来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ライブレポ] 全速力のダイヴ炸裂! トゥエンティ・ワン・パイロッツ東京公演レポート[レポート・取材・インタビュー]

nb_title[1].jpg

NEXT BREAKERS vol.4 トゥエンティ・ワン・パイロッツ


タワーレコードが独自の視点で今後ブレイクしそうなアーティストをピックアップする同名キャンペーンと連動し、洋楽のニュー・カマーを招いてその魅力をライヴでも音楽好きに届けるSMASHとの共催イヴェント〈NEXT BREAKERS〉。同企画の〈vol.4〉として大阪と東京で行ったトゥエンティ・ワン・パイロッツの初単独ジャパン・ツアーより、2月28日の東京・恵比寿LIQUIDROOM公演の模様をレポートします!

ピアノとドラムを軸とするエネルギッシュなロッカトロニカ(ロック+エレクトロニカ)で人気を集める彼らのライヴを見ようと、多くのオーディエンスが詰めかけたこの日のイヴェント。まずオープニング・アクトとして登場したのは、メタルコアやエレクトロの要素を持ったバンド・サウンドと、日本のアーティストならではのメロディーで注目を集め、先月にメジャー・デビュー・アルバム『ARTEMA』を発表したばかりの5人組バンド、ARTEMA。いきなり激メタリックなツイン・ギターと泣きのサビメロが融合した“UNLIMITED BREAKER”、ゴリゴリのギター・リフをEDM風のけたたましいシンセが彩どる“Dancing Field”で畳み掛けます。

ダンサブルなスクリーモ・ナンバー“LIGHT MY FIRE”の後のMCでは、ARTEMAを知らないお客さんへ改めてバンドのコンセプトでもある〈KIRA☆CORE〉サウンドを説明。最後は、フロントマンのMEGが獣のような咆哮とキャッチー極まりない美メロを歌いこなす“Divine Judgement”、自ら〈代表曲〉と説明したキラー・チューン“LITE SABER”と続け、独特なラウド・ミュージックで存分にフロアをロックしてくれました!

そしていよいよ、この日の主役であるトゥエンティ・ワン・パイロッツが登場。〈Right-on.〉のTVCMイメージ・ソングに起用されたシングル“Guns For Hands”のジャケットでもお馴染み、スカル・パーカーのフードに表情まで覆われた出で立ちでステージに現れます。2人はそのままの姿で、最新アルバム『Vessel』の冒頭を飾る“Ode To Sleep”に突入。豪快なフォームでドラムを叩くジョシュ・ダンと、シンセやエレクトリック・ピアノの演奏、ときにはマイクだけを持って歌に専念するなど、目まぐるしく舞台を駆け回るタイラー・ジョセフのパフォーマンスに、オーディエンスは力いっぱいの大合唱で応えます。

パーカーを脱いで本格的な戦闘態勢に入った彼らは、タイラーの美しい弾き語りから速射砲のようなラップまで堪能できた“Migraine”、彼のウクレレによるレゲエ調のアクセントがグルーヴィーな“Screen”など、ダイナミックかつヴァラエティーに富んだ楽曲を連続でプレイ。お客さんにサビのコーラスをレッスンした“Forest”では、ふたたび大きなシンガロングが会場中に響き渡りました。

あと数日で誕生日を迎えるという女性をステージに上げトークを繰り広げるなど、サーヴィス精神全開でお客さんと触れ合う姿が印象的だった彼ら。全員の協力でフロアの中央に道を作り、タイラーがそのなかで歌った“The Run And Go”では、みんなで歌いながら跳ねまくる大興奮状態となります。続く“Car Radio”をこの日1番のスピードで疾走し、ここで思いきり助走をつけたタイラーは客席に向かって勢いよくダイヴ! MCでは来場者への感謝の言葉を述べると共に「君たちもトゥエンティ・ワン・パイロッツの一員だ!」と宣言し、オーディンスと一緒に写真を撮るなど、どこまでもファンを大切にする2人に惚れ惚れしました!

本編は、タイラーがクラウドに支えられたフロア・タムを叩きまくる“Trees”で一旦フィニッシュ。割れんばかりのアンコールに応えすぐにステージに戻ってきた彼らが繰り出したのは、誰もが待ち構えていた前述のシングル曲“Guns For Hands”! エネルギーの塊のようなタイラーの弾けっぷりや、間奏でステージ中央にドラム・セットを即席で組み直し2人揃って強烈なビートを叩き合うシーンに、オーディンスのテンションは大爆発。全員が飛び跳ねて音楽の楽しさを分かち合う、LIQUIDROOMが揺れまくった熱い一夜となりました!

文) TOWER RECORDS ONLINEより


>TOWER RECORDS ONLINE


〈NEXT BREAKERS Vol.4 featuring twenty|one|pilots〉
@ 東京・恵比寿LIQUIDROOM 2013.02.28

【ARTEMA】オープニング・アクト
1. UNLIMITED BREAKER
2. Dancing Field
3. LIGHT MY FIRE
4. Divine Judgement
5. LITE SABER

【twenty|one|pilots】
1. Ode To Sleep
2. Migraine
3. Screen
4. House Of Gold
5. Holding On To You
6. Forest
7. The Run And Go
8. Car Radio
9. Shout
10. Trees

〈アンコール〉
1. Guns For Hands


■ twenty|one|pilots official link
http://www.twentyonepilots.com/

>Vol.3 featuring FUN. ライブレポはこちら!
>Vol.2 featuring ED SHEERAN ライブレポはこちら!
>Vol.1 featuring THE VACCINES ライブレポはこちら!
>Vol.0 featuring HOWLER ライブレポはこちら!


【NEXT BREAKERS】
音楽は聴くものであり、感じるもの。NO MUSIC, NO LIFE.。お店からライブまでを一つの流れとしてお客様に共感してもらいたい。そんな理想を掲げ、TOWER RECORDSとSMASHが完全共催する企画「NEXT BREAKERS」
>NEXT BREAKERS 過去公演一覧はこちら

★ NEXT BREAKERS 最新情報をお届けします★
NEXT BREAKERSを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
>NEXT BREAKERSをお気に入り登録する

twenty|one|pilots
Vessel
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★twenty|one|pilots最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-03-21 18:34 この記事だけ表示

[ライブレポ] FUN.東京公演、タワー×SMASH企画レポ[レポート・取材・インタビュー]


BLOW UP vol.2 FUN.
青春ソング“We Are Young”大合唱でトキメキ全開!
タワー×SMASH企画レポ


いま話題の洋楽アーティストを招いてその魅力を広く伝える、タワーレコードとSMASHによる共催イヴェント〈BLOW UP〉。その第2弾として、第55回グラミー賞において主要部門である〈Song Of The Year〉と〈Best New Artist〉を受賞し、いまや世界的な人気バンドとなったファン.が東名阪ツアーを開催! ここではその初日となった昨日2月24日の東京・新木場STUDIO COAST公演のレポートをお届けします。

グラミー主要2部門を獲得という話題性もあってかチケットは完売し、溢れんばかりの観衆が集ったこの日のライヴ。照明が落ちると早くも黄色い歓声が上がり、爆発音のようなSEと共にいよいよメンバーがステージに姿を現します。今回はヴォーカルのネイト・ルイス、ギターのジャック・アントノフ、主にキーボードを弾いていたアンドリュー・ドストの3人に、ベーシスト、ドラマー、そしてギターやサックスなど楽曲ごとにいろいろな楽器を担当した紅一点のブロンド美女という6人編成。まずは“Out On The Town”で力強くライヴをスタートさせ、続く“One Foot”ではネイトが「トキオー! プチャヘンザッ!」と高らかに叫び盛り上げます。


ジャックのギター・ソロも炸裂した溌剌ポップ・ソング“All The Pretty Girls”、ほろ苦いメロディーが胸を締め付ける“Why Am I The One”と続けた後はネイトのMCへ。「アリガトウ、ウィー・アー・ファンデス!」と日本語で挨拶してフロアを沸かせます。何故かダチョウ倶楽部の持ちネタ〈ヤーッ!〉のモノマネ(?)に挑戦する一幕もありつつ、コーラス部分をお客さんに指導してからの“At Least I'm Not As Sad (As I Used To Be)”では会場が一体となって親密な空気を作り上げ、“All Alone”“It Gets Better”と、大ヒット・アルバム『Some Nights』からのナンバーを次々と披露していきます。

彼らのライヴで印象的なのは、何と言ってもネイトの伸びやかなハイトーン・ヴォイス。クイーンのフレディ・マーキュリーにも似た抜けの良い声質で、全身を使って気持ち良さそうに歌う彼の楽しそうな姿には、会場に駆けつけた人々もハートを掴まれたようで、「カワイイ!」といった嬌声や「ユー・アー・セクシー!」という野郎の野太い声まで飛ぶほど。そんな彼がキャッチーなメロディーとドラマティックな構成のキラキラ青春ソングを笑顔いっぱいで歌うものだから、フロアのトキメキ指数は上がりっぱなし!


途中のMCで今年のフジロック出演をサプライズ発表したり、ジャックとアンドリューが背中合わせに座って“The Gambler”を演奏しながら歌ったりといったサーヴィス満点の場面を経て、ショウはいよいよ後半戦に突入。エモい輝きに満ちた名曲“Carry On”でドリーミーかつ感動的なステージを見せると、畳み掛けるように大ヒット曲“We Are Young”をパフォーム! 当然オーディエンスも一体となっての大合唱が巻き起こり、この日いちばんの盛り上がりとなりました。さらに、最近ではUSの人気青春ドラマ「glee/グリー」で採り上げられたことでも知られるローリング・ストーンズの名曲“You Can't Always Get What You Want”をカヴァーしてライヴ本編は終了。“We Are Young”のヒットも同ドラマでフィーチャーされたことがきっかけだったので、「glee/グリー」好きの人にはグッときたのではないでしょうか?

アンコールに応えて再び姿を現した彼らは、オートチューン風の加工ヴォイスが気持ち良い“Some Nights”、美しくも壮大な雰囲気に満ちた“Stars”を演奏。甘酸っぱい青春の時を思い起こさせる1時間半のコンサートは、幸福な余韻を残して夢のように儚く終了しました。

なお、ファン.は本日2月25日(月)に大阪・BIG CAT、明日2月26日(火)に愛知・名古屋CLUB QUATTROでライヴを実施。チケットはすでに完売しています。タワーレコードではそのほかにもさまざまなライヴ・イヴェントの開催を予定していますので、各公演の詳細はTOWER RECORDS LIVE INFORMATIONのページにてご確認をどうぞ!

文) TOWER RECORDS ONLINEより


>TOWER RECORDS ONLINE


〈BLOW UP Vol.2 Featuring FUN.〉
【新木場STUDIO COAST 2013.2.24 セットリスト】
1. Out On The Town
2. One Foot
3. All The Pretty Girls
4. Why Am I The One
5. At Least I'm Not As Sad (As I Used To Be)
6. All Alone
7. It Gets Better
8. Barlights
9. All Alright
10. The Gambler
11. Carry On
12. We Are Young
13. You Can't Always Get What You Want

〈アンコール〉
1. Some Nights
2. Stars

■ THE FUN. official link
http://www.ournameisfun.com/



【NEXT BREAKERS / BLOW UP】
TOWER RECORDSとSMASHが完全共催により、店頭からライブまでを一つの流れとしてお客様に共感していただくライブイベントが、この「NEXT BREAKERS」と「BLOW UP」。

「NEXT BREAKERS」では、TOWER RECORDS店頭で好リアクションのあった新人をいち早くお届け。
「BLOW UP」では、NEXT BREAKERSからさらにステップしたアーティストのライブを選りすぐりでお届けします。

洋楽不況が叫ばれる中、音楽は聴くものであり、感じるもの。それを伝えたい、まさに、NO MUSIC, NO LIFE.な企画です。
>NEXT BREAKERS / BLOW UPをお気に入り登録する
>NEXT BREAKERS 過去公演一覧はこちら

公演情報

NEXT BREAKERS vol.4 Featuring twenty | one | pilots
2013/2/27(水) BIGCAT (大阪)
2013/2/28(木) LIQUIDROOM (東京)
[チケット情報はこちら]

FUJI ROCK FESTIVAL'13
2013/7/26(金)27(土)28(日) 湯沢町 苗場スキー場 (新潟)
※FUN.の出演日はオフィシャルサイトをご確認ください
[チケット情報はこちら]

FUN.(ファン)
『サム・ナイツ〜蒼い夜〜(初回限定スペシャル・プライス盤) [Limited Edition]』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★FUN.(ファン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-02-26 18:18 この記事だけ表示

<ネタバレ注意>[ライブレポ] 2CELLOS来日公演2013スタート!東京が熱狂![レポート・取材・インタビュー]


2CELLOS来日公演2013スタート!東京が熱狂!


2011年1月、初の単独公演で成功を収めた2CELLOS。2012年11月7日には待望のセカンド・アルバム『2CELLOS2〜IN2ITION〜』を発売、現在新譜をひっさげて約1年ぶりの日本ツアーのため来日中だ。2月15日より全国公演がスタートし、東京のオーチャードホールで満員の観客を魅了した。

ひたむきに2本のチェロだけで「疾走」する爽快感が際立った昨年のライヴに比べて、今回は表現力の幅が広がり、レパートリーも格段に増えたことでステージそのものの完成度がアップ。そして、何よりこの1年、世界各国のさまざまな会場、特にスタジアム級の場所で演奏した経験が表現者としての自信となって、説得力をましたパフォーマンスを披露してくれた。曲順にも起承転結の流れがあり、ロック・ポップ名曲が合計24曲、奏でられた。



2CELLOSのルカとステファンは、美しいメロディを伸びやかに奏でたかと思えば、ありえない超絶技巧と情熱ほとばしるプレイでオーディエンスの視線を釘づけにし、観客をあきさせない。オリジナル曲のエッセンスを抽出し、2人の卓越したアレンジ能力とクラシックで鍛えた抜群のテクニックで、曲に新たな命をふきこむその芸風は、まさに彼らの人気の秘密といえる。本日の東京初日では、初披露かつアルバム未収録のコールドプレイ「ウォーターフォール〜一粒の涙は滝のごとく」、ジミヘンの代表曲「パープル・ヘイズ」、AC/DC「バック・イン・ブラック」が演奏され、来場したファンには嬉しいサプライズとなった。

そして、何よりも「あ・うん」の呼吸でジャンルの壁も飛び越えて自由自在に心から音楽を楽しむ2人の幸せそうな姿は、見る人すべてを思わず笑顔にしてしまう魅力を放つ。

アーティストとして、より豊かに、パワフルになって戻ってきた2CELLOS。

是非ライヴで、その迫力あふれるパフォーマンスを体験してみてほしい。

【セットリスト】
2月15日 19:00 東京オーチャードホール
1. ベネディクトゥス(カール・ジェンキンス)
2. 約束の地(U2)
3. タイム・オブ・ユア・ライフ(グリーン・デイ)
4. カリフォルニケイション(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
5. ザ・ブック・オブ・ラヴ(ピーター・ガブリエル)
6. ザ・レジスタンス(ミューズ)
7. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー(U2)
8. 美しき生命(コールドプレイ)
9. ヒューマン・ネイチャー(マイケル・ジャクソン]
10. スムーズ・クリミナル(マイケル・ジャクソン)
11. ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル(ガンズ・アンド・ローゼズ)
12. ウォーターフォール〜一粒の涙は滝のごとく(コールドプレイ)
13. ウィー・ファウンド・ラヴ(リアーナ)
14. ヴードゥー・ピープル(プロディジー)
15. テクニカル・ディフィカルティーズ(レーサーX)
16. ホエン・アイ・カム・アラウンド(グリーン・デイ)
17. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット(ニルヴァーナ)
18. ユー・シュック・ミー・オール・ナイト・ロング(AC/DC)
19. 地獄のハイウェイ(AC/DC)
〜アンコール5曲〜

■2Cellos(トゥーチェロズ) official link
http://www.sonymusic.co.jp/2cellos/

<公演情報>

東京公演 2月15日 Bunkamura オーチャードホール
大阪公演 2月16日 メルパルクホール大阪
金沢公演 2月18日 金沢市文化ホール
広島公演 2月19日 広島アステールプラザ大ホール
名古屋公演 2月20日 Zepp Nagoya
東京追加公演 2月22日 TOKYO DOME CITY HALL
[チケット情報はこちら]

2Cellos
『2CELLOS2〜IN2ITION〜』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★2Cellos(トゥーチェロズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-02-19 15:54 この記事だけ表示

[ライブレポ] ヴァクシーンズの白熱ライヴに渋谷AX沸騰!タワー×SMASH新企画レポ[レポート・取材・インタビュー]


BLOW UP vol.1 THE VACCINES
ヴァクシーンズの白熱ライヴに渋谷AX沸騰!タワー×SMASH新企画レポ


いま話題の洋楽アーティストを招いてその魅力を広く伝える、タワーレコードとSMASHの新たな共催イヴェント〈BLOW UP〉。ここでは、その第1弾として行ったUK発の4人組ロック・バンド、ヴァクシーンズの来日ツアーより、1月17日の東京・SHIBUYA-AX公演での模様をレポートします!

昨年2月にもタワーとSMASHによる共催企画〈NEXT BREAKERS〉で来日し、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたヴァクシーンズ。今回は、9月に発表したセカンド・アルバム『Come Of Age』が本国のチャートで初登場1位に輝くなど、ますますバンドの勢いが加速するなかでのジャパン・ツアーとなりました。

この日最初にステージに登場したのは、ツアーの全日程でオープニング・アクトを務めた日本の3ピース・バンド、a flood of circle。マイルス・デイヴィス“Generique”に乗って現われた彼らは、「おはようございます。a flood of circleです」という挨拶と共に、SEのムーディーな雰囲気を叩き壊すような激しいロック・チューン“Diver's High(VAVAVAVAVAVAVA)”でライヴをスタートします。

「カタカナのロックンロールでやっていくんでよろしく!」との宣言通り、矢継ぎ早に強烈なメッセージを日本語でまくし立ててる“Summertime Blues II”や、最新アルバムのタイトル曲“FUCK FOREVER”など、ソリッドかつセクシーなナンバーを連発。ラストは、ひときわキャッチーなメロディーが耳に残る“理由なき反抗(THE REBEL AGE)”をプレイし、短い演奏時間ながら鮮烈な存在感を残していきました!

そしてZZトップ“I Gotsta Get Paid”が大音量で鳴り響くなか、いよいよ主役のヴァクシーンズが登場! 『Come Of Age』からのファースト・カット“No Hope”、オーディエンスの大合唱が巻き起こった“Wreckin' Bar (Ra Ra Ra)”というホットなシングル曲の連続攻撃でライヴの幕を切って落とします。「We Are THE VACCINES!」と高らかに自己紹介した後も、ヴァクシーンズ流のロックンロール・マナーに貫かれた“Tiger Blood”“Wetsuit”“Teenage Icon”といった珠玉のシングル群を惜しみなく投下。イントロが鳴る度に会場は大きな歓声に包まれ、前半戦から興奮の坩堝と化しました!

ミッド・テンポのガレージ・ポップ“Aftershave Ocean ”やファズが効いたサーフ・ロック風の“Ghost Town ”を挟み、メジャー・デビュー・シングル“Post Break-Up Sex”で再びオーディエンスのテンションに火を点ける彼ら。さらに、中毒性の高いサビメロが耳を離れないネオ・サイケ・ナンバー“Blow It Up”、大シンガロング状態となった“I Always Knew”など攻めの姿勢を崩す気配がないまま、モッシュが起こるほどの盛り上がりを見せた“If You Wanna”で本編は一旦終了します。

いつまでも鳴り止まないアンコールの声に応えて、再度ステージに戻ってきた4人。MCでは日本のオーディエンスへ感謝の念を表し、フロアから暖かい拍手が贈られます。そこから、ギターの鋭利なリフが先導する“Bad Mood”、性急なビートに合わせて踊る人続出だった“Wolf Pack”を駆け抜けるようなスピードで演奏。ラストは、ギターを手放したフロントマンのジャスティン・ヤングが、オーディエンスに語りかけるように歌う姿が印象的だった“Norgaard”で大団円を迎えました。ロック・シーンの最前線で闘う彼らの魅力たっぷりと味わうことのできた、濃厚なロックンロール・ショーでした!

タワーレコードとSMASHでは、今月もファン.、トゥエンティ・ワン・パイロッツといった注目の海外アクトのライヴを開催。詳細はTOWER RECORDS ONLINE内のLIVE INFORMATIONのページにてぜひご確認ください!

文) TOWER RECORDS ONLINEより


>TOWER RECORDS ONLINE


〈BLOW UP Vol.1 Featuring THE VACCINES〉
【a flood of circle】(オープニング・アクト)
1. Diver's High(VAVAVAVAVAVAVA)
2. Blood Red Shoes
3. Summertime Blues II
4. プシケ
5. FUCK FOREVER
6. 理由なき反抗(THE REBEL AGE)

【THE VACCINES】
1. No Hope
2. Wreckin' Bar (Ra Ra Ra)
3. Tiger Blood
4. A Lack of Understanding
5. Wetsuit
6. Teenage Icon
7. Under Your Thumb
8. Aftershave Ocean
9. Ghost Town
10. Post Break-Up Sex
11. All In White
12. Change Of Heart Pt.2
13. Blow It Up
14. I Always Knew
15. If You Wanna

〈アンコール〉
1. Bad Mood
2. Wolf Pack
3. Norgaard

■ THE VACCINES official link
http://www.thevaccines.co.uk/gb/home/



【NEXT BREAKERS / BLOW UP】
TOWER RECORDSとSMASHが完全共催により、店頭からライブまでを一つの流れとしてお客様に共感していただくライブイベントが、この「NEXT BREAKERS」と「BLOW UP」。

「NEXT BREAKERS」では、TOWER RECORDS店頭で好リアクションのあった新人をいち早くお届け。
「BLOW UP」では、NEXT BREAKERSからさらにステップしたアーティストのライブを選りすぐりでお届けします。

洋楽不況が叫ばれる中、音楽は聴くものであり、感じるもの。それを伝えたい、まさに、NO MUSIC, NO LIFE.な企画です。
>NEXT BREAKERS / BLOW UPをお気に入り登録する
>NEXT BREAKERS 過去公演一覧はこちら

公演情報

BLOW UP vol.2 featuring FUN.
2013/2/24(日) studio coast (東京)
2013/2/25(月) BIGCAT (大阪)
2013/2/26(火) 名古屋CLUB QUATTRO (愛知)
[チケット情報はこちら]

NEXT BREAKERS vol.4 Featuring twenty | one | pilots
2013/2/27(水) BIGCAT (大阪)
2013/2/28(木) LIQUIDROOM (東京)
[チケット情報はこちら]

ヴァクシーンズ
『ザ・ヴァクシーンズ・カム・オブ・エイジ(完全生産限定盤)』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★ヴァクシーンズ最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-02-06 19:38 この記事だけ表示

[インタビュー] 2CELLOS全曲本人解説、「直感で音楽を感じとることができるミュージシャンばかりが参加している」[レポート・取材・インタビュー]

チェロ2本で演奏したマイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」で世界を熱狂させたルカ・スーリッチとステファン・ハウザーによる2CELLOSが、今週、2ndアルバムをリリースする。

この1年でひとまわりもふたまわりも大きく成長した2人。ミュージック・ファンだけでなくアーティストをも魅了した彼らの新作にはエルトン・ジョンやスティーヴ・ヴァイ、ズッケロ、ラン・ランらがゲスト参加。また、アリス・クーパー、キッス、ピンク・フロイドなどの作品で知られるボブ・エズリンをプロデューサーに迎えたことでサウンドがよりパワフルでビッグになった上、2人が作曲したオリジナル・トラックを収録するなど、1作目の成功に甘んずることなく新たな領域に挑んだ。

第2章の幕を切った2人にロンドンで話を聞いた。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■ 2CELLOS(トゥーチェロズ) official link
http://www.2cellos.com/jp

公演情報

2013/2/15(金) Bunkamura オーチャードホール (東京)
2013/2/16(土) メルパルクホール大阪 (大阪)
2013/2/18(月) 金沢市文化ホール (石川)
2013/2/19(火) 広島アステールプラザ大ホール (広島)
2013/2/20(水) Zepp Nagoya (愛知)
[チケット情報はこちら]

2CELLOS
『2CELLOS2〜IN2ITION〜(初回生産限定盤)』
※DVD付
発売日: 2012/11/07
>>ご購入はこちらから!

★2CELLOS(トゥーチェロズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-08 11:02 この記事だけ表示