来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]<ライブレポ>デイヴ・メイスン、18年ぶりの来日公演、終演後は驚きの本人登場サイン会も[BARKSニュース]

1月17日(月)、デイヴ・メイスンの18年ぶりのソロ来日コンサートとなった東京公演が行なわれた。会場は彼の初来日公演と同じ、思い出深い中野サンプラザ。枯れた味わいになってるかと思いきや、あまりにも力強い声、会場中に響き渡る美しいギターのトーン、まさに現役バリバリの素晴らしいライヴとなった。

オープニングはいきなり1978年『流れるままに』から名曲「Let It Go, Let It Flow」でスタート。『アローン・トゥゲザー』『忘れえぬ人』『流れるままに』といったソロ名盤からの名曲をたっぷり、そして、伝説のトラフィックの名曲まで全15曲、約1時間30分に渡って素敵なギターと歌を思う存分聞かせてくれた。

 中でも秀逸だったのはアコースティックで奏でる『忘れえぬ人』からの「Every Woman」と、『流れるままに』からの全米12位を記録した大ヒット曲「We Just Disagree」。その美しいハーモニーとメロディは会場中を温かい空気で包んでくれる。終盤には鉄板のトラフィックの名曲「Dear Mr. Fantasy」「Feelin' Alright」で会場中を沸かせ、アンコールでは1976年『ライヴ〜情念』でもとりあげたスペンサー・デイビス・グループの名曲「Gimme Some Lovin'」、そして最後は誰もが待っていた「All Along the Watchtower」で大盛り上がりの中終了。

途中デイヴ・メイスンが「初めて日本でプレイしたのはこの会場だったんだ。長い時間かかったけど、またここに戻って来れて嬉しいよ」とコメント。彼を支える5人のバックメンバーもタイトな演奏を繰り広げ、中でも1970年代から彼を支えていたベーシストGerald Johnsonが参加しているのは嬉しい限り。

 驚きの本人登場サイン会も実現となった。18年ぶりのソロ来日コンサート、しかも思い出深い中野サンプラザとあって、できるだけ多くのファンと触れ合いたいというデイヴ・メイスン側のリクエストから、会場でCDを購入されたオーディエンスを対象にサイン会が開催となったものだ。限定盤の紙ジャケットCDなどが約300枚用意されたが、1976年の名ライヴ盤『ライヴ〜情念』(本日のセットリストの15曲中、8曲を収録)を筆頭に、開演前に売り切れるタイトルが続出。終演後は、サイン会を待つ熱心なファン約300人の長蛇の列となったが、デイヴ・メイスンは一枚一枚に丁寧にサインし、握手を交わすなど、待ち焦がれた日本のファンとのつかの間の交流を楽しんだ。

<Dave Mason Japan Tour 2011>
2011年1月17日(月)
@東京・中野サンプラザ
1. Let It Go, Let It Flow (1978年『流れるままに』)
2. World in changes(1970年『アローン・トゥゲザー』)★
3. 40000 Headmen (1968年Traffic『Traffic』)
4. So High (1978年『流れるままに』)
5. Look At You, Look At Me (1970年『アローン・トゥゲザー』)★
6. Every Woman (1973年『忘れえぬ人』)★
7. Sad and Deep As You(1970年『アローン・トゥゲザー』)★
8. We Just Disagree  (1978年『流れるままに』)
7. You Got Me Runnin’ (Gerald Johnsonコーナー)
8. Good 2 U (2008年『26 Letters〜12notes』)
9. Let Me Go(2008年『26 Letters〜12notes』)
10. Shouldn't Have Took More Than You Gave (1970年『アローン・トゥゲザー』)
11. Dear Mr. Fantasy (1967年Traffic『Mr. Fantasy』)
12. Only You Know and I Know(1970年『アローン・トゥゲザー』)★
13. Feelin’ Alright (1976年『ライヴ〜情念』)(1968年Traffic『Traffic』)★
Encore
14. Gimme Some Lovin’ (1976年『ライヴ〜情念』)(Specer Davis Group)★
15. All Along the Watchtower (1974年『デイヴ・メイスン』)★
★1976年『ライヴ〜情念』にLive Version収録

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

『ライヴ~情念(紙ジャケット仕様) 』
発売中

>>ご購入はこちらから!

★デイヴ・メイスン最新情報をお届けします★
デイヴ・メイスンを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
デイヴ・メイスンをお気に入り登録する

デイヴ・メイスン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
2011-01-19 11:19 この記事だけ表示

[BARKS]ブラック・サバス、1994年ライヴ完全版がついにDVD化[BARKSニュース]

black sabathブラック・サバスの1994年<クロス・パーパシス>ツアーからの幻のライヴ映像が、1995年のビデオ発売以来コンプリートな形で登場した。2003年に発売されたDVD(9曲入り)よりさらに7曲追加された16曲収録でのフルボリュームのDVDである。

1994年4月13日、ロンドンのハマースミス・アポロで行なわれたライヴのメンバーは、トニー・アイオミ(G)、ギーザー・バトラー(B)に加えトニー・マーティン(Vo)、ボビー・ロンディネリ(Dr)という、短期間のみだったラインアップ。歴代シンガーの歌った名曲やレア曲をバランス良く収録しており、オジー・オズボーン期の「パラノイド」「悪魔のしるし」やロニー・ジェイムズ・ディオ期の「悪魔の掟」「タイム・マシーン」なども披露されている。

さらにトニー・マーティン期にしか演奏されなかった「ヘッドレス・クロス」「アイ・ウィットネス」「アノ・ムンディ」は、今となっては演奏されることのない貴重なレア・ナンバーだ。元レインボーのボビー・ロンディネリによるドラム・ソロも収録されており、1980年代HR/HMファンには大好物がたっぷりと詰まっている。このライヴの前月の1994年3月には同メンバーによるジャパン・ツアーも開催されているので、日本のファンにとっては思い入れのあるライヴだろう。

本作は1995年にビデオ/CDのセットとして商品化されたものの、当時日本では発売されなかった。2003年に数曲がカットされて『クロス・パーパス〜マスターズ・フロム・ザ・ヴォルツ』というタイトルで初日本発売されたDVDも長らく廃盤状態だったが、今回のDVDリリースによって、ついに1995年発売のビデオと同内容のコンプリート・ヴァージョンがDVD化されたことになる。

ロニー・ジェイムズ・ディオの逝去、オジー・オズボーンの来日…と、ブラック・サバス界隈もさざなみが起こってきている。ブラック・サバスへの再評価とリスペクトの波は、大きなインパクトとなっていずれ現代のロックファンに襲い掛かることだろう。オリジナル・ファンはもちろん、彼らの音楽に初めて触れようとする若いリスナーにとっても、そして世界的クラシックロックシーンにとっても当DVDは貴重なタイトルだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

『クロス・パーパシス・ライヴ1994〜コンプリート・ヴァージョン [DVD] 』
発売中

>>ご購入はこちらから!

★ブラック・サバス最新情報をお届けします★
ブラック・サバスを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
ブラック・サバスをお気に入り登録する

ブラック・サバスド の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
2010-12-28 11:20 この記事だけ表示

[BARKS]シンディ・ローパー、重鎮携え『メンフィス・ブルース』[BARKSニュース]

シンディ・ローパーの2年ぶりの新作『メンフィス・ブルース』が2月9日にリリース、追って3月には来日公演が発表となった。

2008年の『ブリング・ヤー・トゥー・ザ・ブリンク〜究極ガール』以来となる2年ぶりのニューアルバムは、シンディ・ローパーが愛してやまないというブルースに初挑戦した意欲作だ。レコーディングはブルースの聖地メンフィスにて行なわれ、B.B.キング、ジョニー・ラング、アラン・トゥーサン、アン・ピーブルズ、チャーリー・マスルホワイトら大御所がゲスト参加するという、ゴージャスな作品だ。メンフィス・ソウルの名門レーベル、スタックスのヴェテラン・セッション・ミュージシャンとして知られるレスター・スネルやスキップ・ピッツらもバックアップしており、ブルースの名曲の数々が、シンディのヴォーカルで新たな生命が吹き込まれ甦っているという聴き応えのある作品。改めてシンディ・ローパーのヴォーカリストとしての魅力が浮き彫りにもなるパフォーマンスが満載だ。

「私が作りたかったのはブルースでありつつも、ハートやソウル、喜びを帯びたような音楽よ。どこか懐かしいのに、とても今らしいの。私は魂を再発見したかった。参加してくれたミュージシャンたちは見事だった。生粋のミュージシャンよ。広い心とソウルの持ち主で私を受け入れてくれた。何度もやり直してるうちに、魂が降りてきた。特別な瞬間だったわ。」──シンディ・ローパー

日本盤の初回限定盤にはインタビューやレコーディング風景などを収録したDVDが付属する。CDには日本盤のみのボーナストラックとして「Don't Wanna Cry」と「Wild Women Don't Have the Blues」の2曲が追加収録決定となった。ちなみに「Don't Wanna Cry」には日本のアーティストが参加しているという、スペシャル・ジャパン・ヴァージョン。「管楽器を入れたいから、日本のアーティストお願いしましょうよ」とシンディ・ローパーのアイディアで、現在レコーディング進行中だとか。続報をお楽しみに。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

シンディ・ローパー 来日公演!!

2011/3/15(火) 名古屋市民会館(愛知)
2011/3/16(水)、17(木)、18(金) Bunkamura オーチャードホール(東京)
2011/3/21(月・祝)、22(火) NHK大阪ホール(大阪)

[ 詳細近日発表 ]

stronger with each tear

『メンフィス・ブルース 』
2011/02/09 発売

>>ご予約はこちらから!

★シンディ・ローパー最新情報をお届けします★
シンディ・ローパーを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
シンディ・ローパーをお気に入り登録する


シンディ・ローパー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

2010-12-27 14:44 この記事だけ表示

[BARKS]アヴェンジド・セヴンフォールド、マイク・ポートノイが脱退[BARKSニュース]

AVENGED SEVENFOLDレヴが亡くなった後、アヴェンジド・セヴンフォールドのレコーディングやツアーに参加していた元ドリーム・シアターのマイク・ポートノイが、バンドを離れたことを明らかにした。

ポートノイは木曜日(12月16日)、オフィシャル・サイト(Mikeportnoy.com)に以下のようなメッセージを発表した。「悲しいことに、アヴェンジド・セヴンフォールドでの俺の時間は終わりを迎えた。バンドは2011年、俺なしで続行すると決めた。2010年、彼らと素晴らしい時間を過ごした。でも、2010年終わりに関係を終わらせるというのは当初からの予定だった」

バンドも「この数ヶ月、マイク・ポートノイの才能と人間性に助けられた。マイクがツアー(への参加)を同意してくれたとき、2010年いっぱいの予定だった」との声明を発表している。「2011年以降については、別の解決策が必要だってことはわかっていた。そして、いま次のステップを踏むときがきた」

バンドは1月20日よりツアーを再開するが、まだ代わりは決まっていない。いまのところ正式なメンバーを迎えるつもりはないという。「まだ正式なメンバーを迎える準備はできていない。これから先、そうなるかもわからない」。現在、友人からドラマーを何人か紹介してもらっているところで、その中から選ぶつもりだという。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

ナイトメア

『ナイトメア』
価格:¥ 2,180 (税込)
発売中

>>ご購入・ご予約はこちらから!

★アヴェンジド・セヴンフォールド最新情報をお届けします★
アヴェンジド・セヴンフォールドを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
アヴェンジド・セヴンフォールドをお気に入り登録する

アヴェンジド・セヴンフォールド の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp
2010-12-21 12:11 この記事だけ表示

[BARKS]エミネム、ボクサー役で映画主演[BARKSニュース]

eminem『8 Mile』(2002年)以来となるエミネムの主演映画の詳細が明らかになった。タイトルは『Southpaw』。エミネムは今度はボクサーを演じるという。

世界タイトルを獲得し人気絶頂にあるものの、プライベートで問題が起き人生のどん底を味わうという、エミネムの実生活を重ね合わせたストーリーになるそうだ。脚本の一部は、自らが経験した苦難を反映した彼のアルバム『Recovery』を基にするという。

脚本家のカート・サッターはDeadline.comにこう話している。

「この7年、エミネムのビジネス・パートナーと一緒に何かできないかと話し合いを続けてきた。エミネムがえり好みするのも、あまり(映画を)やらないということも理解している。でも、彼は個人的な問題をアルバム『Recovery』でみんなと分かち合った。共感できる部分がたくさんあったんだ」

「彼はボクシングにとても興味を示している。これはいいメタファーになると思う。彼の人生が乱闘のようなものだったから」

「ある意味、これは『8 Mile』の続きともいえる。でも今回は自伝そのものというより揶揄的に、彼の人生の第2章を描く」

監督、キャスト、公開日等の詳細はまだ発表されていない。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


■ EMINEM グラミー賞10部門に最多ノミネート!
>ヨーガクグラミー賞特集はこちら

recovery

『リカヴァリー』
価格:¥ 2,200 (税込)
発売中

>>ご購入・ご予約はこちらから!

★エミネム最新情報をお届けします★
エミネムを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
エミネムをお気に入り登録する

エミネム の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp
2010-12-16 12:57 この記事だけ表示