来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ライヴレポ―ト] シンディ・ローパー:シンディが歌に託したメッセージ。[レポート・取材・インタビュー]

シンディ・ローパーのデビュー30周年を祝うスペシャル・コンサート「シンディ・ローパー30周年アニヴァーサリー・セレブレーション・ジャパン・ツアー」の仙台公演が、1月18日(日)仙台サンプラザにて行われた。シンディ・ローパーの仙台公演は1995年同会場で行なわれた公演以来20年振り。そして、東日本大震災から約一年後、ツアーの合間を縫って2012年3月5日に石巻の小学校などを訪問して以来の宮城県訪問となった。

シンディ御一行が仙台に到着したのは1月17日、この日は阪神淡路大震災からちょうど20年目となる日だった。その時もいち早く自ら「チャリティダイヤル」を設置し募金活動を実施、1996年の節分には、阪神淡路大震災の復興を願って、神戸の生田神社で行われる節分祭に参加するために来日。2011年3月11日の東日本大震災当日シンディは日本に降り立ち、その後ツアーを敢行し、会場では募金活動も行なった。なぜそこまで日本のためにしてくれるのか?後のインタビューでこう語っていた。 「私は音楽には癒しの力があると思っています。もしかしたら、その(震災の)ことを少し忘れられるかも知れない。ほんの少しの時間だけれど。そして気分が少し晴れるかも知れない。そしてまた現実に戻るわけですが、以前ほど辛くないかもしれない。私はいつも音楽に助けられてきました。なので単に私はそれを他の人にも伝えていきたいだけなのです」

1月17日、先の公演地福岡から仙台の空港に到着すると、震災のその後の事、仮設住宅や現状の住宅事情他、震災後の皆さんの心境を心配していた。ホテルに到着後、雪の中を歩きまわる。某有名店では牛タン、牛タン・シュウマイ、牛タン・ギョウザなどを美味しそうに食べていた。バンドメンバーにも食べてもらおうと「ずんだ餅」も購入。仙台の街を歩いたシンディは“Sendai is still a beautiful town…”と呟いていた。

ライヴ当日の仙台は、前日の雪模様から一転、強い風が吹きつけるものの、空は突き抜ける様な青さ。完全ソールド・アウト超満員の仙台サンプラザの場内では、シンディの登場を今か今かと待つ皆さん、緊張感すら漂う静けさ。しかし、シンディがあっと驚く形で登場すると、総立ち、そしていきなり最高潮に。シンディのライヴ第一声は「コンバンハ、ゲンキー? センダーイ!」。シンディ自身の“ようやく仙台公演が実現したわよ!”という想いと、“遂にシンディが仙台公演を実現してくれた”という観客の皆さんの想いがひとつになった、究極の一体感が感じられるライヴへとなっていった。デビュー・アルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』からアルバム曲順通りではないものの、「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」「タイム・アフター・タイム」「シー・バップ」「オール・スルー・ザ・ナイト」といった大ヒット曲を含む全10曲中9曲を披露、「トゥルー・カラーズ」などの名曲とともに全15曲を歌い上げた。

この日最も一番象徴的だったのが、シンディが日本語で歌う「忘れないわ」。2012年のツアーでも歌われていたこの歌は、シンディが最も仙台で歌いたかった曲だった。元々はデビュー前NYのピアノバー「MIHO」で働いていたときに歌っていた曲でオリジナルはペギー・マーチという、史上最年少全米No.1記録を持つ女性歌手の大ヒット曲(1968年に来日した時にレコーディングし1969年1月にリリース。作詞山上路夫、作曲三木たかし)。

2012年に行なわれた日本外国特派員協会の記者会見でも、シンディは世界へ向けてこう語っていた。 『大震災は大変悲しい出来事でした。でもみんな前へ進もうとしています。「日本のことを忘れないで」と皆にいいたいのです。忘れて欲しくないのです。愛を送ることを忘れて欲しくないのです。被災地に友だちがいたら連絡してあげてください。そうすると「忘れていないよ」ということが伝わるのです。支えてくれているという気持ちが伝わるのです』

「みなさんのことをいつも思っているわ」という彼女が歌に込めたメッセージ。“ワスレナイワ、アナタヲ。アイスルヒトヨ、ワスレナイワ…。” と日本語で一生懸命歌うシンディの姿に、客席では多くの方々が涙していた。そして、「忘れないわ」に続けて歌ったのが名曲「タイム・アフター・タイム」。この曲に託したメッセージも、言葉にする以上に会場中の皆さんの心に伝わったようである。

“もしも進むべき道が見えなくなっても、あなたはきっと私を見つけるわ
もしあなたが倒れそうになったら私が受けとめる、あなたを待ってるわ
いつでも、何度でも“

「センダーイ、ゲンキー!?」と言ってアンコールで登場すると、「上を向いて歩こう」を少し披露。自分のスマートフォンに入れた歌詞を見ながら日本語で頑張って歌うシンディ。その姿に観客の皆さんも協力して、みんなで一緒に歌いあげる。最後の曲は「トゥルー・カラーズ」。この日はバックのキーボードもいつもは彼女自身が弾くダルシマーもなく、たった一人、完全なるアカペラで歌いあげる。すべての装飾を一切省いた「トゥルー・カラーズ」はまさに美しく感動的。最後のフレーズ“like a rainbow…” を会場中で歌いあげ、ショーは静かに終了した。20年振りの仙台公演は、今回のツアーの中で最も一体感を感じるものだった。そして、言葉で語るよりも、想いを「歌」に託したかのようなシンディの姿がとても印象的なライヴだった。

シンディ・ローパーのデビュー30周年を祝うスペシャル・コンサート「シンディ・ローパー30周年アニヴァーサリー・セレブレーション・ジャパン・ツアー」はいよいよファイナル東京公演を残すのみ。1月20日(火)7年振りの日本武道館公演が19時より。

【オフィシャルサイト】
Cyndi Lauper (シンディローパー) 日本公演オフィシャルサイト
http://cyndi-japantour.com/

【ライブ・コンサート情報】
2015/1/11(日) フェスティバルホール (大阪)
2015/1/12(月) 本多の森ホール (石川)
2015/1/15(木) センチュリーホール (愛知)
2015/1/16(金) 福岡サンパレス (福岡)
2015/1/18(日) 仙台サンプラザホール (宮城)
2015/1/20(火) 日本武道館 (東京)
Cyndi Lauper (シンディローパー) チケット情報
【関連商品】
Cyndi Lauper (シンディローパー)
『シーズ・ソー・アンユージュアル30周年記念盤(DVD付) 』
発売日:NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

Cyndi Lauper (シンディローパー) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Cyndi Lauper (シンディローパー) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2015-01-20 18:16 この記事だけ表示

[ライヴレポ―ト] アイルランド発のモンスター・バンド=ザ・スクリプト、6年振りの来日公演大盛況のうち終了![レポート・取材・インタビュー]

約6年ぶりの来日を果たした、アイルランド出身のザ・スクリプト。この6年の間に世界中で大ブレイクを果たし、最新作『ノ―・サウンド・ウィズアウト・サイレンス』(日本では今春発売)で全英1位、アメリカでも10位を獲得した3人組の世界ツアーが、東京の赤坂ブリッツでスタートした。
 今やライヴはアリーナ・クラスの彼ら。今回の世界ツアーも、たとえば英国最大のマンチェスター・アリーナや第2位のO2アリーナ(ロンドン)での公演がこの後は予定されている。この日の赤坂ブリッツも、オープニングで既に、ライティング演出や音響からしてまごう事なきアリーナ仕様。真剣勝負で6年ぶりの日本のファンと向き合う3人に、観客も登場の瞬間から熱い歓声で応えた。  サポートにベースとキーボードを加えた5人編成のこの日のライヴは、新作収録の「ペイント・ザ・タウン・グリーン」で幕を開けた。日本では未発売、シングルにもなっていないこの曲を、会場の日本のファンは完璧に知り、歌っている。それは衝撃的な光景でもあった。ケルト音楽を取り入れ故郷アイルランドを歌ったこの曲に合わせ、かの国の国旗を振るファンも。6年間の不在を感じさせぬ観客の盛り上がりは、次のシングルの「スーパーヒーローズ」で更に加速していった。  なかなか来れなかったのに応援し続けてくれた日本のファンへの感謝を、この前日の取材でも口にしていたザ・スクリプトの3人。その想いは、ステージにはっきり表れていた。フロントマンのダニー・オドナヒュー(Vo&Key)はハンドマイクでエネルギッシュに歌うかと思えば、ギターやキーボードなどを弾いて曲の持ち味を丁寧に伝える役目も。マーク・シーハン(G&Vo)が曲たちに加えるラップやコーラスは、バラード曲の印象の強いこのバンドにエネルギッシュな躍動感を加味していた。一方でグレン・ヒューズ(Dr)はパワフルなドラミング以外にも美しいハーモニーを生むコーラスを担当。デビュー曲の「ウィ・クライ」や初期の名曲「うごかぬ想い〜ザ・マン・フー・キャント・ビー・ムーヴド」などは、6年前に見た際よりも3人のそんな持ち味が調和し、世界的な人気者に成長したバンドならではの凄味すら宿っていた。  僕らにはファンはいないけど、ファミリーがいる−−そんな言葉で、「家族」である観客にしばしば熱心に語り掛けていたダニー。突然ステージを降り、ファンの息吹をダイレクトに感じながら、広い赤坂ブリッツのフロアを左から右へ笑顔で歌い歩く彼の姿は、衝撃であり壮観だった。「泣くなら、僕も一緒に」と歌いデビューしたこの3人の、アイリッシュならではの熱い心と人間味と優しさは、いくらビッグになろうと不変だ。「You guys want to make a moment? …Let's do it now!」という言葉でスタートしたアンコール最終曲の「ホール・オブ・フェイム」で、会場はさらに一体化。最後の瞬間まで盛り上がり続けた「家族」に応えるように、またすぐ帰ってくるよ、という言葉を残した彼らもまた、大満足の一夜だったに違いない。

■The Script - Superheroes


■THE SCRIPT (ザ・スクリプト) 日本オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/thescript/

【関連商品】
THE SCRIPT (ザ・スクリプト)
『No Sound Without Silence』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★THE SCRIPT (ザ・スクリプト) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2015-01-19 16:39 この記事だけ表示

[ライブレポート] クリーン・バンディットが初の来日公演を開催!“クラシック×エレクトロ“唯一無二のステージに東京が熱狂![レポート・取材・インタビュー]

2014年1月にリリースした「ラザー・ビー(feat.ジェス・グリン)」が、全英シングル・チャート4週連続1位に輝き、「2014年、世界で最もShazamされた楽曲」第1位や、第57回グラミー賞「最優秀ダンス・レコーディング」ノミネートなど、世界中で大ヒットを記録。
デビュー・アルバム『ニュー・アイズ』は、海外新人アーティストのデビュー作にして、いきなり日本のiTunes総合アルバム・ランキングで1位獲得という快挙を成し遂げたイギリス出身の新人エレクトロ・ユニット、クリーン・バンディット。
1月4日に出演した国内最大級のEDM系フェスelectroxでは約3000人の観衆を熱狂させた彼らが、1月6日東京 恵比寿リキッドルームにて、初の単独公演を開催した。
その注目度の高さから、この日のチケットは完全ソールドアウト。
満杯の会場にJ.S.バッハ「マタイ受難曲54番」のSEが流れ、大歓声の中メンバーが登場すると、そのままイントロへと繋がり「A&E」でライブの幕が開けた。
今回、バイオリンのニールが病気のため急遽来日できなくなり、チェロのグレース、ベース/キーボードのジャック、ドラムのルークの3人に、女性ボーカルのエリザベスを迎えた4人編成でのステージ。
ジャックとルークがバックで刻むビートに合わせて、へそ出し衣装に身を包んだグレースが、チェロだけでなくボーカル/コーラスも務め、エリザベスとのセクシーなダンスの掛け合いでオーディエンスを魅了する。
続く最新シングル「リアル・ラヴ」では、パワフルなボーカルに応え高いテンションで揺れる客席。
ジャックがリード・ボーカルをとる4曲目「ダスト・クリアーズ」では、自然と手拍子が巻き起こり、昨年、英グラストンベリー・フェスティバルをはじめ世界中の音楽フェスティバルや数々のアワードに出演し、大観衆の前でパフォーマンスを行ってきた彼らだけに、初の来日公演ながら早くも会場は一体感に包まれていく。
オーボエの音色がオリエンタルな雰囲気を醸し出す「UK シャンティー」、注目のレゲエ・アーティスト、スタイロGを迎えた「エクストラオーディナリー」と、ジャンルを越えた自らのダンス・サウンドを次々と繋いでいくクリーン・バンディット。 情緒的な「エクストラオーディナリー」から「ハート・オン・ファイア」へ、ベース音が一気に力強く尖ると、会場のボルテージはますます高まっていく。
MCでは、グレースが「今回が日本での初めてのショウなんだけど、以前にも日本に来たことがあって。
ミュージック・ビデオの撮影をしたんだけど、美しいこの町並みのおかげで素晴らしい作品ができて、本当に感謝しているわ。今日は撮影に参加してくれたアベ ハルカも見に来てくれているの。」と、築地や渋谷で撮影され大きな話題を呼んだ「ラザー・ビー」のミュージック・ビデオに出演した、ロンドン在住の日本人女優、安部春香さんを紹介する場面も。
そして、「今日この場へ来てくれた皆さん、本当にどうもありがとう。」と改めて感激の言葉を伝えると、新曲「ストロンガー」、そしてモーツァルトの「弦楽四重奏曲第21番」を引用した「モーツァルト・ハウス」を披露。
ストリングスと強力なEDMのビートが融合したクリーン・バンディットならではの唯一無二のサウンドに酔いしれると、「ナイチンゲール」でしっとりと本編が幕を閉じる。
そして、割れんばかりの手拍子の中、アンコール。1993年に発表されたRobin Sの大ヒット・ダンス・ナンバーをカヴァーした「ショウ・ミー・ラヴ」でグルーヴが最高潮になったところで、ラストは彼らの代名詞とも言える人気曲「ラザー・ビー」。
待ちわびたバイオリンとチェロによるイントロが響くと大歓声が巻き起こり、エリザベスがマイクを向けると大きなシンガロングで応えるオーディエンス。 サビでは会場全体での大合唱となり、大盛り上がりの中あっという間の1時間が終了した。

クリーン・バンディットは、来日を記念して2015年1月1日にアルバム『ニュー・アイズ(最強盤)』をリリース。
昨年リリースされたデビュー・アルバムに、最新シングル「リアル・ラヴ」や単独公演で披露した「ショウ・ミー・ラヴ」など6曲を追加収録した豪華な内容となっている。

■Clean Bandit Rather Be(ラザー・ビー)


■Clean Bandit (クリーン・バンディット) オフィシャルサイト
http://cleanbandit.co.uk/


【関連商品】
Clean Bandit (クリーン・バンディット)
『ニュー・アイズ<最強盤>』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Clean Bandit (クリーン・バンディット) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2015-01-09 12:54 この記事だけ表示

[ライブレポート] 史上最強のスーパー・ユニット=ザ・ティン・ティンズ約6年ぶりとなる来日ツアー初日大盛況![レポート・取材・インタビュー]

デビュー・シングル「グレイトDJ」でいきなり大ブレイク、ここ日本でもCMやドラマにも多数起用され衝撃的なデビューを果たしたUK出身の史上最強のスーパー・ユニット、ザ・ティン・ティンズ。
待望のニュー・アルバム『スーパー・クリティカル』(Super Critical)を引っ提げて、ツアーとしては約6年ぶり、来日としては8度目となるジャパン・ツアーをスタートしました。
初日となった12/3(水)大阪ビッグ・キャットでは、ケイティ(Vo)がMCで「日本のファンのみんな、オオキニ!カンパイ!」と大阪弁を交えたMCで会場を沸かし、最新シングル「ロング・クラブ」やヒット曲「グレイトDJ」「ザッツ・ノット・マイ・ネーム」「ハング・イット・アップ」などを披露。

ギターも弾いてキーボードも弾いて歌って踊ってDJもするケイティ(Vo)に同性のファンからも「カワイイ!」「カッコいい!」の声が飛び交ったほか、ドラムのジュールズもドラム以外にギターやDJで会場を盛り上げ、
終始彼らの人柄がにじみ出るアットホームな雰囲気のライブとなりました。
アンコールでは自身のデビュー・シングル「グレイトDJ」さながらふたりがDJをしながら「ハンズ」をパフォーマンスしたほか、最後には大好きな日本のファンのためにとジャネット・ジャクソンのヒット曲「ザッツ・ザ・ウェイ・ラヴ・ゴーズ」のカバーを自身のシングル「ロング・クラブ」に乗せて歌うサプライズも。
彼らが好きな曲を自分たちの最新シングルにのせてカバーするという粋なパフォーマンスに会場全体が息をのむほどで、演奏が終わると会場全体から大きな拍手が沸き起こりました。


■THE TING TINGS (ザ・ティン・ティンズ) オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/thetingtings/

【関連商品】
THE TING TINGS (ザ・ティン・ティンズ)
『スーパー・クリティカル』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★THE TING TINGS (ザ・ティン・ティンズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>THE TING TINGS (ザ・ティン・ティンズ) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-12-09 20:44 この記事だけ表示

[ライブレポ] ベン・フォールズ、日本で初めてのオーケストラ共演で自ら観客を指揮![レポート・取材・インタビュー]

まるで打楽器を演奏するようなパンキッシュで破天荒なピアノ・プレイと、類稀なるメロディ・センス×ソングライティングで、「次世代ピアノ・マン」/「ポップ・マエストロ」などと評されるアメリカの人気シンガー・ソングライターベン・フォールズが17日(月)、東京・渋谷オーチャードホールで、日本で自身初となるオーケストラ共演ライヴを開催した。いつもはTシャツにスニーカーというラフな服装がトレードマークのベンが、この夜は細身の黒スーツ、黒タイ、白シャツに黒い革靴で登場。

90年代後半に日本で爆発的な人気を博した自身のバンド、ベン・フォールズ・ファイヴのヒット曲を中心とした選曲に加え、「昨年作曲した」という、ピアノ協奏曲(まさかの全第3楽章)他を、約40人編成の東京スターオーケストラを従えて披露した。ライヴの後半には、自らが指揮者となって観客を3パートに分けてコーラスを完成させた。その際にはステージ上に指揮者が二人いるという珍事態となり、客席を大いに沸かせた。
豪快に鍵盤を叩きつける、超絶ピアノ・マンがオーケストラと豪華共演!

【セットリスト】
SET ONE
ZAK & SARA
SMOKE
JESUSLAND
PICTURE WINDOW
PIANO CONCERTO I II III
STEPHEN’S LAST NIGHT IN TOWN

INTERMISSION

SET TWO
EFFINGTON
LANDED
FRED JONES Part2
GRACIE
NOT THE SAME
ONE ANGRY DWARF AND 200 SOLEMN FACES

ENCORE
BRICK

[photo:Kayoko Yamamoto]


オフィシャルサイト】
Ben Folds (ベン・フォールズ) オフィシャルサイト
http://www.benfolds.com/

【関連商品】
Ben Folds (ベン・フォールズ)
『サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Ben Folds (ベン・フォールズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Ben Folds (ベン・フォールズ) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-11-26 19:30 この記事だけ表示