来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[BARKS]明るくハッピーな洋楽TVヒッツ・コンピ[BARKSニュース]

明るくハッピーな洋楽TVヒッツ・コンピ
TVタイアップ・ヒッツが一枚に凝縮されたコンピレーションCD『ロコ・モーション TV HITS for Happy Days』が発売となった。

文字通り、TVでよく耳にする名曲を満載したアルバムで、グランド・ファンク・レイルロード「ロコ・モーション」、オリビア・ニュートン・ジョン「そよ風の誘惑」、ピーボ・ブライソン&ロバート・フラック「愛のセレブレイション」など、ハッピー気分満載の17曲。テレビCMなどでおなじみのメロディーばかりで、誰でも楽しめる洋楽ヒット・アルバムになっている。

12曲目のザ・ナック「マイ・シャローナ」は、森永「ウイダー in ゼリー」CM曲として収録されているが、先日惜しまれながら他界してしまったダグ・ファイガーの冥福を祈る作品として、手にしてもいいことだろう。1979年のアメリカ最大のヒットシングルであり永遠に色褪せない、黄金のポップソングだ。

1960年代から2000年代まで、必ず耳にしてきた名曲ばかり…しかもキャッチーで明るく晴れ晴れとした作品集は、多少の嫌なことなんか吹き飛ばしてしまうような、陽のパワーがみなぎっている、そんなコンピ作品だ。

『ロコ・モーション TV HITS for Happy Days』
2010年3月3日発売
2,500円(税込)

>>ご予約・ご購入はこちら!


1.グランド・ファンク・レイルロード「ロコ・モーション」
 ※ソフトバンクモバイルTV-CM「大移動」篇キャンペーンソング
2.オリビア・ニュートン・ジョン「そよ風の誘惑」
 ※ロッテ「キシリトール ネオ」CM曲
3.シーナ・イーストン「モーニング・トレイン」
 ※SoftBank CM曲
4.ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック「愛のセレブレーション」
 ※キリンビール「キリン氷結」CM曲
5.ジョージ・ベイカー「リトル・グリーン・バッグ」
 ※TOYOTA「MARK X」CM曲
6.KT・タンストール「サドゥンリー・アイ・シー」
 ※映画「プラダを着た悪魔」キャンペーン・ソング
7.ケイティ・ペリー「ホット&コールド」
 ※映画「あなたは私の婿になる」キャンペーン・ソング
8.エターナル「パワー・オブ・ア・ウーマン」
 ※資生堂「マキアージュ」CM曲
9.オール・セインツ「ロック・ステディ」
 ※クリスタル・ガイザーCM曲
10.シェネル「ファースト・ラヴ」
 ※'08 PEACH JOHN CM曲
11.ロック・キッズ「ウォーク・ディス・ウェイ」
 ※SoftBank CM曲
12.ザ・ナック「マイ・シャローナ」
 ※森永「ウイダー in ゼリー」CM曲 原曲

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]


洋楽アーティストの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらか!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]フロッギング・モリー、映像作品発売目前[BARKSニュース]

フロッギング・モリー、映像作品発売目前


3月3日にリリースとなるフロッギング・モリーの『LIVE AT THE GREEK THEATER』、その発売が近づいてきた。ライブ映像+今までの全てのプロモーションビデオ、そしてそのライブ音源が収録された、CD×2+DVD×1という豪華版だ。

2009年9月12日にロスアンゼルスにあるThe Greek Theaterにて行なわれたライブの模様を10台ものカメラで収録、その熱狂の模様を完璧に再現したこの作品は、DVDにはCDのDISC#1と#2に収録されている全23曲のライブ映像を収録、さらに今まで全てのPVと舞台の裏側やMattとNateのインタビューも収録されている。

フロッギング・モリーはロサンゼルスにあるアイリッシュ・パブ「Molly Malone's」の常連客だったメンバーが、そこでプレイをするDave Kingに興味を持った事がきっかけで結成されたバンドである。2000年以降、世界にアイリッシュ・サウンドを広め、今や彼らと同様アイリッシュ・ミュージックからの影響が強いDrop Kick Murphysと共に、全世界にそのサウンドを再認識させる存在となった。

フロッギング・モリーはバンドではなく、ひとつの家族であり、よりその結束を増したライブには誰もが熱狂するところ。来日の度に動員が増えるバンドは現在のシーンでは希少な存在であるが、どんな人達も虜にする彼らの楽曲を知っている人にとっては「当たり前」のことかもしれない。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケフロッギング・モリー出演!フジロックフェスティバル
■10/7/30(金)、7/31(土)、8/1(日)新潟県湯沢町 苗場スキー場
※フロッギング・モリーの出演日は未定です。

1日券を含む全券種のチケットを先行発売します。
受付日時:3/6(土)10:00〜

◆チケットのお申込みはe+フジロックフェスティバル特集サイトから!
http://eplus.jp/frf

『LIVE AT THE GREEK THEATER(ライブ・アット・ザ・グリーク・シアター)』
2010年3月3日(水)発売
2,600円(税込)

>>ご予約・ご購入はこちら!


フロッギング・モリー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]ブレイク間近のキッズ・イン・グラス・ハウス、来日決定&新PVを大公開[BARKSニュース]

ブレイク間近のキッズ・イン・グラス・ハウス、来日決定&新PVを大公開

UKのロック・シーンにおいて、「彼らを外しては語れない」ほどの存在感を持った、数多くの才能が生み出される南ウェールズ出身の5人組、キッズ・イン・グラス・ハウス。今をときめく重要UKバンドが、2008年のデビュー・アルバム『スマート・カジュアル』に続く最新アルバム『ダート』を遂に完成させた。

この最新作『ダート』からのシングル曲、「Matters At All」のビデオ・クリップが到着。これをBARKSで先行公開、ジャパン・プレミアとなる。

最高にキャッチーなメロディ・ラインと、カラフルなサウンドスケープが心地よく鳴り響くサウンド。まさしく彼らの真骨頂とも言えるこの「マターズ・アット・オール」のほか、独自のスタイルはそのままに、きらびやかなメロディ・ラインに、より磨きがかかり、前作以上に”ロック・アルバム”としてのダイナミズムがより顕著に前面に押し出された日本盤ボーナス・トラックを含む全14曲が収録された、最新作『ダート』は3月24日リリースとなる。

そんな彼らが、アルバム発売直後となる4月4日のパンクの祭典、<PUNKSPRING 2010>に出演するために来日することが決定。さらにこの翌日4月5日には渋谷クラブ・クアトロにて、アメリカのポップ・パンクの雄、ELEVENTYSEVENとのカップリング公演も発表された。きらきらと輝く彼らのロックなポップ・サウンドがここ日本でも大きなうねりを生み出してくれることは、間違いないだろう。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケPUNKSPRING 2010 ライブスケジュール
10/4/4(日)千葉 幕張メッセ
10/4/2(金)3(土)大阪 ZEPP OSAKA
10/4/2(金)3(土)愛知 ZEPP NAGOYA
チケットTickets
[
お申込みはこちら(PC)]
[
お申込みはこちら(携帯)]

カラオケELEVENTYSEVENとのカップリングライブスケジュール
■5月4日(火・祝)東京 渋谷・O-Nest
チケットTickets
[お申込みはこちら]


『ダート』
2010年3月24日発売
¥2,548(税込)

>>ご予約・ご購入はこちら!


キッズ・イン・グラス・ハウス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!

[BARKS]ポール・マッカートニー、これが最後?大規模なツアーを発表[BARKSニュース]

ポール・マッカートニー、これが最後?大規模なツアーを発表


ポール・マッカートニーがこの夏、UK/アイルランドで大規模なアウトドア公演を行なうことを発表した。ポール・マッカートニーは2012年までツアーを続け、これを最後にリタイアするともいわれている。

2009年12月に<Good Evening Europe>ツアーを終了したばかりのマッカートニーだが、夏にはさらなる大規模なスタジアム・ツアーに着手する。ワイト島フェスティヴァル(6月13日)でヘッドラインを務めるほか、ダブリン(12日)、グラスゴー・ハンプデン(20日)、カーディフ・ミレニアム・スタジアム(26日)、ロンドン・ハイド・パークで開かれるハード・ロック・コーリング・フェスティヴァルの日程を発表した。

カーディフのスタジアムでの公演は、31年ぶりのこと。ワイト島フェスティヴァルに出演するのは初めてとなる。マッカートニーは「本拠地でプレイするのはいつだって最高だ。このツアーには僕もバンドもものすごく興奮している」との声明を発表している。

このほか春には、アリゾナ、LA、フロリダ、プエルトリコなどでの公演も予定されている。

マッカートニーはグラスゴー公演の2日後に68歳の誕生日を迎える。この年齢になるとよくあることだが、噂ではこれが最後のツアーだといわれている。70歳の誕生日(2012年)を最終日にするそうだ。嘘か真かは不明だが、予定されている公演はザ・ビートルズからこれまでのキャリア集大成となるのは確かなようだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

ポール・マッカートニー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[BARKS]エリカ・バドゥ、ツイッターでP・マッカートニーからサンプリング許可を得る。[BARKSニュース]

エリカ・バドゥ、ツイッターでP・マッカートニーからサンプリング許可を得る。
re_アー写エリカバドゥ.jpg

3月に新作を発表、4月には久々の単独来日公演も決定したエリカ・バドゥ(Erykah Badu)だが、なんとツイッターを使って、あっという間に楽曲サンプリングの許諾を得るという'離れ業'を実現させてしまった。

エリカは、全米で3月30日(日本盤は3月31日)に待望のニューアルバム"New Amerykah Part Two: Return of the Ankh'"の発売が予定されているが、どうやら収録曲にポール・マッカートニー(Paul McCartney)が権利を持つ楽曲をサンプリングしているものがあり、期限までに彼の許諾をもらえなければその曲を収録できないという問題にぶつかった。その期限まで残り24時間を切っており、なんとかポールと話がしたいエリカは、レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)がポールの娘、ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)と知り合いであることから、レニーに連絡を取ろうとするも、彼の連絡先を無くしてしまっていた。

そこで彼女は、ツイッター上で「誰かレニーと連絡をつけてくれない? ニューアルバムのために大事なことだから、誰か手伝って!」と'つぶやき'、彼女のフォロワーに協力を申し出た。すると、レニーを知っているアートディレクターから彼の連絡先を教えてもらうことに成功。最終的には無事にポールと連絡が取れたようで、「ポール・マッカートニーがサンプリングを許可してくれた。問題解決!」と喜びの'つぶやき'をした。
これについてクエストラブ(?uestlove)は、「ツイッターの奇跡だ」と驚きの'つぶやき'を返している。実に現代的な方法であっという間に問題を解決したエリカ・バドゥ、これで待望の新作は予定どおり無事に発売されそうだ。

・・・つづきはこちら
[PC] [携帯]

カラオケライブスケジュール
■10/4/16(金)東京 Zepp Tokyo
■10/4/17(土)神奈川 ヨコハマベイホール
チケットTickets
ヨーガクプレオーダー10/03/10(水) 12:00 〜 10/03/15(月) 18:00
[お申込みはこちら]

★エリカ・バドゥ 最新情報をお届けします★
エリカ・バドゥ を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
エリカ・バドゥをお気に入り登録する


エリカ・バドゥ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp