来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]シンディ・ローパー、ハートが感じられる暖かいライヴ@<SUMMER SONIC 2013>[BARKSニュース]

灼熱のなか大熱狂のうちに終わった<SUMMER SONIC 2013>。数々の熱狂的なライヴが展開されたが、そのなかでも特に印象に残ったライヴを紹介してみよう。
シンディ・ローパー姐さんの登場だ。

アルバム『She's So Unusual』でデビューして30周年となる今年、ワールド・ツアーを開催中のシンディ・ローパー。その一環としておこなわれる<SUMMER SONIC 2013>でのライヴ。マウンテン・ステージに「コンニチハ!トウキョー!」の声と共に赤いドレッド風ヘアで黒い衣装に身を包んだのシンディが登場すると、待ちわびた観客から大歓声が贈られた。

バンドはキーボード2台、ドラム、ベース、ギターのシンプルな編成。1曲目の「Money Changes Everything」から、早速客席に降りてどんどん中央まで歩いてファンとふれあうシンディ。こういったサービス精神とシンガーとしての実力が高いレベルで伴っているのがシンディの素晴らしさだ。
曲のエンディングで凄まじく伸びのあるボーカルを聴かせると、観客からは驚嘆の声が挙がる。そして曲は早くも「Girls Just Want to Have Fun」へ。手拍子で盛り上がる観客。ポリリズミックなアレンジされた演奏が小気味良い。「アイラブユートーキョー!」と日本語で煽るシンディ。アップ・テンポな曲が続いた後、「Time After Time」のイントロに大歓声!サビで客席にマイクを観客に向けると大合唱で応える観客たち。
通訳をステージに呼び、漫才のようなやりとりで笑わせながら30周年のアルバムについても紹介。ウクレレ弾き語りでファニーな声を聴かせたり、趣向を凝らしつつも、芯にあるシンガーとしての技量はまったくブレることなくパフォーマンスし続けたシンディ。
ラストはすっかりおなじみとなった日本語ナンバー「忘れないわ」をアカペラで歌い上げ、ステージを後にした。いつも聴く者の心に寄り添うように歌を届けるシンディの、変わらないハートが感じられる、暖かいライヴだった。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■シンディ・ローパー official link
http://www.sonymusic.co.jp/artist/CyndiLauper/

Cyndi Lauper (シンディ・ローパー)
『シーズ・ソー・アンユージュアル』
発売日: NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Cyndi Lauper (シンディ・ローパー) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-08-21 12:46 この記事だけ表示

[BARKS] ゼブラヘッド、岡本夏生とサプライズ共演「みなさんおひさしブリーフ」[BARKSニュース]

8月11日に開催された<サマーソニック2013>のメイン・ステージにて、ゼブラヘッドと岡本夏生との異種サプライズ共演が実現した。
<サマーソニック>の史上最多出演アーティストとして通算7回目のパフォーマンスとなったゼブラヘッドだが、8月7日に発売されたばかりの7thアルバム『コール・ユア・フレンズ』からの表題シングル曲「コール・ユア・フレンズ」のパフォーマンスの直前で、ジャケット写真そのもののコスチュームで当然現れたのが岡本夏生だった。ラップ担当のアリが彼女をステージに迎え入れると、QVCマリン・フィールドに集まった3万人の観衆にどよめきが走った。
今回、2ndアルバム『プレイメイト・オブ・ザ・イヤー』以来久しぶりのセクシー・ジャケットを採用したことから、同じくらいグラマラスな女性と共にプロモーションを行いたいというバンドの意向を受け、岡本夏生にオファーしたところ、「彼らと共演できるのは私しかいない」と鼻息荒く快諾したのがきっかけだ。ゼブラヘッドは2011年のサマーソニックのステージでもダンディ坂野をゲストに招き、日本のファンを喜ばせている。
「日本で何か面白いことをやってやろうって画策しているところにあのプロポーションを見せられたらオファーを出さずにはいられないだろう。彼女の動画を見て、そのアグレッシブなユーモアにさらに心惹かれたよ」──マッティ
・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■ゼブラヘッド
http://www.sonymusic.co.jp/artist/Zebrahead/

ゼブラヘッド
『コール・ユア・フレンズ』
発売日:NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★ZebraHead(ゼブラヘッド)最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)


2013-08-15 17:41 この記事だけ表示

[BARKS] <エアロソニック>、「ママ・キン」でエアロスミスとB'z共演[BARKSニュース]

2013年4月26日に発表となった<エアロソニック>開催の第一報は、エアロスミスのファン、B'zファンはもとより、いわゆるロックファンの中でも大きな話題となるニュースだった。


この世界中のロックファンがうらやむダブル・ヘッドライナー・イベントが、8月8日ついに開催となった。会場のグッズ売り場は列の終わりが分からないほどの長蛇ができ、ダブルネームのオリジナルTシャツは、早々に売り切れとなってしまっていた。

まだまだ灼熱の夕刻、17:30きっかりにB'zが登場、<エアロソニック>の幕が開けた。オープニングは最新のベスト・アルバムに収録されている新曲「Q&A」で開演、ライヴ中盤では「裸足の女神」をセンターステージの先端で松本孝弘と稲葉浩志がオーディエンスを煽り、プレジャーツアーさながらのベストセレクションで全16曲を一気に駆け抜けた。


セットチェンジを終え、エアロスミスは「ドロー・ザ・ライン」からライブがスタート。最新アルバム『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!』からの「Oh Yeah(オー・イェー)」を含む全17曲を熱演。新旧織り交ぜたセットリストでオーディエンスを熱狂させた。

そしてライヴ中盤には<エアロソニック>ならではの、エアロスミスとB'zの共演の場がお目見えした。1stアルバム『野獣生誕』からの楽曲「Mama Kin(ママ・キン)」のパフォーマンスにて、松本稲葉がスティーヴン・タイラーによりステージ上に呼びこまれ共演、11年ぶりとなる奇跡のパフォーマンスの再現となった。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■AEROSMITH official link
http://www.aerosmith.com

Aerosmith(エアロスミス)
『ロック・フォー・ザ・ライジング・サン』
【DVD/日本語字幕付】
発売日: NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!


★Aerosmith(エアロスミス) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-08-15 17:26 この記事だけ表示

[BARKS] フリーのアンディ・フレイザー、42年ぶりの来日公演[BARKSニュース]

アンディ・フレイザーの実に42年ぶりとなる来日公演が決定、7月27日(土)よりチケット一般発売となる。会場は大阪、東京の2ヵ所、10月22日、24日に開催となる。

アンディ・フレイザーは、エリック・クラプトンやミック・テイラーらを輩出したジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに15歳で参加、16歳でフリーを結成、ベーシストとして時代を作り上げてきた重鎮だ。

今回は、アンディ自らがプロデュースする18歳のギタリスト&シンガー、トビー(TOBI)の参加も決定している。U2のラリー・マレン・ジュニアも「TOBI…甘いルックスに隠された、溢れんばかりの才能をライブで感じとってほしい。天才ギタリストの登場だ!」と大絶賛するトビーだけに、そのパフォーマンスが非常に楽しみだ。
アンディ・フレイザーは、近年においては東日本大震災へのチャリティ、幼児虐待防止キャンペーンへの参加などで社会活動にも積極的に参加、アーティストとしての活動とともに充実した生活を送っている。

■Andy Fraser featuring TOBI インタビュー&ライブ映像が到着!
・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■アンディ・フレイザー
http://www.andyfraser.com/

公演情報

2013/10/22(火) umeda AKASO (大阪)
2013/10/24(木) Shibuya O-EAST(東京)
[チケット情報はこちら]

アンディ・フレイザー
『アンディ・フレイザー・バンド 』
発売日:NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Andy Fraser(アンディ・フレイザー)最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)


2013-08-12 14:10 この記事だけ表示

[BARKS] ザ・ストライプス、デビュー・アルバムの発売日が決定[BARKSニュース]

ザ・ストライプスの待望のデビュー・アルバムの発売日が決定した。タイトルは『Snap Shot』。UKで9月9日、日本で9月11日にリリースされる。

セックス・ピストルズの『Never Mind The Bollocks(勝手にしやがれ!!)』やウイングスの『Back To The Egg』、プリテンダーズのセルフ・タイトル・デビュー作、デヴィッド・ギルモアの『On An Island』などで知られるクリス・トーマスがプロデュース。収録曲はまだ発表されていないが、日本盤にはボーナス・トラックが収録される予定。
彼らを見出したエルトン・ジョンをはじめ、ノエル・ギャラガーやポール・ウェラー、ジェフ・ベック、デイヴ・グロールらが注目するバンドのデビュー・アルバムは、ロック・シーンに新しい旋風を巻き起こしてくれるに違いない。
アルバム・リリース直後には、初の日本ツアーも予定されている。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

■THE STRYPES(ザストライプス) official link
http://www.universal-music.co.jp/the-strypes

公演情報

2013/10/8(火)、9(水) 恵比寿LIQUIDROOM(東京)
2013/10/10(木) Shibuya O-EAST(東京)<追加公演>
2013/10/15(火) DRUM Be-1(福岡)
2013/10/16(水) Umeda CLUB QUATTRO (大阪)
2013/10/17(木) Nagoya CLUB QUATTRO (愛知)
[チケット情報はこちら]

THE STRYPES(ザストライプス)
『スナップショット デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)』
発売日: 2013/9/11
>>ご購入はこちらから!

★THE STRYPES(ザストライプス) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-08-02 14:33 この記事だけ表示