来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]ブラック・アイド・ピーズ、ファーギーが黒髪ストレートにっ![BARKSニュース]

Black Eyed Peas

世界に先駆け、日本では2009年6月3日に先行発売されるニュー・アルバム『The E.N.D.』。発売が待ち遠しくしてしかたないところだが、彼らの最新アーティスト写真が到着。おぉ、ファーギーが黒髪のロング・ストレートにっ。3月中旬に行なわれた、ニュー・シングル「ブン・ブン・パウ」のPV撮影もファーギーは黒髪で行なったようなので、これも気になるところ。

ブラック・アイド・ピーズは5月30日(土)に埼玉スーパーアリーナで行われる<MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2009>にライヴ・パフォーマンス出演も決定しており、「ブン・ブン・パウ」のパフォーマンスも見せてくれることだろう。

「ブン・ブン・パウ」の着うたは4月1日から発売が開始されたが、US iTunesでは一足お先の3月30日に配信がスタートし貫禄のNo.1をさくっと獲得、相変わらずのブラック・アイド・ピーズ人気を見せ付けている。そんな作品をも含む、かれこれ4年振りとなるニュー・アルバム『The E.N.D.』。そのタイトルに込められたメンバーの想いとは何なのか…。前回では『エネルギッシュ・ニュー・ダイナマイト』だの『エコロジカル・ニコニコ・ダウンロード』だのダサいボケをかましてしまったが、『The Energy Never Die』という普遍的とも言えるキーワードを備えたニューアルバム、世界中で話題になることは間違いない。

 
・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


ブラック・アイド・ピーズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[BARKS]ケアリイ・レイシェル、ハワイを代表するアーティストがライヴ演奏曲を公募[BARKSニュース]

Keali'i Reichel

美しい歌声とメロディで多くの人を魅了し続けるハワイアン・アーティスト、ケアリイ・レイシェルが、2009年9月から東京、神奈川、大阪の計4ヵ所で行なわれるライヴ・ツアー<クカヒ>コンサートの演奏曲をファンから募集するという企画を実施することになった。さらに、2009年夏には募集した楽曲をもとに、来日記念盤がリリースされる。

 
Keali'i Reichel (ケアリイ・レイシェル)

ケアリイ・レイシェルは1995年にデビューし、デビュー作「カワイプナヘレ」がマドンナを抜いてNo.1を獲得するなど、数多くいるハワイアン・アーティストの中でもダントツの知名度とCDセールスを誇り、毎年行なわれているライヴ・ツアー<クカヒ>はチケットが入手困難な会場もあるなど、老若男女に愛されているアーティスト。

数年前、auのCMにも使用された曲「カ・ノホナ・ピリ・カイ」をご存知の人も多いだろう。BEGINの名曲「涙そうそう」にハワイ語の歌詞をつけたこの曲は日本でたちまち大ヒットし、CMで流れるその穏やかな空気に多くの人々が癒されたのは記憶に新しい。

 
・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケライブスケジュール

■09/09/01(火) 神奈川県民ホール 大ホール (神奈川)
■09/09/03(木) 昭和女子大学 人見記念講堂 (東京)
■09/09/05(土) 日比谷野外音楽堂 (東京)
■09/09/06(日) 大阪城野外音楽堂 (大阪)

 

チケットTickets
[お申込みはこちら]


地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/kealiireichel


ケアリイ・レイシェル の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[BARKS]レディオヘッド、コレクターズ・エディション発売開始[BARKSニュース]

Radiohead

4月1日、レディオヘッドの<コレクターズ・エディション>と<スペシャル・エディション>が各3作品発売となった。

<コレクターズ・エディション>は、オリジナルCDにボーナス・ディスクが付属したCD2枚組。貴重なアルバム未収録曲が多数収録されたコレクターズアイテムだ。初回限定生産の<スペシャル・エディション>はさらにDVDが付く。当時TV出演した時のパフォーマンス映像など貴重映像が満載の必携アイテムだ。豪華BOX仕様、オリジナル・ポストカード入りと、限定生産ならではの特典も充実している。

今回発売されたのは、永遠の名曲「クリープ」を含む1stアルバム『パブロ・ハニー』、世界中を虜にした2ndアルバム『ザ・ベンズ』、そして20世紀のロック史に輝く金字塔、3rdアルバム『OKコンピューター』の初期〜中期の超名盤3作品。

レディオヘッド初のコレクターズ&スペシャル・エディション発売を記念して、レディオヘッド特設サイトでは、クイズに答えると限定壁紙が手に入る「レディオヘッド・クイズ」が開始された。3週にわたり実施され、週間で出題範囲と特典が変わる催しだ。

 
・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


レディオヘッド の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[BARKS]マニック・ストリート・プリーチャーズ、新作でリッチーの詞を[BARKSニュース]

Manic Street Preachers

マニック・ストリート・プリーチャーズは、ニュー・アルバムで、1995年に失踪したバンドメイト、リッチー・ジェームスの残した詞を使用しているそうだ。ようやく、その準備ができたという。

フロントマンのジェームス・ディーン・ブラッドフィールドはXFMでこう話した。「ずっと、この詞に取り組んだり使おうなんて気は起きなかった。準備ができてなかったんだ。でも時が経ち、使ってもいいんじゃないかって気になり始めた。長いこと、俺とニッキー(・ワイヤー/B)は畏敬の念を持って詞をながめてた。でも、ようやく2年前、準備はできた、やれるんじゃないかって思い始めたんだ」

 
リッチーの詞を「正当に取り扱わなくてはいけない」というプレッシャーはあったものの、リッチーの詞が加わることで「フル・バンドに戻れた」ような気がしたという。「スタジオに入った途端、全員が揃ったような気がした。彼(リッチー)がまた、同じ部屋にいるような気がね」
 


・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


マニック・ストリート・プリーチャーズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[BARKS]ランシド、6年ぶりとなるニュー・アルバム登場[BARKSニュース]

Rancid

「WE DIDN'T CHOOSE PUNK, PUNK CHOOSE US」…なかなか言えませんよ、このセリフは。

まさに“PUNKに選ばれたカリスマ”ランシドが、新ドラマーを迎え6年ぶりとなるニュー・アルバムを6月3日に全世界同時発売する。7thアルバムとなる新作は『LET THE DOMINOES FALL / レット・ザ・ドミノズ・フォール』と名付けられた。


ジョージ・ルーカスが所有するスカイウォーカー・サウンド・スタジオでレコーディングされた本作は、前作同様ブレット・ガーウィッツがプロデュース。ご存知、エピタフ・レーベル・オーナー兼バッド・レリジョンのギタリストである盟友だ。

ランシドがベストを尽くすために、オレ達ファミリーは集結した」とティム・アームストロング(Vo、G)は語っている。「全員でひとつのチームとなって、このアルバムのあらゆる面に取り組んだ。その結果、7作目にしてオレ自身一番好きな作品に仕上がった」

昨今の経済破綻やイラク戦争など、現代社会に深く突き刺さるリアルなメッセージに満ち溢れた計19曲に、日本盤はさらにボーナス・トラックを1曲追加。サプライズなスペシャル・ゲストとして、ブッカーT.ジョーンズがハモンドオルガン“B3”で「Up To No Good」に参加、また、ランシドを長年撮り続け、バンドが最も信頼しているカメラマンの一人である邦フォトグラファー、Mitch Ikeda氏による、ランシド史上初の“バンド・メンバー写真”が使われたジャケット・カヴァーも要注目だ。

 

2009年6月3日 全世界同時発売
『LET THE DOMINOES FALL / レット・ザ・ドミノズ・フォール』
1. East Bay Night
2. This Place
3. Up To No Good
4. Last One To Die ※1stシングル
5. Disconnected
6. I Ain't Worried
7. Damnation
8. New Orleans
9. Civilian Ways
10. The Bravest Kids
11. Skull City
12. L.A. River
13. Lulu
14. Dominoes Fall
15. Liberty and Freedom
16. You Want It, You Got It
17. Locomotive
18. That's Just The Way It Is Now
19. The Highway
※日本盤はこの他にボーナス・トラック1曲収録


・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


ランシド の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp