来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS] ブラー、南米音楽フェス「ヴィヴェ・ラティーノ」でヘッドライナー![BARKSニュース]

ブラーが2013年メキシコで開催されるラテンアメリカ最大の音楽フェスティバル<ヴィヴェ・ラティーノ>にて、ヘッドライナーを務めることになった。2013年3月14日から17日までメキシコ・シティのフォロ・ソルで行われる<ヴィヴェ・ラティーノ>には、他にもモリッシー、ヤー・ヤー・ヤーズ、アンダーワールド、ザ・キャデラックスの出演も決定している。モリッシーは初日の14日に、ヤー・ヤー・ヤーズとアンダーワールドは15日に、ブラーは16日に、ザ・キャデラックスは最終日の17日にパフォーマンスを行う予定だ。

<ヴィヴェ・ラティーノ>には、その他テーム・インパラ、エドワード・シャープ・アンド・マグネティック・ゼロズ、ジャパンドロイズ、シルバーサン・ピックアップスなど合計100組以上のアーティストが参加する予定で、参加アーティストのフルリストは公式ウェブサイトVivelatino.comにて確認できる。

2013年ブラーは<ヴィヴェ・ラティーノ>に加えて、スペインのバルセロナで3月24日に、ポルトガルのポルトで同月31日に開催される<プリマベーラ・サウンド>でもパフォーマンスを披露する予定の他、7月にはベルギーで行われるの<ロック・ウェルフテル>にも参加することになっている。さらにデーモン・アルバーンとグレアム・コクソンは、チャリティー団体「ティーンエイジ・キャンサー・トラスト」が2013年3月23日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて開催するコンサートでヘッドライナーのノエル・ギャラガーと共に出演する予定だという。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Blur(ブラー) official link
http://www.emimusic.jp/intl/blur/

ブラー
『パークライヴ(ライヴ・イン・ハイド・パーク2012) [DVD]』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Blur(ブラー) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)



2012-12-19 10:20 この記事だけ表示

[BARKS] アリシア・キーズ、『ガール・オン・ファイア』全米1位獲得![BARKSニュース]

最新の全米チャートにて、アリシア・キーズの最新アルバム『ガール・オン・ファイア』が全米アルバム・チャート、全米R&Bアルバム・チャート、全米デジタル・アルバム・チャートのすべてで1位を獲得した。

アリシア・キーズは、デビュー作『ソングス・イン・A・マイナー』から『アズ・アイ・アム』まで4枚のアルバムを全て全米1位に送りこんできたが、前作『エレメント・オブ・フリーダム』は初週41万枚以上のセールスを記録しながらも、惜しくもスーザン・ボイルに続く2位にとどまっていた。今作『ガール・オン・ファイア』では見事首位を取り戻し、アリシアにとって5枚目となる全米1位の記録更新となる。iTunesでは日本を含む19カ国で1位を記録し世界中のチャートを席巻しており、日本でもオリコン週間洋楽アルバム・ランキング(12/10付)で2位を記録している。

「みんなのおかげで全米1位を獲れたわ、本当にありがとう!そしてシングルも早くもプラチナムを記録したわ!わぉ!」──アリシア・キーズ

女性たちのアンセムとしてヒットを記録するシングル「ガール・オン・ファイア」は、12月5日にイギリスのラジオ番組BBC Radio1に出演したP!nkがカヴァーを披露したことも大きな話題となっており、一般ユーザーがアップしたYouTubeの音源も10万近くの再生を回している。

アリシアは現地時間12月12日にNYで開催されるハリケーン「サンディ」復興支援チャリティー・コンサートに出演、この模様はMTV JapanやFOXチャンネルなどで放送される予定となっている。

<ハリケーン「サンディ」復興支援チャリティー・コンサート>
(2012年12月12日)
2012年12月13日(木)19:30〜24:00 『MTV Japan』
2012年12月14日(金)24:00〜4:30 『ナショナル ジオグラフィック チャンネル』
2012年12月14日(金)23:15〜3:45 『FOXムービー プレミアム』

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■アリシア・キーズ official link
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/ALICIAKEYS/

アリシア・キーズ
『ガール・オン・ファイア』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Alicia Keys(アリシア・キーズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-14 20:02 この記事だけ表示

[BARKS] 【ライブレポート】ニッケルバック、念願の武道館公演「アリガトー!ブドーカン!」[BARKSニュース]

2012年12月3日(月)、ニッケルバックの武道館公演が開催された。2009年11月に新木場スタジオコーストにて初の単独公演を行い、2010年にはサマーソニックで来日を果たした彼らが、最も切望した会場、それこそがロックの歴史の一端を刻み続けた日本武道館という地だった。チャド・クルーガーは何度も「アリガトー!ブドーカン!」と叫びながら、途中「チープ・トリックやディープ・パープルがLIVE AT BUDOKANをリリースしてきた。その舞台に今立てていることが信じられない。今日は来てくれて本当にありがとう。」と感慨深げに感謝を述べた。チープ・トリックの『at 武道館』の説明では「甘い罠」を歌い始めるほど、リラックスした中にも、彼らのコンディションの良さが現れていた。

ハード・ロック系の楽曲がBGMで鳴り響く中、PANTERAの「Walk」で会場が暗転し、一気にBGMのボリュームがあがると、ニッケルバックの最新アルバム『Here And Now』から1曲目を飾る「This Means War」でライブは幕を上げた。会場は一気に爆発したかのような熱気に包まれ、オーディエンスも特攻状態だ。全身黒の衣装で見に包んだ4人は、続けて前作『Dark Horse』のオープニング曲「Somethign In Your Mouth」で畳み掛ける。チャド・クルーガーは「アリガトー!ブドーカン!」と叫び、観客も武道館が震えるほどの大声援で応え、「続いては酒にまつわる曲だ」とビールを飲む仕草をはさんで「Bottoms Up」を披露。

ライブの良し悪しは、アーティストとオーディエンスのコール&レスポンスに大きく左右されるわけだが、この日のオーディエンスは、アーティストに引けを取らない最高のコンディションを整えていた。腕を振り身体を動かし、声を振り絞り、ある時はじっくりと耳を傾け、皆が自由に好きなようにニッケルバックの爆音に身をゆだねている。琴線を揺らすグッドメロディーに太古の魂を震わせる原石のロック・サウンドの魅力を全身に浴びて、武道館は制約のない自由に満たされ、大きなうねりが巨大なエネルギーの束となって、バンド側へ放出されていく。ニッケルバックが放つ極上のグルーブは、武道館というひとつの生命体に生の儀式を歌い与えているようだった。

メンバーはギターを持ち替え、サポートギタリストを向かい入れてバラード曲「Photograph」「Far Away」を2曲続けてプレイ。男性の咆哮と女性の黄色い声援が交差する。ワールド・ツアー同様に、背後にそびえ立った大きな3つのモニターには観客の姿が映し出され、一体感はますます加速した。

「ブドーカン、盛り上がっているか!」と観客を煽り、「Too Bad」「Animals」とヘヴィな楽曲に会場の熱は常に沸騰状態だ。途中、スタッフがステージに勢ぞろいし、メンバーが演奏する中「Tシャツ」を観客に投げ込むサービスも行われ、このプレゼント・タイムが終わるとピアノがステージに運ばれ、ギターのライアンによる演奏で『Here And Now』からのシングル「Lullaby」が披露された。ピアノの音色とチャドのその歌声は、武道館をまた違う色に染め上げる心地よいアクセントに輝いた。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Nickelback(ニッケルバック) official link
http://www.nickelback.com/

ニッケルバック
『ヒア・アンド・ナウ』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Nickelback(ニッケルバック) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-14 19:41 この記事だけ表示

[BARKS] タワーレコード、『2012 ベストセラーズ』を発表![BARKSニュース]



タワーレコードが年間チャート『2012 ベストセラーズ』を発表した。洋楽、邦楽、クラシックをはじめ、全31ジャンルにおいて、本年度の年間チャートを集計したものだ。

洋楽でNo.1を獲得したのはLINKIN PARKの『Living Things』だった。アデルのグラミー6部門受賞とホイットニー・ヒューストンの訃報で幕を明けた2012年は、ベテランから若手までがバランス良くシーンを賑わせた1年となったようだ。

LMFAOを筆頭にフロー・ライダー、デヴィッド・ゲッタらEDM勢の台頭は、様々なジャンルのアーティストに影響を及ぼした点でも大きなトピックであり、ゴティエやF.U.N.、カーリー・レイ・ジェプセン、マルーン5などシングルの全米1位連続記録争いの激化も象徴的だった。日本独自のヒットをみせたシェネルやアレクサンドラ・スタンの活躍も見逃せないところだ。そして2012年の後半は洋楽アイドル復活の急先鋒ワン・ダイレクションの大ブレイクが、2013年を占う意味においても最重要ポイントとなりそうだ。

★アーティストの最新情報をお届けします★
アーティストを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!

<洋楽総合アルバム(TOP20)>
1.LINKIN PARK 『Living Things』 [お気に入り登録]

2.MAROON 5 『Overexposed』 [お気に入り登録]

3.ADELE 『21』 [お気に入り登録]

4.LMFAO 『Sorry For Party Rocking』 [お気に入り登録]

5.THE OFFSPRING 『Days Go By』 [お気に入り登録]

6.NORAH JONES 『...Little Broken Hearts』 [お気に入り登録]

7.WHITNEY HOUSTON 『The Ultimate Collection』 [お気に入り登録]

8.ALEXANDRA STAN 『Saxobeats』 [お気に入り登録]

9.ONE DIRECTION 『Up All Night』 [お気に入り登録]

10.VAN HALEN 『A Different Kind Of Truth』 [お気に入り登録]
★2013/6/21(金)-26(水) 来日公演決定! [チケット情報]

11.CHE'NELLE 『Believe』 [お気に入り登録]
★2012/12/22(土)-24(月・祝) MUSIC FOR ALL , ALL FOR ONE出演決定! [チケット情報]

12.LADY GAGA 『Born This Way』 [お気に入り登録]

13.GREEN DAY 『Uno!』 [お気に入り登録]

14.CARLY RAE JEPSEN 『Kiss』 [お気に入り登録]
★2013/2/1-5 来日公演決定! [チケット情報]

15.MADONNA 『MDNA』 [お気に入り登録]

16.TAYLOR SWIFT 『Red』 [お気に入り登録]

17.FLO RIDA 『Wild Ones』 [お気に入り登録]

18.RIHANNA 『Talk That Talk』 [お気に入り登録]

19.NICKI MINAJ 『Pink Friday...Roman Reloaded』 [お気に入り登録]

20.HOT CHELLE RAE 『Whatever』 [お気に入り登録]

ROCK/POPS(TOP10)1位 LINKIN PARK 『Living Things』
SOUL/R&B(TOP10)1位 WHITNEY HOUSTON 『The Ultimate Collection』
HIP HOP(TOP10)1位 LMFAO 『Sorry For Party Rocking』
CLUB/J-CLUB(TOP10)1位 DAVID GUETTA 『Nothing But The Beat』
DVD MUSIC(TOP5)1位 LADY GAGA 『The Monster Ball Tour At Madison Square Garden』
WORLD(TOP5)1位 Rodrigo Y Gabriela 『The C.U.B.A./Area 52』
SOUNDTRACK(TOP5)1位 『ロック・オブ・エイジズ』
BLUES/COUNTRY(TOP5)1位 Sonny Landreth 『Elemental Journey』
REGGAE(TOP5)1位 Sean Paul 『Tomahawk Technique』
ヒーリング(TOP5)1位 『究極の眠れるCD』

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

★洋楽総合アルバム1位
LINKIN PARK
『Living Things』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★洋楽総合アルバム2位
MAROON 5
『Overexposed』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★洋楽総合アルバム3位
ADELE
『21』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

2012-12-12 13:01 この記事だけ表示

[BARKS] ブラー、南米音楽フェス「ヴィヴェ・ラティーノ」でヘッドライナー![BARKSニュース]

ブラーが2013年メキシコで開催されるラテンアメリカ最大の音楽フェスティバル<ヴィヴェ・ラティーノ>にて、ヘッドライナーを務めることになった。2013年3月14日から17日までメキシコ・シティのフォロ・ソルで行われる<ヴィヴェ・ラティーノ>には、他にもモリッシー、ヤー・ヤー・ヤーズ、アンダーワールド、ザ・キャデラックスの出演も決定している。モリッシーは初日の14日に、ヤー・ヤー・ヤーズとアンダーワールドは15日に、ブラーは16日に、ザ・キャデラックスは最終日の17日にパフォーマンスを行う予定だ。

<ヴィヴェ・ラティーノ>には、その他テーム・インパラ、エドワード・シャープ・アンド・マグネティック・ゼロズ、ジャパンドロイズ、シルバーサン・ピックアップスなど合計100組以上のアーティストが参加する予定で、参加アーティストのフルリストは公式ウェブサイトVivelatino.comにて確認できる。

2013年ブラーは<ヴィヴェ・ラティーノ>に加えて、スペインのバルセロナで3月24日に、ポルトガルのポルトで同月31日に開催される<プリマベーラ・サウンド>でもパフォーマンスを披露する予定の他、7月にはベルギーで行われるの<ロック・ウェルフテル>にも参加することになっている。さらにデーモン・アルバーンとグレアム・コクソンは、チャリティー団体「ティーンエイジ・キャンサー・トラスト」が2013年3月23日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて開催するコンサートでヘッドライナーのノエル・ギャラガーと共に出演する予定だという。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Blur(ブラー) official link
http://www.emimusic.jp/intl/blur/

Blur
『Under the Westway』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Blur(ブラー) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-12-11 18:30 この記事だけ表示