来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]バッド・カンパニー、35年前のチケットでメンバーに会える?[BARKSニュース]

バッド・カンパニー、35年前のチケットでメンバーに会える?

bad_company.jpg

1970年代に世界を制覇したスーパーバンド、バッド・カンパニーが、ポール・ロジャースとサイモン・カーク、そしてミック・ラルフスの3人のオリジナルメンバーで35年ぶりに来日することはお知らせしたとおり。その35年前を知るファンにとって、信じられないくらいのビッグプレゼントが発表された。

先日、その再来日公演に「追加公演」も決定したが、その追加公演も含んだ東京公演のチケットを購入したファンの中で、初来日公演のチケットを現在も手元に持っている人を、直接アーティストと会うことの出来るミート&グリートに招待するというのだ。

招待するのは、35年ぶりの来日ということにちなんで、3公演合計で“35”名。この企画に参加希望の人は、ハガキに今回購入した公演日と、35年前の日本武道館公演の両方の座席番号と、住所・氏名・年齢・職業・電話番号を必ず明記の上、応募することになる。宛先は以下の通り。

〒151-8542
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-53-2 BIZ原宿2F
ウドー音楽事務所 「バッド・カンパニー 35年振りのご対面」係
10/9(土)消印有効

ミート&グリート対象公演:
10月23日(土)昭和女子大学人見記念講堂
10月25日(月)東京 東京国際フォーラムホールA
10月26日(火)東京 東京国際フォーラムホールA

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


カラオケ バッド・カンパニー ライブスケジュール

■10/10/18(月) 福岡 Zepp Fukuoka
■10/10/20(水) 名古屋 Zepp Nagoya
■10/10/21(木) 大阪 なんばHatch
■10/10/23(土) 昭和女子大学人見記念講堂
■10/10/25(月) 東京 東京国際フォーラムホールA
■10/10/26(火) 東京 東京国際フォーラムホールA

チケット Tickets
[ お申込みはこちら]


★ バッド・カンパニー 最新情報をお届けします★
バッド・カンパニー を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定、追加席の発売、新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
バッド・カンパニー をお気に入り登録する


バッド・カンパニー(紙ジャケットCD&2010リマスター)
 [Limited Edition] [Original recording remastered]
近日発売 ¥2,300 (税込)

>>ご予約・ご購入はこちら!!

バッド・カンパニー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]マニック・ストリート・プリーチャーズ、カイリー・ミノーグTシャツを愛用[BARKSニュース]

マニック・ストリート・プリーチャーズ、カイリー・ミノーグTシャツを愛用

dream_theater.jpg

以前、「テイク・ザットが大好き」と意外なテイストを持ち合わせていることを告白をしたマニック・ストリート・プリーチャーズのニッキー・ワイヤー(B)が、今度はカイリー・ミノーグのファンだったことを明かした。彼のみならず、リッチー・ジェームズ・エドワーズ(G)もかつてカイリー・ミノーグTシャツを愛用していたそうだ。

ワイヤーはXfmでこう話している。「俺とリッチーはよくカイリーTシャツを着てたよ。ロンドンに着始めたころで、それってもんのすごくダサかった。でも、彼女って何かを象徴していた。ポップの自然性っていうのかな、マッシヴなパーソナリティーとか。それって俺らがスタートしたとき気にかけていたことなんだ」

「できるかぎりポピュラーになるっていうのが俺らのミッションだったんだ。いまのレディー・ガガみたいに」

そのミッションは果たされ、カイリーはガガとは違う方向でUKの国民的バンドとなった。マニック・ストリート・プリーチャーズは来週、10枚目のスタジオ・アルバム『Postcards From A Young Man』をリリース(日本盤9月22日発売)。今月末からスタートするUKツアーの後には、待望の来日公演(11月26日東京新木場STUDIO COAST/27日横浜Bay Hall)が控えている。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケ マニック・ストリート・プリーチャーズ ライブスケジュール
■10/11/26(金)東京 studio coast
■10/11/27(土)神奈川 ヨコハマ ベイホール
チケット Tickets
[ お申込みはこちら]


★ マニック・ストリート・プリーチャーズ 最新情報をお届けします★
マニック・ストリート・プリーチャーズ を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定、追加席の発売、新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
マニック・ストリート・プリーチャーズ をお気に入り登録する


ポストカード・フロム・ア・ヤングマン
マニック・ストリート・プリーチャーズ
近日発売 ¥2,520 (税込)

>>ご予約・ご購入はこちら!!

マニック・ストリート・プリーチャーズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]マイク・ポートノイ、ドリーム・シアターを脱退[BARKSニュース]

マイク・ポートノイ、ドリーム・シアターを脱退

dream_theater.jpg激震だ。ドリーム・シアターのドラマーであるマイク・ポートノイが、下記の声明文を発表、バンド脱退を表明した。心して読んでいただきたい。

   ◆   ◆   ◆

まさかこんな事を書く日が来るとは思っていなかったような事を書こうと思う。

25年を経て、俺が作り、導き、そしてこの四半世紀の間、心から愛し続けてきたバンド、ドリーム・シアターから脱退する決意をした。

多くの人はこの発表にショックを受けるだろうし、ある意味誤解されてしまうかもしれないけど、この決断は決して早まったものではない。ここ数年ずっと考えていたことなんだ。

HAIL!やTRANSATLANTIC、AVENGED SEVENFOLDと一緒にプレイした事が俺にとって非常に素晴らしい経験だった。そこで、ドリーム・シアターに対して以上に、こういった他の人たちとのプロジェクトの方が楽しく、その人たちとの方がよりよい人間関係を築き上げることが出来る、という結論に残念ながら至ってしまったんだ。

 でも誤解しないでほしい。俺は心の底からドリーム・シアターの仲間を愛しているし、長い歴史や友人関係、そして彼らとは信じられないくらいに深いつながりを持っている。ただ、俺にとって本気でブレイクが必要になったんだ。

ドリーム・シアターはいつだって俺の子供さ。1985年からずっとこのバンドの事を24時間、7日、365日、いつだって気にかけてきて、大事に育ててきた子供なんだ。終わる事のないドリーム・シアターとしての責任から手を引くような事はしなかった。たとえバンドがオフの期間であったとしてもね。俺は実際このバンドのために働きすぎだったし、普通の人だったら決してしないような態度でバンドのために尽くしてきた。

でも、このドリーム・シアターというバンドが、俺を燃やしつくし始めてしまったんだっていう結論に至ってしまった。他のメンバーとの関係性を保つため、そしてドリーム・シアターに対する俺の渇望感と情熱を保つために、ちょっとバンドから距離を置く期間が必要だと感じ始めた。

この20年の間、休むことなく作曲/レコーディング/ツアーというサイクルを続けてきて(俺はその全てを一切の休みなしに見続けてきた)、ところどころでメンバーから数ヶ月間離れた時期が、俺にとってすごく必要で、大きな助けとなっていたんだ。だからちょっとの間バンドから離れることに対して、バンドも了承してくれる事を心から願っていた。そうする事で俺達のバッテリーもまた充電できるし、何より「自分たち自身から俺を守る」ために必要だったからね。

でも、メンバーとの話し合いの中で、彼らは俺の感情に共感してくれる事はなく、ちょっと休息期間を置くよりも俺なしでバンドを続けていく、という結論を出してしまった。当初の思いからちょっと譲歩して、2011年に何回かはバンドとして活動してもいい、という案も出してみたんだけど、それも無理だったんだ…。

マイク・ポートノイのいないドリーム・シアターなんて考えただけで心が痛むけど(なにせこのバンドの名付け親は俺の父親なんだぜ)、俺は彼らの足かせみたいにはなりたくなかった。だから俺自身を犠牲にして、彼らが思うように動けるように、俺がバンドを去る、という決断をしたんだ。

これからの彼らが素晴らしいものになる事を願ってるし、俺達が一緒に築き上げてきた音楽と伝説が、この先何十年も生き続けてくれることを願っている。俺達が作り上げたアルバムすべて、書いてきた曲の全て、そしてやってきたショウの全てを、俺は誇りに思うよ。

世界中のドリーム・シアター・ファンに残念な思いをさせてしまって、本当に申し訳なく思っている。なんとかしてこの状態から抜け出し、うまく進めていく方法を探し続けてきた。別の道を歩むのではなく、ただたんにちょっとしたブレイクが欲しかっただけなんだ。でも、幸福というのはだれかに押し付けられるものでもなく、内側から来るべきものなんだ。

君達ドリーム・シアター・ファンは世界中で一番最高のファン達だ。俺はいつも君達のために一生懸命がんばってきたのは分かってもらえると思う。俺がどの道を進もうとも、今後も俺の音楽的探究の旅についてきて欲しいって願っているよ。(俺が仕事中毒なのは知ってるだろ? 新しいマイク・ポートノイ・プロジェクトがまたすぐ始まるだろうね)。

   ◆   ◆   ◆

そして、ドリーム・シアターは、マイク・ポートノイの脱退を受けて、次のようなコメントを発表した。

   ◆   ◆   ◆

新愛なるファン、そして友達たちへ:

俺達のドラマーであり親友であるマイク・ポートノイがドリーム・シアターを脱退する、という決断を下した事を伝えるのは、激しい悲しみと後悔の念を感じざるを得ない。

マイクの存在はバンドにとって仕事的にも、音楽的にも、そして個性的にも長年にわたって“世界”とも呼べるような大きな存在だった。マイクはこのバンドの重要な力であった事は、疑う事のない事実だ。

マイクが別の道を歩み、新しい冒険とチャレンジに向かう道を選んだ事は事実だが、俺達ドリーム・シアターは君たちに約束する。俺たちは今までと同様の強靭さを、そしておなじ音楽的流儀を持って前に進み続けるよ。君たちが俺たちをここまで支えてくれたんだ。その事は俺達にとって非常に大きな意味のある事だ。

ファンのみんな、このエピソードは『BLACK CLOUDS & SILVER LININGS』のファイルの中に入れておいてほしい。俺たちは予定通り、20011年1月から次のアルバムのためのレコーディングをスタートさせる。そしてその後は、ワールド・ツアーを予定してるんだ。

俺たちのスピリットは、動き続けるよ。

ドリーム・シアターのメンバー全員が、マイクの今後の音楽の旅が素晴らしいものになる事を、心の底から願っている。彼とは長く、とても意味深いキャリアを一緒に積んできた。彼が望むものを彼が手に入れられるようになる事を、そして彼にふさわしい幸せを手に入れられる事を、本当に願っている。彼がいない状態は、非常に寂しいものになるだろう。

   ◆   ◆   ◆

マイク・ポートノイは10月に日本で開催される<LOUD PARK>にアヴェンジド・セヴンフォールドのドラマーとして来日を予定している。現在はサポート・ドラマーという立場であったが、今回の件がどのような影響を与えるのかは、現時点では全く分かっていない。

ドリーム・シアター、マイク・ポートノイ、共に新次元へのステップととらえることが、我々オーディエンスの責務だろう。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケマイク・ポートノイ出演!LOUD PARK 10 ライブスケジュール
■10/10/16(土)17(日)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
■10/10/16(土)兵庫 神戸ワールド記念ホール
チケットTickets
[お申込みはこちら]


マイク・ポートノイ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]コレは欲しい、オジー・オズボーン来日記念盤『スクリーム・ジャパン・エディション』[BARKSニュース]

コレは欲しい、オジー・オズボーン来日記念盤『スクリーム・ジャパン・エディション』

2010年10月に開催となる<ラウドパーク>での来日を記念して、オジー・オズボーンの日本独自企画来日記念盤『スクリーム・ジャパン・エディション』のリリースが決定した。

なんと、そこには新曲2曲+7月にヨーロッパで行なわれた新バンドでの新体制最新ライヴ音源3曲が新たに追加されており、入手マストな限定盤となっているのだが、特典はそれだけにあらず。日本オリジナルデザインスポーツタオルが同梱されているのだ。

のっそのっそとステージを歩き回るオジーに、スポーツタオルが要らないかもしれないが、<ラウドパーク>のような大型フェスでスパークしまくる我々オーディエンスにスポーツタオルは必須グッズ。これは嬉しいアイテムだ。

販売方法はシンプル。どでかいパッケージに入っているわけでもなく、後に郵送されるわけでもなく、2枚組CDパッケージにきっちりと収まっているのだ。コチンコチンの圧縮状態では10cm×10cm程度だったものが、水につけるとぶおーっと元に戻り、縦22cm×横90cmまで巨大化。しかもしっかりしていて肌触りも抜群。当日ライブで振り挙げるもよし、塊のまま服の中に忍ばせ、汗と共にむくむくとタオルが復活する様子を味わうのもよし(?)。

このタオルを片手に、ラウドパークで会おうぜ。タオル同様、我々のメタル魂もラウドに巨大化させようじゃないか。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケオジー・オズボーン出演!LOUD PARK 10 ライブスケジュール
■10/10/16(土)17(日)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
■10/10/16(土)兵庫 神戸ワールド記念ホール
チケットTickets
[お申込みはこちら]

カラオケオジー・オズボーン単独公演ライブスケジュール
■10/10/13(水)東京 国際フォーラム ホールA
チケットTickets
[お申込みはこちら]

『Scream Japan Edition スクリーム・ジャパン・エディション』
2010年10月13日発売
来日記念盤 完全生産限定
EICP-1422〜23 ¥3,200(tax incl.)
>>ご予約・ご購入はこちら!!

1.Let It Die (レット・イット・ダイ)
2.Let Me Hear You Scream (レット・ミー・ヒア・ユー・スクリーム)
3.Soul Sucker (ソウル・サッカー)
4.Life Won't Wait (ライフ・ウォント・ウェイト)
5.Diggin’ Me Down (ディギン・ミー・ダウン)
6.Crucify (クルシファイ)
7.Fearless (フィアレス)
8.Time (タイム)
9.I Want It More (アイ・ウォント・イット・モア)
10.Latimer’s Mercy (ラティマーズ・マーシー)
11.I Love You All (アイ・ラヴ・ユー・オール)
12.Hand Of The Enemy(新曲)(ハンド・オブ・ジ・エネミー)※
13.One More Time(新曲)(ワン・モア・タイム)※
14. Jump The Moon (ジャンプ・ザ・ムーン)
15.Bark at the Moon (LIVE)※
16.Let Me Hear You Scream (LIVE)※
17.No More Tears (LIVE)※
※Japan Edition新規追加楽曲

★「LOUD PARK」をお気に入り登録しよう!★
※「お気に入り」に登録すると、次回のLOUD PARK開催発表のお知らせや、
  チケット優先予約などのお得な情報をメールで届けします。
LOUD PARKをお気に入り登録する

◆LOUD PARK 10公式サイト
http://www.loudpark.com/

[BARKS]ザ・スウォード、最新作『ワープ・ライダーズ』緊急リリース[BARKSニュース]

ザ・スウォード、最新作『ワープ・ライダーズ』緊急リリース
2000年以降の新星メタル・バンドの中でも最も重要なバンドの一つとして評され、メタリカを含め、数多くの大物バンドに愛弟子のように愛されてきたテキサスの4人組ザ・スウォードが、メタリカの来日公演のゲストとして2度目の来日を果たす。

メタリカが9ヶ月以上も世界ツアーにサポート・アクトとして帯同させ、「俺らの若い時より全然かっこいい」(ラーズ・ウルリッヒ)と言わしめた彼らの、サード・アルバム『ワープ・ライダーズ』が、9月15日にリリースされる。

スラッシュ、プログレ、ドゥームに70年代のハード・ロックが融合した、最高のリフとパワーとグルーヴが交錯するモダン・メタルの金字塔との評価を受ける彼らだが、今作『ワープ・ライダーズ』は、架空のサイエンス・フィクション物語を題材にした壮大なコンセプト・アルバムとなっており、今までなかったさらなるスケール感と目まぐるしい展開で圧倒的パワーを披露するという。

アルバムリリースは9月15日、そして9月25日、26日はメタリカ、フィア・ファクトリーと共に、さいたまスーパーアリーナだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケMETALLICAライブスケジュール
■10/9/25(土)26(日)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
チケットTickets
[お申込みはこちら]

『ワープ・ライダーズ』
10/9/15発売
¥2,415 (税込)

>>ご購入・ご予約はこちらから!



地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/thesword

ザ・スウォード の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp