来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS] ストーン・ローゼズ再結成、世界ツアーも[BARKSニュース]

ストーン・ローゼズが再結成することが発表された。BBCによると、2012年6月(29/30日)に地元マンチェスターのHeaton Parkでの公演が行なわれた後、世界ツアーも計画されているそうだ。

火曜日(10月18日)ロンドンで開かれた記者会見にはイアン・ブラウン(Vo)、ジョン・スクワイア(G)、マニ(B)、レニ(Dr)の4人全員が出席。ブラウンは、ニュー・アルバムもリリースできればいいと話したという。

ストーン・ローゼズは1983年結成。2枚のスタジオ・アルバム『The Stone Roses』(1989年)『Second Coming』(1994年)をリリースし、1996年に解散した。たった2枚の作品しかリリースしていないものの、その影響力は多大。待ち望まれていた再結成がようやく実現した。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
 
『Stone Roses: 20th Anniversary Remastered Edition』
発売中

>>ご購入はこちらから!

★ストーン・ローゼス最新情報をお届けします★
ストーン・ローゼスを「お気に入り」に登録すると、最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
ストーン・ローゼスをお気に入り登録する


ストーン・ローゼスの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

2011-10-19 14:16 この記事だけ表示

[BARKS] ダリル・ホール、友人の死を乗り越え15年ぶりのソロ・アルバム登場[BARKSニュース]

ダリル・ホールの実に15年ぶりのソロ・アルバム『ラフィング・ダウン・クライング』が、2011年10月19日に日本発売となる。

今回のソロ・アルバムは、『セイクレッド・ソングス』(1980年)、『ドリームタイム』(1986年)、『ソウル・アローン』(1993年)、『キャント・ストップ・ドリーミング』(1996年)に続く、ダリルのソロとしては通算5作目にあたるもの。「プライベート・アイズ」や「ドリーム・タイム」を彷彿とさせるポップ・ナンバーで全米でのリード・トラックとなっている「トーキング・トゥ・ユー」、「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」でおなじみのリズム・ボックス風サウンドを導入した「アイズ・フォー・ユー」、80年代のホール&オーツ作品にリンクする「ロング・ザイド・オブ・ヒストリー」などファンの期待を裏切らない名曲揃いのアルバムになっているという。

この『ラフィング・ダウン・クライング』、実は当初は2010年のリリースが伝えられていたものの、その録音中にホール&オーツ・バンドのメンバーでもありダリルのよき相棒でもあったT・ボーン・ウォークが、2010年3月3日に心臓発作のためニューヨークで急逝。享年58歳だった。彼の急死で大きなショックを受けたダリルは、アルバム制作を一時中断。そのまま完成も危ぶまれてもいたところだが、2011年に入ってホール&オーツでのツアー再開をはじめとした音楽活動をスタート、ようやく完成にこぎつけたといういわくつきのアルバムだ。

 ここには、T・ボーン・ウォークとの最後のセッションとなった「ライフタイム・オブ・ラヴ」「ロング・サイド・オブ・ヒストリー」「プロブレム・ウィズ・ユー」という3曲が収録されている。

ダリル・ホールは、現在全米で『ラフィング・ダウン・クライングのプロモーション中だが、11月28日のニュージャージー公演からホール&オーツとしての<Do What You Want,Be What You Are 2011 Tour>を再開させる。年内はこのままホール&オーツのツアーと、ソロ作のプロモーションを並行するようだ。なお、大の親日家でもあるダリル・ホールは、このツアーで限定ツアー・ブックとキーチェーンを各公演会場で販売し、その収益の100%を米国赤十字社とPacific Tsunami Fundに寄付するという。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
 
『ラフィング・ダウン・クライング』
2011年10月19日発売
UCCB-1041 2,500(税込)

>>ご購入はこちらから!

★ダリル・ホール最新情報をお届けします★
ダリル・ホールを「お気に入り」に登録すると、最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
ダリル・ホール&ジョン・オーツをお気に入り登録する


ダリル・ホールの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

2011-10-19 14:02 この記事だけ表示

[BARKS] 2CELLOS、スペシャルライブにご招待[BARKSニュース]

2cellos_blog.jpg

10月末、デビュー・アルバム『2CELLOS』のプロモーションのため2CELLOSが来日する。
来日中は都内でアルバム・プロモーション活動を行うほか、10月27日には都内にて完全招待制のスペシャル・ライヴ・イベントが開催となる。どの曲をパフォーマンスしてくれるか楽しみだが、いずれにしろあの超絶なパフォーマンスを目の前で生音で体感できるのは、間違いなく鳥肌もの。オフィシャルサイトにて招待応募が公開されているので、是非チェックを。応募締め切りは10月12日23:59までとなっている。

2CELLOSのルカ・スーリッチとステファン・ハウザーは目前にせまった来日にむけて「僕たちは日本に行くことを本当に楽しみにしてるんだ。美しい国、日本に行けるのが待ちきれないよ!(原文:We are very excited about it, and can't wait to visit your beautiful country)」とツイートしている。来日に向け日本楽曲カバーリクエストも募っていたので、この日は日本楽曲のカバーも披露してくれるのではないだろうか。さて何をプレイしてくれるのだろう…わくわく。

<2CELLOS デビューアルバム発売記念 スペシャルライブ詳細>
2011年10月27日(木)夕方開催予定
@都内某所(当選した方にお知らせいたします)
応募詳細はこちらから: http://www.sonymusic.co.jp/2cellos/
応募締め切り:10月12日(水)23時59分まで

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


■ 2CELLOS オフィシャルサイト
http://www.2cellos.com/jp

『2CELLOS(初回生産限定盤)(DVD付) 』
9月21日発売予定
○初回限定盤(CD+DVD *2CELLOS結成秘話初公開インタビュー映像収録)
品番:SICP3253-4
価格:¥2500(税込)
<日本盤のみ> 解説&歌詞/対訳付

○通常盤(通常盤ボーナス・トラック入全13曲)
品番:SICP3255
価格:¥2100(税込)

>>予約・ご購入はこちらから!


2チェロズの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

2011-10-06 11:07 この記事だけ表示

[BARKS] アニメタルUSA、<LOUD PARK 11>の前哨戦となる招待ライブ決定[BARKSニュース]

animetalusa_blog.jpg

アニメタルUSAが10月15日開催の<LOUD PARK 11>へ参戦することは以前お伝えしたとおりだが、アルバム発売日となる10月12日に、発売記念イベント<“アニメタルUSA”世界デビュー・マッチ〜60分1本勝負〜>なるイベントの開催が発表となった。

<LOUD PARK 11>の前哨戦ともなるこのイベントでは、アニメタルUSAのパフォーマンスとトークが予定されており、現在バンドのオフィシャルサイトにて限定100組200名の応募が行なわれている。またこのイベントはニコニコ動画とU-Streamでの生配信も予定されており、全世界から熱き注目が注がれることになる。世界中のメタル・ファンがアクセスしてくることになるだろう。もちろんアニメファンも。

 なお、アニメタルUSAのメンバーは、ヴォーカル:マイク・ヴェッセーラ(元LOUDNESS、元Yngwie Malmsteen)、ギター:クリス・インペリテリ(Impellitteri)、ベース:ルディ・サーゾ(元Ozzy Osbourne、元Whitesnake、元Quiet Riot)、ドラム:スコット・トラヴィス(Judas Priest)というメンツだが、今回の来日ではスコット・トラヴィスは来日できずドラムにジョン・デッテ(元スレイヤー)という布陣でパフォーマンスする予定だ。

<“アニメタルUSA”世界デビュー・マッチ〜60分1本勝負〜>
2011年10月12日(水)
@東京都内某所(※当選者の方のみにご案内いたします)
18:00開場/18:30開演 ※諸般の都合により変更になる可能性がございます。

料金:完全招待制のため無料
内容:アニメタルUSAによるトーク&ライブイベント
応募期間:10月5日(水)23時59分まで
応募サイト:http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/animetalusa/special/111005/

※イベント当日、すでにご購入済みのアルバム『アニメタルUSA』(SICP3268)をご持参いただいた方、当日会場にてアルバムをご購入いただいた方にはステージ上にてアニメタルUSAのメンバーとの写真撮影会を実施いたします。カメラ、およびカメラ機能付きの携帯電話をご持参ください。なお当方でカメラの準備はいたしませんので予めご了承ください。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


■公式サイト
http://animetalusa.jp

LOUD PARK 11 出演!! 

2011/10/15(土) さいたまスーパーアリーナ (埼玉)

[チケット受付ページはこちら]

 『アニメタルUSA』
2011年10月12日発売 
<CD>SICP-3268 ¥2,730(税込)
全11曲収録

>>予約・ご購入はこちらから!


ANIMETAL USA の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

2011-10-05 19:09 この記事だけ表示

[BARKS] R.E.M.、「聞いてくれてありがとう」31年の歴史に幕[BARKSニュース]

かつて世界でもっともビッグなバンドと言われたオルタナティブ・ロック・グループのR.E.M.が31年間に15枚のアルバムを発表したのち、9/21に解散した。ウェブサイトに発表されたシンプルな声明文の中で、『ドキュメント』や『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』など画期的なアルバムを生んだロックの殿堂入りバンドは、浮き沈みのあるキャリアの間ずっとついてきてくれたことをファンに感謝した。

「僕たちのファンと友だちへ。R.E.M.として、一生の友だちそして共謀人として、僕たちはバンドとしての解散を決めた。僕たちは感謝と、決定的態度と、自分たちが成し遂げたことへの驚異の念を抱きながら去っていく。僕たちの音楽に感動したことのある誰に対しても、聞いてくれたことに僕たちのもっとも深い感謝を捧げます」

バンドの3人のメンバー、シンガーのマイケル・スタイプ、ギタリストのピーター・バック、ベーシストのマイク・ミルズは、15作目のアルバムをリリースして半年しか経っていない今なぜ解散するのか明らかにしている。ミルズは最新のプロジェクトがバンドをそうした決定に至らせる助けになったという。

「最後のツアー中と『コラプス・イントゥ・ナウ』を作ったり、グレイテスト・ヒッツをまとめたりしている間、僕たちは自問を始めた――『次はなんだ?』って。30年にわたる自分たちの音楽と思い出に取り組むのは、大した旅だったよ。こうした歌が一緒に仕事をしてきた過去31年に自然な線を引いているように思えることに僕たちは気がついたんだ」

スタイプは、簡単な決定ではなかったものの「立ち去る」べきときだとアッサリ語った。
「賢者はかつて言った――『パーティに上手に出席するコツは去り際を心得ていることだ』ってね。僕たちは一緒に何か途方もないものを作り上げた。そして今、そこから去っていこうとしているんだ。これが簡単な決定でなかったことをファンにわかってもらいたい。でもすべては終わらなくてはならない。僕たちはそれを自分たちのやり方できちんとやりたかった」

バックはバンドのメンバーが解散しても「素晴らしい友だちとして去っていく」と語った。またファンに会うことも約束している。「たとえ田舎のレコード店のビニール盤売り場でとか、クラブの奥で世の中を変えようとしている19歳のグループを見ているとかだったりしてもね」

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
 
『コラプス・イントゥ・ナウ 』
[CD]
2011/03/09 発売

>>ご購入はこちらから!

R.E.M.の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp

2011-09-22 17:37 この記事だけ表示