来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]メタリカ「ギター・ヒーローとはパーフェクトな組み合わせ」[BARKSニュース]

Metallica

2009年、ミュージック・ゲーム『Guitar Hero』でメタリカ・スペシャル・ヴァージョンが発売されるが、メンバーはこのコラボに同意するのに「12秒」しかかからず「メタリカとギター・ヒーローはパーフェクトな結婚だ」と大満足している。

METALLICA (メタリカ)
バンドのオフィシャル・サイトMetallica.comによると、「メタリカ版ギター・ヒーローは2009年の上半期(?)にリリースされる」予定で、 1つの楽器、もしくはフル・バンド・モードでメタリカのトラック(28曲)をプレイできるという。メタリカのほか、アリス・イン・チェインズ、フー・ファイターズ、スレイヤーなどの曲もいくつか入るそうだ。曲選び、グラフィック、ストーリー・ラインの制作全てに関わったというラーズ・ウルリッヒ(Dr)は、BBCにこう話した。「ギター・ヒーローっていったら、ギター、リフ、ヘッドバンギングだろ。メタリカについても同様のことを言われる。メタリカとギター・ヒーローはパーフェクトな結婚だと思うね」

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


メタリカ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]大島渚監督「マックス、モン・アムール」のサントラ登場[BARKSニュース]

Michel Portal

「戦場のメリークリスマスに続く、1986年の大島渚監督作品「マックス、モン・アムール」の映画音楽が世界初解禁となり、iTunesで配信が開始となった。

クラシックとジャズを行き来するマエストロ、ミシェル・ポルタルによる印象深い旋律と洗練されたサウンドは、大島渚ファンはもちろん、音楽&映画ファンにも訴えかける質の高いもの。

一曲目には劇中、シャーロット・ランプリング扮するマーガレットが口ずさむハミングの入ったテーマ、その他フルートやクラリネット、シンセサイザーなど各
楽器をフィーチャーしたテーマが納められており、ミシェル特有のフリージャズの要素や、日本人をイメージして作られた繊細ながら印象深いサウンドで、この
映画のショッキングで滑稽にうつりがちなテーマを、さらりと自然にどこかお洒落に映し出している。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ミシェル・ポルタル の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]ジョニー・マー「ザ・スミスの再結成はない」[BARKSニュース]

THE SMITHS

最近、モリッシーとジョニー・マーの関係が修復し、ザ・スミスのリユニオンへ向けて動き出したとの噂が流れていたが、マーによりあっさり否定されてしまった。

噂が流れた直後BBC 6ミュージックに出演した彼は「ああ…、そうなんだ…、(リユニオンについては)あんまり考えたことない」と答えたのみだったが、その後、NMEに「スミスのリユニオンについて出回ってる話は、いつものごとく、事実ではない」との声明を送り、完全否定したという。マーは現在、新加入したザ・クリブスの活動に「エキサイティング」しており、「過去に戻る計画はない」そうだ。

マーは最近、ちょっとだけ過去に戻る機会があった。11月リリースされたザ・スミスのコンピレーション・アルバム『The Sound Of The Smiths』のマスタリングを監修したのだ。ザ・スミスのコンピレーション・アルバムはこれまでにも何枚かリリースされているが、マーはサウンド的に「ハッピーではなかった」という。今回は関与できて、バンドにとってもファンにとってもよかったとBBC 6ミュージックに話している。「俺がやる必要はなかった。どうせリリースされることになってたし。でも、それじゃあバンドやレコードを買ってくれる人々に対してヒドイって思ったんだ」「これまでこの手のアルバムは何枚も出てきたが、俺はサウンド的に満足してなかったんだ。だから、手を貸すことにしたんだ。仕上がりには満足してるよ」

また同アルバムのタイトルはモリッシーが付けており、これまでと違いメンバー公認のコンピレーション・アルバムとなったようだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ザ・スミス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]マニ「2009年はストーン・ローゼズのリユニオンに最適」[BARKSニュース]

The Stone Roses

ストーン・ローゼズのべーシスト、マニが、2009年はストーン・ローゼズを再結成するのに最適な年だと話した。2009年はセルフ・タイトル・デビュー・アルバムのリリース20周年記念となる。

マニによると、彼、ジョン・スクワイア(G)、レニ(D)の3人はリユニオンに乗り気で、これまで頑として首を縦に振らなかったフロントマンのイアン・ブラウンも態度を軟化してきたという。

彼はインターネットTV、Channelbeeにこう話したという。「俺もジョンもレニも乗り気だ。イアンにはちょっとした説得が必要だがな。2009年は1stの20周年記念だ。やるには最適だ。俺は、みんなが太って禿げる前にやりたいんだよ。キャンペーン、スタートしてくれ」

イアンとジョンは、ジョンがバンドを脱退した1996年より口をきいていない。頑固者のイアンは、ジョンのほうから歩み寄るべきだと考えており、再結成はイアンというよりジョン次第と言うべきか。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ストーン・ローゼス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]シャルル・アズナヴール、トップスタートデュエット・アルバム[BARKSニュース]

Charles Aznavour

フランス、そして世界の頂点に立つシャンソン歌手、シャルル・アズナヴール(84歳)が、12月17日にデュエット・アルバム『ふたりの奇跡/DUOS』をリリースする。

2枚組全28曲が収録されたこのアルバムは、全曲がアズナヴールと世界を代表するスーパースターとのデュエット曲となっている。そして何よりデュエットをしているアーティストの顔ぶれがすごい。セリーヌ・ディオン、フリオ・イグレシアス、エルトン・ジョン、スティング、ジョシュ・グローバン、キャロル・キング、エディット・ピアフ、ディーン・マーティン…、何はともあれアズナヴールだからこそ実現できた豪華なメンバーがずらりと揃っている。

実現不可能とまで囁かれた参加アーティスト群だが、やはりなによりもアズナヴールが音楽業界に与えた功績に対するリスペクトがここまでのアーティストを引き寄せた。例えばセリーヌ・ディオン。「君と私」を共演した彼女は幼い頃からシャルル・アズナヴールの大ファンという。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]
(BARKSサイトへ)


ビヨンセ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp