来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]イーグルス、時代を超えた名曲に出会える7年ぶりの来日公演が決定[BARKSニュース]

EAGLES

1971年の結成以来、ロック史に燦然と輝く数多くの名曲を残してきたイーグルスが、7年ぶりに来日を果たす。

イーグルスは、1972年に1stアルバム『イーグルス・ファースト』をリリース。1973年の『ならず者』に収録された表題曲「ならず者」は後世に残る誉れ高き名曲。いまでもカラオケの定番曲にしている人も多いことだろう。そして1975年リリースの『呪われた夜』でバンドの人気を決定付けた。表題曲の「呪われた夜」は、イントロのギターとベースのコンビネーションが見事で、メロディアスなヴォーカル、そして強烈なギターソロが印象的な曲。世界的なヒットアルバムとなり、翌年には<One Of These Nights Tour>と題して、初の来日公演を行なっている。

そして彼らが押しも押されもしない世界的なバンドとして花開いたのが、1976年リリースの『ホテル・カリフォルニア』だ。アコースティックのアルペジオによるイントロ、不気味な歌詞なのにメロディアスに歌われるヴォーカルパート、そして70年代を通過したギターキッズたちがこぞってコピーしたツインリードのギターソロ。見事な構成を持った完成度の高い作品だ。同じく1976年にリリースされた 『グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』も大ヒットし、世界中のロックファンがイーグルスの名前を認めることになった。

1982年に解散を発表し、惜しまれながらイーグルスは一度ファンの前から姿を消すも、1994年に再結成。紆余曲折を経ながらも、ツアーは世界的に大盛況、現在まで活動を続けている。

さて、そんなイーグルスの7年ぶりの来日公演だ。京セラドーム大阪、ナゴヤドーム、そして東京ドーム2デイズと、一週間で東名阪を駆け抜けることになる。ドームということでキャパはたっぷり。大きなステージで彼らの勇姿をじっくりと拝めることになるだろう。

来日メンバーはグレン・フライ、ドン・ヘンリー、ジョー・ウォルシュ、ティモシー・B・シュミット。どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。


<イーグルズ MySpace>
http://www.myspace.com/eaglesmusic

EAGLES 来日公演!!

2011/3/1(火) 京セラドーム大阪(大阪)
2011/3/3(木) ナゴヤドーム(愛知)
2011/3/5(土)、6(日) 東京ドーム(東京)

[お申込みはこちら]

ホテルカリフォルニア

『ホテル・カリフォルニア』
アメリカという国の、あるいは人間の、夢の終焉と退廃をテーマにした官能と成熟の大傑作。
完璧を絵に描いたような名曲が並ぶ名盤。

>>ご購入はこちらから!

★イーグルス最新情報をお届けします★
イーグルス を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
イーグルスをお気に入り登録する

イーグルス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]リアム・ギャラガーのニュー・バンドBeady Eye、曲をネットで公開[BARKSニュース]

リアム・ギャラガー
リアム・ギャラガー&元オアシスのバンド・メイトが結成したバンドBeady Eyeが、オフィシャル・サイト(Beadyeyemusic.co.uk)をオープン。短いながらミュージックとビデオを公開した。

21秒と短く、さらにはリアムのヴォーカルはまったく入っていないが、このギター・サウンドには期待が膨らむ。Beady Eyeは10月終わり、1stシングル(タイトル未定)のPVを撮影したといわれており、曲全体が発表されるのもそう遠いことではないだろう。

リアムは以前、ニュー・バンドのサウンドについて「(オアシスに)似ている。ザ・ビートルズっぽい。でも、Tレックス、それにジェリー・リー・ルイスみたいなオールド・ロックンロールなサウンドもたくさんある」「オアシスはポップ・バンドだった。Beady Eyeはもっと本格的なロック・バンドだ」と話している。21秒と短いが、ようやくその実体が現れた。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


★リアム・ギャラガー最新情報をお届けします★
リアム・ギャラガー を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
リアム・ギャラガーをお気に入り登録する


リアム・ギャラガー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]アイアン・メイデン、エド・フォース・ワン日本に再着陸[BARKSニュース]

IRON MAIDEN ブルース・ディッキンソン機長のフライトでエド・フォース・ワンが再び帰ってくる。5大陸・13カ国・26都市に渡るアイアン・メイデンのワールド・ツアースタート、来日も決定だ。

 アイアン・メイデンがクルーと何トンもの機材と共に、特注のボーイング757機エド・フォース・ワンに乗り込み、2011年2月に5万マイル(約80,465km)の行程を飛んで地球を回る、巨大な<ファイナル・フロンティア・ワールド・ツアー>を続行する。

ツアーの幕開けは、2月11日モスクワのオリンピック・スタジアムで行なわれる。その後、ニュー・アルバムとツアーのデザインを新たに施したエド・フォース・ワンは、バンドを乗せてシンガポールとインドネシアに向かい、この2ヵ国で初のコンサートを行なう予定だ。その後はオーストラリアでアリーナでのヘッドライン・ショウを2公演、<サウンドウェイヴ・フェスティヴァル>で5公演を開催、そしてしばらくの間北半球に戻り、韓国で初のコンサートを行ない、東京で2公演、太平洋を越えてメキシコで2公演を行なう。その後は、南米の5ヵ国で広範囲にわたるスタジアムでのショウとなる。南米ツアーには、ブラジル北部ベレムでの初コンサートも含まれ、バンドはプエルト・リコ経由で、モスクワのショウからちょうど66日目の4月17日に、アメリカのフロリダでこのツアーを締めくくることになる。

「2008年〜2009年のワールド・ツアーで、エド・フォース・ワンに対するファンからの反響があまりに凄くて驚いた。あのプロジェクトを文字通り発進させるに当たりどれほど苦労したか、その過程を追ったドキュメンタリー『フライト666』をファンは皆、目にしていると思うが、複雑な準備や運搬作業を乗り越えた甲斐があって素晴らしい成果を上げることができた。バンドもクルーもこのツアー・スタイルが非常に気に入り、<ザ・ファイナル・フロンティア・ツアー>を同じスタイルで進めることに決めたのは当然の成り行きという感じだ。世界中で、できる限り大勢のファンに会いたいからね。ただ、今回はもっとツアーを拡大して、メイデンが今まで行ったことのない地域にも行くことにした。真のフロンティア精神だ!シンガポール、インドネシア、韓国で初めてプレイするのがとても楽しみだし、その他の国々でファンに再会できるのも心待ちにしているよ」──ブルース・ディッキンソン

また、ブルースは、パフォーマンスの内容についても言及している。
 「2011年のツアーのセット・リストはちょっと違うものになる。当然のことながら、ニュー・アルバムからの曲や最近の作品が増えるが、昔からのファンが大好きな曲もいろいろ入れるつもりだ。新しいファンが古い曲を初めてライヴで楽しめるようにしたいから。エディも含めて、2010年使ったセットを可能な限り飛行機に詰め込んで、できるだけ多くの会場で壮観なライト・ショウを再現する予定だ。誰もが最高のショウだった、と言えるものになることは確実だ!だから、楽しみにしていてほしい」

最新作『ファイナル・フロンティア』は、アイアン・メイデンにとって最高のチャート順位をマークした作品となった。東はアラビア、インド、西はカナダ、南はニュージーランド、さらにイギリス、ヨーロッパ、ラテン・アメリカでセールス・チャートの1位になり、ビルボード誌でヨーロッパのテイストメイカー・チャート、ロック・チャートでもNo.1に輝き、アメリカではこれまでの自己最高位の4位を記録している。<ファイナル・フロンティア・ワールド・ツアー>は、世界のあらゆる国々で感動とエネルギーを分かち合うことになるだろう。


・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

来日公演!!

2011年3月12日(土)、13日(日)さいたまスーパーアリーナ

[詳細近日発表!!]

ファイナル・フロティア

『ファイナル・フロンティア 』
価格:¥ 2,500 (税込)

発売中

>>ご購入・ご予約はこちらから!

★アイアン・メイデン最新情報をお届けします★
アイアン・メイデン を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
アイアン・メイデンをお気に入り登録する


アイアン・メイデン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]スリップノット『(Sic)nesses』、米DVDチャート1位[BARKSニュース]

Slipknot

ポール・グレイへの追悼作品にもなってしまったスリップノットのDVD『(Sic)nesses』が、Billboard DVD チャートで、初登場1位を記録した。U2、ブルース・スプリングスティーン、METALLICA、オジー・オズボーン、ビリー・ジョエル、ブラック・アイド・ピーズをはじめとした大物たちをフューチャーした『The 25th Anniversary Rock & Roll Hall of Fame Concerts』を押さえてのランクインだ。

『(Sic)nesses』のリリースを発案したショーン・クラハン(クラウン#6)は次のように語る。

「『(Sic)nesses』を完成させることはかなり大変だった。そのとき俺たちは試練に直面していたからだ。この作品は俺たちが10年前にやり始め、成し遂げた軌跡を示すものだ。俺たちも、ファンも常に進化していく。この作品は俺たちの未来とこの先の進化に向けられたものだ」

アメリカでは『(Sic)nesses』のリリースに先駆けて劇場公開が行なわれており、ニューヨーク・シティでの公開にはクラウン#6本人も参加、上映中には通路でモッシュ・ピットが炸裂していたという。

『(sic)nesses』は、イギリス、オーストラリア、フィンランドで初登場第1位を飾り、日本をはじめ、ドイツ、デンマーク、フランス、ベルギーではトップ5に、イタリアとスペインではトップ10入りを果たすという、世界中でヒット街道を走り始めている。まだこのDVD作品を手に入れていないマゴットは急いでチェックを。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
 

Sicnesses

『(sic)nesses』
2010年9月22日発売 
¥5,800(税込)


>>ご購入はこちらから!
★スリップノット 最新情報をお届けします★
スリップノット を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
スリップノットをお気に入り登録する

スリップノット の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』、3劇場でジョン・レノンゆかりのギター展示[BARKSニュース]

ノーウェアボーイ

先日、オノ・ヨーコとギブソンアコースティックのコラボレーションのもと企画された3種類の70th anniversary John Lennon J-160E発売のニュースをお届けしたが、11月5日に公開となる映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』では、公開劇場3館でエピフォンのジョン・レノン・モデルが展示されるようだ。

 期間限定で展示されるのはカジノとエピフォン製J-160Eで、いずれもジョン・レノン・シグネイチャーモデルだ。新宿ピカデリー、ユナイテッドシネマとしまえん、横浜ブルク13の3劇場で、それぞれに一本ずつジョン・レノンの各時代を象徴して展示されることになる。

各劇場では10月16日(土)から約1ヶ月間展示予定とのこと。新宿ピカデリーではボディがナチュラルのEpiphone“Inspired By”Revolution John Lennon Casinoを、横浜ブルク13ではお馴染みのサンバーストEpiphone“Inspired By”1965 John Lennon Casinoを、ユナイテッドシネマとしまえんではジョン・レノンのサインがプリントされたEpiphoneのJohn Lennon EJ-160Eが各展示となる。

■新宿ピカデリー http://www.shinjukupiccadilly.com/
展示ギター:「Epiphone “Inspired By” Revolution John Lennon Casino」
1968年に、ジョン・レノンが自身のCasinoの塗装を剥がし、木地むき出しになったギターを再現したモデル。同年ジョン・レノンはこのギターでアルバム『The White Album』をレコーディングした。

■横浜ブルク13 http://www.burg13.com/index.html
展示ギター:「Epiphone “Inspired By” 1965 John Lennon Casino」
1966年、ビートルズの名盤「Revolver」のレコーディングの際にジョン・レノンとジョージ・ハリスンが購入したビンテージ・サンバースト・カラーのEpiphone Casinoを再現したモデル。

■ユナイテッドシネマとしまえん http://www.unitedcinemas.jp/toshimaen/index.html
展示ギター:「Epiphone John Lennon EJ-160E」
ジョン・レノンが、ビートルズ、ソロ時代に数々の名曲を生み出したアコースティック・ギターGibson J-160Eに準じて製作されたEpiphoneのジョン・レノン・シグネチャー・モデル。Gibsonと同じラウンド・ショルダー・タイプで、ボディにはジョン・レノンのサインがプリントされた特別バージョン。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

  11月5日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
>>全国共通鑑賞券のご購入はこちら!

◆ 監督:サム・テイラー=ウッド
◆ CAST:アーロン・ジョンソン/クリスティン・スコット・トーマス/アンヌ=マリー・ダフ
◆ STAFF:【脚本】マット・グリーンハルシュ
◆ 上映時間:98分.
◆ 製作国:イギリス
◆ 配給会社:ギャガ

(C)2009 Lennon Films Limited Channel Four Television Corporation and UK Film
Council. All Rights Reserved

公式サイト:http://nowhereboy.gaga.ne.jp


ジョン・レノン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp