本当にすべてを無くされたのですから。これらの活動が包帯のように傷口のひとつをふさぎ、そして私たちの心がいつもそばにあることを感じてほしいのです。

この公演を通して観客は日本を思うでしょう。震災のことは以前ほど語られなくなりましたが、私はステージに立つたびに皆さんに思いを馳せます。福島で起きたこと、被爆した方々、自分の家に戻れない方々、かつてコンサートで訪れた仙台の地で漁業や農業に携わる方々、経済的理由で避難できない方々、故郷にとどまる決心をした方々、皆さんは私の誇りです。これほどの災害にあっても人間の尊厳を忘れない、このように素晴らしい国民は他にいないと思います。希望を失わない姿に感嘆しました。その深い優しさ、品格、毅然とした態度、たとえすべてを失っても冷静さを保ち、常に他人を気遣うその姿、テレビの映像は多くのことを教えてくれました。日本人がこんなにも勇敢で人間的であったことに世界の人々は、戦後初めて気づいたのです。マイクを向けられた被災者が質問に答える映像、深い哀しみにあっても尊厳を忘れず、取り乱した人はひとりもいませんでした。嗚咽を見せないように口元を隠す仕草、感受性が強く謙虚な国民性をよくあらわしていると思います。感動しました。

そうした態度は多くの人に感銘を与えました。長い間忘れていた尊厳に満ちた人間の姿、それを被災した方々が教えてくれたのです。私は、40年にわたって来日していますが、今回多くのことを再発見しました。

日本には『一日一日あるいは一瞬を大切に生きる』ということわざがあると教わりました。この一瞬を生きること、みなさんが苦難を乗り越え、生きる理由を再び見いだし、そして新しい人生を営まれますように。

ジェーン・バーキン

■Jane Birkin(ジェーン・バーキン) official link
http://www.janebirkin.net/

公演情報

2013/3/28(木) 東京オペラシティ コンサートホール (東京)
[チケット情報はこちら]

ジェーン・バーキン
『ベスト』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Jane Birkin(ジェーン・バーキン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-06 11:59 この記事だけ表示