来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]テイク・ザット、2013年末に最新アルバムをリリース?[BARKSニュース]

テイク・ザットが、2013年末に最新アルバムをリリース、さらに2014年にツアーを行う予定だと明かした。

ゲイリー・バーロウ、マーク・オーウェン、ロビー・ウィリアムス、ジェイソン・オレンジ、ハワード・ドナルドら5人は、昨年大成功したアルバム・リリースとツアーの後、現在はグループとしての活動を休止しているが、ゲイリーは2014年のツアーを念頭に置いて来年にも活動を再開させる予定だと強調した。

「来年にはテイク・ザットの活動が忙しくなりそうだよ。再来年にはツアーもできたらいいなと思っているんだ。活動休止中も新作スタジオ・アルバム制作のことは頭にあったからね」「バンドとしてのサイクルができているよね。今年はメンバーみんなが1年の休息期間を欲しがっていたから休んだんだ。でも、今はみんな来年の2月にスタジオに戻るのが待ち切れないのさ。願わくば来年のクリスマスに新作アルバムをリリースして、その翌年にツアーに出られたらいいと思っているよ」

さらにゲイリーは、マークが来春に向けてソロ・アルバムを制作中だという話にも触れている。「マークのソロ・アルバムは来年リリースだよ。マークと話したけど、とても興奮してたよ。2013年末には、いよいよテイク・ザットのアルバム発売さ。僕達はまだまだ現役だよ」

1995年にロビーが同グループを脱退後テイク・ザットはその翌年に解散し、2005年の再結成を経て2011にロビーがグループに復帰している。そんなグループの歴史を振り返ってゲイリーは、フルメンバーで活動再開ができて嬉しいと続けた。

「ロビーがバンドを去って、僕達は解散してしまったんだ」「だけど10年の時を経て、僕達は2006年にアルバム『ビューティフル・ワールド』でカムバックを果たしたのさ。そして2008年にはアルバム『ザ・サーカス』をリリースしたよ。こうしてまた5人揃って活動ができて嬉しいよ」

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Take That(テイク・ザット) official link
http://www.takethat.com/

テイク・ザット
『ザ・サーカス』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Take That(テイク・ザット) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-10 19:25 この記事だけ表示

[BARKS]UKで2012年最も売れたシングル・トップ10[BARKSニュース]

まだ数週間残っているが、いまのところ( 2012/12/3時点)2012年英国で最も売れたシングルのトップ10リストが発表された。現時点、1番のセールスを上げたのはゴティエの「Somebody That I Used To Know」だそうだ。

「Somebody That I Used To Know」は2月に(連続ではないが)5週間No.1に輝いた後も息の長いヒットを続け、128万枚のセールスを上げた。続いて、世界中で大ヒットしたカーリー・レイ・ジャプセンの「Call Me Maybe」が2位に登場している。

「Somebody That I Used To Know」は、1952年に英国でチャートが発表されるようになって以降の60年間で100万枚のセールスを突破した123曲しかないシングルの1つ。まだ今年が終るまで4週間ほどあるためトップ10の順位が入れ替わることはあるだろうが、1位のビッグ・セールスに届くのは難しいかもしれない。

■ゴティエ「Somebody That I Used To Know」

The Official Charts Companyが発表した<現時点で2012年英国で最も売れたシングル・トップ10>は以下の通り。

★アーティストの最新情報をお届けします★
アーティストを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!

<現時点で2012年英国で最も売れたシングル・トップ10>
1.ゴティエ ft. Kimbra 「Somebody That I Used To Know」 [お気に入り登録]
★1/30(水)-31(木)来日公演決定! [チケット情報]

2.カーリー・レイ・ジェプセン 「Call Me Maybe」 [お気に入り登録]
★2/1(金)-5(火)来日公演決定! [チケット情報]

3.FUN. ft. Janelle Monae 「We Are Young」 [お気に入り登録]
★2/24(日)-26(火) 来日公演決定! [チケット情報]

4.デヴィッド・ゲッタ ft. SIA 「Titanium」 [お気に入り登録]

5.ニッキー・ミナージュ 「Starships」 [お気に入り登録]

6.ジェシー・J 「Domino」 [お気に入り登録]

7.マルーン5 ft. Wiz Khalifa 「Payphone」 [お気に入り登録]

8.フロー・ライダー ft. SIA 「Wild Ones」 [お気に入り登録]

9.PSY 「Gangnam Style」 [お気に入り登録]

10.エミリー・サンデー 「Next To Me」 [お気に入り登録]

2011年最も売れたシングルは、136万枚売れたアデルの「Someone Like You」だった。

Ako Suzuki, London

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

2012-12-06 12:07 この記事だけ表示

[BARKS] ザ・ドゥービー・ブラザーズ、初のドキュメンタリー作品登場![BARKSニュース]

ザ・ドゥービー・ブラザーズ初のドキュメンタリー作品『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ』が登場する。

トム・ジョンストンを中心にカラッと乾いたアメリカン・ロック・サウンドでヒットを飛ばし続けた1970年代前半から、メンバーの加入・脱退を繰り返しつつ進化し、マイケル・マクドナルドを核とした洗練されたサウンドで遂に頂点に登り詰めた1970年代後半…、そして1982年のフェアウェル・コンサートでドゥービー第一幕を閉じたものの、それぞれのソロ活動を経た後に彼らは1989年に再びトム・ジョンストンをリード・ヴォーカルとして再結成を果たした。以降は活動を軌道に乗せ、コンスタントにアルバム・リリース、ライヴ活動を続けている状況だ。

『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ』は、そんなドゥービー・ブラザーズの足跡を、メンバーのトム・ジョンストン、パット・シモンズ、マイケル・マクドナルド、ジェフ・バクスターはもちろん、プロデューサーのテッド・テンプルマン、マネージャーのブルース・コーンらのインタビューを通じて描いた、グループ初めてのドキュメンタリー作品である。

もうひとつ、ファンにとって嬉しいのはボーナス映像として収録されたライブ映像の数々だ。1970年代のライヴから「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」や「ブラック・ウォーター」、日本でのライヴから1979年の「ドゥービーズ・ストリート」。さらに1987年の再結成ライヴ、そして2006年のウドー・ミュージック・フェスティバルなど、9曲のライヴ・トラックがボーナス映像として収録される。さらに、日本盤のみの特典映像として2006年ウドー・ミュージック・フェスティバルからさらに4曲が追加収録されることとなり、ドゥービーズのライヴの歴史が65分に渡り楽しめる内容となっている。

■『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ』ティーザー映像

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Doobie Brothers(ドゥービー・ブラザーズ) official link
http://www.doobiebros.com/

ドゥービー・ブラザーズ
『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ[DVD]』
発売日: 2012/12/05

>>ご予約・ご購入はこちらから!

★Doobie Brothers(ドゥービー・ブラザーズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-04 17:16 この記事だけ表示

[BARKS] 「第55回グラミー賞」授賞式&ノミネーションコンサート生中継が決定!案内役はジョン・カビラ&滝川クリステル![BARKSニュース]



世界最高峰のアーティスト達が一堂に会する音楽業界最大の祭典「第55回グラミー賞」授賞式と、そのグラミー賞のノミネーション発表を行う「ノミネーションコンサート」のTV生中継が決定した。

日本時間の2013年2月11日にアメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催される「第55回グラミー賞」は、賞の行方がやはり最大の関心事だが、ビックアーティストが集結する当日のパフォーマンスやここでしか見ることの出来ない奇跡のコラボレーションにも注目が集まる。さらに、「グラミー賞」発表に先駆けて各賞のノミネーションを発表する「ノミネーションコンサート」も開催され、こちらも司会にLL・クール・Jとテイラー・スウィフト、パフォーマンスではルーク・ブライアン、MAROON5、FUN.、NE-YOなど豪華アーティストが登場する。

そんな両ビッグ・イベントが、日本でもWOWOWで生中継されることが決定した。「第55回グラミー賞」授賞式、そして「ノミネーションコンサート」両番組の生中継の案内役を務めるのはジョン・カビラと滝川クリステル。今年で4年連続で案内役を務める二人の息の合ったコンビネーションで、現地からの最新情報が届けられる予定になっている。また、「ノミネーションコンサート」の司会を務めるテイラー・スウィフトの特集も、WOWOWの音楽番組「洋楽主義」で放送される予定になっているのでこちらも注目だ。

■番組情報
「生中継!グラミー賞ノミネーションコンサート」
2012年12月6日(木)午前11:45〜 WOWOWにて生中継(同時通訳)
※同日(6日)夜10:00〜リピート放送あり(字幕)
司会:LL・クール・J、テイラー・スウィフト
パフォーマンス:ルーク・ブライアン、MAROON5、FUN.、NE-YO他、随時豪華出演アーティスト発表
WOWOW案内役:ジョン・カビラ、滝川クリステル

「生中継!第55回グラミー賞授賞式」
2013年2月11日(月・祝)放送決定
※同日(11日)夜、リピート放送あり
WOWOW案内役:ジョン・カビラ、滝川クリステル

「洋楽主義」テイラー・スウィフト特集
放送日:2012年11月23日(金・祝)午前9:00〜、2012年12月5日(水)午後4:00〜

■「第55回グラミー賞」WOWOWスペシャルサイト
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

2012-11-30 11:30 この記事だけ表示

[BARKS] ミューズ、2013年スタジアム・ツアーを敢行![BARKSニュース]

ミューズが、2013年イギリスでスタジアム・ツアーを敢行すると発表した。ミューズは、10月の英チャートで1位に輝いた最新アルバム『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』を引っ提げて、4日間に渡ってツアーを行う。2013年5月22日にコヴェントリーのリコー・アリーナにてスタートする同ツアーは、5月25日と26日のロンドンでのエミレーツ・スタジアムに続き、さらに6月1日にマンチェスターのエティハド・スタジアムで締め括られる。チケットは11月23日(金)より販売開始される予定だ。

彼らは最近、『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』をアメリカでもヒットさせたいと明かしていた。フロントマン、マシュー・ベラミーが「この15年の間で、コールドプレイが唯一アメリカで成功を収めたイギリスのバンドだよね」とコメントすると、ベーシストのクリス・ウォルステンホルムは「バンドを始めた時には、そんなこと思いもしないよね。まずは自分の国で有名になることを目標にするからね。でもそのうちに、もっと望むようになるものさ」と付け足している。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■MUSE(ミューズ) official link
http://muse.mu/

公演情報

2013/1/11(金)、12(土) さいたまスーパーアリーナ (埼玉)
[チケット情報はこちら]

MUSE
『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』
発売日: NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★MUSE (ミューズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-11-29 19:15 この記事だけ表示