来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ヨーガクイチオシ] 2014年下半期のヨーガクイチオシ「来日アーティスト」[ヨーガクイチオシ]

2014年も残りあと半分。上半期に続き、下半期もレジェンドから超人気アーティストまで、たくさんの超豪華な来日公演が予定されています。
そこで、イープラスのスタッフよりヨーガクイチオシ「来日アーティスト」を一気にお届け!

★2014年7月

◆アウトキャスト
【フェス(フジロック)】
[チケット情報はこちら]

◆アーケイド・ファイア
【フェス(フジロック)】
[チケット情報はこちら]

◆ガーランド・ジェフリーズ
【フェス(フジロック)】
[チケット情報はこちら]

◆デーモン・アルバーン(ブラー)
【フェス(フジロック)】
[チケット情報はこちら]

◆ブラック・キャット・バッパーズ
【フェス(フジロック)】
[チケット情報はこちら]

◆ベンチャーズ
【単独】
[チケット情報はこちら]

◆ロード
【単独】
[チケット情報はこちら]
【フェス(フジロック)】
[チケット情報はこちら]

▼もっと見る
7月来日アーティスト情報はこちら

★2014年8月

◆アヴリル・ラヴィーン
【単独】
[チケット情報はこちら]
【フェス(サマソニ)】
[チケット情報はこちら]

◆アークティック・モンキーズ
【フェス(サマソニ)】
[チケット情報はこちら]

◆クイーン
【フェス(サマソニ)】
[チケット情報はこちら]

◆デ・ラ・ソウル
【単独】
[チケット情報はこちら]
【フェス(サマソニ)】
[チケット情報はこちら]

◆リッチー・サンボラ(ボン・ジョヴィ)
【単独】
[チケット情報はこちら]
【フェス(サマソニ)】
[チケット情報はこちら]

◆レディー・ガガ
【単独】
[チケット情報はこちら]

▼もっと見る
8月来日アーティスト情報はこちら

★2014年9月

◆ケニー“ベイビーフェイス”エドモンズ
【フェス(東京JAZZ)】
[チケット情報はこちら]

◆チャカ・カーン
【単独】
[チケット情報はこちら]
【フェス(東京JAZZ)】
[チケット情報はこちら]

◆ボーイズ II メン
【単独】
[チケット情報はこちら]

▼もっと見る
9月来日アーティスト情報はこちら

★2014年10月

◆ドリーム・シアター
【フェス(ラウドパーク)】
[チケット情報はこちら]

◆ボストン
【単独】
[チケット情報はこちら]

◆ミスター・ビッグ
【単独】
[チケット情報はこちら]

▼もっと見る
10月来日アーティスト情報はこちら

★2014年11月

◆CJ ラモーン(元:ラモーンズ)
【単独】
[チケット情報はこちら]

◆イエス
【単独】
[チケット情報はこちら]

◆コーン
【フェス(ノットフェス)】
[チケット情報はこちら]

◆スリップノット
【フェス(ノットフェス)】
[チケット情報はこちら]

◆セリーヌ・ディオン
【単独】
[チケット情報はこちら]

◆リンプ・ビズキット
【フェス(ノットフェス)】
[チケット情報はこちら]

▼もっと見る
11月来日アーティスト情報はこちら

★2014年12月

◆グローリー・ゴスペル・シンガーズ
【単独】
[チケット情報はこちら]

▼もっと見る
12月来日アーティスト情報はこちら

★おまけ

◆ワン・ダイレクション(2015年2月)
【単独】
[チケット情報はこちら]

★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-07-08 17:47 この記事だけ表示

[ヨーガクイチオシ] 2014年上半期のヨーガクイチオシ「ライブレポート」[ヨーガクイチオシ]

2014年も残りあと半分。上半期を振り返ってみると、レジェンド級の超大物アーティストから今話題の超人気アーティストまで、とにかく豪華な来日公演が数多く行われました。
そこで、イープラスのスタッフが日々貯めてきたヨーガクイチオシ「ライブレポート」を一覧にしてお届け!

★2014年1月

◆アヴリル・ラヴィーン
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆アリアナ・グランデ
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

★2014年2月

◆イル・ディーヴォ
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆ザ・ローリング・ストーンズ
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆ナイン・インチ・ネイルズ
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

★2014年3月

◆ケイティ・ペリー(フェス出演)
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆トゥーチェロズ
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

★2014年4月

◆ブルーノ・マーズ
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆ボブ・ディラン
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

★2014年6月

◆コールドプレイ
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆テイラー・スウィフト
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

★おまけ

◆ポール・マッカートニー(2013年11月)
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆ワン・ダイレクション(2013年11月)
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

◆ジェイソン・ムラーズ(2014年7月)
【ライブレポート】
ライブレポートはこちら

▼ライブレポート一覧はこちら
ライブレポート一覧


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-07-08 17:44 この記事だけ表示

[ヨーガクイチオシ] 祝ラモーンズ40周年!祝デビューアルバム完全再現ライブ決定!「RAMONe+」期間限定オープン![ヨーガクイチオシ]



世界ではもちろん、ここ日本でも憧れるミュージシャンが多数。
今年、結成40周年を迎える伝説のアメリカンパンクバンド The Ramones。
先日、38年の時を経てデビューアルバム「ラモーンズの激情」がゴールドディスクを獲得したというニュースは、時代を超えて多くの人に愛され続けていることをまさに証明したのではないでしょうか。そしてRAMONESの最後のメンバー、CJラモーンが11月にこのデビューアルバム「ラモーンズの激情」の完全再現ライブを行います!
「これは洋楽史上に残る歴史的ライブになるに違いない!」
そんな熱い思いがRAMONES一色に染まったスペシャルサイトを用意させてしまいました。

その名も「RAMONe+(イープラモーン)」
公演までの期間、RAMONESの情報で埋め尽くします!ぜひこまめにチェックしてくださいね。 そして、ライブ会場へHEY HO! Let's Go! チケット受付もスタートしました!
>>RAMONe+ のサイトはこちらから

<告知>
CJラモーン、昨年のフジロック'13 グリーン・ステージでのライブの映像を、7/1〜渋谷スクランブル交差点ビジョンにて放映いたします!
(放映は〜7/7までを予定。放映時間は未定、そして一瞬になりますが、ぜひ、待ち構えてごらんください!)

【オフィシャルサイト】
C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) オフィシャルサイト
http://acmerecords.net/badchopper/


【ライブ・コンサート情報】

2014/11/4(火) 渋谷クラブクアトロ (東京)
2014/11/5(水) 名古屋クラブクアトロ (愛知)
2014/11/6(木) 梅田クラブクアトロ (大阪)
C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) チケット情報

【関連商品】
C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン)
『ラモーンズの激情 (紙ジャケットCD) [Limited Edition]』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-07-01 17:00 この記事だけ表示

[ヨーガクイチオシ] 洋楽ファンも楽しめる「この春みたい音楽劇」5選![ヨーガクイチオシ]



ライブで聴く歌声そして演奏も最高ですが、たまにはちょっと視点を変えて音楽を楽しんでみるのはいかがですか?
この春、洋楽ファンも楽しめる音楽を中心とした「音楽劇」が多数上演されます。今回はその中から選りすぐりの5本をピックアップ!ストーリーとともに音楽を感じる音楽劇。ライブとはまた違った味わいをどうぞ。

■ ソロミュージカル「レディ・デイ」

ジャズ・ヴォーカル界における魂の歌姫、ジャズ史上最大の歌手と言われたビリー・ホリディ。「LADY DAY」と呼ばれ愛された黒人女性シンガー。人種差別や麻薬・アルコール依存症との戦いなど壮絶な人生を送った彼女だが、情感豊かな唄声はほかに並ぶ者がないほど高い評価を与えられ、ジャニス・ジョプリンをはじめとする多くのミュージシャンに影響を与えた。そんな彼女の、亡くなる直前のある一夜、最期のライブを描いたのが、この物語だ。

演出は栗山民也。そして宝塚出身の安蘭けいがビリー・ホリディを演じる、90分間ノンストップのライブパフォーマンス劇。会場は全200席という超濃密空間で、ビリー・ホリディを感じ取ろう!


【公演情報】

2014/6/12(木)〜29(日) DDD 青山 クロスシアター(東京)
2014/7/5(土)〜6(日) 宝塚バウホール (兵庫)
チケット情報はこちら

■ ブラスト!

過去国内612公演、観客総動員数95万人以上を誇る「ブラスト!」の2度目となる全国ツアーを決定!!
マーチングバンドやドラム・コーのエンターテインメント性を高めた、視覚と聴覚を刺激する迫力のステージ。パフォーマーたちが12種類以上の金管楽器と51種類ものパーカッションを駆使し、常識では考えられない超一流の動きを繰り広げます。
彼らの奏でる様々なジャンルの音楽に、巨大なセットと鮮やかな照明演出とが合わさり、ブラスト!だからこその世界観がそこにあふれるステージは、必ずや、音楽ファン大満足の舞台となることでしょう。

【公演情報】

2014/6/28(土) シアター1010 (東京)
2014/6/29(日) ヤマダグリーンドーム前橋 (群馬)
2014/7/1(火) 高山市民文化会館 大ホール (岐阜)
2014/7/8(火) リンクステーションホール青森(青森市文化会館) (青森)
2014/7/9(水) 秋田県民会館 (秋田)
2014/7/10(木) 岩手県民会館 大ホール (岩手)
2014/7/11(金) やまぎんホール(山形県民会館) (山形)
2014/7/12(土)〜7/13(日) 東京エレクトロンホール宮城 (宮城)
2014/7/15(火) 千葉県文化会館 (千葉)
2014/7/16(水) コラニ―文化ホール 大ホール (山梨)
2014/7/17(木) 石川県こまつ芸術劇場 うらら 大ホール (石川)
2014/7/18(金) 越前市文化センター大ホール (福井)
2014/7/19(土)〜7/20(日) 神戸国際会館 こくさいホール (兵庫)
2014/7/21(月・祝)宇都宮市文化会館 大ホール (栃木)
2014/7/22(火) 相模女子大学グリーンホール(神奈川)
2014/7/24(木) 長岡市立劇場 大ホール (新潟)
2014/7/25(金) いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール (福島)
2014/7/26(土)〜7/27(日) 愛知県芸術劇場大ホール (愛知)
2014/7/29(火) 大宮ソニックシティ 大ホール(埼玉)
2014/7/30(水) 三重文化会館 中ホール (三重)
2014/8/2(土)〜8/3(日) オリックス劇場 (大阪府)
2014/8/6(水)〜8/24(日) 東京国際フォーラム ホールC (東京)
2014/8/26(火) 高周波文化ホール(新湊中央文化会館)大ホール (富山)
2014/8/28(木) 守山市民ホール 大ホール (滋賀)
2014/8/29(金) 文化パルク城陽 プラムホール (京都府)
2014/8/30(土) 和歌山市民会館 大ホール (和歌山)
2014/8/31(日) なら100年会館 大ホール (奈良)
2014/9/5(金)〜9/6(土) アクトシティ浜松 大ホール (静岡)
2014/9/7(日) 茨城県立民文化センター 大ホール(茨城)
2014/9/13(土) 広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)(広島)
2014/9/15(月) iichiko総合文化センター グランシアタ(鹿児島)
2014/9/18(木) 高知県民文化ホール(オレンジホール)(高知)
2014/9/19(金) 松山市民会館大ホール(愛媛)
2014/9/21(日) アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)大ホール(香川)
2014/9/23(火) 鹿児島市民文化ホール 第1ホール(鹿児島)
2014/9/24(水) 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)(熊本)
2014/9/25(木) 佐賀市文化会館 大ホール(佐賀)
2014/9/26(金) 長崎ブリックホール 大ホール(長崎)
2014/9/27(土) 福岡サンパレス(福岡)
2014/9/30(火) 宮崎市民文化ホール 大ホール(宮崎)
2014/10/3(火) 沖縄コンベンションセンター劇場(沖縄)
チケット情報はこちら

【関連情報】
ブラスト! オフィシャルサイト

■ Broadway Musical IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ

世界最高峰の音楽の祭典といえばそう「グラミー賞」。このグラミー賞の2009年最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞したのが、「Broadway Musical IN THE HEIGHTS」。
家族や仲間との絆―逞しく懸命に生きるワシントンハイツのエネルギッシュな毎日を、ラップ、サルサ、ヒップホップとラテンのリズムに乗せて贈る、ブロードウェイを変えた「奇跡のミュージカル」だ。
今回の日本上演にあたって、本作品に全編に散りばめられたRAPを中心とした歌詞は、日本のHIPHOPシーンを牽引するKREVAが担当。独特なリリックが作品に躍動感をもたらす!
生バンドの演奏と、音楽が作り出すステージをお楽しみください!

【公演情報】

2014/4/4(金)〜4/20(日) Bunkamuraシアターコクーン (東京)
2014/4/25(金)〜4/27(日)森ノ宮ピロティホール(大阪)
2014/4/30(水)福岡市民会館(福岡)
2014/5/3(土・祝)〜5/4(日・祝) 中日劇場 (愛知)
2014/5/10(土)〜5/11(日)KAAT神奈川芸術劇場(神奈川)
チケット情報はこちら

【関連情報】
Broadway Musical IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ オフィシャルサイト

■ ミュージカル『シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜』

ウーピー・ゴールドバーグ主演で日本でも大ヒットした映画「天使にラブ・ソングを…」がついにミュージカル化!この春日本でも上演されることが決定しました。
ミュージカル版の製作プロデューサーは、なんと映画版で主演したウーピー・ゴールドバーグご本人!2009年にロンドン・パレイディアム劇場で開幕して以来、北米ツアー、ドイツ・ハーグ、オランダ・ハーグ、フランス・パリ、オーストリア・ウィーンなど世界中の老若男女を興奮の渦に巻き込む人気作となっています。
映画でウーピーが演じた歌手・デロリス役に挑むのは、元宝塚男役トップスターで帝劇の主演作も多い瀬奈じゅんと、ゴスペル歌手顔負けの森 公美子のWキャスト。歌声にも注目です。
そして、圧倒的な音楽の数々は、『リトル・マーメイド』『アラジン』『美女と野獣』『魔法にかけられて』など、ディズニー映画の殆どの音楽を手掛けたアラン・メンケンが担当。ミュージカル化のために全て書き下ろした綺羅星の如きミュージカル・ナンバーは、本作の大きな見どころ・聴きどころの一つとなっています。
映画とはまたひとつ違った味わいを感じられることでしょう。

【公演情報】

2014/6/1(日)〜7/8(火) 帝国劇場(東京)
2014/7/12(土)〜7/13(日) 厚木市文化会館 大ホール(神奈川)
2014/7/16(水) 岩手県民会館(岩手)
2014/7/19(土)〜7/21(月・祝) 京エレクトロンホール宮城(宮城)
2014/7/25(金)〜7/29(火) シアターBRAVA!(大阪)
2014/8/2(土)〜8/3(日) 愛知県芸術劇場 大ホール(愛知)
チケット情報はこちら

【関連情報】
ミュージカル『シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜』オフィシャルサイト

■ ミュージカル アダムス・ファミリー

映画でもお馴染み、あのおばけ一家が舞台になって日本に初上陸!ブロードウェイ・ミュージカル「アダムス・ファミリー」、待望の日本上演、ただいま青山劇場にて公演中です。
“おばけ愛”に満ちたストーリーは感動必至!おばけ的ギャグも満載!ユニークなキャラクター設定はそのままに、素晴らしい楽曲にのって、舞台上を大暴れするおばけたちに虜になること間違いナシ!
この春は、お化け一家を見逃すな!

【公演情報】

2014/4/7(月)〜4/20(日) 青山劇場 (東京)
2014/4/26(土)〜4/27(日) 愛知県芸術劇場大ホール (愛知)
2014/5/4(日・祝)〜5/5(月・祝) KAAT神奈川芸術劇場 ホール (神奈川)
2014/5/10(土)〜5/11(日) オリックス劇場(旧 大阪厚生年金会館) (大阪)
チケット情報はこちら

【関連情報】
ミュージカル アダムス・ファミリー オフィシャルサイト


2014-04-11 12:57 この記事だけ表示

[ヨーガクイチオシ] 洋楽80's!あの頃のサウンドを今ふたたび![ヨーガクイチオシ]


今もなお語り継がれる80年代の洋楽サウンド。いい音楽は時代を超えて、そしてあの頃の伝説のステージが、この春続々とよみがえります。そこで、音楽ライター久保田泰平さんに当時の音楽シーンや、名曲の数々をご紹介いただきました。


80年代っぽい音……と言って思い浮かべるニュアンスはさまざま。それこそ今年のグラミー賞を賑わせたブルーノ・マーズ「Locked Out of Heaven」やダフト・パンク「Get Lucky」も、サウンドのテイストこそ違えど80年代っぽさを備えている楽曲であるし、これは80年代に限ったことではありませんが、ひとくちに〈○○年代の音〉と言い切れないぐらい、10年間にはいろいろなトピックがありました。


5月に8度目の来日公演を果たすブライアン・セッツァー・オーケストラ。リーダーであるブライアン・セッツァーは、80年代に3ピース・ロック・バンド、ブライアン・セッツァー・オーケストラ。ストレイ・キャッツのメンバーとして活躍。ストレイ・キャッツは、80年代初頭にイギリスで起きたネオ・ロカビリー・ムーヴメントの象徴で(ストレイ・キャッツはアメリカ出身のバンド)、ティンエイジャーのパーティー・ミュージックとして楽しまれていた草創期のロックンロール、そのエッセンスをサウンドとヴィジュアルの両面でクールに再生したバンドでした。70年代半ば、高度なテクニックやレコーディング作品における芸術性が珍重されていったロックにアンチテーゼを唱えたのがパンク・ロックでしたが、ネオ・ロカビリーもその延長上にあったムーヴメントだったのです。


大衆向けのキャッチーなメロディーと時代にそぐった耳当たりの良いサウンド(多くはキーボードを前面に押し出していた)──腕利きのミュージシャンたちによって職人的に編まれていったポップスやロックも、80年代のヒット・チャートを飾ったサウンドのひとつ。TOTOスターシップREOスピードワゴンジャーニーフォリナーエイジアなどがその代表格で、出自はバラバラですが、ほとんどが長いキャリアを積んできたミュージシャンばかり。かつてはサイケやプログレなど革新的なサウンドを標榜していたグループも多く、時代におもねって商業的な方向に寄っていったという見方もされ、当時の日本では〈産業ロック〉と揶揄する音楽評論家もいましたが、高い演奏力や緻密なアレンジなど、音楽的な見どころは非常に多いカテゴリーであることは間違いありません。



80年代の音楽シーンに大きな影響をもたらしたものといえば、81年に開局されたケーブルTVチャンネル、MTV。全米を網羅する音楽専門チャンネルの登場は、音楽に〈観る〉という楽しみを付加しました。この新しいメディアを有効に活用したのは、まずアメリカ国外のアーティストたち。デュラン・デュランカルチャー・クラブらといったイギリス勢は娯楽性に富んだミュージック・ビデオを制作し、MTVを通してプロモーションを展開。地道なコンサート・ツアーをやらずしてアメリカでの知名度をぐんぐんと高めていったのです。
アメリカのアーティストに目を向ければ、過激なファッションやセクシーさを魅力としていたプリンスマドンナもMTVをうまく活用したアーティストだったでしょうし、ハード・ロック勢のなかからラットモトリー・クルー、トゥイステッド・シスターなどグラマラスなヴィジュアルなバンドが台頭していったのも、MTVによる効果が大きかったはずです。
そして、MTVと言って思い出されるのがマイケル・ジャクソン「Thriller」(83年)のミュージック・ビデオ。制作費に50万ドル(当時の相場の10倍以上)を注ぎ込み、13分以上(楽曲そのものは6分弱)にもおよぶ、もはやショート・ムーヴィーと言ってもよい「Thriller」は、ギネス記録を達成した同名のアルバムと共に、後世に語り継がれる傑作となったのです。

MTVの登場もあって一般社会に及ぼす音楽の影響力が増していった80年代。忘れられない出来事と言えば、85年夏に開催されたチャリティー・イヴェント〈LIVE AID〉。アフリカ難民救済を目的とし、ロンドンとフィラデルフィアの2か所で同時開催されたたこのイヴェントには、世界のトップ・アーティストが一同に集結。ロンドンにはポール・マッカートニーをはじめ、ワム!、エルトン・ジョンザ・フーデヴィッド・ボウイクイーンU2スティングら、フィラデルフィアにはライオネル・リッチーボブ・ディランローリング・ストーンズデュラン・デュランレッド・ツェッペリンニール・ヤングなどなど、その顔ぶれの一部を挙げただけでも、どれだけ大規模なイヴェントだったかが当時を知らない人たちにも伝わるでしょう。
また、イヴェントに先駆けて制作された楽曲「We Are The World」にもビッグなアーティストたちが〈USA FOR AFRICA〉の名の下でレコーディングに参加。シングルは700万枚以上のセールスを記録し、飢えるアフリカに100億円近くの寄付をもたらしました。この「We Are The World」を書いたのは、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー。片や84年に『Thriller』で、片や85年に『Can't Slow Down』でグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞した、まさに〈時の人〉による共作でした。そんなお二方、マイケル・ジャクソンのその後は言わずもがなですが、ライオネル・リッチーは翌年に「Say You, Say Me」が大ヒット。2006年にはアルバム『Coming Home』が全米トップ10に入り、2012年に発表したカントリー・シンガーとのコラボレーション・アルバム『Tuskegee』を全米2位に送り込んでいるほか、近年ではアラブ諸国にまでその人気を広げているのです。


ライター:久保田泰平

【関連情報】
[BARKS] All You Need is Music、マイケル・ジャクソンを生み出した名プロデューサー クインシー・ジョーンズ
[ライブレポート]<ネタバレ注意>ザ・ローリング・ストーンズが日本ツアーをスタート!
[ニュース] ブルース・スプリングスティーンのトリビュート・コンサートが遂に映像化!

【関連公演】

■ライオネル・リッチー

5回のグラミー受賞歴を誇る世界のスーパースター来日!「セイ・ユー、セイ・ミー」「オールナイト・ロング」…more

[このアーティストの来日公演]

■マイケルジャクソン(スリラーライブ)

マイケル・ジャクソンの偉業を讃える世界最大のトリヴュートショウ、ワールドツアーを経て、再び日本上陸決定!

[このアーティストの来日公演]

■ボブ・ディラン

世界がうらやむ日本限定特別公演開催!

[このアーティストの来日公演]


■TOTO

グラミー賞7部門受賞に輝くスーパー・グループが放つ、デビュー35周年記念公演!

[このアーティストの来日公演]

■ブライアン・セッツァー・オーケストラ

キング・オブ・ロックンローラー来日!迫力満点のスウィング・ロック・サウンド!オーケストラとしては5年ぶりの来日公演

[このアーティストの来日公演]

■ASIA

プログレ界の頂点に君臨するスーパー・バンド、来日決定!

[このアーティストの来日公演]



★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-03-03 11:08 この記事だけ表示