来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ヨーガク連載]洋楽ヒストリー(3) 90年代編 〜ロックの復活から、ポップそしてダンスへ〜[ヨーガクイチオシ]

ttl_nenpyou.gif 

vol. 3 90年代編
〜ロックの復活から、ポップそしてダンスへ〜


続々到着する来日公演情報。特に今年2013年は、あの伝説のアーティストから、まさかの再結成バンドまで、今までにないバラエティ豊かなラインナップとなっています。そこで、ロック・フォトグラファー、音楽ライターとして多岐にわたり活躍中の久保 憲司さんに、年代別に、各時代背景と音楽の関係、そして注目アーティストを洋楽初心者にもわかりやすくご紹介いただきました。
今回連載第三回目は90年代編。
今ヨーガクライブに行かずして、いつ行く?絶好の来日公演ラッシュを見逃すな!

60年代がロックの黄金期、70年代がロックが広がり、80年代はロックがポップ・ミュージックのように完成した。

90年代は、またロックの黄金期が復活した時代と言える。

80年代後半から始まったストーン・ローゼズハッピー・マンデーズシャーラタンズなどのイギリスのインディ・ダンス・ロックはオアシスブラースーパーグラスといったブリット・ポップとして花開いた。オアシスはアメリカでも大成功を収めた。

今話題のシューゲイザーと呼ばれるロックが生まれたのも90年代、その代表選手はもちろんマイ・ブラッディ・バレンタイン

イギリスだけではない、アメリカのアンダーグランド・シーンとして途絶えることなかったパンク・シーンはついにニルヴァーナというビッグ・スターを生んだ。

ニルヴァーナに続けとスマッシング・パンプキンズパール・ジャム、といったアリーナ・クラスのバンドとなっていった。グランジはファッションまで巻き込んだ一大ムーブメントとなった。アメリカやイギリスではロックがまた若者たちの流行発信になった。そんな流れからウィーザーNOFXなどの新しいロック・バンドもたくさん生まれていった。

メタリカメガデスなどの一部のファンから愛されていたスラッシュ・メタルが90年代にはメインストリームの音楽として支持された。

もっとダークなナイン・インチ・ネイルズマリリン・マンソン なども現われた。

ロックだけではない、70年代に生まれ、80年代にエッジーな若者のトレンドだったヒップホップは、R&BとしてNE-YOなどのアメリカのメインストリームの顔となるシンガーがスターとなっていく。


ヨーロッパではファットボーイ・スリムサシャジョン・ディグウィードなどのDJが飛行機のファースト・クラスにのって世界中を飛び回り、ロック・スター顔負けのスーパースターDJとしてみんなから愛された。

アンダーワールドベースメント・ジャックスプロディジーといったダンス・シーンからのアーティストはロック・フェスティバルのヘッドライナーに成れるようにもなった。

60年代、70年代、80年代にミュージック・シーンで起こったようなことが、同時代に起こったような感じになったのが90年代と言える。ロック好きも、ダンス好きも、ポップ・ミュージック好きもみんな楽しめた時代が90年代だった。

<久保 憲司>



90sの代表アーティストの公演情報

■THE STONE ROSES

UKロックシーンに多大な影響を与えた伝説のバンドがサマソニ&ソニマニに登場!

[このアーティストの来日公演]

■HAPPY MONDAYS

マッドチェスター・ムーヴメントの代表格、ハシエンダ大磯フェス&単独公演で来日!

[このアーティストの来日公演 PC・スマホ携帯]

■MY BLOODY VALENTINE

先日の単独公演ではあまりの轟音に、耳栓が配られた彼らが、次はTOKYO ROCKSに来日!

[このアーティストの来日公演]

■BLUR

ついに来日が実現!TOKYO ROCKSのステージを見逃すな!

[このアーティストの来日公演]

■THE SMASHING PUMPKINS

USオルタナ界の重鎮ビリー・コーガン率いるスマパンが、サマソニに!

[このアーティストの来日公演]

■WEEZER

まもなく開催「PUNKSPRING」で彼らに会える!

[このアーティストの来日公演]

■NOFX

PUNKSPRING出演につづき、LAGWAGON、OLD MAN MARKLEYの2組と単独公演決定!

[このアーティストの来日公演 PC・スマホ携帯]

■METALLICA

ジャンルを超越したモンスターバンド、メタリカ!サマーソニック2013ヘッドライナー!

[このアーティストの来日公演]

■NINE INCH NAILS

2009年のツアーを最後に活動を休止していた彼らが、2013年にカンバック!フジロック'13にヘッドライナーとして登場!フジ初降臨!

[このアーティストの来日公演]

■NE-YO

グラミー受賞アーティストのNE-YO!新作アルバムを引っ提げ、この春来日(SPRINGROOVE&単独)!

[このアーティストの来日公演 PC・スマホ携帯]

■FATBOY SLIM

BIG BEACH FESTIVAL出演&単独公演としては7年振りの関西上陸も!

[このアーティストの来日公演 PC・スマホ携帯]

■SASHA

BIG BEACH FESTIVALに、2度目の出演決定!!

[このアーティストの来日公演]

■Primal Scream

TOKYO ROCKSに出演決定!

[このアーティストの来日公演]

■SLASH

史上最高のロック・ギタリストが、Ozzfest Japanに降臨!

[このアーティストの来日公演]

■JOHN DIGWEED

世界で最も人気DJの一人ジョン・ディグウィードが、HACIENDA OISO FESTIVALでどんなステージを魅せるか!

[このアーティストの来日公演]

■Karl Hyde

UnderworldのKarl Hyde、この春デビューアルバムを引っ提げ、SonarSound Tokyo 2013と、SonarSound Tokyo 2013に出演!

[このアーティストの来日公演 PC・スマホ携帯]

■BASEMENT JAXX

今年はBIG BEACH FESTIVALにて、ファットボーイ・スリムと豪華ダブルヘッドライナー!

[このアーティストの来日公演]

■PET SHOP BOYS

ミュージシャン、DJ、リミキサー達から今も高くリスペクトされているPSB、サマソニ&ソニマニに登場!

[このアーティストの来日公演]

90sの代表アーティストをお気に入り登録しよう

■90年代洋楽 [お気に入り登録]


■シャーラタンズ [お気に入り登録]

■オアシス [お気に入り登録]

■スーパーグラス [お気に入り登録]

■パール・ジャム [お気に入り登録]

■メガデス [お気に入り登録]

■マリリン・マンソン [お気に入り登録]

■アンダーワールド [お気に入り登録]

■プロディジー [お気に入り登録]

2013-03-22 10:31 この記事だけ表示

[ヨーガク連載]洋楽ヒストリー(2) 80年代編 〜音を楽しめ、バブル時代〜[ヨーガクイチオシ]

ttl_nenpyou.gif

vol. 2 80年代編
〜音を楽しめ、バブル時代〜


続々到着する来日公演情報。特に今年2013年は、あの伝説のアーティストから、まさかの再結成バンドまで、今までにないバラエティ豊かなラインナップとなっています。そこで、ロック・フォトグラファー、音楽ライターとして多岐にわたり活躍中の久保 憲司さんに、年代別に、各時代背景と音楽の関係、そして注目アーティストを洋楽初心者にもわかりやすくご紹介いただきました。
今回連載第ニ回目は80年代編。
今ヨーガクライブに行かずして、いつ行く?絶好の来日公演ラッシュを見逃すな!

80年代のロック、ポップスを一言で言うとバブルだったと言えるだろう。アメリカ、イギリスはそれほど景気がよかったとはいえないが、70年代の不況をアメリカはレーガノミクス、イギリスはビッグバンで改善しようとした。どちらの政策も大変な弊害を生んだのだけど、お金は世の中を回った。マドンナはそんな気持ちを代弁するかのように私はマテリアル・ガール(消費文化の子)よと歌った。こんな歌今歌ったら若い子に怒られますよ。でも、80年代とはそうい時代だったのだ。マドンナやシンディー・ローパー がその女王様だった。そしてマイケル・ジャクソンプリンスがその王様だった。

「商業主義に成ったロックを改革するぜ」と始まったパンクも、ニュー・ウェイブという商業主義な優れたポップ・ミュージックへと変化した。セカンド・ブリティッシュ・インベイジョンと言われたヒューマン・リーグ、カルチャー・クラブペット・ショップ・ボーイズデュラン・デュランといったイギリスのアーティストたちはMTVという新しいメディアにのって世界中でヒットした。

80年代はハード・ロックもきらびやかで楽しい感じにあふれていたのはヴァン・ヘイレンガンズ・アンド・ローゼズハロウィンなど。

80年代に本物のストリート音楽をやっていたのはビースティー・ボーイズラン・DMCパブリック・エネミーといったヒップホップのアーチストだけだったのかもしれない。当初は白人の音楽しか流していなかったMTVも、アンダーグラウンドで盛り上がるヒップホップの人気を無視することは出来ず、ブラック・ミュージックを解禁すると、ヒップホップはメイン・ストリームの音楽となった。

こうしたアメリカの音楽シーンの変化はイギリスではアシッド・ハウスという形で現われた。セカンド・サマー・オブ・ラブと言われた。これらのムーブメントは60年代のフラワー・ムーブメントと同じくらい大きな動きとなった。その代表選手が808・ステイトジ・オーブといったアーティストたちだった。そうしたアンダーグランドの動きをロックの世界にも取り入れたのがストーン・ローゼズハッピー・マンデーズといったバンドで、彼らはインディ・ダンスとも言われた。ブリット・ポップの代表選手であるブラーもデビュー・アルバムはこうしたインディ・ダンスのようなサイケデリックなバンドであった。

今の人から見ると、60年代のロックは黄金期、70年代はそんなロックがビジネスとして完成した時代、そして、80年代は「何故、そんなに浮かれていたの」と怒られるようなロックだったのかもしれないですが、80年代のロック、ポップスには楽しさが一杯なのです。80年代のロック、ポップスを聴いていると「そんな、みんなくよくよするなよ、元気だせよ」と言われているような気がするのです。ビー・ポジティヴって感じですかね。80年代ロック、ポップス、楽しんで見てください。

<久保 憲司>

80sの代表アーティストの公演情報

■CYNDI LAUPER

80年代を代表する女性ポップ・シンガー!サマソニ出演決定!

[このアーティストの来日公演]

■PET SHOP BOYS

世界的カリスマ・ポップ・デュオ、待望の来日!サマソニ&ソニマニ出演!

[このアーティストの来日公演]

■Van Halen

デイヴィッド・リー・ロス復活!アメリカン・ロックの最強王者、来日決定!

[このアーティストの来日公演]

■HELLOWEEN

LOUD PARK 12 のBIG ROCK STAGE を締めくくったGAMMA RAY とのカップリングツアー決定!

[このアーティストの来日公演]

■808 STATE

ハシエンダ大磯フェスにライブセットで登場!

[このアーティストの来日公演]

■THE ORB

日本一早い夏フェス「StarFes.」ヘッドライナー!

[このアーティストの来日公演]

■THE STONE ROSES

UKロックシーンに多大な影響を与えた伝説のバンドがサマソニ&ソニマニに登場!

[このアーティストの来日公演]

■HAPPY MONDAYS

マッドチェスター・ムーヴメントの代表格、ハシエンダ大磯フェスにつづき単独公演が決定!

[このアーティストの来日公演 PC・スマホ携帯]

■BLUR

TOKYO ROCKSで10年ぶりの来日公演が決定!

[このアーティストの来日公演]

■JOSEPH WILLIAMS (of TOTO)

TOTO三代目シンガーとスウェーデン出身ギタリスト ピーター・フリーステットによる夢のプロジェクトが日本初上陸!

[このアーティストの来日公演]

■PUBLIC IMAGE LIMITED

ジョン・ライドン率いるPiL、2009年再結成以来初のジャパン・ツアー決定!!

[このアーティストの来日公演]

■MY BLOODY VALENTINE

元祖シューゲイザー・バンド、TOKYO ROCKS出演決定!

[このアーティストの来日公演]

■Primal Scream

90年代UKロックやダンス・ミュージックを変えたと言われる伝説のバンドがTOKYO ROCKSに登場!

[このアーティストの来日公演]

■Ozzy Osbourne

世界的にその名を轟かすロック・フェス「Ozzfest Japan」、ついに日本初上陸!

[このアーティストの来日公演]

■SLASH

史上最高のロック・ギタリスト、「Ozzfest Japan」に出演決定!

[このアーティストの来日公演]

■Sherwood & Pinch

ベースミュージック・ファン垂涎のドリーム・タッグ、SonarSound Tokyoにて世界初披露!

[このアーティストの来日公演]

80sの代表アーティストをお気に入り登録しよう

■80年代洋楽 [お気に入り登録]


■マドンナ [お気に入り登録]

■マイケル・ジャクソン [お気に入り登録]

■プリンス [お気に入り登録]

■カルチャー・クラブ [お気に入り登録]

■デュラン・デュラン [お気に入り登録]

■ヴァン・ヘイレン [お気に入り登録]

■ガンズ・アンド・ローゼズ [お気に入り登録]

■ビースティー・ボーイズ [お気に入り登録]

■ラン・DMC [お気に入り登録]

■パブリック・エネミー [お気に入り登録]


2013-03-14 16:29 この記事だけ表示

[ヨーガク連載]洋楽ヒストリー(1) 60〜70年代編 〜ストリートとロックの黄金期〜[ヨーガクイチオシ]

ttl_nenpyou.gif

vol. 1 60〜70年代編
〜ストリートとロックの黄金期〜


続々到着する来日公演情報。特に今年2013年は、あの伝説のアーティストから、まさかの再結成バンドまで、今までにないバラエティ豊かなラインナップとなっています。そこで、ロック・フォトグラファー、音楽ライターとして多岐にわたり活躍中の久保 憲司さんに、年代別に、各時代背景と音楽の関係、そして注目アーティストを洋楽初心者にもわかりやすくご紹介いただきました。
連載第一回目となる今回は60〜70年代編。
今ヨーガクライブに行かずして、いつ行く?絶好の来日公演ラッシュを見逃すな!

ロックの黄金期と言えばやっぱり60年代、70年代でしょう!60年代、70年代の音楽には、若者が楽器を持って楽しく演奏した楽しい音楽が一杯です。

50年代のアメリカのロックンロールとR&Bをイギリスのビートルズが自分たちの音楽として昇華し、ロックンロールという音楽が世界の若者のポップスとなりました。

ビートルズが登場するまで、イギリスのバンドはアメリカで成功出来なったのですが、ビートルズに影響されて、ローリング・ストーンズザ・フーといったたくさんのイギリスのロックンロール・バンドがアメリカで大成功しました。

50年代のロックは若者の叫びという感じでしたが、60年代のロックは若者の主張という感じでした。

そうした若者の精神の変化がサイケデリック・ミュージックという音楽を生みます。グレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレインといったバンドがジャムする感じでたくさんの若者を踊らせ、フェスティバルがアメリカ、イギリスでたくさん行われるようになったのも60年代です。

こうした音楽シーンの中から世界中の若者に共感を得たのが、「もっと過激にロックしようぜ」と生まれたハード・ロックという音楽です。レッド・ツェッペリンディープ・パープルブラック・サバスといったバンドがビートルズに負けないくらい成功を収めて行きました。

その反動として「もっとインテリになろうぜ」とプログレッシブ・ロックという音楽も70年代にはハード・ロックと同じくらい人気がありました。その代表選手はピンク・フロイドイエスキング・クリムゾンというバンドです。

また、この2大ロック・ムーブメントに反する感じで、グラム・ロックという男が化粧をし着飾って歌うバンドたちがイギリスでビートルズ以来の狂乱を生みました。その代表選手がT・レックス、デヴィッド・ボウイロキシー・ミュージックです。

グラム・ロックが3分間ロックンロールの熱狂で2大ロック・ムーブメントに対抗したように、アコギやピアノで内省的に対抗したエルトン・ジョンジェームス・ティラーキャロル・キングといったシンガーソングライターの人達も70年代には人気を獲得して行きます。

ロックが産業として認められたのも70年代の特長です。ジャーニーボストンフォリーナーというバンドがハード・ロックとプログレッシブ・ロックを見事に融合させ、誰からも愛されるロックを作り上げました。

ロックが巨大ビジネスとなり、ストリートとにリンクを失ったことに反発するかのようにNYとロンドンでパンクという音楽が生まれました。NYパンクの代表選手はパティ・スミスラモーンズテレヴィジョン。ロンドン・パンクの代表選手はセックス・ピストルズ、クラッシュ、ジャムです。

こんな70年代のロックですが、僕たちがこれぞ70年代のロックと今も愛される音は、プレ・パンクなロックンロール・バンド、エアロスミスチープ・トリックのパワフルでロックなサウンドです。

60年代、70年代のロックの物語を、一言で言うと、60年代、70年代のロックはストリートから生まれ、巨大化し、またストリートに戻っていったと言ってもいいかもしれません。

<久保 憲司>

60s〜70sの代表アーティストの公演情報

■THE PETE BEST BAND

伝説のビートルズ初代ドラマー。結成25周年のオリジナルバンドを率いて来日!

[このアーティストの来日公演]

■SANTANA

第42回グラミー賞9部門制覇!"情熱のギタリスト"来日40周年記念公演!

[このアーティストの来日公演(東京)] [このアーティストの来日公演(大阪)]

■JOURNEY

新ヴォーカリスを迎え入れた新生ジャーニーが大ヒット曲の数々を余すところ無く披露!

[このアーティストの来日公演]

■Steve Kimock

グレイトフル・デッドファミリーの一員であるギタリスト。単独公演としては9年ぶり、超豪華メンバーを引き連れて来日!

[このアーティストの来日公演]

■Black Sabbath

日本初上陸「Ozzfest Japan 2013」に出演決定!

[このアーティストの来日公演]

■クリムゾン・プロジェクト

キング・クリムゾンからの選抜メンバーによる来日公演!

[このアーティストの来日公演]

■Van Halen

デイヴィッド・リー・ロス復活!アメリカン・ロックの最強王者、来日決定!

[このアーティストの来日公演]

■CJ RAMONE

ラモーンズの魂を今も鳴らし続けるCJラモーンがフジロックに登場!

[このアーティストの来日公演]

■KRAFTWERK

アナログ・シンセを駆使した電子ポップの祖!9年振りの単独公演!

[このアーティストの来日公演]

■EARTH,WIND&FIRE

ディスコ・ミュージックの代表グループ!サマーソニック 2013で踊れ!

[このアーティストの来日公演]

■PETER HOOK

70年代はジョイ・ディヴィジョンのベーシストとして活躍!ハシエンダ大磯フェスに登場!

[このアーティストの来日公演]

■CHEAP TRICK

武道館の名前を世界中に知らしめた伝説バンドが、サマソニ出演決定!

[このアーティストの来日公演]

60s〜70sの代表アーティストをお気に入り登録しよう

■〜60年、70年代洋楽全般 [お気に入り登録]


■ローリング・ストーンズ [お気に入り登録]

■ザ・フー [お気に入り登録]

■ジェファーソン・エアプレイン(ジェファーソン・スターシップ) [お気に入り登録]

■レッド・ツェッペリン [お気に入り登録]

■ディープ・パープル [お気に入り登録]

■ピンク・フロイド [お気に入り登録]

■イエス [お気に入り登録]

■デヴィッド・ボウイ [お気に入り登録]

■ロキシー・ミュージック [お気に入り登録]

■エルトン・ジョン [お気に入り登録]

■ジェームス・ティラー [お気に入り登録]

■キャロル・キング [お気に入り登録]

■ボストン [お気に入り登録]

■フォリーナー [お気に入り登録]

■パティ・スミス [お気に入り登録]

■テレヴィジョン [お気に入り登録]

■セックス・ピストルズ [お気に入り登録]

■ジャム(ポール・ウェラー) [お気に入り登録]

■エアロスミス [お気に入り登録]


2013-03-07 20:46 この記事だけ表示

[イチオシ] エンタメコン 〜洋楽好き集まれ!〜 開催決定![ヨーガクイチオシ]


エンタメコン 〜洋楽好き集まれ!〜 開催決定!


“好きなエンタメが同じ”男女が集まる新しい合コンイベント「エンタメコン」。昨年12月に開催された第1回「夏フェス」につづき、急遽3月に開催が決定!

今回は、夏フェス好き、洋楽好き、邦楽ROCK好き、のテーマにわけ、3週連続で開催いたします。

一緒にライヴに行ってくれる恋人を探すのもよし、フェスに一緒に行く友達やグループを作るのもよし!暖かくなるこの春、素敵な出逢いをしてみてはいかがでしょうか?

■オフィシャルサイト
http://entamecon.com/

公演情報

3/16(土) Vol.2“音楽フェス好き”最大、男子100×女子100の合コン!
3/23(土) Vol.3“洋楽好き”最大、男子100×女子100の合コン!
3/30(土) Vol.4“邦楽ROCK好き”最大、男子100×女子100の合コン!
SHOWER LOUNGE PLUS(東京)
[チケット情報はこちら]

★街コン/まちコン/合コン 最新情報をお届けします★
街コン/まちコン/合コン を「お気に入り」に登録すると、開催決定などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
街コン/まちコン/合コンをお気に入り登録する


YO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

2013-02-25 19:14 この記事だけ表示

[ヨーガクイチオシ] ブリット・アワード2013、受賞者発表![ヨーガクイチオシ]



アメリカのグラミー賞に並ぶ、イギリス最大の音楽祭「ブリットアワード」が2/20(水)ロンドンのO2アリーナで開催され、今年の受賞アーティスト/作品が発表された。

受賞アーティストは下記の通り。

11月に来日公演が決まっているワン・ダイレクションは、2012年にUKを含む世界的に成功を収めたアーティストへ贈られる「BRITs Global Success Award」を受賞した。

>>オフィシャルサイトはこちらから
>>関連記事:ブリット・アワーズ、エミリー・サンデーとベン・ハワードが2冠(Barksサイト)



British Female Solo Artist

■ Emeli Sande(エミリー・サンデー)


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



British Male Solo Artist

■ Ben Howard(ベン・ハワード)


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



British Breakthrough Act

■ Ben Howard(ベン・ハワード)

最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



British Group

■ Mumford & Sons(マムフォード&サンズ)


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



British Live Act

■ Coldplay(コールドプレイ)


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



British Single

■ Adele(アデル) - Skyfall


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



MasterCard British Album of the Year

■ Emeli Sande(エミリー・サンデー) - Our Version of Events


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



International Female Solo Artist

■ Lana Del Rey(ラナ・デル・レイ)


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



International Male Solo Artist

■ Frank Ocean(フランク・オーシャン)


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



International Group

■ The Black Keys(ブラック・キーズ)


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



British Producer

■ Paul Epworth(ポール・エプワース)

Special Recognition Award

■ War Child

Critics Choice

■ Tom Odell(トム・オデール)


Chritics' Choiceは、2013年の活躍が期待される新人に与えられる賞。4月にデビュー・アルバムをリリースするTom Odellが受賞しました。

>>関連記事:トム・オデール、BRITアワードのクリティックス・チョイス賞を受賞 (Barksサイト)

最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



BRITs Global Success Award

■ One Direction(ワン・ダイレクション)


BRITs Global Success Awardは、2012年にUKを含む世界的に成功を収めたアーティストへ贈られる賞。11月に来日公演が決まっているOne Directionが受賞しました。

公演情報

2013/11/2(土)3(日) 幕張メッセ(千葉)
[チケット情報(PC)はこちら] [チケット情報(携帯)はこちら]

※受付日程が決まり次第、上記リンクページよりよりお申し込みいただけます。


最新情報をお届けします

「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>> このアーティストをお気に入り登録する



2013-02-21 17:45 この記事だけ表示