来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS] カイザー・チーフス、カサビアンとの不仲を否定[BARKSニュース]

photo

カイザー・チーフスのフロントマン、リッキー・ウィルソンが、カサビアンとの不仲説を否定した。英タブロイド紙は、ウィルソンが最新のインタヴューでカサビアンを「クソ」と侮辱、それを聞いたカサビアンのフロントマン、トム・ミーガンは「カイザーズがそんなこと言うのは信じられない」としながらも「今度、ウィルソンを見たら殴ってやる」と反撃したと伝えていた。

つづきはこちら
http://www.barks.jp/news/?id=1000025402

 


カイザー・チーフス の公演情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!

[BARKS] ストーンズのイタリア公演にW杯の優勝選手が登場[BARKSニュース]

photo

ヨーロッパ・ツアーをスタートしたローリング・ストーンズのミラノ公演(7月11日)に、ワールド・カップで優勝したイタリア・チームのプレイヤーがジョイン。ホワイト・ストライプスの「Seven Nation Army」をオーディエンスと一緒に歌ったという。

ミラノ公演は、キース・リチャーズの怪我により延期されていたヨーロッパ・ツアーの初日。まだワールド・カップ優勝の感動が冷めないイタリアでビッグ・サプライズとなった。NME.COMによると、ストーンズが最後の曲を演奏し終わると、チーム優勝に貢献したマルコ・マテラッツィ、アレッサンドロ・デルピエロの2選手がステージに登場。

つづきはこちら
http://www.barks.jp/news/?id=1000025342

 


ローリング・ストーンズの公演情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!

[BARKS] ウィーザー、“終わった”[BARKSニュース]

photo

名門ハーバード大学を卒業し、先月に結婚したウィーザーのリヴァース・クオモ。彼はバンドの音楽活動について意味深なコメントをしている。クオモはMTV NEWSで“終わった”と発言、ウィーザーの今後について、さまざまな憶測が飛び交った。

「僕たちは終わっている。再びアルバムを作るかは定かでない。どうしても必要ならば別だが」

つづきはこちら
http://www.barks.jp/news/?id=1000025359

 


ウィーザーの公演情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!

[BARKS] マッカートニーの初めてのギターがオークションに[BARKSニュース]

photo

今月、ロンドンで開かれるオークションでポール・マッカートニーが初めて手にしたギターがオークションに出品される。このギターは、マッカートニーの学友、イアン・ジェームスが所有するものもの。マッカートニーはこのギターでコードを学んだという。

ギターには、これが本物であることを証明するマッカートニーからの手紙も付いているという。彼は「友人、イアン・ジェームスが持つこのギターは、僕が初めて手にしたギターだ。そして、このギターで43 Elswich Streetで初めてコードを学んだ」と記している。

つづきはこちら
http://www.barks.jp/news/?id=1000025301

 


ポール・マッカートニーの公演情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!

[BARKS] フロイドのオリジナル・メンバー、シド・バレットが死去[BARKSニュース]

7月7日、ピンク・フロイドのオリジナル・メンバー、シド・バレットが亡くなった。60歳だった。

バレットは、'65年に学友ロジャー・ウォーターズ、リチャード・ライト、ニック・メイソンと共にピンク・フロイド・サウンドを結成。「See Emily Play」「Arnold Lyne」などのヒット曲を生み出した後、1stアルバム『The Piper At The Gates Of Dawn』('67年)を発表した。しかし間もなく、ドラッグ過量摂取により精神のバランスを崩し、'70年にバンドを脱退。その後、2枚のソロ・アルバム(『The Madcap Laughs』『Barrett』)を発表したが、70年代半ばからはケンブリッジの実家に引きこもり隠遁生活を送っていた。

つづきはこちら
http://www.barks.jp/news/?id=1000025302

 


ピンク・フロイドの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!