来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS] アダム・ランバート、神の声域が渋谷公会堂を激震![BARKSニュース]

2年半ぶりとなるアダム・ランバート単独来日公演のために来日、初日公演となった2月19日(火)渋谷公会堂で、脅威のヴォーカルが超満員の会場に響き渡った。

東京2日分のチケットは即完となっており、今回もライヴ会場にはアダム風ファッションやメイクでドレスアップしたり、『トレスパッシング』のテーマ・カラーであるイエローのアイテムを身につけた熱狂的ファンが多く来場。鮮やかなブルーのセット・アップ・スーツでアダムがステージに登場するや否や、割れんばかりの歓声が会場に響き渡り、ライヴ冒頭から超満員の会場は総立ちとなった。

ライヴ序盤は「イフ・アイ・ハッド・ユー」「クックー」「ネヴァー・クローズ・アワ・アイズ」など、ダンサブルなパーティ・チューンが立て続けに披露され、会場は一気に巨大ディスコ状態。中盤では「アンダーニース」など最新作からのバラード楽曲を圧巻のヴォーカルで歌いあげ、その息をのむほどの美声が会場を圧倒、リアーナのカヴァー「ステイ」では鳥肌が立つほどの美しさを見せつけた。

後半はまた一転、一気にセクシー・ムード全開となった。これまでのツアーではなかなか歌うことのなかったデビュー曲「フォー・ユア・エンターテインメント」を、アルバムとは違ったセクシーなスペシャル・アレンジで披露するなど、再び会場を沸かせる。クイーンのヒット曲を披露するというビッグ・サプライズも飛び出し、会場からはさらなる歓声がまき起こった。

アダム・ランバートは、2月21日(木)に東京での追加公演(渋谷公会堂)を行った後、金沢(2/23)、名古屋(2/25)、大坂(2/26)と日本列島を横断する。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Adam Lambert(アダム・ランバート) official link
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/adamlambert/


アダム・ランバート
『トレスパッシング』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Adam Lambert(アダム・ランバート) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-03-05 18:59 この記事だけ表示

[BARKS] ファットボーイ・スリム、イギリスの国会議事堂でスペシャル・ギグ![BARKSニュース]

ファットボーイ・スリムがイギリスの国会議事堂でスペシャル・ギグを行うことが決定した。新進気鋭のDJ達が戦いを繰り広げるコンペ「ハウス・ザ・ハウス」の優勝者を祝うイベントが3月6日にロンドンにある英下院の国会議事堂前のテラス・バーで開催されることが決定し、ファット・ボーイは同コンペの優勝者のサポート・アクトとして登場する予定で、国会議事堂でパフォーマンスを披露する初めてのDJとなるという。

マイク・ウェザリー議員を旗振り役にイギリスの超党派の議員達がサポートするという同イベントは、「ラスト・ナイト・ア・DJ・セイヴド・マイ・ライフ」基金が主催だ。国会との異色コラボという今回の企画についてファットボーイは「シドニーのボンダイ・ビーチや中国の万里の長城、それに(エスキモーの住居)イグルーとか世界中の色んな場所でプレイしてきたけど、下院の国会議事堂でのプレイなんて今までで一番ユニークな所じゃないかな。俺は『ラスト・ナイト・ア・DJ・セイヴド・マイ・ライフ』を誇りを持ってサポートしているし、ハウス・ザ・ハウスの活動も同じだよ。音楽は俺の人生の大部分を占めてきたし、こういう形で恩返しできるって素晴らしいよね」と語っている。

「ハウス・ザ・ハウス」の優勝決定戦は、今週16日(土)にロンドンのミニストリー・オブ・サウンドで開催される。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Fatboy Slim(ファットボーイ・スリム) official link
http://fatboyslim.net/

<公演情報>

BIG BEACH FESTIVAL'13 出演
2013/6/1(土) 幕張海浜公園 内 (BBF’13特設会場) (千葉)
[チケット情報はこちら]

Fatboy Slim
『Big Beach Bootique 5』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Fatboy Slim(ファットボーイ・スリム) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-02-26 18:43 この記事だけ表示

[BARKS] ホワイトスネイク、最新ライヴ映像が日本先行リリース![BARKSニュース]

2011年10月15日、さいたまスーパーアリーナで行われた<LOUD PARK 11>フェスティバルで、2万人の観衆を前に繰り広げられたホワイトスネイクのライヴ・パフォーマンスが『メイド・イン・ジャパン〜ライヴ・アット・ラウド・パーク 11〜』としてリリースされる。

5月の来日公演に先駆け4月3日に発売となるもので、<LOUD PARK 11>でのパフォーマンスが全曲収録されており、ジャケットには日本語で“ホワイトスネイク”と記されている。

最新アルバム『フォーエヴァーモア』に伴うワールド・ツアーの一環として行われたライヴだが、初期のブルージーなハード・ロックと『白蛇の紋章』(1987年)を彷彿とさせるヘヴィ・メタリックなサウンドまで、迫力のライヴ・パフォーマンスで大観衆を魅了する。「ベスト・イヤーズ」から始まるショーは、新旧取り混ぜたベスト選曲だ。「スティル・オブ・ザ・ナイト」「イズ・ディス・ラヴ」「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」「ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴ・トゥナイト」という『白蛇の紋章』からのヒット・ナンバー、初期の代表曲である「フール・フォー・ユア・ラヴィング」、2008年に亡くなった元メンバーのメル・ギャレイに捧げられた「ラヴ・エイント・ノー・ストレンジャー」など、ホワイトスネイク・クラシックスの連打が続く。さらに最新作『フォーエヴァーモア』からは「スティール・ユア・ハート・アウェイ」「ラヴ・ウィル・セット・ユー・フリー」「フォーエヴァーモア」をプレイ。近年の作品では最高傑作と高評価を得たアルバムからのナンバーがステージでさらにパワーアップ、大歓声と合唱で迎えられている。

ホワイトスネイクは、王道ハード・ロックのベテラン・バンドとして<LOUD PARK 11>に出演していた。ディープ・パープルでは1975年に来日、バンドとしては1980年に初来日しているが、フェスティバルに出演するのは1984年の伝説の<スーパー・ロック'84>以来のことだ。バンドと観衆の一体感が壮絶なうねりを生み出す彼らのステージは、フェス全体のハイライトとなった。『メイド・イン・ジャパン〜ライヴ・アット・ラウド・パーク 11〜』は、マルチカメラと5.1ch音声によって、臨場感あふれるアリーナの興奮を再び思い起こしてくれる。

また特典として、映像にはフォト・スライド・ショウやファンから提供された映像素材などを編集したファン・ビデオ、CDには同年のジャパン・ツアー各地で行った貴重なサウンド・チェック音源を収録したボーナス・ディスクを追加、さらにボーナス・ディスクには日本限定のボーナス音源も追加収録されている。

トミー・アルドリッジの参加も話題の2013年5月の来日公演を目前に、ホワイトスネイク熱が急速に高まりつつある。イヤー・オブ・ザ・スネイクに相応しい彼らの活躍の幕開けだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■White Snake(ホワイトスネイク) official link
http://www.whitesnake.com/

<公演情報>

2013/5/1(水) サンポート高松(香川)
2013/5/2(木) 市民文化ホール(鹿児島)
2013/5/4(土) 名古屋市公会堂(愛知)
2013/5/7(火)、5/9(木) 中野サンプラザ(東京)
2013/5/10(金) オリックス劇場(大阪)
[チケット情報はこちら]

ホワイトスネイク
『メイド・イン・ジャパン~ライヴ・アット・ラウド・パーク 11 (初回限定盤) 』
Blu-ray+2CD/日本語字幕付 (ディスク枚数: 3)
発売日: 2013/04/03
>>ご購入はこちらから!

★White Snake(ホワイトスネイク) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-02-25 18:16 この記事だけ表示

[BARKS] 【ライブレポート】ベン・フォールズ・ファイヴの新しい時代の到来を告げる、記念すべきライヴ![BARKSニュース]

演前、場内は確かに同窓会ムードだった。チケットは早々に売り切れ。15年前、ベン・フォールズ・ファイヴを聴いて過ごした僕は、私は、結婚して子供も誕生し、音楽からちょっと遠のいてしまったが、久々に懐かしくなってコンサートにやってきた……そんな雰囲気を纏った人々が、ちょっと居心地が悪そうに人見記念講堂のシートに座っているように見えた。実際、「もう15年くらい経ったんだね」という会話が私の後ろの席からも聞こえてくるし、ニュー・アルバムがリリースされていることを知らなかったのか、ロビーでCDを買って開演前に開封している人もチラホラ。そんな光景を眺めているとほのぼのと暖かい気持ちになる。

ベン・フォールズ・ファイヴ、再結成後初となる来日公演初日は東京・人見記念講堂。昭和女子大が運営する、普段、クラシックのコンサートが多く行なわれているホールで音響設備も良くとても見やすいところだ。もちろん、ステージ左には大きなグランド・ピアノ。中央の少し高い位置に簡素なドラム・セットが置かれ、そのドラムとピアノとトライアングルを形成するかのように右側にベースとマイクが置かれている。筆者は1995年に行なわれた渋谷クアトロでの初来日公演からベンのソロ公演までずっと欠かさず観てきているが、最初のクアトロ公演などはキャパが小さかったこともあり、ステージからグランド・ピアノが落っこちそうにも見えたものだった。だが、さすがにクラシック系のホールだと厳かな雰囲気に包まれる。

しかし! 定刻から5分遅れてステージに現れたベン、ロバート、ダレンの3人は、そんな同窓会ムードも、厳かで落ち着きのある雰囲気も一気に打ち破ってくれた。ニュー・アルバム『サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド』収録の「マイケル・プレイターの5年後」のイントロが鳴り、「トーキョー、サイコー!」というベンのかけ声とともに待望の公演がキックオフ! いきなり3人のコーラスが満員の会場中に広がる。これだ、このハーモニーだ。初来日公演の時と何も変わらない、ハートウォーミングで確かな響きを讃えた3層のコーラス。変わっていないどころか、彼らが距離を置いている間にそれぞれが積み上げてきたスキルが間違いなく活かされているじゃないか。しかも、息もピッタリ。そう、ソロとして大成功を収めたベンはもちろん、ダレンはホテル・ライツというバンドで自らヴォーカルをとって活動、ロバートも地元ノース・キャロライナでバンドを結成したりベースを教えたりするなど、3人は道を分かっている間もミュージシャンとして確実に成長していた。そして、まるで運命の赤い糸で再び引き寄せられた3人は、最強のコンビネーションであることを自ら裏付けるかのように見事なコーラスとアンサンブルをこうして聴かせてくれたのだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Ben Folds Five(ベンフォールズファイヴ) official link
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/benfolds/

ベンフォールズファイヴ
『サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Ben Folds Five(ベンフォールズファイヴ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-02-22 20:51 この記事だけ表示

[BARKS] ブラック・サバス、ニュー・アルバムのレコーディング映像を公開![BARKSニュース]

ブラック・サバスが水曜日(2月13日)、ニュー・アルバム『13』のレコーディングの模様を収めたビデオを公開した。メンバーのインタビューも収録されている。

オジー・オズボーンは「俺らはラジオで流れるような曲を作ってるわけじゃない。音楽作品を作ってるんだ」「このブラック・サバスのアルバムは俺のキャリアで多分、最も重要なアルバムになるだろう。ブラック・サバスのアルバムになることは保証する」と、トニー・アイオミは「昔やってたことを繰り返すわけにはいかない。前に進み続けなくてはならない。これは40年前のトゥデー・ヴァージョンになるだろう」と話している。

映像では、ビル・ワードの代わりに参加するレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのブラッド・ウィルクやプロデューサーのリック・ルービンの姿も見られる。

ブラック・サバスの新作『13』は6月にリリース予定。そしてその直前、5月に<Ozzyfest Japan>で来日する。

Ako Suzuki, London

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Black Sabbath(ブラック・サバス) official link
http://www.blacksabbath.com/

<公演情報>

Ozzfest Japan 2013 出演
2013/5/11(土)〜5/12(日) 幕張メッセ 国際展示場ホール9〜11 (千葉)
[チケット情報はこちら]

ブラック・サバス
『パラノイド』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Black Sabbath(ブラック・サバス) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-02-22 20:48 この記事だけ表示