来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース] カール・ハイド(Underworld)ソロ・デビュー・アルバム発売決定![ニュース]

▲Karl Hyde - 'Cut Clouds'

SonarSound Tokyo2013の出演も決定したアンダーワールドのカール・ハイドのソロ・デビュー・アルバム発売が決定した。

ブライアン・イーノ主導で進められた『Pure Scenius』プロジェクトを通し、レオ・アブラハムスと仕事を共にしたカール・ハイドが、本作『Edgeland』で再びレオとコラボレートし、アンダーワールド作品に比べ、よりオーガニックで、壮大な音楽作品を完成させた。このアルバムの歌詞とコンセプトは、都市の奥地や隠れた街角にインスパイアされているという。

「20年以上もの間に、都市の風景に対する僕の興味はどんどん大きなっていった」とカール・ハイドは説明する。「減衰していくことの美しさ、タイヤ痕、雑に描かれたいたずら書き、工場の音、漏れ聞こえる会話、流行するカフェ、眠らないドライバーが運転する車の後部座席に座り、街を走る夜。『Edgelands』とは、僕の旅を形作ってくれた人々のストーリーと彼らの個性を祝福するものだ。それは田舎と街が交差する場所であり、みすぼらしいポニーが人工的に増設された草原の草を食べ、空気が汚染された場所」

発売は国内先行で2013年4月10日。国内盤の通常盤にはボーナス・トラック2曲、デラックス・エディションにはさらに4曲が追加収録され、約50分の映像作品を収めたDVDが付属される。

■ Underworld official link
http://www.underworldlive.com/

公演情報

SonarSound Tokyo 2013出演!
2013/4/6 (土)21:00〜 (オールナイト・イベント)
2013/4/7 (日)14:00〜 (デイ・イベント)
ageHa/studio coast (東京)
[チケット情報はこちら]

Karl Hyde 『Edgeland』
1CD [帯解説/ボーナストラック2曲収録/通常国内盤]
発売日: 2013/04/10
>>ご購入はこちらから!

Karl Hyde 『Edgeland [Deluxe Edition]』
1CD+1DVD [帯解説/通常盤+4曲追加収録/DVD付]
発売日: 2013/04/10
>>ご購入はこちらから!

★Karl Hyde(カールハイド) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-01-29 17:24 この記事だけ表示

[ニュース] グリーン・デイのブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」衝撃の初来日![ニュース]


圧倒的人気を誇るアメリカのパンク・ロックバンドGREEN DAY。
彼らがリリースした同名アルバムの楽曲を中心に作られたミュージカルが日本初来日!

2004年、GREEN DAYがリリースしたアルバム「アメリカン・イディオット」。
9.11アメリカ同時多発テロ以降のアメリカに対する、政治的、社会的なメッセージを色濃く反映したこのアルバムは 全米・全英チャート1位を獲得。1つのコンセプトを元に制作された「パンクオペラ」として高く評価され、数々の賞を受賞した。そして、この衝撃的作品と次作「21世紀のブレイクダウン」からの楽曲を使用し、舞台化されたのが本作品、ミュージカル「アメリカン・イディオット」である。
音楽は全てGREEN DAYの楽曲なことに加え、脚本にはビリー・ジョー・アームストロングも参加している。

■ あらすじ
Green Dayの衝撃的なナンバーに乗せて描かれるのは、9.11後の世界で人生の意義を見つけようともがき、現実の厳しさを突きつけられ ながらも、葛藤し成長していくジョニー、タニー、ウィル、の青年達3人の物語。
3人は憧れの大都市での生活を夢見るが、タニーは入隊、ウィルは家庭の事情で故郷に留まり、ひとり残されたジョニーは街で恋人や新たな友情を築いていく・・・


■略歴
2009年
バークレーにてプレビュー公演上演
2010年3月〜2011年4月
ブロードウェイ・セント・ジェイムズ劇場にて448回上演を経て閉幕。
2010年
トニー賞作品賞ノミネート、舞台デザイン・照明デザイン賞受賞。ドラマデスク賞受賞。
2011年2月
オリジナルキャストによるサウンドトラックが、第53回グラミー賞「最優秀ミュージカル・ショーアルバム」受賞
2011年12月
トロントを皮切りに全米ツアーを開催。
2012年〜2013年
イギリス、全米ツアーを経て、日本へ。 

公演情報

ブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」

2013/8/7(水)〜8/18(日)
東京国際フォーラム ホールC (東京)

限定ペア券発売

5/4みどりの日はグリーンデイ! にちなんで記念限定ペア券を発売!!
販売期間:4月29日(月)〜5月6日(月)
販売価格:2枚ペア価格20,000円
[チケット情報はこちら]

<出演>
音楽:グリーン・デイ 
作詞・共同脚本:ビリー・ジョー・アームストロング 演出・共同脚本:マイケル・メイヤー 
振付:スティーヴン・ホゲット
出演:アメリカ招聘カンパニー

※英語上演、字幕スーパーあり

グリーン・デイ
『アメリカン・イディオット』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Green Day(グリーン・デイ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-01-25 18:58 この記事だけ表示

[ニュース] 巨大なセンセーションが日本にも!ワン・ダイレクション初来日イベントでファン大熱狂![ニュース]


巨大なセンセーションが日本にも!
ワン・ダイレクション初来日イベントでファン大熱狂!ファンの前で日本初パフォーマンスを披露

世界中で一大センセーションを巻き起こしているスーパー・ボーイズグループ、ワン・ダイレクションの初来日イベント『Team 1D Japan Party:The 1Derland』が11月19日(土)都内:新木場コーストで行われ、2万通を超える応募から倍率10倍という超プレミア・チケットを獲得した約2000人はもちろん、Uストリームでの生中継によって日本中が熱狂。会場は終始割れんばかりの歓声に包まれた。

ワン・ダイレクションは20日(日)に帰国。11月2日(土)・3日(日)に幕張メッセにて初来日公演を行う。



新作『テイク・ミー・ホーム』がアメリカ・イギリス・日本を始め世界37カ国で初登場位1位を獲得し、大ブレイクしたデビュー作をも遥かに上回る勢いでヒットを続けるなど、今世界中が最も熱狂するスーパー・ボーイズグループ、ワン・ダイレクション(以下1D)が遂に初来日。19日(土)に、ファン待望の本人初出演となったファン・イベント『Team 1D Japan Party:The 1Derland』が都内で開催され、2万通を超える応募から倍率10倍という超プレミア・チケットを獲得した約2000人はもちろん、「会場に来られなかったファンのために」という1D本人達の意向から行われたUストリームでの生中継によって、日本中から熱狂的な視線と熱いが想いが集まった。

「1Derland(ワンダーランド)」と銘打たれ、「1D」ロゴでラッピングされた屋台や2階建バス、グッズ販売、複数の撮影スポットやクッキーのデコレーション、ネイルなど、様々な催しが会場内で展開された今回のイベント。1D本人達の登場前から、場内はファンの熱気、期待と興奮に包まれ、遂にその姿を現した瞬間にそのファンの熱狂的な想いが一気に大爆発。冒頭に行われたファンからの質問によるQ&Aコーナーでは、「ガンバリマース」「ゲンキ」など覚えたての日本語を披露。また、11月2日(土)・3日(日)に幕張メッセで行われる初来日公演に関しては、「とにかく大きなショウにするよ。今回こうして日本に来られたのもファンのみんなのおかげだし、僕たちもまた日本に来るのが本当に楽しみなんだ」と語り、さらに、「今後の目標は?」という質問に対しては、「もっと日本で過ごしたい」「もっと日本語を勉強したい」と答えるなど、一気に日本のことが大好きになった様子の1D。最後に「今年は僕たちの3Dコンサート/ドキュメンタリー映画でも楽しんでもらいたいな。11月にまた会えるのを楽しみにしてるよ。みんなずっと応援してね!」とメッセージを送った。

Q&Aコーナーの後は、バックバンドを従えて、最新作『テイク・ミー・ホーム』から「リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング」「キス・ユー」「リトル・シングス」の最新ヒット・シングル3曲、さらに前作『アップ・オール・ナイト』から、彼らの大ブレイク・シングルとなった「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」の計4曲を生パフォーマンス。最後は、ファンの想いがつまったバレンタイン・チョコのプレゼント、そして、会場に集まったファンとの記念撮影で締めくくり、登場から終始絶えることなく、割れんばかりの熱狂的な歓声の連続となった。

空港にファンが殺到した17日(木)の日本到着から僅か3日の滞在となったが、記者会見やイベント、オンラインやメディアを通じ、遂に日本でもさらに巨大なセンセーションを巻き起こしている1D。今後も、チャリティへの参加、2月から11月まで続く大規模なワールド・ツアー、そして3Dコンサート/ドキュメンタリー映画の公開、そして11月には来日公演も決定。2013年もまだまだその勢いは止まらない。

■One Direction - Live While We're Young .

■One Direction(ワンダイレクション) official link
http://www.onedirectionmusic.com/jp/

公演情報

ワン・ダイレクション〜テイク・ミー・ホーム・ツアー 2013
2013/11/2(土)、11/3(日) 幕張メッセ
[チケット情報はこちら]

ワンダイレクション
最新アルバム『テイク・ミー・ホーム』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

ワンダイレクション
デビュー・アルバム『アップ・オール・ナイト』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★One Direction(ワンダイレクション) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-01-24 17:33 この記事だけ表示

[ニュース] 来日迫るホセ・ジェイムズ ブルーノート移籍第1弾が iTunesで総合5位と好発進![ニュース]

ジャズとソウルの進化系、NYの最先端サウンドを体現する希代のヴォーカリスト、ホセ・ジェイムズのブルーノート移籍第1弾のアルバム『ノー・ビギニング・ノー・エンド』が1/16に発売となり、iTunesでは総合アルバムランキングで5位、R&B/ソウルアルバムランキングで1位を獲得と好発進となっている。(チャートは1/17午前11時現在)

「このアルバムは、ぼくがいま音楽について感じていることの集大成なんだ」とホセが語るほどの思い入れ深い作品となっている最新作には、プロデューサー/ベーシストにピノ・パラディーノを迎え、同じレーベルメイトになったロバート・グラスパーやインディ・ザーラ、R&Bシンガーのエミリー・キングなどが参加、ジャズ〜ソウル〜R&B〜ヒップホップまで多様なジャンルを自在に行き来しながらもホセの歌声によってひとつにまとめ上げられた渾身のアルバムとなっている。

日本公式サイトでは、ホセ・ジェイムズと、今回のアルバムにも参加しているロバート・グラスパーとの対談映像やホセ・ジェイムズのパフォーマンスビデオが公開されている。
また、2月にはビルボードライヴでの来日公演も決定しているので是非この機会に素晴らしいライヴパフォーマンスを体験して欲しい。

■Jose James "It's All Over Your Body" - AllSaints Basement Sessions

またホセが現在所属するレーベル、ブルーノートの来年の2014年の創立75周年に先駆け、ホセ・ジェイムズを筆頭に最先端の音楽を今の時代に発信するキャンペーン“BLUE NOTE NOW 2013”が1月16日よりスタート(キャンペーンは2013年12月31日迄)。ホセやグラスパーといった名門ジャズ・レーベルの“今”聴くべきアーティスト、話題作や新作を1年通じて紹介していく。また、対象商品を購入した方の中から抽選でブルーノートのロゴ入りウォッチが当たる。詳細は特設サイトをチェックだ。

■ホセ・ジェイムズ official link
http://emij.jp/jose/

公演情報

ホセ・ジェイムズ
「ノー・ビギニング・ノー・エンド」with special guest エミリー・キング
2013/2/12(火) Billboard Live OSAKA (大阪)
2013/2/14(木)〜2/15(金) Billboard Live TOKYO (東京)
[チケット情報はこちら]

【出演】
ホセ・ジェームズ(Vocals)
エミリー・キング(Vocals)
タクヤ・クロダ(Trumpet)
コーリー・キング(Trombone)
クリス・バウワース(Keyboards)
ソロモン・ドーシー(Bass)
リチャード・スペイヴェン(Drums)

ホセ・ジェイムズ
『ノー・ビギニング・ノー・エンド』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★ホセ・ジェイムズ 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-01-23 18:59 この記事だけ表示

[ニュース] スレイ・ベルズ来日キャンセのお知らせ[ニュース]

1月30日(水)よりクリスタル・キャッスルズとの来日公演を予定していたスレイ・ベルズですが、アーティストのスケジュールの都合により、来日をキャンセルさせて頂くこととなりました。
公演はクリスタル・キャッスルズの単独公演として予定通り行いますが、払い戻しをご希望のお客様には1/23(水)〜2/4(月)までの期間、お買い求めのプレイガイドにて払戻しの対応をさせて頂きます。
詳しくはCREATIVEMANホームページをご覧ください。

お客様、ならびに関係者の皆様にはご迷惑をお掛け致します事を心よりお詫び申し上げます。

クリエイティブマンプロダション

公演情報

SLEIGH BELLS来日キャンセルにつき、CRYSTAL CASTLES単独公演として開催
2013/1/30(水) 赤坂BLITZ (東京)
2013/1/31(木) BIG CAT (大阪)
[チケット情報はこちら]

★Sleigh Bells(スレイベルズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-01-22 20:30 この記事だけ表示