来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]デイヴィッド・フォスター、MISIAと相思相愛コラボ[BARKSニュース]

デイヴィッド・フォスター、MISIAと相思相愛コラボ

re_デイヴィッドフォスター.jpgデイヴィッド・フォスターMISIAとのコラボレーションが実現した。またひとつ音楽史に刻まれる作品の誕生だ。

デイヴィッド・フォスターはピーター・セテラ、ナタリー・コール、シャリースといった豪華ゲスト・ヴォーカリストを率いて、16年ぶりの来日公演を2010年10月に行なう予定になっている。この今回のアジア・ツアーを機に、デイヴィッド・フォスターは、アジアのアーティストとコラボレーションを希望していたというのだ。

デイヴィッド・フォスターとアジアのアーティストといえば、シャリースが思い浮かぶが、アジア各国の歌姫のプレゼンテーションを受けた中でも、MISIAの作品を聴いたデイヴィッド・フォスターは「大地のようにパワーある素晴らしいヴォーカリスト」と絶賛、彼女に白羽の矢を立てた。MISIAもデイヴィッド・フォスターの大ファンであるという。「幼い頃から彼の音楽に接してきて、そんな方と一緒にお仕事ができると思うと、驚きと同時に光栄でとても幸せなこと」とまさに相思相愛のコラボレーションがここに実現したのだ。

MISIAとのレコーディングを終えたフォスターはMISIAの才能に確信を持ったようだ。

「彼女の歌声を聴いて、私がこれまで仕事をしてきたナタリー・コール、マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストンなど、偉大なシンガーに匹敵する歌手で、日本の宝であることは間違いない。」──デイヴィッド・フォスター

MISIAもレコーディングを以下のように振り返っている。

「すごく歌を気持ちよく歌わせてくださいました。さりげないアドバイスで、歌がドラマティカルになる瞬間が沢山あって。細かいきらめきを捉えて、大きなものにするという才能があるから、こんな素敵な音楽をたくさん紡いで来られたのかなぁと感じて勉強にもなりましたし、すごく刺激も頂きました。」──MISIA

レコーディング前にはフォスター夫人が作ったスープを飲んで元気が出た、という心温まるエピソードも披露してくれた。

MISIA×FOSTERによるコラボレーション楽曲のタイトルは「LIFE IN HARMONY」(作詞:MISIA 作曲:yellowRubato:プロデュース:デイヴィッド・フォスター)。MISIAはこの楽曲に関して、「生物多様性のメッセージを歌った曲です。命の繋がりだとか、私たち自身は一人じゃ生きられなくて、色々な命だったり、色々な人達と繋がって生きているということが幸せなんだという気持ちを込めて歌いました。」とメッセージ。この「LIFE IN HARMONY」は、9月15日発売のデイヴィッド・フォスターのコンピレーションアルバム『DAVID FOSTER Presents Love,Again』のボーナストラックとして収録される。

『DAVID FOSTER Presents Love,Again』
9月15日発売 ¥3,480(2枚組、税込)

※MISIA×FOSTERコラボレーション楽曲「LIFE IN HARMONY」収録。
※マドンナ×マイケル・ジャクソン史上初の同時収録コンピレーション。ホイットニー・ヒューストン、セリーヌ・デイオン、アンドレア・ボチェッリ、ナタリー・コール&ナットキング・コールなど、フォスター代表作を網羅した、ビッグ・アーティストの大ヒット曲ばかりをコンパイルした超豪華アルバム。大人達が青春時代から現在まで、どの年代でも聴いていたヒット・ポップスの凝縮作品。

>>ご予約・ご購入はこちら!!

◆デイヴィッド・フォスター・オフィシャルサイト

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケデイヴィッド・フォスター出演!!DAVID FOSTER&FRIENDS ライブスケジュール
■10/10/19(火)20(水)東京 東京国際フォーラム ホールA
チケットTickets
[お申込みはこちら]


デイヴィッド・フォスター の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]エリック・クラプトン、ニューアルバム『クラプトン』日本先行発売[BARKSニュース]

エリック・クラプトン、ニューアルバム『クラプトン』日本先行発売
クラプトン
エリック・クラプトン
9月22日発売
『クラプトン』
WPCR-13940 2,580円(税込)
プロデュース:ドイル・ブラムホールII

>>ご予約・ご購入はこちら!!


ソロ・デビューから40年、エリック・クラプトンがジャジーかつブルージーなカヴァー&オリジナル楽曲集をリリース、9月22日に日本先行発売されることが決定した。アルバムタイトルは、その名も『クラプトン』だ。

『アンプラグド〜アコースティック・クラプトン』を彷彿させるようなブルージーかつジャジーな新作となっており、アーヴィング・バーリン、ファッツ・ウォーラーなど、クラプトン自身が今までに取り上げたかった作家の楽曲をカヴァーしているという。もちろんその上でオリジナル楽曲も収録されている。
注目すべきは1stシングルだ。なんと「枯葉(Autumn Leaves)」のカヴァーだとか。哀愁漂うこの楽曲では、クラプトンのヴォーカルとギターを堪能できるようだ。プロデュースはドイル・ブラムホールIIが手がけ、シェリル・クロウ、デレック・トラックス、アラン・トゥーサン他、豪華ゲストが多数参加。まさに大人のためのBGMに仕上がっているという。

1.トラヴェリン・アローン
2.ロッキング・チェアー
3.リヴァー・ランズ・ディープ
4.ジャッジメント・デイ
5.ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
6.マイ・ヴェリー・グッド・フレンド・ザ・ミルクマン
7.キャント・ホールド・アウト・マッチ・ロンガー
8.ザッツ・ノー・ウェイ・トゥ・ゲット・アロング
9.エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト
10.ダイヤモンズ・メイド・フロム・レイン
11.ホエン・サムバディ・シンクス・ユアー・ワンダフル
12.ハード・タイムス・ブルース
13.ラン・バック・トゥ・ユア・サイド
14.枯葉

※ゲスト参加アーティスト( )内の数字は参加曲
Doyle Bramhall II (1, 4, 7, 8)
Jim Keltner (1, 2, 4, 5, 7, 8, 10, 12, 13)
Willie Weeks (1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 9, 10, 12, 13, 14)
Derek Trucks (2)
Walt Richmond (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14)
JJ Cale (2, 3, 8, 9)
Kim Wilson (4, 7)
Allen Toussaint (6, 11)
Wynton Marsalis (5, 6, 11)
Trombone Shorty (6, 11)
Sheryl Crow (10)

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

エリック・クラプトンの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]カルヴィン・ハリス、7日間で4ヶ国5公演の強行スケジュール[BARKSニュース]

カルヴィン・ハリス、7日間で4ヶ国5公演の強行スケジュール

2009年の初来日の際は、単なるエレクトロ・ダンスとは一線を超えた本格派ダンス・ミュージックを生み出す彼の才能に触れるべく、多くのオーディエンスが駆けつけたものの、DJ終了後には大興奮の会場からそそくさとホテルに戻り、ずっとTwitterで最新オタク情報をアップしていたカルヴィン・ハリス。コンビニではチョコボールやアンパンマンなどのキャラクターが描かれたお菓子を大量買いするなど、そのオタクでオトメな一面がおちゃめだった彼であったが、さて、今回の再来日ではどんなエピソードを残してくれるのだろうか。

マイスペースでの音楽活動がカイリー・ミノーグの目に留まり、彼女のプロデュースを担当したことから一気にメジャーシーンに躍り出たことは有名なエピソードだが、カイリー・ミノーグの最新アルバム『アフロディーテ』においても、楽曲「TOO MUCH(トゥー・マッチ)」のプロデューサーとして参加しており、相変わらずの才能を随所で発揮しているようだ。
今回のアジア・ツアーでは、8月7日(土)のサマーソニック東京公演、8月8日(日)のサマーソニック大阪公演のほかに、マレーシアや韓国、タイなどのアジア各国を一気に回り、7日間で4ヶ国5公演を敢行するという強行スケジュールでパフォーマンスするようだ。

海外では常にヘッド・ライナーとして大注目のカルヴィン・ハリスだが、国内フェス初参戦となる今回の<サマーソニック>では、ダンス・ステージのトリとして一段と格を上げたDJスキルを炸裂予定。お見逃しは厳禁で。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケカルヴィン・ハリス出演!!SUMMER SONIC 2010ライブスケジュール
10/8/7(土)8(日)[TOKYO] 千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
10/8/7(土)8(日)[OSAKA] 舞洲サマーソニック大阪特設会場
※カルヴィン・ハリスの出演日は8/7(土):TOKYO 8/8(日):OSAKA です。

★詳細・お申込みは今すぐe+SUMMER SONIC 2010特集ページで!
http://eplus.jp/ss/

カルヴィン・ハリス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]ミステリー・サークルはこうして作られた、KORN衝撃映像作品のメイキング映像公開[BARKSニュース]

ミステリー・サークルはこうして作られた、KORN衝撃映像作品のメイキング映像公開
KORNが先日公開した1時間20分にも及ぶ驚愕の映像作品「THE ENCOUNTER」はごらんいただけたであろうか。
前代未聞のライヴ・パフォーマンス「THE ENCOUNTER」映像は、広大なベーカーズ・フィールドの畑に現れたミステリー・サークルの中で行なわれたライヴ・パフォーマンスを収録したもので、幻想的かつ重厚なその映像は、KORNというバンドのカリスマ性を強く印象付けたものであった。

そして今回さらに公開となったのは、その歴史的とも言えるパフォーマンスの裏側を映した「ビハインド・ザ・シーン・オブ・THE ENCOUNTER」だ。メイキングともいえるその映像は、ミステリー・サークルを作成する組織CircleMakers.orgにより作成されていく様子や、ライヴのリハーサル・シーン、さらにジョナサン自らがミステリー・サークルを作っていく様子なども紹介されている。

本編に続き、こちらも是非チェックを。ちなみに、この「THE ENCOUNTER」映像だが、ジョナサンのお気に入り作品であるというピンク・フロイドの『ライブ・アット・ポンペイ』をイメージに持っていたのだとか。うーん、荒廃した感じ?非日常の空間?普通と違う時間の経過? 分かるような分からないようなところだが、刺激的で感動をもたらす点においては、どちらも素晴らしい映像作品であることは確かだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケKORN出演!!LOUD PARK 10ライブスケジュール
■10/10/16(土)17(日)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
■10/10/16(土)兵庫 神戸ワールド記念ホール

埼玉・兵庫公演Tシャツ付きチケット発売中!!
チケットTickets
[お申込みはこちら]

KORN の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]ニッケルバックを観に、ラスベガスへご招待[BARKSニュース]

ニッケルバックを観に、ラスベガスへご招待

<SUMMER SONIC 2010>での再来日を記念し、ラスベガスで開催となるニッケルバックのライブの招待プレゼントがスタートする。

 アルバム『Dark Horse』からの最新シングル楽曲「ディス・アフタヌーン」のSingle Edit Ver.が収録されたシングルが、ニッケルバックの来日記念盤&入門編として495円で8月4日にリリースとなる。プレゼント対象者はこのシングル購入者だ。

マイク・クルーガーが地元のスターバックス・コーヒーでアルバイトをしていた時にいつも言っていた「Here's your Nickel Back(5セントのお釣りね)」にあやかって、500円を出すと「はい、5円のお返し」と、おつりが5円戻ってくるというイカした価格設定となったもの。

ポイントは、このシングルだ。8月4日発売となる495円のワン・コイン・シングル「ディス・アフタヌーン」は、タワーレコードによる独占販売商品で3000枚の限定商品なのだ。…という事は、抽選対象者は最大でも3000人しかいないということ。これ、意外に高い確率じゃありません?
今回のキャンペーンは、エア・カナダのサポートによる、ラスベガスで行なわれるNICKELBACKのスペシャル・ライヴに参加する権利…もちろん航空券+ホテル付きで、抽選で2名に、オリジナル・サイン・グッズが15名様にプレゼントされる。

ニッケルバックは、<SUMMER SONIC 2010>での公演後、9月14日テネシー州ナシュビルにあるブリッジストーン・アリーナを皮切りに<NICKELBACK Dark Horse Tour 2010>と銘打った全米ツアーに入るが、今回の招待はこのツアー最終日である10月30日にラスベガスにあるマンダリン・ベイ・ホテルで行なわれるものだ。現段階ではライヴに関しての詳細は未定だが、「This Afternoon」のPVイメージのように、プールサイドで行なわれると言う噂も。これはガチでスペシャルなライヴとなりそうなのだ。

【キャンペーン詳細】
・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケニッケルバック出演!!SUMMER SONIC 2010ライブスケジュール
10/8/7(土)8(日)[TOKYO] 千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
10/8/7(土)8(日)[OSAKA] 舞洲サマーソニック大阪特設会場
※ニッケルバックの出演日は8/7(土):TOKYO 8/8(日):OSAKAです。

★詳細・お申込みは今すぐe+SUMMER SONIC 2010特集ページで!
http://eplus.jp/ss/

ニッケルバック の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp