来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]アークティック・モンキーズ、さらなるサイド・プロジェクト[BARKSニュース]


Arctic Monkeys (アークティック・モンキーズ)レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズのフロントマン、ジョン・マクルーアがアークティック・モンキーズのドラマー、マット・ヘルダースやベイビー・シャンブルズのドリュー・マコーネル(B)と結成したサイド・プロジェクトMongrelのデビュー・アルバム『Better Than Heavy』が完成した。ラッパーLowkeyをフィーチャーした、ダブ/ヒップホップ色の濃いサウンドだという。

バンドには、2006年にアークティック・モンキーズを脱退したアンディ・ニコルソン(B)も参加している。マクルーアは「アンディが音楽の世界に戻ってきてくれて、よかった」とBBCに話している。「彼は素晴らしいミュージシャンだよ。これまで(アークティック・モンキーズ)とは違うタイプかもしれないが、彼の好きな音楽だ。それに彼とヘルダースがまた一緒にプレイするのを見るのもいいもんだ」

曲ではイラク戦争やアフガニスタンの紛争について触れているそうだ。マクルーアは「最近にはない闘争的な歌詞だ。いまのブリティッシュ・ミュージックは、あくびが出るほど退屈だ。ギター、首にひっかけてるミドル・クラスのインディ・ボーイズにはない、偉大なブリティッシュ・ミュージックを反映させるときがきたって思ったんだ」と話している。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


アークティック・モンキーズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]コールドプレイのメンバー、大好きなa-haとコラボ[BARKSニュース]

COLDPLAY (コールドプレイ)コールドプレイのべーシスト、ガイ・ベリーマンが、80年代に「Take On Me」を大ヒットさせたノルウェーのポップ・グループ、a-haのメンバーとコラボ、テレビ番組のテーマ・ソングを制作した。コールドプレイのメンバーはa-haの大ファン。クリス・マーティンはかつて、「初めて好きになったバンドがa-haだった」と話していたこともある。

ベイリーはa-haのマグネ・フルホルメン(キーボード)とデンマーク出身のバンドMEWのヨーナス・ブジューリと共にバンドApparatjikを結成し、来週、BBC2でスタートする『Amazon』のエンディング・テーマ「Ferreting」を制作したという。『Amazon』は英国のTVプレゼンター、ブルース・パリーがアマゾンのジャングルを訪れる旅行番組。9月22日からスタートする。

10月には、このトラックが収録されたサウンドトラック・アルバム『Amazon Tribe - Songs For Survival」がリリースされる(UKのiTuneではすでに販売をスタート)。「Ferreting」でスタートするサントラには、KTタンストールザ・ゴー!チームレイザーライトのジョニー・ボレルのトラックも収録されている。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


コールドプレイの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]“聴くだけで涙が溢れてくる声”ジャスティン・ノヅカ、日本デビュー[BARKSニュース]

聴くだけで、涙が溢れてくる“声”がある。

カナダから、素晴らしいシンガー・ソングライターが登場した。彼の名前はジャスティン・ノヅカ。アート・スクールを卒業したばかりの19歳だ。

1988年ニューヨークにて、アメリカ人の母と日本人の父の間に生まれたが、3歳のときに両親が離婚。その後、母の手で育てられた彼は、8歳のときにカナダはトロントに移住し、以後、カナダにて成長する。すでに音楽の仕事に携わっていた兄弟の影響もあり、12歳で曲を書き始め、徐々に才能を開花し始めるが、あるソングライター・ワークショップにてプロのアーティストに見いだされ、メジャー・レコード会社との契約を勧められたところ、「自分のレコードは自分自身で、自分の意思で作りたい」と、オファーを拒否。

こうして17歳のときにレコーディングされたデビュー・アルバム『HOLLY』は、カナダではマネージメント兼インディー・レーベル“Coalition Entertainment”(Simple Planのマネージメントでもある)より発売された。2007年にはイギリスを含むヨーロッパにて、Outcaste Recordingより紹介され、2008年4月には北米デビューした。

そしてこの夏、父の故郷であり、自身にとっても“心の故郷”である日本デビューに先駆け、“アーティスト”として初のプロモーション来日を果たし、<FUJI ROCK FESTIVAL '08>に出演。「僕の体には、日本の血が流れている。でもまだ、ぼくは日本を知らないんだ…」と語っていたジャスティンは、「少しずつ、日本を学んでいきたい」と、下北沢での日本人アーティストのイベントに飛び込み参加をするなど、積極的に日本人とのコミュニケーションにつとめた。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ジャスティン・ノヅカの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS] ローディ、新コスチュームで日本襲来[BARKSニュース]

Lordi (ローディ)ローディのメンバーであるMr.ローディとキタが、10月29日に日本リリースとなる最新アルバム『デッドエイク』を引っさげて来日。ファンとの交流を深めるため、東京・高田馬場 ESP学園でファン・ミーティング・イベントを開催した。イベントには、全国各地から下は3歳から上は60歳までという幅広い世代のファンが大集結となった。

イベントでは、新作からの先行試聴や来春DVDリリース予定のローディ初の映画作品「DARK FLOORS(原題)」の予告編映像を本邦初公開するなど、プレミアムな内容に、集まった応募当選者200名のテンションもヒート・アップ、Mr.ローディ&キタが会場に呼び込まれると、割れんばかりの歓声が沸き起こり、場内の熱気も最高潮に。

今回、より強調されたリアルなモンスター的質感と高い完成度を見せつけ、大いに会場を沸かせた新コスチュームが世界初披露されると同時に、特別企画として<6人目のローディを探せ!コスチューム・コンテスト>を実施。メイクや気ぐるみなど思い思いのコスプレをして来場してくれたファンの中から、Mr.ローディ&キタが優勝者を選定するという内容だ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ローディ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS] ビヨンセ、11月にニュー・アルバムをリリース[BARKSニュース]

Beyonce (ビヨンセ)ビヨンセの新作が11月にリリースされることが明らかになった。2006年の『B-Day』以来3枚のソロ・アルバムとなる。

新作(『Queen B!』とのタイトルになるとも噂されているが、まだ正式には発表されていない)は11月18日にMusic World Music/Columbiaよりリリースされるという(米国発売)。日本は1週間先行の11月12日にリリースとなる。また、シングル「If I Were A Boy/イフ・アイ・ワー・ア・ボーイ」「Single Ladies」が10月7日からラジオで解禁されるそうだ。日本ではファースト・シングル「イフ・アイ・ワー・ア・ボーイ」が10月1日午前5時より着うた(R)の先行配信が開始される。

Billboard.comによると、ビヨンセが全トラックを共作/共プロデュースしているという。ジャスティン・ティンバーレイクとのコラボもあるらしいが、詳細はまだ発表されていない。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ビヨンセ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp