来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース] ベン・フォールズ・ファイヴ再結成!13年ぶりにオリジナルアルバム発表![ニュース]

ギター・ロック全盛期の1995年に登場した、ピアノをメインにしたギターレスの3ピース・バンド「ベン・フォールズ・ファイヴ」。

パンキッシュで、打楽器を演奏するようなパワフルなピアノ・プレイと、類稀なるメロディ・センスが音楽ファンの度肝を抜き、ビリー・ジョエルmeetニルヴァーナ、クイーンmeetsジョー・ジャクソン等と評され、瞬く間に日本で大ブレイク! 2000年の解散までに、3枚のアルバムを発表し、国内盤だけで累計90万枚近くを売り上げた彼ら。ソロ転身後も根強い人気を誇っていたが、遂にベン・フォールズ・ファイヴ再結成! ! 13年ぶり(2012年時)に発表するオリジナル・アルバム「The Sound of the Life of the Mind」を発表する。

日本発売は9/26(水)。バンド初期の人懐こいインディー・ロック・サウンドと、ソロになってからの洗練されたサウンド/メロディーが融合し、BF5の再出発を飾るにふさわしい傑作と評されるこのアルバム。お見逃しなく!

★アーティストの最新情報をお届けします★
アーティストを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
ベンフォールズファイヴ/ベンフォールズ をお気に入り登録する

■ Ben Folds Five and Fraggle Rock "DO IT ANYWAY"

■ ベンフォールズファイヴ オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/BenFoldsFive/

ベン・フォールズ・ファイヴ
『サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド』
発売日: 2012/09/26
>>ご購入はこちらから!

★アーティストの最新情報をお届けします★
アーティストを「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
ベンフォールズファイヴ/ベンフォールズ をお気に入り登録する

2012-09-18 19:00 この記事だけ表示

[ニュース] カーリー・レイ・ジェプセン、デビュー前にMステ出演決定![ニュース]

カーリー・レイ・ジェプセンが、デビュー前にして9月14日(金)に放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」(午後8時)に生出演することが決定した!
全米シングルチャートで9週連続1位を獲得し、2012年最長全米No.1シングルとなった大ヒット曲「コール・ミー・メイビー」のパフォーマンスを日本で初披露する。

カーリーは9/19に発売するメジャー・デビュー・アルバム『キス』のプロモーションのため9/13より来日し、9/15にはスペシャル・イベントを開催。
完全招待制のスペシャル・イベントは、超貴重なものになること間違いない!オフィシャル・ホームページ他でまだ応募受付中なので今のうちにチェック!
アルバムには大ヒット曲「コール・ミー・メイビー」「グッド・タイム」はもちろん、ジャスティン・ビーバーとの楽曲「ビューティフル」が収録される。

■ カーリー・レイ・ジェプセン
カナダはブリティッシュ・コロンビア生まれ。 2007年のカナディアン・アイドル(シーズン5)で3位になり、デビュー・アルバム『Tug of War』を発表し、過去に2曲のシングル(「Tug of War」と「Bucket」)がゴールドを達成、カナダのグラミー賞に値する2010 Juno Awardで最優秀ソングライターと最優秀新人賞にノミネートされており、シングルのトータルセールスは20万以上を誇る、正真正銘のシンガー・ソングライター。(2010年にプロモーション来日を果たしたこともある。)
ツアーでカナダを周っているある日、突然かかって来た電話の向こうにはジャスティン・ビーバーの声が!ジャスティン曰く、「カナダでドライブしていたらラジオからカーリーの声を聴いて、すごく良いと思って周りに彼女の名前を教えてもらい、彼女の作品を色々調べていたら本当に才能がある子なんだってことがわかったんだ。」そして、カーリーはジャスティン・ビーバーのレーベルSchoolboy Recordsの初のアーティストとして契約。2,000万人以上のフォロワーがいるジャスティンが、ツイッターでカーリーの「コール・ミー・メイビー」を紹介するや否や、またたく間に世界中に大ヒットシングルに!

■ カーリー・レイ・ジェプセン official link
http://www.universal-music.co.jp/carly-rae-jepsen

カーリー・レイ・ジェプセン
『キス(初回限定盤)』
発売日: 2012/09/19
>>ご購入はこちらから!

カーリー・レイ・ジェプセン
『キス~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)』
発売日: 2012/09/19
>>ご購入はこちらから!

★Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-09-13 21:05 この記事だけ表示

[ニュース]エアロスミス、ニュー・アルバムの詳細を遂に公式発表!まさかの3枚組!驚きのゲストも![ニュース]

全世界待望、エアロスミスの11年振りのオリジナル・アルバム『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション』が11月7日に発売される。ニュー・アルバムの詳細については、これまでメンバー自らが発信してきたツイッターや、メディアを通して断片的には伝わって来ていたものの、発売元のソニー・ミュージックからの正式な発表は一切無かった。それはアルバム内容に関する最終決定がなされていなかったためだ。大満足の内容に仕上がったアルバムに興奮したメンバーが抑え切れずに最終決定前の情報をついつい漏らしてしまっていたというのが真相だが、ここに来てついにレーベルから公式情報が発表された。

その内容からは、メンバーの新作に対する並々ならぬ情熱とファン・サービス精神が詰まったものであることを伺い知ることができる。今回、オリジナル・アルバムとしてはエアロ史上初となる通常盤とデラックス盤の2種類が同時発売され、通常盤(1CD)には15曲収録、日本盤のみのボーナス・トラックを含めると全16曲が収録される。これはCD収録可能分数のほぼ上限サイズである。気になるデラックス盤の方は、なんと2CD+DVDの3枚組となり、2枚目のCDには更なる新曲が、3枚目のDVDには初期の代表曲である「ラッツ・イン・ザ・セラー」、「セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス」、「トレイン・ケプト・ア・ローリン」、新曲の「オー・イェー」のライヴ映像が収録される。ライヴ映像が商品化されるのは05年発売のライヴ盤『ロッキン・ザ・ジョイント』の初回生産限定盤の特典映像以来、実に7年振りのことだ。他にもメンバーの最新インタビュー映像などが収録される。また、DISC-1に収録される日本盤のみのボーナス・トラックにはテンプテーションズの75年発売のシングル「シェイキー・グラウンド」のカヴァーが収録されることも決定した。なお、今回の発表内容は5月頃に海外サイト等で掲載された収録曲、曲順、曲数とは異なっていることも判った。

アルバムのゲスト陣にも要注目だ。まず驚かされるのは、人気ハリウッド俳優、ジョニー・デップが「フリーダム・ファイター」というエアロにしては珍しい政治的な色合いを出した楽曲でゲスト・ヴォーカルとして参加していることだ。ジョニー・デップはエアロのメンバーと以前より親交があり、先月6日のエアロのロサンゼルス公演では、アンコールでギターを片手にいきなり登場し、ライヴの最後を締めくくる「トレイン・ケプト・ア・ローリン」を一緒に演奏した。終演後にはスティーヴンからまるでメンバーの一員のように「ギターのジョニー・デップ!」と紹介されるなど、ロスの観客も大いに盛り上がったとのことだ。また、「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」というバラードでは、スティーヴンが今年まで審査員を務めていたオーディション番組「アメリカン・アイドル」の優勝者で、その後グラミー賞最優秀新人賞(07年)など音楽賞を総ナメした全米の人気歌姫キャリー・アンダーウッドがデュエットのお相手として大抜擢され、息の合った見事な歌唱を披露しているという。エアロのアルバムにデュエット曲が収録されるのはバンド史上初のことである。そして、さらなる驚きがもう1つ。ジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードが脱退していた80年初頭にエアロのギタリスト務めていたリック・デュフェイが今回参加しているというのだ。一体どういった経緯で参加に至ったかはまだ明らかになってはいないが、彼がアルバムに参加するのは実に30年振りのことになる。

昨夏よりバンドの地元であるボストンとロサンゼルスを行き来しながら行なわれてきたレコーディングが、約1年かけてついに完了した。プロデュースはエアロの“第一次黄金期”を手掛けたジャック・ダグラスにスティーヴンとジョーが共同プロデューサーとして加わった形で行なわれ、例外的に3曲のみ、『ナイン・ライヴズ』(97年)以来、エアロの数多くの作品で多大な貢献をしてきたプロデューサー/ソングライターのマーティ・フレデリクセンとスティーヴンの2人が手掛けている。今回のニュー・アルバムは、つまるところ、40年間のバンドの歴史を総括するような布陣で制作され、なおかつ新たな要素を入れることも忘れないという、彼らの何世代にも渡る幅広いファンのことを考えた、実によく練られた作品に仕上がったということだろう。

20代の頃のようにワイルドにロックすることを忘れず、30代で確立したエアロだけのオリジナル・スタイルをより強固なものにし、さらに40代で手に入れた未曾有の成功物語の要因となったバラードを散りばめる。まさに、このバンドのあらゆる魅力を内包し、さらに未来へと果敢に前進し続ける姿を封じ込めた本作は、エアロだけが鳴らすことができる“異次元より届けられた音楽”なのである。

スティーヴンとジョーというロック界最強のダブル・フロントマンから最新のコメントが寄せられた。
「10年アルバムを出せなかったんじゃないだ。俺たちはアルバムの準備で10年間忙しかっただけなんだ!」(スティーヴン・タイラー)
「このアルバムは、オリジナル・メンバーで再結成した1984年以来ずっと作りたいと思っていた作品なんだ。今回は、メンバー5人が一つの部屋に集まって『音量上げてくれ!』とお互い叫び合いながら聴くような作品になっているんだ。」(ジョー・ペリー)

■ エアロスミス official link
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/Aerosmith/

エアロスミス
『Music from Another Dimension』
[Import]
発売日: 2012/11/06
>>ご購入はこちらから!

★Aerosmith (エアロスミス) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通

2012-09-13 13:14 この記事だけ表示

[ニュース]2CELLOS×レッチリと夢のライヴ共演!2ndアルバム日本先行発売決定![ニュース]

2011年YouTube上に彗星のごとく現れたイケメン・チェリスト二人組、2CELLOS(読み=トゥー・チェロズ)。2本のチェロで演奏した「スムーズ・クリミナル」(マイケル・ジャクソン)のカバー動画がきっかけとなり、2CELLOSとしてメジャー契約〜エルトン・ジョンとの世界ツアー〜2度の来日〜デビュー・アルバムの大ヒット〜ドラマ「glee」への出演〜エリザベス女王即位60周年祝賀記念コンサート出演など、目まぐるしい日々を駆け抜けてきた。そんな彼らが更にパワーアップして、セカンド・アルバムがいよいよ今秋発売となる。

また、先週8月29日には2CELLOSは祖国クロアチアの首都ザグレブで行われた世界的ロック・バンド=レッド・ホット・チリ・ペッパーズのライヴで初共演を果たした。今やクロアチアの国民的スターとなった2CELLOSが、圧倒的人気を誇る“レッチリ”のライヴにスペシャル・ゲストとして登場するとあって、当日は4万人を超す聴衆がつめかけた。これはクロアチア中のロック・ファンが集結したといっても過言ではない数字だ(クロアチアの人口は約440万。総人口の1%がこの公演を観たことになる)。2CELLOSはオープニング・アクトとして6曲を演奏し、冒頭から満員の聴衆を沸かせた。「バック・イン・ブラック」(AC/DC)では、なんとチャドが突然ドラムスで飛び入り参加し、オーディエンスと2CELLOSにとってこの上ない嬉しいサプライズとなったようだ。本編アンコールでは大ヒット曲「カリフォルニケイション」でレッチリのメンバー全員と念願の共演を果たす。2CELLOSは今年1月の日本公演でもこの曲を演奏し“お気に入り”として曲紹介をしていた。2人のしっとりと美しいチェロのイントロに導かれてアンソニーが歌いはじめると、会場の盛り上がりは最高潮に達した。熱きロック魂をもつ聴衆が、鮮やかに夢を叶えた母国クロアチアの若きスター2人を心からの温かい拍手で応援したのは言うまでもない。

そんな2CELLOSは最新動画でつかの間の夏休みをエンジョイした様子を届けてくれたが、いよいよセカンド・アルバムに向けて本格的に動き出す。待望のニュー・アルバムは日本では11月7日、世界各国では2013年1月に発売となる予定。本作が地球上のどこよりも早く日本で発売されるということは、2CELLOSが昨年10月と今年1月の2度の来日ですっかり日本好きになったことの証ともとれるのではないだろうか。

■ [最新動画]2CELLOS on Holidays! [Misirlou - Pulp Fiction]

ニュー・アルバムでも有名ヒット曲のカバーを収録予定。デビュー盤ではルカとステファンの2人でのチェロ演奏のみが収録されていたが、セカンドでは様々なゲストを迎えてのコラボレーションが実現しているという。よりパワーアップした、ドラマティックなサウンドが期待される。また、2人の書き下ろしとなる初のオリジナル作品も収録されるとのことで、世界の音楽シーンを騒がせている2CELLOSの新境地を聴くことができそうだ。

■ 2CELLOS official link
http://www.2cellos.com/jp

2CELLOS
『2CELLOS2』
発売日: 2012/11/07
>>ご購入はこちらから!

★2Cellos(トゥーチェロズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-09-12 18:21 この記事だけ表示

[ニュース] ザ・ローリング・ストーンズ、新曲2曲収録!結成50周年を飾る50曲入りオールタイム・ベストリリース決定![ニュース]

ザ・ローリング・ストーンズ、結成50周年を飾る50曲入りオールタイム・ベスト、『GRRR!〜ザ・ローリング・ストーンズ・グレイテスト・ヒッツ』のリリースを発表!新曲も2曲収録!

ザ・ローリング・ストーンズの結成50周年となる今年、7/12の結成記念日に豪華な記念写真集が発売されたり、サントリー「ストーンズバー」他、ベロマークをフィーチャーした各種商品も続々登場するなど、アニバーサリー・イヤーにふさわしい盛り上がりとなっているのはご存知だろう。

つい先日も、10月スタートのフジテレビ系月9ドラマ『PRICELESS(仮)』(主演:木村拓哉)の主題歌に、あの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」が決定、さらには、同曲の冒頭の歌詞をタイトルに冠したマーティン・スコセッシ制作総指揮による決定版ドキュメンタリー映画、『クロスファイアー・ハリケーン』が公開されるというニュースで賑わったばかりだ。

そんな中、数ある50周年記念作品の中でも、まさに真打ちとなるであろうアイテムのリリースが発表された。
デビューから現在までの全キャリアから厳選された50曲を収録したオールタイム・ベスト『GRRR!〜ザ・ローリング・ストーンズ・グレイテスト・ヒッツ』がそれで、発売は11月14日。Decca/Abkco時代(60年代)とThe Rolling Stones Records時代(70年代以降)の双方をカバーするベスト盤は、40周年時(2002年)に限定リリースされた『フォーティー・リックス』以来となるが、今回は50曲ということで、シングル・ヒットはもちろん、アルバムに収録された名曲や人気曲も網羅されるだろう。

そして何といっても、新曲2曲の収録が嬉しい。8月に、メンバー4人がパリのスタジオに集結したというニュースは伝わっていたが、やはりレコーディングだったのだ! タイトルは「グルーム・アンド・ドゥーム」と「ワン・ラスト・ショット」で、純粋な新曲の発表は、2005年のアルバム『ア・ビガー・バン』以来7年ぶりとなる。

国内盤は3フォーマットがラインナップされているが、スタンダート盤(UICY-10033〜5)は高音質なSHM-CD 3枚組ながら、\2,980というスペシャル・プライスとなっているのが嬉しい。さらに、6月にリリースされた「ロックス・オフ」(「ストーンズバー」CM曲)のシングル盤のジャケットになっていたベロマーク“防水ステッカー”の、今度は50周年記念ロゴをフィーチャーしたものが初回特典として封入されるという。

50曲入り3CDにハードカバー本とポストカード5枚をDVDサイズの豪華ボックスに収めた限定盤“デラックス・エディション”(UICY-91810/2 税込\5,000)もあるが、筋金入りのファンにはやはり、ベスト80曲入りの4CDに、ボーナスCD、7”EP、ハードカバー本、ポストカード5枚など、数々のマニアックなコンテンツを収める予定の限定盤“スーパー・デラックス・エディション”(UICY-91813 税込\15,000)がマストだろう。

さて、ジャケットを見てお気づきかと思うが、今回の『GRRR!』では驚愕の事実も明かされている。
海外の関係者によると、バンドを象徴すると同時に、既に一人歩きしている感もある例のベロの持ち主が、なんとゴリラだったというのだ! 今まで無かった牙があるじゃないかという声も聞こえてきそうだが・・・。タイトルの『GRRR!(グルルル!)』が、その鳴き声であることは言うまでもない。
そして、そのゴリラが立体的に暴れるAR(拡張現実)キャンペーンも実施される。まずはお手持ちのスマートフォンに無料アプリ「uView」をダウンロードして、『GRRR!』のジャケットにかざしてみて欲しい。
このキャンペーンは、この後、世界の都市が連動するさらにエキサイティングな企画も用意されているという。続報に期待しよう。

さらにもう1タイトル、ストーンズ最初期の姿を捉えた貴重なドキュメンタリー・フィルム『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』が初めて公式にパッケージ化されることも決定した。
これは1965年9月のアイリッシュ・ツアーを追った短編ドキュメンタリーで、「サティスファクション」「ラスト・タイム」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」といった当時未発表のライヴ映像や、新たに発見されたフッテージもフィーチャーされている。フィルムはコマ毎に丁寧にレストアされていて、かつて別編集/別タイトルで出回ったVHS/LDや海外製海賊版DVDとは比較にならない高画質に仕上がっているという。
国内盤はDVD版(UIBY-1074 税込\3,800)、Blu-ray(UIXY-1001 税込\4,800)の他、未発表音源ほかボーナス・コンテンツを満載した限定盤“スーパー・デラックス・エディション”(UIBY-9121 税込\15,800)もラインナップ。

海外からは、11月にライヴが行われるのではという憶測も漏れ伝わってきている。50周年を迎え、ますます血気盛んなストーンズ。しばらくは彼らから目が離せそうにない。

ザ・ローリング・ストーンズ
1962年、ロンドンで結成。翌63年にシングル「カム・オン」でデビュー。当時のメンバーはミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、ブライアン・ジョーンズ(G)、ビル・ワイマン(B)、チャーリー・ワッツ(Ds)。「サティスファクション」「黒くぬれ」「夜をぶっ飛ばせ」等、ブルース/R&Bに根差したワイルドなサウンドと不良っぽいイメージで、ビートルズに対抗する世界的なバンドとなる。1968年の「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」以降は、よりルーツに根差した泥臭いサウンドを展開。翌年にジョーンズが脱退、ミック・テイラーが加わると、2本のギター・アンサンブルを軸とするルーズでヒップな“ストーンズ風R&R”を確立し、「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「イッツ・オンリー・ロックンロール」等、後のステージの定番となる代表曲を次々と生み出す。1976年、ギタリストがテイラーからロン・ウッドに交代した後も、変わらぬスタイルに流行も巧みに取り入れつつ、「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」等のヒット曲を連発。1990年には初来日公演が実現、1993年にビル・ワイマンが脱退するも、大規模なワールド・ツアーをコンスタントに実施するなど、半世紀に亘りシーンの第一線に君臨し続けるロックの代名詞的な存在である。

■ ザ・ローリング・ストーンズ official link
http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones

ローリング・ストーンズ
『GRRR!〜ザ・ローリング・ストーンズ・グレイテスト・ヒッツ<スーパー・デラックス・エディション>』
発売日: 2012/11/14
>>ご購入はこちらから!

ローリング・ストーンズ
『GRRR!〜ザ・ローリング・ストーンズ・グレイテスト・ヒッツ<デラックス・エディション>』
発売日: 2012/11/14
>>ご購入はこちらから!

★The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2012-09-12 13:25 この記事だけ表示