来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ライブレポート] コールドプレイ 東京一夜限りのプレミアム・ライブ![レポート・取材・インタビュー]

21世紀最大のロック・バンド、コールドプレイが、6枚目となる待望のニュー・アルバム『ゴースト・ストーリーズ』のリリースを記念し、2014年6月12日東京ドームシティホールで一夜限りのプレミアム・ライブを開催した。
このライブは、2009年のさいたまスーパーアリーナと神戸・ワールド記念ホールで行われた「VIVA LA VIDA TOUR」以来、5年振りの日本での単独来日公演となる。
瞬時にソールドアウトとなった超プレミア・チケットを手にした約3千人のファンが会場を埋め尽くし、数え切れぬほどの輝く星が吊るされたステージにメンバーが登場すると、割れんばかりの歓声が沸き起こった。
ニュー・アルバム『ゴースト・ストーリーズ』のオープニングを飾る「オールウェイズ・イン・マイ・ヘッド」でライブはスタート。
フロントマンのクリス・マーティンが日本語で「コンバンワ!」と挨拶をし、「チャーリー・ブラウン」、「パラダイス」と人気曲が続く。
クリス・マーティンの「Hands up!」の呼びかけで、会場は手拍子に包まれ、新曲と歴代ヒット曲を織り交ぜたセットリストに、早くも熱気溢れる盛り上がりを見せる。
「この美しい国にまた来れてとても幸せだよ」とMCでコメントしたとおり、曲が終わるたびに「アリガトウゴザイマス」と日本語で感謝を伝えたり、歌詞の一部を「トーキョー」に変えて歌うなど、日本へ来るのを心から楽しみにしていたクリス・マーティンの姿が印象的だった。

そして、ステージ中央にティンパニーなどパーカッションがセッティングされ、バンドの代表曲「Viva La Vida / 美しき生命」でイントロからオーディエンスの大合唱!
クリス・マーティンは軽やかなステップで縦横無尽にステージを動き回りながら、客席の1人1人とアイコンタクトを取り、続いての「ウォーターフォール〜一粒の涙は滝のごとく」では、観客から受け取った日本国旗を掲げ、会場はさらにヒートアップ。 その日本国旗をマントのようにまとい、最新アルバムからの先行トラック「ミッドナイト」を歌い上げ、ベースのガイ・ペリーマンと共に奏でるレーザーハープを用いた圧巻の演出で本編が幕を閉じた。

そして鳴り止まぬ歓声の中、アンコール。クリス・マーティンはあらためて日本の素晴らしいオーディエンスに感謝の言葉を述べ、EDMプロデューサー/DJのアヴィーチーがプロデュースを手掛けた最新シングル「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」でクライマックスへ。
曲名にちなんだ星形の紙吹雪が視界一面に舞い、圧巻の景色に会場全体が感動に包まれた。
そして、最後の曲はみんなが待ち望んだ「フィックス・ユー」。
ラストはメンバー全員で肩を組み、客席へ何度も何度も深々とお辞儀をし、大熱狂のライブが終了した。

『ゴースト・ストーリーズ』はコールドプレイの6枚目のスタジオ・アルバムで、日本を含む世界100か国以上のiTunesでアルバム・チャート1位を獲得。
6月7日付けの全米アルバム・チャート(Billboard 200)でバンドにとって4作目の1位を獲得。ニールセンの調査によると、5月25日までに38万3千枚を売り上げ、2014年の週間売り上げ枚数最高記録を大きく更新した。
また、イギリスでも初週16万8千枚を売り上げ、5月25日付けの全英アルバム・チャートにおいて6作目の1位を獲得した。


【オフィシャルサイト】
COLDPLAY (コールドプレイ) オフィシャルサイト
http://wmg.jp/artist/coldplay/

【関連商品】
COLDPLAY (コールドプレイ)
『ゴースト・ストーリーズ』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★COLDPLAY (コールドプレイ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>COLDPLAY (コールドプレイ) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-06-17 19:19 この記事だけ表示

[ライブレポート] 奇跡のポップ・シンガー=フォクシーズ、初来日!プレミアム・ショーケースで日本のファンの暖かさに本人感涙![レポート・取材・インタビュー]

第56回グラミー賞で“最優秀ダンス・レコーディング賞”を受賞したEDMアンセム「クラリティ」(ゼッド feat. フォクシーズ)で彗星のごとくシーンに現れ、その表現力豊かな歌声で注目を浴びたUK出身のシンガー・ソングライター、フォクシーズ。デビュー・シングル「ユース」は全米ホット・クラブ/ダンス・チャートでも1位を獲得するなど、2014年、世界各国で最も注目されるポップ・アクトである彼女が今月、初来日を果たした。
今回の初来日は、5月のデビュー・アルバム『グロリアス』(輸入盤)発売時に開催された“タワレコに行ってフォクシーズを呼ぼう!キャンペーンという、ツイッターでのファンからの呼びかけによりフォクシーズの来日が決定する、という企画により実現。来日中の6/10(火)は、そんなファンのために超プレミアなショーケースを開催。2000人もの応募の中から選ばれた超ラッキーな400人を前に、圧倒的なパフォーマンスを披露した他、アットホームなトーク・セッションと、更には全員との握手会を行った。日本のファンの温かさに、本人が感動のあまり涙する場面も。

目下地元英国で大ブレイク中、フォクシーズことルイザ・ローズ・アレンの日本での初ライヴ・パフォーマンス“FOXES PREMIUM SHOWCASE LIVE IN TOKYO”が、6月10日、東京・渋谷のWWWにて行なわれた。本公演が実現したきっかけは、このシンガー・ソングライターのファースト『グロリアス』の輸入盤発売を機にタワーレコードが企画した、“タワレコに行ってフォクシーズを呼ぼう!”キャンペーン。スタートするやいなや多数のファンから賛同の声が寄せられ、スピーディーに来日が決まったというものだ。ファッション・アイコンとも目されているアーティストのライヴだけに、ばっちりドレスアップした若い女の子たちがステージ前に結集。その大歓声に迎え入れられた彼女は、ヴィンテージのシャネルのミニドレスにコートを羽織り、足元はコートと同じパウダーブルーのプラットフォーム・サンダルという期待通りにキュートな装いで、早速デビュー・シングルの『Youth』を披露する。「まだ始まったばかり」と歌う、オープニングに相応しいアップテンポな1曲だ。
そして歌い終えると「コンニチワ」と微笑んで、すぐ次の曲へ。共に幻想的なミッドテンポ・ソングの『Echo』『Glorious』が続く。ルイザのウリの喉のほうは絶好調! 小柄で親しみやすい見た目とパワフルな歌声、そのハスキーなエッジと彼女が好むアンセミックな曲調が、ユニークなコントラストを成す。また、バッキング・ミュージシャンはキーボード奏者とドラマーというシンプルな編成ながら、スケール感のあるアルバムのサウンド・プロダクションを巧みに再現し、ステージを縦横に動きながら歌うルイザにたっぷりのスペースを提供。パフォーマンスに集中したいためなのかMCはあまり挿まないが、4曲目『Holding onto Heaven』を終えたところでひと息ついて、「みんなに会えてうれしいわ。ニホンダイスキ!」と、覚えたての日本語を交えて挨拶。

いつの間にかファンが手渡した耳カチューシャをしていた彼女、これがやたら似合って、客席からはしきりに「カワイイ!!」の声が上がる。表情から察するに、言葉の意味はちゃんと心得ているらしい。
続いて5曲目に選んだのは、ご存知、今年初めにルイザにグラミー賞最優秀ダンス・レコーディング賞をもたらしたZeddとのコラボ曲『Clarity』だ。序盤はキーボードだけの伴奏でダウンテンポにアレンジしつつ、ドラムを加えてテンポを上げてゆき、サビでマイクを客席に向けると、さすが大ヒット曲とあってみんなで大合唱。この頃にはコートも靴も脱いで身軽に跳ね回っていた彼女は、現時点での最大のヒット・シングル『Let Go For Tonight』で、もう一度歌声のパワーを文字通り“解放(let go)”して30分のショウを締め括った。
このあとQ&Aコーナーに移ると途端に饒舌になったルイザからは、「日本でライヴが出来て泣きたいくらい幸せだし、もう帰りたくない!」などなど、ファンにうれしいコメントが続々飛び出す。また「休みの日は出来るだけ笑って過ごす」とか「毎晩寝る前にその日に起きた素敵なことを振り返る」といった、自身の曲に通ずるポジティヴな発言も好感度満点。挙げ句の果てに、ファンのケータイを次々に手に取って一緒に記念撮影するという旺盛なサービス精神を見せつけ、さらには全員との握手会を行なって今宵はお開きに。ポジティヴ&ハッピーに生きて、周りの人たちをもハッピーにする――。1時間余りの短い時間だったけど、そんなフォクシーズ・スピリットに溢れるひと時だった。
(文:新谷洋子)

セットリスト
1.Youth
2.Echo
3.Glorious
4.Holding Onto Heaven
5.Clarity (Zedd Cover)
6.Let Go For Tonight

■Foxes - Youth

【日本オフィシャルサイト】
foxes (フォクシーズ) 日本オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/foxes

【関連商品】
foxes (フォクシーズ)
『Glorious: Deluxe Edition』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★foxes (フォクシーズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>foxes (フォクシーズ) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-06-17 19:16 この記事だけ表示

[ライブレポート] 世界の歌姫=テイラー・スウィフトの一夜限りの完売ライブに2万人熱狂!![レポート・取材・インタビュー]



グラミー賞 7度受賞し、うちグラミー賞で最も栄誉のある「年間最優秀アルバム賞」をグラミー賞史上最年少で受賞している米人気シンガー・ソングライター、テイラー・スウィフトが、最新アルバム『レッド』を引っさげ、6月1日(日)にワールドツアー『The RED Tour』をさいたまスーパーアリーナで一夜限りの完売ライブを開催した。会場周辺は開演前からテイラー・ファッション (最新作『レッド』にちなんで真っ赤な洋服、真っ赤な口紅、ボーダー柄の服など。) に身を包んだファンで埋めつくされていた。この一夜限りのプレミアムライブのグッズを手に入れようと、グッズ売場には長蛇の列が出来2時間以上も並ぶ状況となった。
これでテイラー・スウィフトにとって6度目の来日となるが、テイラーは「日本に戻って来れて、とても嬉しいわ!最初に日本に来た時、皆さんに温かく迎えてもらえたことをを良く覚えています。大好きな日本にまた戻って来て、今回は『The RED Tour』を実現出来たことがとても嬉しいわ。しかも2万枚のチケットがソールドアウトなんて、信じられない!本当に有難う!また、日本のファンの皆さんのお蔭で、アルバム『レッド』がプラチナ(25万)達成できたなんて、日本最高よ!これも、日本のファンの皆さんのサポートが無ければ実現しなかったわ。本当に有難う!」と、日本のファンへ今までのサポートに感謝し、更には「ダイスキ!」「盛り上がってる?」「ありがとうございます!」等、数々の日本語も披露。
ライヴ中ではパフォーマンスするテーマに合わせて、数々の衣装チェンジをこなす中、華麗なダンスや、ギターやピアノを弾く他、ドラムを叩いたりなど、“美しいテイラー”のみならず、“真のアーティスト”であることを証明するライヴに。アンコールでは、ここ日本でも130万ダウンロードを超える程の大ヒットシングルと化した「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」を会場のファンの大合唱し、幕を閉じた。

■Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Together

【オフィシャルサイト】
Taylor Swift (テイラー・スウィフト) オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/taylor-swift


【関連商品】
Taylor Swift (テイラー・スウィフト)
『レッド-デラックス・エディション』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

Taylor Swift (テイラー・スウィフト) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Taylor Swift (テイラー・スウィフト) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-06-05 13:04 この記事だけ表示

[ライブレポート] ロックの神様ボブ・ディラン東京全公演終了。日本語で「ありがとう」![レポート・取材・インタビュー]

風に吹かれて、転がる石のように約半世紀・・・ロックの時代を作り、時代を変革し、様々な人々の人生に影響を与え続ける、ロック界最重要アーティスト、ボブ・ディラン。
現在72歳、2014年5月24日には73歳となる。2010年以来4年ぶり、1978年の初来日公演以来通算7回目の来日公演が実現した。
1988年以来、今でも世界各地で年間100ヶ所以上のライブツアーを行い、ファンの間ではそれが“NEVER ENDING TOUR”と呼ばれている。
この終りなきツアーが、日本においては、またもや特別にライヴハウス・ツアーとなった。会場は全てZeppで、3月31日から4月23日まで東京、札幌、名古屋、福岡、大阪と24日間でなんと5都市17公演。4月10日のZepp DiverCity公演をもって、まずは東京の9公演が終了。東京公演はチケットがすべて即完売。

ボブ・ディランは連日神懸かったパフォーマンスを繰り広げ、唯我独尊で、決して迎合せずに進化する「最新型」の姿を東京のファンに見せつけてくれた。セットリストには基本パターンがあるものの、日によって部分的に曲が差し替えられていく。全公演で、最新オリジナル作『テンペスト』収録9曲のうち6曲を披露している。『テンペスト』収録曲の中でも本編最後の「ロング・アンド・ウェイステッド・イヤーズ」は日を追うごとに観客からの歓声が大きくなり、連夜のライヴの中で「最高の瞬間のひとつ」となった。「風に吹かれて」や「見張り塔からずっと」などの有名曲も演奏されるが、全く新しいものを創造しているかのように原曲のイメージは叩き壊され、それぞれの曲が進化を見せた。ステージは仄暗く、バンドは全員グレーの揃いのスーツでビシっと決め、場末のバーで演奏してるジャズバンドのよう。ディランはそんな怪しい奴らを仕切る、元締め的なマフィアのボスのような佇まいを見せる。アンコール後はバンドのメンバーとともに並んで再び会場中を見廻すが、決して頭は下げない。ただただ、「今日の俺たちのライヴはどうだ?満足したか?どんな気分だ?」と自信満々な「ドヤ顔」で会場を見つめ、さっとステージ奥へと去る。
今回のジャパン・ツアーでは、他国ではありえない、めずらしい光景が見受けられる。今までライヴで一度も演奏したことがない曲を日本で全世界初披露したり、ステージで花束を受け取ったり、ステージ上でサイン対応までしたのだ!日本の観客の大きな歓声やレスポンスがそうさせたのだろう。そして、最後の4公演では、前半が終了しインターミッション(休憩)に入る前、日本語で大声で一言「ありがとう」と観客に伝えている。
日本公演はこの東京公演がちょうど折り返し地点で、このあと札幌、名古屋、福岡、大阪と8公演があり、「奇跡」はこれから日本を縦断する!ソニー・ミュージックが立ち上げた「ディラン祭!」の特設サイトで、日本のディラン評論の第一人者菅野ヘッケル氏による東京全9公演の臨場感あるライヴレポートが掲載されている。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/

【東京全9公演ライヴレポート
●2014年3月31日 Zepp DiverCity初日ライヴレポート
「時には優しく、時には力強く、時には60年代を思い出させるような若々しいヴォーカルを聞かせてくれた。」
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438475

●2014年4月1日 Zepp DiverCity第2夜ライヴレポート
「浦沢直樹氏と話をした。彼は「最新型のようなディラン」と結論づけ、最近見たポールやストーンズが過去の歌に頼っているのにくらべて、ボブはほとんど新作しか歌わない。今現在のボブが聞けたのがうれしい。これこそアーティストだ、と」
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438547

●2014年4月3日 Zepp DiverCity第3夜ライヴレポート
「中山ラビさんと話をする機会があった「すごいね。いいね。前回(2010年)よりもいいわ」。、「フォーゲットフル・ハート」に特に感動したとも語ってくれた。」
>http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438615

●2014年4月4日 Zepp DiverCity第4夜ライヴレポート
全世界のディラン・ファンが驚愕!全世界をニュースが走る!あっと驚く「ハックス・チューン」全世界初披露!
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438668

●2014年4月5日 Zepp DiverCity第5夜ライヴレポート
「和久井光司さんと話をした。彼は" 「ピアノが自由でいい。ヴォーカルも自由でいい」と絶賛していた。こんなピアノを弾く人はいない。だからボブは自分でピアノを弾くのだろう。」
>http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438669

●2014年4月7日 Zepp DiverCity第6夜ライヴレポート
なんと、日本語で「ありがとう」!ステージ上でファンが差し出した雑誌とタオルにサインをする!
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438672

●2014年4月8日Zepp DiverCity 第7夜ライヴレポート
珍事!ボブ途中退場、二度と聞けないであろうジャムセッションも!
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438783

●2014年4月9日Zepp DiverCity第8夜ライヴレポート
最前列のファンが差し出す花束を見つけると、前に出て受け取った。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438802

●2014年4月10日Zepp DiverCity第9夜ライヴレポート
ディランがかすかにお辞儀!?「コンサート終了後にみうらじゅんさんはコメントを紙に書いてくれた。渡されたメモ用紙には「スゲーカッコ良かったです。ディランの生きている時代に生まれて幸せです。みうらじゅん」と書かれていた」
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/438835

【2014年4月10日セットリスト】
1.Things Have Changed シングス・ハヴ・チェンジド (『Wonder Boys"(OST)』 2001/『DYLAN(2007)』他)
2.She Belongs to Me シー・ビロングズ・トゥ・ミー (『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム/Bringing It All Back Home』 1965)
3.Beyond Here Lies Nothin' ビヨンド・ヒア・ライズ・ナッシング(『トゥゲザー・スルー・ライフ/Together Through Life』2009)
4.What Good Am I? ホワット・グッド・アム・アイ? (『オー・マーシー/Oh Mercy』1989) ...
5.Waiting for you(『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood)
6.Duquesne Whistle デューケイン・ホイッスル(『テンペスト/Tempest』 2012)
7.Pay in Blood ペイ・イン・ブラッド(『テンペスト/Tempest』 2012)
8.Tangled Up in Blue ブルーにこんがらがって(『血の轍/Blood on the Tracks』1975)
9.Love Sick ラヴ・シック(『タイム・アウト・オブ・マインド/Time Out of Mind』 1997)
休憩
10.High Water (For Charley Patton) ハイ・ウォーター(フォー・チャーリー・パットン) (『ラヴ・アンド・セフト/Love and Theft』2001)
11.Simple Twist of Fate 運命のひとひねり (『血の轍/Blood on the Tracks』1975)
12.Early Roman Kings アーリー・ローマン・キングズ(『テンペスト/Tempest』 2012)
13.Forgetful Heart フォゲットフル・ハート(『トゥゲザー・スルー・ライフ/Together Through Life』2009)
14.Spirit on the Water スピリット・オン・ザ・ウォーター(『モダン・タイムス/Modern Times』2006)
15.Scarlet Town スカーレット・タウン (『テンペスト/Tempest』 2012)
16.Soon after Midnight スーン・アフター・ミッドナイト (『テンペスト/Tempest』 2012)
17.Long and Wasted Years ロング・アンド・ウェイステッド・イヤーズ (『テンペスト/Tempest』 2012)
Encore:
18.All Along the Watchtower 見張塔からずっと (『ジョン・ウェズリー・ハーディング/John Wesley Harding』1967年)
19.Blowin in the wind/風に吹かれて (『フリーホイーリン・ボブ・ディラン)

【メンバー】
ボブ・ディラン (Bob Dylan) :Vocal, Harmonica,Piano
トニー・ガーニエ (Tony Garnier) :Bass
スチュ・キンボール (Stu Kimball) :Guitar
ドニー・ヘロン (Donnie Herron) :Pedal Steel,Banjo, Violin, Mandolin
ジョージ・リセリ (George Recile) :Drums
チャーリー・セクストン (Charlie Sexton) :Lead Guitar


【オフィシャルサイト】
Bob Dylan (ボブ・ディラン) オフィシャルサイト
http://www.bobdylan.com/us/home

【関連商品】
Bob Dylan (ボブ・ディラン)
『テンペスト・デラックス・エディション(初回生産限定盤)』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

Bob Dylan (ボブ・ディラン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Bob Dylan (ボブ・ディラン) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-04-18 20:31 この記事だけ表示

[ライブレポート] “世界的スーパースター”ブルーノ・マーズ、待望の初ジャパン・ツアー東京公演に1万3千人が大熱狂![レポート・取材・インタビュー]

米音楽誌Billboard誌が選ぶ「2013年 年間最優秀アーティスト」に選出され、2ndアルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』が今年度の第56回グラミー賞で最優秀男性ポップ・ヴォーカル・アルバムを受賞、2月に行われたNFLスーパーボウルではハーフタイムショウに出演し史上最高の視聴率を叩き出すなど、今や破竹の快進撃を続けるブルーノ・マーズが、4月12日(金)幕張メッセにて、初のジャパン・ツアー東京公演を行った。

「THE MOONSHINE JUNGLE TOUR」と銘打った今回のツアーは、昨年6月から北米、ヨーロッパ、オセアニア、アジアを周り、4月10日(木)の大阪公演を皮切りにジャパン・ツアーがスタート。この日幕張メッセにて行われた東京公演1日目も、瞬時にソールドアウトとなった貴重なチケットを手にした1万3千人のファンが会場を埋め尽くし、ステージにブルーノ・マーズが登場し「トーキョー!」と叫ぶと、割れんばかりの歓声に包まれた。

ホーンセクションも擁する重厚でタイトなバンドが繰り出すグルーヴ感あふれるサウンドに乗せ、最新アルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』から「ムーンシャイン」、「ナタリー」を披露すると、MCで「長い間ずっと日本へ戻ってくるのを待ってたよ!」とコメント。 「みんな体をシェイクして!ダンスして!」と呼びかけ「トレジャー」が始まると、会場は一瞬でダンスフロアに変わり、ブルーノもバンドメンバーと共に軽快なステップでダンスを披露。また、モータウンを代表するシンガー、バレット・ストロング「マネー」のカバーでは、ロック調のアレンジでギターを掻き鳴らし、観客を沸かせた。

「もしもふたりの愛が(If I Knew)」では、曲中オーディエンスとのかけあいから「アイシテマス」を連発し、ファンは大興奮!
時折「イチ、ニ、サン、シ!」と日本語を交えたり、歌詞の一部を「トーキョー」に変えて歌ったりと、日本のファンにとって嬉しい一幕も。終盤には「君がいたあの頃に(When I Was Your Man)」などしっとりとしたバラード曲で聞かせ、大ヒット曲「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」の大合唱で本編が幕を閉じる。

そして、鳴り止まぬ大歓声に応え、アンコールへ。暗転から突如ブルーノ・マーズのパワフルなドラム・ソロが始まり、全米No.1ヒット「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」で会場のボルテージは最高潮に。ラストは圧倒的な存在感で「ゴリラ」を歌い上げ、真のエンターテイナー、ブルーノ・マーズの魅力が凝縮された約90分におよぶ大熱狂のライブが終了した。

4月12日(土)幕張メッセ セットリスト
Intro
Moonshine
Natalie
Treasure
Money
Billionaire
Show Me
Our first Time
Marry You
If I Knew
Runaway Baby
The Lazy Song
When I Was Your Man
Grenade
Just The Way You Are
--------------------
Locked Out Of Heaven
Gorilla

■Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) official link
http://www.brunomars.com/

【関連商品】

ブルーノ・マーズ
『アンオーソドックス・ジュークボックス【期間限定プレミアム・エディション】[CD+DVD]』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-04-18 12:29 この記事だけ表示