来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS] デヴィッド・ボウイを総括する、究極ガイド本登場![BARKSニュース]

長い沈黙を破って、10年振りの新作『ザ・ネクスト・デイ』をリリースするデヴィッド・ボウイの究極ガイド本が、クロスビートのスペシャルエディションとして3月11日に登場する。

今回は新作発表に伴ってのインタビューは一切しないと宣言し、超極秘裏に進められていた『ザ・ネクスト・デイ』だが、制作舞台裏はどんな様子だったのか? その詳細ドキュメントとクロス・レビューでニュー・アルバムが徹底解剖されているものだ。

同時にデビューから現在まで50年にも及ぶ全キャリアも一挙総括している。1973年の日本初インタビュー、1970年代黄金期の総括などの秘蔵取材、アルバム/映像/本などボウイの全てをまとめた詳細ディスコグラフィ、通算7回の日本ツアーをセット・リスト付きで紹介した来日ライヴ全記録、海外ライヴ追っかけ観覧記、共演者や関係者の年代別総覧、事件やアイテムをまとめたキーワード辞典等々、その素顔を多角的に検証した1册となっている。

ロックの可能性を切り拓いてきたデヴィッド・ボウイの真髄はいったいどこにあったのか? 秘蔵写真と貴重なインタビューを交えて、唯一無比のアーティストの全貌に迫った決定版だ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■David Bowie(デビッド・ボウイ) official link
http://www.davidbowie.com/

デヴィッド・ボウイ
【BOOK】
シンコー・ミュージック・ムックCROSSBEAT Special Edition
『デヴィッド・ボウイ』

>>ご購入はこちらから!

デヴィッド・ボウイ
【CD】
『ザ・ネクスト・デイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)』

>>ご購入はこちらから!

★David Bowie(デビッド・ボウイ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-03-11 19:17 この記事だけ表示

[BARKS] ステレオフォニックス、ニューアルバム『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』は第2のデビュー作![BARKSニュース]

ステレオフォニックスの3年振りのニューアルバム『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』が2月27日(水)に世界に先駆け日本で先行発売となる(本国UKは3月4日)。

レーベルからのアナウンスによると、『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』では、キャリア史上最も流麗でドラマチックなサウンドスケープが描かれているという。タイトなバンドサウンドは健在ながら、本格的なストリングスが導入されているのだが、そのストリングスアレンジを担当しているのは映画『インディペンデンス・デイ』や『007』シリーズのスコアで有名なイギリス映画音楽界の第一人者デヴィッド・アーノルドだという。氏の作品では必ず指揮を執るニコラス・ドッドの下『007』を担当してきたオーケストラが起用されており、全作詞・作曲を手がけるケリー・ジョーンズは、新作の仕上がりにかなりの充実感を得ているようだ。

「昔からやりたかったことがいろいろあって。例えば映画のシナリオや短編小説を書くとか、これまでと違う音楽を作るとか。8作目にして“またステレオフォニックスのアルバム”と呼ばれるようなものは作りたくなかったんだ。今回はもっと深い所まで掘り下げてみたかったから、そのためには一度旅をやめないとダメだと思って」──ケリー・ジョーンズ

彼らはアルバムリリース、ツアー、そしてレコーディングという2年サイクルの生活をデビュー以来一度も崩さず続けてきたのだが、それを今回初めて断ち“リセット期間”を設けた。

「ツアーを1年間やらなかったのは大きかったよ。自分たちのスタジオも作れたしね。『007』の主題歌のオファーがあれば、今なら喜んで引き受けるよ」──ケリー・ジョーンズ

本作収録の3曲のミュージックビデオにも注目だ。中でも、昨年秋に映像作品として突如発表された新曲「ヴァイオリンズ・アンド・タンバリンズ」はケリーの初監督作品だが、この完成度が素晴らしい。というのも、ケリーは学生時代に映画の脚本を学んでおり、デビュー前にはBBCテレビから脚本の仕事をオファーされ、ミュージシャンの道か映像の世界に進むか選択を迫られたこともあったとか。「イン・ア・モーメント」もケリー監督によるもので、いずれの作品もまるで映画のハイライトシーンを切り取ったような緊迫感溢れる世界観で、音楽と見事にリンクした美しい映像になっている。

『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』のリリースにあたりステレオフォニックス自らスタイラス・レコーズを立ち上げているが、この新レーベルがオアシス、ノエル・ギャラガー、プライマル・スクリームのレーベルも運営する「イグニション」内にあることにも注目だ。ステレオフォニックスは長年、かのリチャード・ブランソン(ヴァージン・グループ会長)が1996年に設立したV2レコーズに所属していたが、前作『キープ・カーム・アンド・キャリー・オン』(2009年)で契約を全うしたことから、他社への移籍ではなく自分たちのレコード会社を持つことで完全に自由な制作環境を手に入れたというわけだ。

「ここから、ステレオフォニックスの第2章が始まるんだ」

そうケリー自身が語るように、本作が単なる8作目ではないのは明白だ。『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』は、いわば彼らの第2のデビューアルバムなのだ。

■「ヴァイオリンズ・アンド・タンバリンズ」PV映像

■「イン・ア・モーメント」PV映像

■「インディアン・サマー」PV映像

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■Stereophonics(ステレオフォニックス) official link
http://www.stereophonics.com/

公演情報

SUMMER SONIC 2013 出演
2013/8/10(土)・11(日)
東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
大阪:舞洲サマーソニック大阪特設会場
※下記ページにて随時ご案内いたします。
[チケット情報はこちら]

SONICMANIA
2013/8/9(金)
東京:幕張メッセ
※下記ページにて随時ご案内いたします。
[チケット情報はこちら]

ステレオフォニックス
『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Stereophonics(ステレオフォニックス) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-03-08 21:10 この記事だけ表示

[BARKS] ヴァクシーンズ、ワン・ダイレクションと曲を制作![BARKSニュース]

英国のインディ・ロック・バンド、ザ・ヴァクシーンズのフロントマン/ギタリストのジャスティン・ヤングが、ワン・ダイレクションと曲を制作したという。意外な組み合わせだが、ヤングは別世界での経験をとても楽しんだそうだ。

彼はBBCにこう話している。「いま地上で最もビッグなポップ・バンドとの曲作りはすごく興味深かった。全く違う世界で、全く違う作業だった。それがやってみたいと思った理由のひとつだよ。すごく楽しかった。いろんなこと学んだって思っている。僕はポップ・ミュージックが大好きだ、ポップ・ミュージックを作りたいって、いつも言っていたんだ。こんなことやったの、初めてだ。彼らもかなり貢献しているよ」

曲はワン・ダイレクションのニュー・アルバムに収録される見込み。ザ・ヴァクシーンズは3月、アメリカへ渡りEPを制作。5月にリリース予定だという。

Ako Suzuki, London

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■ One Direction(ワンダイレクション) official link
http://www.onedirectionmusic.com/jp/

■ザ・ヴァクシーンズ official link
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/thevaccines/

<公演情報>

ワン・ダイレクション〜テイク・ミー・ホーム・ツアー 2013
2013/11/2(土)、11/3(日) 幕張メッセ(千葉)
[チケット情報はこちら]

ワン・ダイレクション
『テイク・ミー・ホーム』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

ザ・ヴァクシーンズ
『ザ・ヴァクシーンズ・カム・オブ・エイジ(完全生産限定盤)』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★ザ・ヴァクシーンズ 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-03-08 20:05 この記事だけ表示

[BARKS] ワン・ダイレクション、大盛況ワールド・ツアー・スタート![BARKSニュース]

2月20日に行われた<ブリット・アワード2013>で、最も世界的な成功をおさめたイギリスのアーティストに贈られる「グローバル・サクセス賞」を受賞したワン・ダイレクションだが、 2013年1月の来日映像満載のチャリティ・シングル「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」をパフォーマンスし、世界65カ国のiTunesで1位を獲得するという世界的ヒットを記録している。

■「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」PV映像

ワン・ダイレクションは、2月23日(土)&24日(日)の2日間で4公演計8万人を動員したロンドンO2アリーナ公演を敢行、11月2日(土)・3日(日)に幕張メッセで行う来日公演まで続くワールド・ツアーをスタートさせた。世界最大のボーイズ・グループの名と人気に相応しい、大規模で壮大なパフォーマンスと演出で観客を熱狂の渦に巻き込んでいる。

ロンドンO2アリーナ公演では、客席で掲げられた国旗などからも、イギリス国内にとどまらず、スウェーデン、イタリア、メキシコなど世界各地から、ティーンエイジャーの女の子に加え、5歳くらいの男の子から20代後半の女性たちまで、1Dらしい広いファン層が会場を埋め尽くした。

ショウは、ホーム・パーティーをおさめたイントロ・ビデオが流れた後、1stアルバム『アップ・オール・ナイト』のタイトル・ソングからスタート。ギター、ベース、ドラム、キーボードから成るフル・バンドの演奏をバックに、リアムから順にひとりずつメンバーが登場すると、2万人の観客からアリーナを揺るがすほどの大歓声が上がり、1Dのメンバー5人はカラフルでポップなイメージが映し出される巨大なスクリーンを背景に、プラットフォームによって2段に分かれたステージをところ狭しと駆け回る。

イントロ・ビデオに続くパーティー・モードで「アイ・ウッド」「ハート・アタック」「ラヴド・ユー・ファースト」などの2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』からのアップ・テンポなトラックを続々とパフォーマンスし、また、「モア・ザン・ディス」や「ワン・シング」などの1stアルバムを代表する楽曲では大合唱で盛り上がり、オーディエンスだけでなく、メンバー自身がこのパーティーを楽しんでいる様子がビッグ・スクリーンに映し出された。

パーティー翌朝、片づけを終え街に繰り出す5人のビデオが流れた後の2部では、ステージに設置されたプラットフォームがワイヤーで引き上げられ、その上に立つメンバーが観客の上を通過するかたちで会場中央に用意された2つ目のステージへ移動。ここでは、最新No.1ヒット「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」で再び会場の熱気は最高潮へ。おなじみとなった会場にいる人たちからTwitterに寄せられた質問によるQ&Aコーナーでは、「好きなサンドイッチの中身は?」「ベスト・ダンサーは誰?」といった質問に答えるなど、ファンとのコミュニケーションの時間も楽しい。

中盤はミッド・テンポ/バラード調の曲で構成され、それぞれの個性豊かなヴォーカルが会場を包み込み、今回のツアーでもナイルは複数曲でギターもプレイしている。最新アルバムである『テイク・ミー・ホーム』の曲を中心に、1stアルバムからのヒット曲や、英チャリティ団体コミック・リリーフ主催イベント<レッド・ノーズ・デイ>オフィシャル・シングル「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」も交えた現時点での最強のセットリスト、この場にいることを何度も感謝するファンを思うメンバーの姿、さらに変装した彼らがロンドンの街中で通行人にドッキリを仕掛けるコミカルなビデオも上映されるなど、一段とパワーアップした様子がうかがえる2時間となっている。

この<TAKE ME HOME TOUR>は、この先、UK各地、ヨーロッパ、北米、オーストラリア/ニュージーランドを廻った後、11月に日本へ上陸し、2日(土)・3日(日)に幕張メッセで2公演が行われる。先週からその先行予約がスタートし、かなりの争奪戦が繰り広げられているようだ。

日本では、女性誌『anan』に続き、2月25日発売の週刊誌『AERA』でも表紙を飾り、4月3日には「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」のCDが発売となる。映画『ワン・ダイレクション 3Dムービー』(1D3D)の日本公開は来日公演直前の11月1日(木)の予定だ。


■BS258 Dlife 特別番組「ブリットアウォーズ授賞式 2013」
(字幕版)3月30日(土)20:00〜22:00(C)Dlife
(C)A BRITS TV PRODUCTION

■『ワン・ダイレクション 3Dムービー』
11月1日(金)新宿バルト9ほか全国公開
配給: ソニー・ピクチャーズ

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■One Direction(ワンダイレクション) official link
http://www.onedirectionmusic.com/jp/

<公演情報>

ワン・ダイレクション〜テイク・ミー・ホーム・ツアー 2013
2013/11/2(土)、11/3(日) 幕張メッセ
[チケット情報はこちら]

ワン・ダイレクション
『ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)』
発売日:2013年4月3日
>>ご購入はこちらから!

ワン・ダイレクション
『テイク・ミー・ホーム』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★One Direction(ワンダイレクション) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-03-07 20:06 この記事だけ表示

[BARKS] キルスイッチ・エンゲージ、<FUJI ROCK FESTIVAL'13>参戦決定![BARKSニュース]

約10年の時を経てオリジナル・シンガー:ジェシー・リーチが電撃復帰を果たしたキルスイッチ・エンゲージの来日公演が決定した。7月26日、27日、28日に開催される<FUJI ROCK FESTIVAL'13>への参戦だ。

3月27日にはニュー・アルバム『DISARM THE DESCENT』が世界に先駆け日本先行発売となる。


「この最新作発表に向けて、俺達は素晴らしいスピリットと共に準備を続けてきたんだ。サウンド、歌詞、アートワーク、メンバー全員、俺達が成し遂げたこの作品を誇りに思っている。俺自身の事で言うと、今までの中で一番最高なボーカル・パフォーマンスが出来た作品さ」──ジェシー・リーチ

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■KILLSWITCH ENGAGE(キルスイッチ・エンゲージ) official link
http://www.killswitchengage.com/

<公演情報>

FUJI ROCK FESTIVAL'13 出演
2013/7/26(金)、27(土)、28(日)
湯沢町 苗場スキー場 (新潟)
[チケット情報はこちら]

キルスイッチ・エンゲージ
発売日: 2013/03/27 ※日本先行発売
>>ご購入はこちらから!
アルバムのメイキング映像を収録したボーナスDVD同梱2枚組。日本盤用ボーナス・トラック2曲追加収録

★KILLSWITCH ENGAGE(キルスイッチ・エンゲージ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-03-06 20:04 この記事だけ表示