来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]ハワイの音楽賞を受賞した、おしゃれなテレサ・ブライト作品[BARKSニュース]

Teresa Bright

梅雨真っ只中ではあるものの、灼熱の太陽、輝く日差し…夏はもうすぐそこまでやってきている。そんな待ち遠しい季節にぴったりな、ステキな作品をひとつ紹介したい。6月25日にリリースとなるテレサ・ブライトの『スウィート・ハワイアン・ラプソディ』だ。
テレサ・ブライトは、ハワイでは80年代から活躍し数々の賞を獲得するなど既に不動の人気を得ていたが、日本では90年代に彼女が歌ったJALやサッポロ・ビールのCMソングがヒットしたことで一躍有名になったシンガーだ。小野リサ、ゴンチチの作品やコンサートで彼女を知る人も多いだろう。
ヒーリング・ヴォイスと言われるその優しく穏やかで暖かい歌声は今も健在で、関口宏が彼女の声に惚れてハワイにまで会いに行ったことはTVでも紹介されたところ。

そんな彼女の新作『スウィート・ハワイアン・ラプソディ』は、日本人のピーター・ホンマ(本間泰樹)が企画し、テレサ・ブライトと共にプロデュースした作品で、「アロハ・オエ」「ブルー・ハワイ」「星のレイ」といった永遠のスタンダードナンバーを、ハワイの一流ミュージシャンのジャジーでお洒落な演奏で料理、そこにテレサが見事に歌い上げているという珠玉の一作である。

日本発の『スウィート・ハワイアン・ラプソディ』だが、実は、2009年で32回目を迎えたハワイ最大の音楽賞<ナ・ホク・ハノハノ・アワード>ジャズ部門で見事最優秀賞に輝くという偉業を達成、6月9日にシェラトン・ワイキキ・ホテルでそのアワードが発表となったところなのだ。

レコーディングはハワイで行われたものだが、日本人の企画・プロデュースによる日本制作のアルバムがハワイの<ナ・ホク・ハノハノ・アワード>を受賞したのは史上初のこと。ちなみにピーター・ホンマは、2007年に自身の企画・プロデュースによるアルバム『ハワイナワ / テレサ・ブライト』でハワイ1位を獲得するキャリアの持ち主。このアルバムは、沖縄の民謡やポップスをハワイ語と日本語で歌った画期的なハワイアン作品であった。

夏を乗り切るのに気持ちよい音楽は様々あれど、気持ちがゆったりとし、暑いながらに爽やかな心持にしてくれる穏やかおしゃれサウンドは、ありそうでないんですよね。いかがですか?オフィシャルサイトでは全曲試聴も用意されているので、是非チェックを。


・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


テレサ・ブライト の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]“テノリオン使いのシンデレラ”、リトル・ブーツがキュートに1位[BARKSニュース]

LITTLE BOOTS

ティニーシャ・ケリーやナディア・オーなど、昨今、キュートでセクシーな女の子たちが着うた(R)チャートを中心に注目を集めているが、またひとり、キュートな女の子が着うた(R)チャートを騒がせている。その娘の名前は、リトル・ブーツ

2009年、出身地イギリス発で世界中を騒がせはじめているエレクトロ・ポップ系新人アーティスト、リトル・ブーツ。彼女の5月27日より配信になった楽曲「ニュー・イン・タウン」が、music.jp洋楽の着うたフルチャート(5/29付・デイリー)にて1位を獲得した。しかもあのグリーン・デイの超話題曲「ノウ・ユア・エナミー」と同率で(ただしグリーン・デイは2009年4月22日配信開始)。デイリーチャートとはいえ、新人アーティストとしては素晴らしい結果ではないだろうか。

Little Boots (リトル・ブーツ)リトル・ブーツは、そもそも女の子3人組グループDEAD DISCOのメンバー。ソロに転向し、1年程前、YouTubeでヤマハの電子楽器「テノリオン」を使い、ベッドルームで自作の曲やユニークなカヴァー曲をキュートに演奏している映像から火がつきメジャーデビューという、“テノリオン使いのシンデレラガール”だ。

ただ、Webで生まれたこの新人女性ミュージシャンに対して、英BBCが、その年にブレイクしそうな新人アーティストをランキング形式で発表する「Sound Of BBC 2009」で、リトル・ブーツにダントツの1位という栄冠をあたえていたのは以前お伝えしていた通り。デボラ・ハリーの再来、ポスト・マドンナ…と、その期待値は非常に高く、最も高い注目を集めている女性アーティストのひとりである


アルバムリリースも海外ではまもなく、日本でも7月8日リリースの予定だ。一足お先にレディー・ガガ旋風が吹き、ラ・ルーへの注目が集まっている中、遂にお待ちかねリトル・ブーツの登場というわけだ。世界的大ヒット、断言します。


・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

LITTLE BOOTS 出演
★SUMMER SONIC 09★

■09/8/7(金)、8(土)、9(日)
東京会場:千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞州サマーソニック大阪特設会場

チケットTickets
[PC]
[携帯]


リトル・ブーツ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp



[BARKS]アークティック・モンキーズ、新作『Humbug』は日本先行発売[BARKSニュース]

arctic monkeys

アークティック・モンキーズの新作アルバム『Humbug』が8月24日(月)にUKリリースされる。それに先駆け、日本では2009年8月19日に世界先行発売となることが明らかとなった。日本に生まれてよかったーっ。

また、全10曲入りのアルバムだが、日本盤のみボーナストラックの収録予定もあるとのこと。

そしてさらに、待望の再来日も10月に決定した模様だ。詳細はまだ未定だが、新作を引っさげての充実のパフォーマンスをたっぷりと楽しむことが出来るだろう。また楽しみがひとつ増えた。

Arctic Monkeys 『Humbug(ハムバグ)』
2009年8月19日 日本先行発売
HSE-10090 2,490円(税込)
1.My Propeller
2.Crying Lightning
3.Dangerous Animals
4.Secret Door
5.Potion Approaching
6.Fire And The Thud
7.Cornerstone
8.Dance Little Liar
9.Pretty Visitors
10.The Jeweller's Hands
※ボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)


・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


アークティック・モンキーズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]オアシス VS 「NME」?[BARKSニュース]

Oasis

オアシスのノエル・ギャラガーが「NME」に憤慨、「NME」のジャーナリストに対しオアシスのコンサート立ち入り禁止令を発した。

OASIS (オアシス)ことの発端は、オアシスのスタジアム・ツアーのオープニング・サポートを務めるジ・エネミーのフロントマン、トム・クラークが「ノエルはもう(オアシスを)やる必要がないと思う。好きでやってるだけだ。それって理想だよ。そういうとき、やりとげたって言えるんだ」と話したとの「The Sun」のインタビュー記事。これを「オアシスは終わった」という意味に解釈したファンもいたようで、リアム・ギャラガー自身、Twitter.comにてクラークを批判するコメントを発していた。

これだけ見ると「NME」が攻撃されるいわれはないわけだが、ノエルの見解は違った。一連の経緯を追った「NME」が、両バンドの関係を悪化させようとしたと感じたようだ。彼は6月4日ブログにこう記している。「NMEが、ツアーを前にバンド(オアシスのジ・エネミー)の間に子供じみた意味のないケンカを勃発させようとした。ワーキング・クラスとそのヒーローの間になんかあるわけがない」

「もし俺個人がギグでNMEのイタチを見かけたら(ないとは思うが)、そいつらは外に出るよう誘導される。いやむしろ、君たちに頼みがある。もしNMEのジャーナリストを見たら(あいつらを探し出すのは簡単だ。関係者席から離れず、ものすごい服を着てる――とくに靴がな――ヒドイ髪型で“襲ってくれ”って雰囲気が漂っている)、俺の代わりに耳のあたりを引っぱたいて、行動を慎めって言ってくれ」

現在のところ、「NME」側からのこの記述に対しコメントは発せられていない。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


★OASIS出演
FUJI ROCK FESTIVAL '09

■09/07/24(金)、25(土)、26(日) 苗場スキー場(新潟)

チケットTickets
[PC][携帯]


オアシス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]カサビアン、サージが新作を大いに語る[BARKSニュース]

KASABIAN

6/3(水)に最新アルバム『ルナティック・アサイラム』を発売したカサビアン。8/5には超プレミアムなライヴ・イベントを開催することをお知らせしたばかりだが、彼らからのメッセージ映像とインタビュー・テキストが到着している。これをバッチリ紹介しておこう。アルバムを目いっぱい楽しむことの大きな助けになるはずだ。ちなみに、インタビューはすべてサージ(セルジオ・ピッツオーノ)が答えている。

KASABIAN (カサビアン)

──3年ぶりのアルバムですが、この3年間はバンドにとってどんな3年間でしたか?

サージ:15回くらい世界中を回ってたよ。2008年にツアーが終わったので、数ヶ月オフを取って3月にデモのレコーディングを始めたんだ。その間、夏のツアーがあって9月にアルバム・レコーディングの総仕上げをしにサンフランシスコにも行った。そして12月にやっとマスタリングが終わったんだ。結局9ヶ月くらいで終わったかな。そんなに悪くなかったね。1枚目と2枚目のアルバムの間はほとんどオフがなかったし、4年間ツアーで世界中をまわりっぱなしだったから、本当に休息が必要だった。庭の手入れとかしたかったしね。

──3年間で複数回来日してますが、そんな日本のヴァイブレーションは今回のアルバムに反映されてますか?

サージ:具体的には反映されていないかもしれないけど…。渋谷の夜の喧騒やネオンの色合いはとても印象的だった。たとえば、アンダードッグの中間部分の混沌とした感じは、渋谷の喧騒と似てるかもしれないな。あと富士山はすごかった。あんな場所、今まで行ったことがないよ。異様な雰囲気だったね。フェスといえば、<フジロック>に出演している間中、ずっと変な耳鳴りがしてたんだ。どこから聞こえてくるのかわからないけど、すごい変な感じだったよ。時差ボケのせいかな。

──今回作曲するにあたって重点を置いたことはありますか?

サージ:どこからともなく曲が降りてきた感じだったからね。キース・リチャーズがよく言ってたよ、“自分はアンテナで曲を受信するだけだ”って。本当にそんな感じだった。普段からいろんな音楽を聴いて、自分を刺激したり、いろんなものを吸収してビートだったりサウンドだったり、ギターを弾いたりとにかく自分の部屋で音を出してた。特に計画みたいなものはなかったんだよ。曲は自然に完成に向かっていった。アレンジとかプロデュースは、作る過程で決めていく。でも、曲ごとの方向性があるから、例えば「ファスト・フューズ」は、はじめにメロディーと歌詞をギター弾きながら作ってんだけど、そのときから“ディック・デール風の楽曲にしたい”って曲が訴えてたんだよ。そんな風に曲ごとに方向性を決めていったんだ。

──前作と比較してユニークなプロセスで出来た曲はありましたか?

サージ:う〜ん、小さな部屋で機材をいじりながら書き上げたからね。例えば7曲目の「ウエスト・ライダー・シルバー・ブレット」では初めてのデュエットだったし、セルジュ・ゲンスブール的なものをイメージして作ったものなんだ。前作と違うっていえばこの曲かな。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

KASABIAN 出演
★SUMMER SONIC 09★

■09/8/7(金)、8(土)、9(日)
東京会場:千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞州サマーソニック大阪特設会場

チケットTickets
[PC]
[携帯]


カサビアン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp