来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]突如の解散から、22-20s完全復活[BARKSニュース]

突如の解散から、22-20s完全復活



「ありのままで、誠実、そして嘘がないから、僕はブルーズに恋をした〜」と始まるマーティン・トリンブルの声明と共に2006年1月突如解散を発表した22-20sが、完全復活を遂げる。

UK出身の22-20sは、2001年に結成された。デルタ・ブルーズの巨匠スキップ・ジェイムスの代表作がバンド名の由来である。2003年にシングル「サッチ・ア・フール」でデビュー。当時20歳前後の彼等が鳴らしたブルーズ・ロックは大きな話題となり、2004年リリースのファースト・アルバム『22-20s』も大ヒットを記録するも、2006年1月にたったアルバム1枚を残して解散…。

しかし2009年9月、バンドはヘヴンリー・レコーズの18周年を記念したライヴで復活し、2010年の3月からはツアーも再開。そして2010年5月には、約6年ぶりとなるセカンド・アルバムをリリースすることになったのだ。

しかも、フジロックフェステイバル'10への出演も決定。オリジナル・メンバーの3人…マーティン・トリンブル(G、Vo)、グレン・バータップ(B)、ジェイムス・アーヴィング(Dr)に新加入のダン・ヘア(G)を加えての完全復活となる。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケフジロックフェスティバル ライブスケジュール
10/7/30(金)、7/31(土)、8/1(日)新潟県湯沢町 苗場スキー場

1日券を含む全券種のチケットを先行発売します。
受付日時:3/6(土)10:00〜
※22-20sの出演日は未定です

◆チケットのお申込みはe+フジロックフェスティバル特集サイトから!
http://eplus.jp/frf


22-20s の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]AC/DC来日間近、グラミー最優秀賞に輝いたハード・ロックパフォーマンスを日本で[BARKSニュース]

AC/DC来日間近、グラミー最優秀賞に輝いたハード・ロックパフォーマンスを日本で
2月1日に行なわれた第52回グラミー賞授賞式で、アルバム『Black Ice』の「War Machine」で見事に最優秀ハード・ロックパフォーマンス賞を受賞したAC/DC。リンキン・パーク、メタリカ、ニッケルバック、アリス・イン・チェインズなどなど、世界最強を誇るメンツを抑えての受賞だけに、彼らが披露しているパフォーマンスの質の高さが改めて証明されたようなものだ。

そのAC/DCは、2月11日〜3月8日の間にオーストラリアにて5都市11公演を行ない、その後、待望の来日公演となる。当然、オーストラリアの全公演ともチケットは完売。日本公演も、3月12日(金)の、さいたまスーパーアリーナ公演はソールドアウト。熱気で息ができないほどのパフォーマンスを披露してくれるに違いない。

さて、そんなAC/DCの最新インタビューをご紹介しよう。これを読んで、あと約1ヵ月になった来日公演までの気分を最大限に高めてほしい。

──現在の音楽シーンではCDの売り上げも低迷し、しかも店で直接買うのではなくダウンロードが中心になりつつあります。AC/DCはそれに反旗を翻している。あなた方がフィジカル・リリースにこだわる理由とは?

アンガス・ヤング:俺たちは違うマーケットだと思う。デジタルはポップ中心だ、展開が早く、1ヵ月ごとにシングルを出したりする。でも俺たちはバックグラウンドからして、昔からアルバムを中心に作るバンドだ。いつも良いアルバムを作るために努力してきた。だからデジタル化した音楽と俺たちの音楽は最初から違うものだ。他のバンドが音楽をもっとポップ風に変えたりしても、俺たちはバンドとして作るロックミュージックにこだわり続けた。

──ブラックアイスは今までのアルバムとどういう所で違うと思いますか? そして、これからのAC/DCの音楽の何か新しい方針も入っていますか?

アンガス:何か作る時は、以前のものを作り直すつもりではやっていない。それよりも自分たちのSONG CRAFT、音や曲作りをもっと極める事が大事さ。その音や曲作りに努力することによって、今までと少し違う物が生まれる。

ブライアン・ジョンソン:自然に出てくる進歩だと思う。作っている時のバンドのみんなの違いや、「今」が異なることによって自然に音が作られる。

アンガス:俺たちは運良く年を重ねて大勢の新しいファンが今も付いて来てくれる。

──インタビューの中で、『BLACK ICE』というタイトルはスコットランドの天気予報から来たと話していますね。AC/DCは通常オーストラリアのバンドとして見られますが、このようにスコットランドや英国の影響はやはりありますか?

アンガス:そっちではよく聞く言葉だった。オーストラリアは違う環境で、とにかく暑くて、でも他の国、英国やスコットランドに行くと四季があって、雪があって、不思議だった。BLACK ICEという言葉を初めて聞いた時もそうだ。

ブライアン:危険なものさ。天気予報に出てくると、その夜の運転は命を捨てる覚悟じゃないとだめ。スコットランドやイギリスの北によくある現象で、そういう日、家をバイクで出る時は相当な覚悟だった。

──あなた方の強みは権威やプレスではなく…。

アンガス:評論家の多くより俺たちが長生きしてるな(笑)。

ブライアン:何人かも自分達で土に埋めた!

アンガス:いくつものレコード契約よりも長生きしたな、それもやっちゃまずかったかな(笑)。

──…大衆を味方につけていること。そこでシンプルかつ難しい質問です。あなた方が全世界の大衆からこれほどまでに熱烈な支持を集め続けている理由はどこにあると考えていますか?

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケライブスケジュール
■10/3/12(金)埼玉 さいたまスーパーアリーナ [SOLD OUT]
■10/3/14(日)埼玉 さいたまスーパーアリーナ <追加公演>
■10/3/16(火)大阪 京セラドーム大阪
チケットTickets
[お申込みはこちら]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/acdc 


AC/DC の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]「We Are The World 25 for Haiti」、マイケル・ジャクソンも“参加”[BARKSニュース]

「We Are The World 25 for Haiti」、マイケル・ジャクソンも“参加”

日本時間の2010年2月13日、バンクーバー冬季オリンピックが開幕した。

USA for AFRICAから25年を記念して再結成された「We Are the World 25 for Haiti」。同オリンピックの開会式の中継で世界初放映となるこの作品だが、ミュージックビデオと楽曲がiTunes Storeから配信開始された。

このチャリティソング、ビデオの収益金はすべてハイチ救援のため、We are the World Foundationに寄付される。配信は、iTunes Store、We are the World 基金サイト、YouTubeにて。

「We Are the World 25 for Haiti」には、ジェニファー・ハドソンジェイミー・フォックスアース・ウインド&ファイアー、リル・ウェイン、カニエ・ウェストブラック・アイド・ピーズセリーヌ・ディオンなど、多くのアーティストがハイチ支援のために参加している。

なお、今回の「We Are the World 25 for Haiti」には、25年前には参加していなかった70人を超える新たなスターたちが顔を揃えている。しかし、iTunesで配信されている同曲のミュージックビデオには、ジャネット・ジャクソンの姿とともに25年前のマイケル・ジャクソンの映像が。そして、エンドロールの参加アーティストには、ジャネットとランディ、そして3T(タジ、タリル、TJ)のジャクソン・ファミリーと並んで、“Michael Jackson”のクレジットも。

マイケル・ジャクソンの参加。それは、亡きマイケルの想いが、ここでも多くのアーティストへと受け継がれたという証なのだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

アーティスト の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[BARKS]ケミカル・ブラザーズ、復活[BARKSニュース]

ケミカル・ブラザーズ、復活


ケミカル・ブラザーズがバンド活動復活を宣言した。18ヵ月にもわたり活動停止をしていた彼らだが、5月20日、21日に予定されるロンドン公演を皮切りに、6月19日にはスペインで行なわれるソーナー・フェスティバルにも出演がきまっている。

エド・サイモンとトム・ローワンドは、自身のステージ・パフォーマンスが健康を害することを心配して、2007年のアルバム『ウィー・アー・ザ・ナイト』のプロモーション・ツアーを最後に長期休暇を取っていた。

「ステージで音楽を演奏することは、楽しいと思っている。だけど僕たちの音楽はとにかくうるさい。だから、聴覚障害などを起こして健康を害するんじゃないかって、常に今でも心配している。耳鳴りがいつもしているんだ」。

ロンドンのラウンド・ハウスで行なわれる5月のショーのチケットは、2月12日の朝9時から発売される予定となっている。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/thechemicalbrothers


ケミカル・ブラザーズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]ポール・ウェラー、音楽の神様に[BARKSニュース]

ポール・ウェラー、音楽の神様に


ポール・ウェラーが2010年のNMEアワードで、音楽の神様とも言われる賞「Godlike Genius prize」を受賞することが確定した。1970年代イギリスのモッズムーブメントの中心だったポールは、彼のポップミュージックへの貢献を表彰され、イギリスの音楽雑誌から最も権威ある賞を受賞することになった。

「この賞をもらえるなんて、光栄だよ。僕は天才でも、神でもないけど賞の受賞を素直に喜んでいるよ。たとえ賞がもらえなくても、演奏をしてお客さんが喜んでくれるとか、賞をもらったような感じの喜びってあるけど、こうやって、賞という形で功績が認められることは素晴らしいことだと思う。花輪をかけてもらってお祝いをするような気分かもね。」

1976年にジャムのフロントマンとして活動開始した彼は、「イートン・リフレス」「ゴーイング・アンダーグラウンド」「ア・タウン・コールド・ミラクル」を含む4つのシングルを1982年にヒットさせた後は、スタイル・カウンシルとして6枚のアルバムをリリース、そして現在のソロ活動となっている。

2月24日にはロンドンのO2アカデミー・ブリクストンで、NMWアワードに出席する。NMEマガジンの編集者クリッシー・モリソンは、「ポールは1977年にジャムとして初めて僕らの雑誌の表紙を飾ったんだ。そのあとの彼の音楽活動は、現在の音楽シーンに多大な影響を与えるもので、彼はこの賞を受賞するのにふさわしいアーティストだ」と語った。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/paulweller


ポール・ウェラー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp