来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]オリアンティ、「PRS? 身体の一部みたいなものね」[BARKSニュース]

オリアンティ、「PRS? 身体の一部みたいなものね」

サウス・オーストラリアのアデレードで生まれたオリアンティは、6歳の時に初めてギターを手にした。ギタリストの父を持つ彼女にとって、ギターを手にとるのは必然。「とにかくプレイしてるだけで、凄くハッピーになれるの」と、彼女はギターが手放せなくなった。

マイケル&オリアンティ.jpg
<オリアンティ:写真左>

生まれて初めて前座を行なったのはスティーヴ・ヴァイのステージ、なんと15歳の時だ。18歳の時にはサンタナとジャムを行ない、飛び入りでサンタナのステージに上がっている。その時のショウの模様が収められたDVDを、サンタナがポール・リード・スミスに見せたのだという。これがオリアンティとPRSとの出会いだ。ポール・リード・スミスはそれを観てすぐにオリアンティをLAに呼び、NAMMショウでプレイするよう段取りをつけた。それから彼女の素晴らしいキャリアが加速していく。

オリアンティはPRSのギターを11歳から弾いてきた。

 「PRSのギターはとにかく触り心地がよくて柔軟性もあって、ワインのように使えば使うほど熟成してきていい音になるの。今、特にお気に入りのPRSは3本あるんだけど、ひとつは6年くらい前から弾いているカスタム22で、これはもうギターというより身体の一部みたいなものね。もう1本は赤いカスタム24で、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の中でも使っているPRS。そしてもう1本が、アルバム『ビリーヴ』のジャケットに写っているスワロフスキーのPRS。どれもすごくいい音よ。」

CUSTOM22、CUSTOM24、SE…と様々なPRSを愛用する彼女だが、やはり、目を引くのはスワロフスキーで全面埋め尽くされたブルーのCUSTOM24だろう。このギターは、マイケルジャクソンのツアー<THIS IS IT>で使用するために作られたものだ。当初「クリスタルを貼るよ」と言われ、どこかに飾りで貼ってくれるのかなと思っていたものの、全面スワロフスキーで埋め尽くされたその出来上がりを見てびっくり、ものすごくうれしかったという。

「みんなに自慢しまくっちゃったわ(笑)。ひとつひとつが光を反射してとてもきれいな効果を生むの。だから、今回のアルバムのジャケットに絶対使いたかった。このギターも永遠に一生大事にするわ。」

 そんなPRSを抱え『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の中でも、彼女のプレイはフューチャーされているが、そこで聴けるサウンドは、十分にドライブし切ったぶっとくも粘りのある深い歪みのもの。彼女の愛用アンプはエングルのスティーブ・モーズ・モデル。歪みもクリーンもはっきりしていて、ノイズゲートもよくできており「PRSとの相性は抜群よ」と、彼女はべたぼれのようだ。<THIS IS IT>のリハでは、SAVAGE 120と並行して使用している。

サンタナのプレイを自らのルーツとするオリアンティだが、「あなたの理想とするサウンドはどのようなものか?好きなサウンドが聴けるアルバムは?」との質問に、サンタナのDVD『Sacred Fire - Live in South America』を例に挙げてくれた。「これを聴いてもらえれば、私の求めているものがわかると思うわ。」

マイケル・ジャクソンのツアー<THIS IS IT>で脚光を浴びたことで、世界中の女性ギタリストに改めて夢と希望を与えたオリアンティだが、最後に女性ギタリストに向けメッセージを寄せてくれた。

「とにかく言いたいのは、絶対にあきらめないでねということなの。ギターを弾くというのは男の世界と思われているけれど、でも逆を考えてみて。バレリーナは女の世界と思われているけど、世界には男性のバレリーナもたくさんいて、成功を収め美しい踊りを見せてくれているダンサーは世界中にたくさんいるわ。それの逆ね。女性のギタリストにもできることはたくさんあるの。パッションを持って、夢をもって追い続けていくことが一番大事よ。キープオン!」

1月27日にリリースされた『ビリーブ』は、ギタリストとしての自分のみならず、ソングライターとして、シンガーとして、コマーシャルなものを作り上げるために、バランスの取れた作品にしたかったというオリアンティ。「確かに曲も書いてギターも弾いて歌ってというのは忙しいけど、ステージに上がって自分で作った曲を歌ってギターを弾くのは楽しいわ。自分ですべてできることに興奮しているの」と、『ビリーブ』への手応えも存分に感じている。

『ビリーヴ』
オリアンティ
2010年1月27日 発売 (US発売:2010年10月28日)
初回生産限定盤 ¥1,980 (税込)
通常盤 ¥2,200(税込)

>>ご予約・ご購入はこちら!



・・・つづきはこちら
[
PC] [携帯]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/orianthi

★オリアンティ 最新情報をお届けします★
オリアンティ を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
オリアンティをお気に入り登録する


オリアンティ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]ハイチ支援、Q・ジョーンズとL・リッチーが”We Are The World”をリメイク!![BARKSニュース]

ハイチ支援、Q・ジョーンズとL・リッチーが”We Are The World”をリメイク!!
アフリカの飢餓救済のために豪華アーティストが結集し、1985年に発表された伝説的チャリティ・ソング"We Are The World"を、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)とライオネル・リッチー(Lionel Richie)の2人がハイチ大地震の被災者支援のためにリメイクすることが分かった。

そもそもこのリメイクは、今年が"We Are The World"の25周年にあたることを記念して今月28日にレコーディングが企画されていたものだが、今月起こったハイチ大地震のためにハイチ救済のプロジェクトに変更された。来月1日にロサンジェルスのNokia Theaterでイベントが予定されており、アッシャー(Usher)、ジョン・レジェンド(John Legend)、ナタリー・コール(Natalie Cole)の参加が既に報じられているほか、アリシア・キーズ(Alicia Keys)、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)、スティング(Sting)、ファーギー(Fergie)らの名前も挙がっている。オリジナル版同様にビデオ撮影がされ、シングルとしてもリリースされるという。同イベントはグラミー賞授賞式のプロデューサーであるケン・エールリッヒ(Ken Ehrlich)が手がけており、前日の1月31日に開かれる第52回グラミー賞授賞式に出席するアーティストの参加も期待できそうだ。

"We Are The World"は、故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)とライオネル・リッチーが共作し、クインシー・ジョーンズとマイケル・オマーティン(Michael Omartian)がプロデュースした曲。2009年までに6300万ドル以上を売り上げ、そのうち90%がアフリカの飢餓救済に当てられたという。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/lionelrichie

ライオネル・リッチー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]シカゴのロバート・ラム、緊急公開インタビュー開催[BARKSニュース]

シカゴのロバート・ラム、緊急公開インタビュー開催


2月19日からの来日公演を控えるシカゴだが、一足先にメンバーのロバート・ラムが緊急来日、銀座山野楽器にて公開インタビュー&プレミアム・サイン会が行なわれることになった。

「長い夜」をはじめ数多くの名曲を生み出したロバート・ラムが、一般の前でインタビューを受けるのは極めて稀なことという。

公開インタビュー&プレミアム・サイン会は入場無料だが、1月31日(日)AM10:30より銀座本店B1カウンターにて先着で整理券が配布される。整理券は定員に達した時点で終了となるので、まずは整理券のゲットをお忘れなく。

なお、当日イベント会場での即売会にてワーナー・ミュージック・ジャパンより発売されているシカゴ商品を購入すると、プレミアム・サイン会に参加することができる。サインはひとりあたりCDジャケット1枚までだが、この貴重な機会をお見逃しなく。

<シカゴ40周年記念 ロバート・ラム緊急来日公開インタビュー&プレミアム・サイン会>
2010年1月31日(日)16:00〜
@銀座山野楽器 本店 7Fイベントスペース“JamSpot”
東京都中央区銀座4-5-6
http://www.yamano-music.co.jp
[問]銀座山野楽器本店 B1 洋楽/ビジュアル・フロア 03-3562-5051(代)

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケライブスケジュール
■10/2/19(金)〜2/20(土)東京 東京国際フォーラム ホールA
■10/2/21(日)兵庫 神戸国際会館 こくさいホール

チケットTickets
[お申込みはこちら]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/chicagotheband

シカゴ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]グラミー賞で史上初、3D映像によるマイケル追悼![BARKSニュース]

グラミー賞で史上初、3D映像によるマイケル追悼!

今月31日にロサンゼルスで開かれる第52回グラミー賞授賞式にて、これまでの功績を讃え功労賞(Lifetime Achievement)が受賞される故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の追悼映像が、史上初となる3D映像での放映となることが発表された。

グラミーの共同エグゼクティヴ・プロデューサーによると、マイケルが本来This Is It Tourのために制作した"Earth Song"の3D映像を追悼コーナーで放映するという。この3D映像にあわせてアッシャー(Usher)、ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)、スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)らがパフォーマンスを行う予定。この"Earth Song"の映像は、「マイケルがリハーサル時に初めて観た際、彼は目に涙をためていた」ものだという。また、「我々が彼となにかをやろうという時、まず最初に彼が言うことは、『どうしたら、いままでやったことのないことができる?』ということだった。だから今、前例のないことをやろうと思う。壮観なものになる、ということを約束しよう」と話している。この映像を3Dで観るためのメガネは、今月24日から当日の31日まで、アメリカ国内のディスカウント・ストアTarget各店にて無料で配布される予定。このメガネが無くても映像を観ることは可能だが、3D効果は体験できない。

また今回の発表には明記されていないが、この3D映像は一般のテレビ受像器でも3Dメガネを使用すれば体験できるものとなっているようだ。一般的には3D映像は専用テレビで受像することが前提とされているが、特殊な放送形式であれば一般のテレビでも効果が得られるという。アメリカでは今年6月にも一部で3D放送が開始されるとのこと。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

マイケル・ジャクソン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]ジェイミー・カラム、ラブソング・アルバムの決定盤[BARKSニュース]

ジェイミー・カラム、ラブソング・アルバムの決定盤


間もなく新作『ザ・パースート』をリリースするジェイミー・カラム。甘いルックスと甘い歌声の“ラブソング王子”が、30歳を迎え、恋の終わりと本物の愛との出会いを通じ、これまで以上にほろ苦く優しいラブソング・アルバムの決定盤を生み出した。

この春に来日公演が決まった彼に、ニュー・アルバムをはじめ、カヴァー・ソング誕生の経緯やクリント・イーストウッドとのコラボ、ジャズに目覚めたきっかけなどについて話を聞いた。

――今回のアルバム『ザ・パースート』が発表されるまでずいぶん間がありましたが、それはなぜ?

 ジェイミー:面白いよね、アルバムの間にインターバルがあると、ソファーに寝ころがってなんにもしてないって思われるんだよね。4年あいたけど、2年はツアーやってたんだよ。日本にも何度か行ったし、オーストラリア、アメリカ、南米、南アフリカ…、世界中をツアーしてたんだ。楽しかったよ。けど、疲れ果てた。身体だけじゃなく、精神的にもね。だから、創造力を取り戻す時間が必要だったんだ。次のアルバムを特別なものにするために。

――どんなアルバムを作りたいと考えていました?

ジェイミー:21世紀っぽいアルバムにしたいって思った。これまでも過去の(音楽の)影響を受けながらも、いまの音楽シーンに属するものを作ろうとしてきた。でも、新作ではもっと21世紀らしいサウンドを強調したかったんだ。僕がいま聴いてる音楽と同じように、ヘヴィなドラムやノイジーでラフなサウンドを出したかったんだ。「If I Ruled The World」のようなスタンダードな曲に、エレクトロニック・ドラムを入れたり、ストリングスの代わりにシンセサイザーを使ってみた。まったくの別べつになったとは言わないけど、これまで作ってきたもの以上に21世紀の音になったと思うよ。

――『ザ・パースート』と名付けた理由は?

ジェイミー:このアルバムの制作は、旅みたいなものだった。自分のオリジナル・パーソナリティを失わずに、行けるとこまで行こうって感じでね。追求の旅だったんだ。それに、僕は30歳になった。いろんな変化があったよ。人生は旅なんだ。よく思われがちな目的や終着地が問題なんじゃない。それを自覚するのは大事だよ。僕はこのアルバムで何かに手を伸ばそうとしてると思った。だから“Pursuit(探求/追い求める)”って言葉がピッタリだったんだ。

――アルバムのテーマは?

Jamie:そうだな、このアルバムでは…恋の終わりと恋の始まりの両方が表現されていると思う。曲の半分は別れたときに書いたもので、残りの半分は…、新しい関係がはじまったときに書いたものなんだ。曲を書いてて、それはものすごく影響したね。怒りや苦しみがあったし、その後には、ものすごく幸せでエキサイティングな感情を持つようになった。それがこのアルバムの根本的なテーマだと思うよ。

――制作過程について教えてください。

ジェイミー:最初のアイデンティティは、ここロンドンで誕生したかな。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケライブスケジュール
■10/4/5(月)大阪 なんばHatch
■10/4/7(水)東京 JCB HALL
■10/4/8(木)東京 Zepp Tokyo

チケットTickets
[お申込みはこちら]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/jamiecullum

ジェイミー・カラム の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp