来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS] Ne-Yo、「クローサー」に続く新曲登場[BARKSニュース]

ne-yo (ニーヨ)8月27日にリリースとなる3rdアルバム『イヤー・オブ・ザ・ジェントルマン』への期待が高まる中、UKチャートで1位を獲得した1stシングル「クローサー」に続き、最新シングル曲「ミス・インディペンデント(Miss Independent)」が到着した。

今作のプロデュースは「ソー・シック」「セクシー・ラヴ」「ビコーズ・オブ・ユー」などNe-Yoの楽曲の殆どを手掛けるスター・ゲイトで、ミッドテンポの美メロ・チューンに仕上がったもの。

オフィシャルの「Ne-Yo ニュースレター」登録者限定で、「ミス・インディペンデント」の試聴も開始され、今なら「Ne-Yo ニュースレター」の登録で10,000名限定PC用Ne-Yoオリジナル・スクリーンセーバーがプレゼントされる施策がスタートしている。


・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)



Ne-Yo の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS] 過去最多アーティスト出演<NANO-MUGEN FES. 2008>[BARKSニュース]

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが企画・主催する音楽フェスティバル<ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2008>が、7月20日(日)、21日(月・祝)の2日間にわたり横浜アリーナで開催された。

2003年の第1回から数えて7回目となる今回は、一昨年に続き、横浜アリーナでの2days公演となった。第1回目の会場はライヴハウス、新宿LOFT。その翌年の日本武道館を経て、2005年からは横浜アリーナでの開催と、年を追うごとに大型化。今年の観客動員数は2日間で26,000人と、アーティスト主導型のイベントとしては国内最大級のロック・フェスティバルに成長した。

出演アーティストは、Stereophonics、Third Eye Blind、ASHらビッグ・ネームを筆頭とした海外勢に、活動休止を表明したELLEGARDEN、盟友・ストレイテナー、若手注目株の筆頭・9mm Parabellum Bulletらの邦楽勢と、大充実のラインナップ。

アジカンは2日間ともトリで登場し、MCでは各出演アーティストへの感謝の言葉を述べ、洋楽アーティストの出演前にはアジカンのメンバーによる“前説”を挟むなど、ホストとしての役割も果たし、自分たちが“好きな音楽、良いと思う音楽”をオーディエンスにプレゼンテーションする場にもなっていた。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


NANO-MUGEN FES. 2008 の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS] コールドプレイ、狂熱のライヴ模様[BARKSニュース]

COLDPLAY (コールドプレイ)コールドプレイの北米ツアーが7月14日(月)、15日(火)両日のロサンゼルス公演を皮切りにスタートしたが、コールドプレイ日本オフィシャル・サイトにて、岡田敏一氏(産経新聞前ロサンゼルス支局長)による、熱い最新ライヴ・レポートと最新セット・リストが掲載されている。ステージ天井から巨大なボールがぶら下がっている?狂乱の観客?…1時間半の狂熱のライヴ模様を是非チェックを。

8月にはサマーソニック出演のため来日を果たすコールドプレイだが、ワールド・ツアーの好評判も後押しして、この夏の盛り上がりは記録的なものになりそうだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


コールドプレイ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS] ストロークス、ドラマーもソロ・デビュー[BARKSニュース]

ギタリスト(アルバート・ハモンドJr)に続き、ザ・ストロークスのドラマー、ファブリツィオ・モレッティもサイド・プロジェクトをスタート、この秋、デビュー・アルバムをリリースするそうだ。

Rollingstone.comによると、モレッティは彼のガール・フレンド、それにブラジルのインディ・バンドで活躍していたギタリスト、ロドリゴ・アマランテを加えた3人でアルバムをレコーディング中。秋にRough Tradeからリリースする予定だという。バンド名は、Little Joyになるらしい。サウンドは、アントニオ・カルロス・ジョビン(ブラジルの作曲家)、ビンス・ガラルディ(アメリカのジャズ・ミュージシャン)、60年代のウォール・オヴ・サウンドのガールズ・グループを彷彿されるものだという。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ストロークス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS] スリップノット、新マスクを公開[BARKSニュース]

SlipknoT (スリップノット)待望の4thアルバム『ALL HOPE IS GONE』を、8月20日(水)に日本先行リリースするスリップノット。6月20日にオフィシャル・サイトで実施されたアルバム表題曲「All Hope Is Gone」の24時間無料ダウンロード・キャンペーンでは、事前告知が無かったにも関わらずアクセスが殺到、回線がパンク寸前状態になり、その圧倒的な注目度と強い支持の力を見せつけた。

そんなスリップノットのシンボルでもあるグロテスクなマスクの新ヴァージョンが公開された。

実はこの新マスク、7月1日にspinner.comにて限定公開され、1日で800万PVという異例の数字を記録していた。そしてこのほどついに、ニュー・アルバムのジャケット写真とトラック・リストも、一般解禁となったものだ。

8月20日のCDリリースを待つ間、Maggots(註:スリップノット・ファンの総称)の皆さんは、先行配信中のアルバム表題曲「All Hope Is Gone」と、リード・トラック「Psychosocial」を聴いて期待に胸を膨らませていてほしい。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


スリップノット の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp