来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS] クインシー・ジョーンズ、来日公演に参加する日本アーティスト決定[BARKSニュース]


32年振りに来日を果たすクインシー・ジョーンズの東京国際フォーラム公演(7月31日&8月1日)に参加する日本のアーティストが明らかにされた。これは2013年80歳になったクインシーをJ-POPやジャスのアーティストでお祝いするトリビュート・パートで亀田誠治がプロデュースするライブイベントだ。

今回明らかにされたのは5組。小曽根真、小野リサ、絢香、K、三浦大知というラインアップだ。

ジャス界から登場するピアニストの小曽根真は、2004年に結成した総勢15名のビッグバンド、No Name Horsesを率いての参加となる。クインシーはソウル・ミュージックのイメージが強いものの、初期にはカウント・ベイシー、デューク・エリントンやサラ・ヴォーン、ヘレン・メリル等のジャズのアレンジを手がけている。今回の小曽根真はクインシーの「ジャズ」をステージで再現か?

続いてボサ・ノヴァ界からは小野リサが参加。クインシーは、ソウルとボサ・ノヴァが融合した名盤『ソウル・ボサ・ノヴァ』(1962)をリリースしているが、小野リサは同アルバム楽曲を手掛けることになるのだろうか。

J-POP界からは3組のアーティストが発表された。自身の音楽のルーツと語るぐらいのマイケル・ジャクソン・ファンである絢香は、2009年11月に行われた休業前のラスト・ワンマン・ライブではマイケルの「Human Nature」をカバーしていた。

そして韓国ソウル出身のKは、2007年にリリースした『The TIMELESS Collection VOL.1』では、今回の来日メンバーでもあるジェームス・イングラムの「ジャスト・ワンス」をカバーしている。ここはぜひ奇跡の共演を期待したいところだ。

そして、圧倒的な歌唱力と卓越したダンスで和製マイケル・ジャクソンの名をほしいままにする三浦大知。2010年にリリースしたシングルのカップリングではMJの「Human Nature」をカバーしているのは、ファンであれば周知のところ。

トリビュート・パートをプロデュースする亀田誠治によると、誰がどんな曲を歌うかはまだ決まってないようだが、参加アーティストはまだ増えるとのこと。

一方、本編のクインシー・ジョーンズのパートでは、QJビッグバンドの音楽監督としてジェリー・ヘイの参加も新たに発表となったジェリー・ヘイはMJの『スリラー』『バッド』でのホーン・アレンジを担当したアレンジャーで、アレンジ部門等でグラミー賞を5回受賞した強者でもある。他にもクインシーに片腕的な存在の超大物プレイヤーやシンガーが大挙来日し、「ソウル・ボサ・ノヴァ」「鬼警部アイアンサイドのテーマ」「愛のコリーダ」「ウイ・アー・ザ・ワールド」にMJ一連のヒット曲が披露される。チケットは15日(土)に一般発売開始だ。なお、東京国際フォーラム公演の前にはBLUE NOTE TOKYOでも公演が行われるが、いずれの公演は出演者が異なるので詳細は公式サイトにてご確認を。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■クインシー・ジョーンズ来日公演特設サイト
http://qj80.jp/

公演情報

単独公演
2013/7/31(水)・8/1(木)
東京国際フォーラム ホールA(東京)
[チケット情報はこちら]

25th Blue Note Tokyo Anniversary presents Quincy Jones The 80th Celebration Live Gala Party
2013/7/28(日)
BLUE NOTE TOKYO(東京)

クインシー・ジョーンズ
『Q80グレイテスト・ヒッツ』
発売日: 2013/06/05
>>ご購入はこちらから!

★Quincy Jones (クインシー・ジョーンズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)


2013-06-18 18:53 この記事だけ表示

[BARKS] HELLOWEEN、GAMMA RAYが大興奮の高速疾走パフォーマンス、カイ・ハンセンとHELLOWEENの共演も実現<HELLISH ROCK PART II>[BARKSニュース]

HELLOWEENとGAMMA RAY、メロディック・スピード・メタルの2大巨頭とも言えるこの両バンドが共演する<HELLISH ROCK PART II>が、日本列島を縦断した。もともとHELLOWEENのオリジナルメンバーであり、HELLOWEENのサウンドの核を担っていたカイ・ハンセンがHELLOWEEN脱退後に結成したのがGAMMA RAYだから、この2つのバンドは兄弟みたいなものだし、もちろんサウンドにも共通点が多い。ある時期は確執もあったようだが今は関係もすっかり修復され、ファン層も共通のこの2バンドで一緒にツアーをしようということで、2008年に開催されたのがこの<HELLISH ROCK>。今回はPART IIとなって2回目の来日を果たした。その初日、6月5日のZEPP東京でのライヴの模様をお伝えしよう。

まずはGAMMA RAYのステージからスタート。GAMMA RAYのライヴではおなじみのイントロ「WELCOME」が流れる中、最新EPの『MASTER OF CONFUSION』のジャケットが描かれた幕が掛かったセットにメンバーが登場し、大歓声に迎えられる。フロント3人のホワイトのギターとベース、それに全員ブラックの上下という装いが、男くさいスパルタンなメタルバンドらしい。そして始まったのが「Anywhere In The Galaxy」。冒頭から豪快な高速疾走ナンバーでぶっ飛ばされたものだから、客席の興奮は一気に沸騰した。オールスタンディングの1階席前方は、満員電車並みの人口密度なのにみんなが身体全体で揺れ出し、早くもモッシュ状態に突入。会場全体からはこぶしが突き上げられ、サビでは大合唱が起こる。

カイ・ハンセンの調子もよさそうで、しゃがれたハイトーン・シャウトが随所に炸裂。表情やVシェイプのギターを弾きながら歌うアクション、ちょっとしたしぐさなど、ロックスター然とした貫録に溢れている。そしてドラムセットのところに飛び乗ったり、ギターのヘニュ・リヒターにも盛んに絡んだりと、忙しく動き回る。ベースのダーク・シュレヒターはじっとしておらず、ぐるぐるとステージ上を歩き回りながらオーディエンスへアピールを繰り返す。とてもエネルギッシュなステージだ。

比較的へヴィなナンバーを2曲挟むと、再び高速ナンバーが登場。「Dethroned Tyrannys」のイントロではひときわ大きな歓声があがった。そしてカイが“新しい曲をやるよ”と言って最新EPの「Master Of Confusion」と「Empire Of The Undead」をプレイすると、客席はさらにヒートアップ。冒頭から大合唱が始まるし、キメでは全員が一斉にこぶしを突き上げたかと思うと、パターンが変わると瞬時に大きな手拍子へと変わる。本当にスゴい一体感だった。

HELLOWEENのステージは、『守護神伝 -第二章-』の「Eagle Fly Free」からスタート。やはり冒頭から高速疾走ナンバーだ。スピーディに突っ走っているが、アンサンブルは重厚だしキメはビシビシ決まり、その上にアンディ・デリスのややヒステリックなハイトーンがよく伸びて通ってくる。この1曲だけでも、円熟したバンドとしてのうまさ、スケールの大きさを感じてしまうほど迫力を感じる。アンディは足元のモニタースピーカーに片足を乗せ、客席に乗り出すようにして力のこもった歌いっぷりで、独特の存在感を放っている。そして両サイドには2人のギタリスト、マイケル・ヴァイカートとサシャ・ゲルストナーがいて、派手なパフォーマンスはそれほどないのだが見た目にも迫力十分。ベースのマーカス・グロスコフはタッピングのソロを披露するなどテクニカルなプレイも見せつける。そしてドラムのダニー・ルブレは、4つもバスドラムがある巨大なセットに埋もれるように座り、鋭く正確でパワフルなビートを刻みながら、ツーバスを絡めた高速フレーズを叩きこんでくる。このドラムがあってこそ、全体が締まって重厚にまとまっているのだ。

・・・つづきはこちら
[PC]  [携帯]

■HELLOWEEN(ハロウィン) official link
http://helloween.org/

■GAMMA RAY(ガンマ・レイ) official link
http://www.gammaray.org/

ハロウィン
『ストレイト・アウト・オブ・ヘル 【デラックス・エディション(CD+グッズ)】【10,000セット限定】』
発売日:NOW ON SALE
>>予約・ご購入はこちらから!

GAMMA RAY
『マスター・オブ・コンフュージョン 【日本盤ボーナス収録】』
発売日;NOW ON SALE
>>予約・ご購入はこちらから!

★HELLOWEEN(ハロウィン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

★GAMMA RAY(ガンマ・レイ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-06-17 15:27 この記事だけ表示

[BARKS] メタリカ、新作は『Death Magnetic』の延長線上[BARKSニュース]

メタリカのベーシスト、ロバート・トゥルージロが、新作の制作状況について語った。個人的に、ニュー・アルバムは前作『Death Magnetic』(2008年)の延長線上にあるとの印象を持っているそうだ。

トゥルージロは、米ミシガンのラジオ局Banana 101.5 Rocksでこう話した。「この数ヶ月、俺ら、新しいアイディアをジャミングしているんだ。これってスクープだろ?何年にもわたってレコーディングしてきたリフの在庫がある。iPhoneやZoomで録音したものから、Pro Toolsをセットアップしたジャム・ルームでレコーディングしたものまでいろいろだ。ツアー中だから、ジャム・ルームがあって、そこでジャムしてるんだ。ジェイムス・ヘットフィールドはギターをプラグ・インしてトーンをコントロールすると、世界一素晴らしいリフを思いつく」

「オリオン・フェスティバル(6月8、9日)の後、また曲作りをスタートする予定だ。これまでのアイディアは素晴らしいって言っとくよ。俺はスーパー・ハッピーだ。次のアルバムは、俺は個人的には『Death Magnetic』の延長線上にあるものだと思っている。『Death Magnetic』は俺にとって、俺らがこれからやるであろうこと、俺らができることの発射台みたいなものだった。あれは長く、ヘヴィーな体験だった。『Death Magnetic』の期間に俺らの間に5人も子供が生まれてたんだぜ。さあ、これから新しいアドベンチャーだ。今回は子供5人はない…ことを願っている(笑)」
完成までには時間がかかるから「辛抱してくれ」と言うが、ニュー・アルバムはまだ先だとしても、メタリカは8月に<Summer Sonic 2013>で来日。ライヴ・パフォーマンスでファンを満足させてくれるはずだ。

Ako Suzuki, London

・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■メタリカ official link
http://www.universal-music.co.jp/metallica


公演情報

SUMMER SONIC 2013出演
2013/8/10(土)・11(日)
東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
大阪:舞洲サマーソニック大阪特設会場
[チケット情報はこちら]

METALLICA
『デス・マグネティック~ストロング・エディション 』
発売日:NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★METALLICA (メタリカ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-06-12 15:17 この記事だけ表示

[BARKS] アトムス・フォー・ピース、リハーサル映像を公開[BARKSニュース]

7月からツアーをスタートするアトムス・フォー・ピースが、スタジオで撮影したリハーサル映像を続々とYouTubeにアップしている。

5月27日から毎日、10〜40秒程度の短い映像がアップされてきたが、日曜日(6月2日)にはトム・ヨークがピアノで「Rabbit In Your Headlights」をプレイするロング・ヴァージョンを公開。彼らのリハーサルの様子が垣間見られる。とくに、ヨークとフリーの姿をとらえたショート映像は短いながらも興味深く、ファン必見。

公開された映像には「Rabbit In Your Headlights」ほか「Paperbag Writer」をプレイしたものもあるが、ナイジェル・ゴッドリッチによると、これらの曲が最終的にセットリストに含まれるかどうかは未定だという。

アトムス・フォー・ピースは7月6日、パリからヨーロッパ・ツアーをスタート。その後9月に全米ツアーを行ない、11月に待望の来日公演が予定されている。


■「Rabbit In Your Headlights」リハーサル映像


Ako Suzuki, London

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


■ATOMS FOR PEACE(アトムスフォーピース) official link
http://atomsforpeace.jp/

<公演情報>

アトムス・フォー・ピース来日公演
2013年11月18日(月)、11月19日(火)@ZEPP NAMBA
2013年11月21日(木)、22日(金)、23日(土)@新木場スタジオコースト
[チケット情報はこちら]

ATOMS FOR PEACE
『Default』
発売日: NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!


★ATOMS FOR PEACE(アトムスフォーピース) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

★THOM YORKE(トム・ヨーク) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-06-06 16:05 この記事だけ表示

[BARKS] エアロスミス、『ロック・フォー・ザ・ライジング・サン』にTシャツ付き限定BOX登場[BARKSニュース]

エアロスミスの2011年の日本ツアー総集編として、全会場から選りすぐったライヴ映像とバックステージやオフショットで構成される最新映像作品『ロック・フォー・ザ・ライジング・サン』が6月19日に発売となる。8月の来日公演のチケット一般発売も間近に迫ってきた。


■ロック・フォー・ザ・ライジング・サン

そんな中で、『ロック・フォー・ザ・ライジング・サン』にTシャツ付き限定BOXの発売が発表となった。Blu-rayにはブラック、DVDにはグレーのオフィシャル・オリジナルTシャツが同梱された日本限定の来日記念特別仕様だ。
ロゴとタイトルに立体エンボス加工が施されたゴールド&ミラーコートBOXに収納され、それぞれMとLの2サイズ4種類で発売となるが、各1000個のみの完全数量限定で発売終了となる限定盤だ。

Tシャツはライヴネイション・マーチャンダイズ製で、コンサート会場で販売されているオフィシャルグッズと同等のものとなる。バックプリントにはタイトルロゴが入ったこのアイテムだけの限定仕様で、USからのTシャツ到着を待っての発売となるため、単品のDVDとブルーレイから1週間後の6月26日の発売だ。予約のみで完売必至のため、お早目のチェックを。


■AEROSMITH official link
http://www.aerosmith.com

<公演情報>

<AEROSMITH公演情報>
2013/8/11(日) 名古屋ガイシホール
2013/8/14(水)〜8/16(金) 大阪市中央体育館
[チケット情報はこちら]

<AEROSONIC>
2013/8/8(木) QVCマリンフィールド(千葉)
[チケット情報はこちら]

Aerosmith(エアロスミス)
『ロック・フォー・ザ・ライジング・サン』
【DVD/日本語字幕付】
発売日: 2013年6月19日
>>ご購入はこちらから!

Aerosmith(エアロスミス)
『ロック・フォー・ザ・ライジング・サン』
【Blu-ray/日本語字幕付】
発売日: 2013年6月19日
>>ご購入はこちらから!

★Aerosmith(エアロスミス) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-06-05 15:52 この記事だけ表示