来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース] D.ボウイ極秘レコーディングの真相明らかに!来日中のドラマー:ザックが語る[ニュース]

「“ユー・フィール・ソー・ロンリー・ユー・クッド・ダイ”を初めてスタジオでリハーサル演奏をしたときだ。演奏が終わってからデヴィッドは言った。最後にこんなビートを入れてみよう。そう、それがあの曲の最後に出てくる「5年間」のビートだよ!」

ただいま布袋寅泰氏のツアーに参加するために来日中のドラマーのザッカリー・アルフォード氏(以下、愛称のザック)が、デヴィッド・ボウイの復活作『ザ・ネクスト・デイ』についてたっぷりと語ってくれた。

ザックはニューヨーク育ちのドラマーで、これまでボウイはもちろん、ブルース・スプリングスティーンやビリー・ジョエルなど、多数の大物アーティストからツアーやアルバムへの参加を請われているすご腕のミュージシャンだ。音楽好きの兄姉の影響で小さいときからロックン・ロール、ブラック・ミュージックに親しんで育ったザックは、10代前半にはすでボウイの音楽に出会っていたという。中学生の頃にはもうドラムを叩いていたが、同世代のアマチュア・ドラマー仲間の友達にスターリング・キャンベルがいた。90年代初頭からボウイの作品に参加することになったキャンベルの紹介でボウイのツアーに招聘されたのは、95年のアルバム『アウトサイド』発表に伴うワールド・ツアー。そのツアーで翌96年には来日も果たす。

「その前にも一度、別のバンドの仕事で来日はしていたのだけど、駆け足のそのときとちがって、96年のツアーでは日本全国を周った。なかでも思い出深いのは京都。デヴィッドと一緒に苔寺を訪れて、禅の導師とデヴィッドの芸術や宗教についての対話も聴いて、とても感動したよ」

ザックはそのままアルバム『アースリング』(97)のレコーディングに参加したが、実は意外や、その後もずっとツアーには参加していても、ボウイのアルバムのスタジオ・レコーディングに関しては今回の『ザ・ネクスト・デイ』はそれ以来の2回目となる。

「今回の『ザ・ネクスト・デイ』のレコーディングは『アースリング』のときとはなにもかもちがったよ。あのときのテクノロジーとコンピューターを駆使した最先端のレコーディングとくらべると、『ザ・ネクスト・デイ』のレコーディングは90年代以前のオールド・スクールなやり方と言ってもいいものだった」

なにしろ極秘のレコーディングで、スタッフやミュージシャンは全員、このレコーディングや内容について一切口外しないという守秘義務契約書にサインしての参加。さらにレコーディングする曲に関しても、なんと、その曲をレコーディングする当日に、みながスタジオに集まってから、初めてボウイが作ったデモ・トラックをミュージシャン、スタッフ全員で聴かせてもらい、リハーサル演奏をしてからすぐにレコーディングしたのだという。

「厳密な意味での一発録りじゃないけど、それに近いものだった。ほとんどの曲がスタジオで1〜3テイク録っただけじゃないかな。時間を重ねてコンピュータ上で綿密に音の追加や抜き差し、加工をしていった『アースリング』のレコーディングとは対極だった。そしてその一発録りみたいな演奏がほとんどなんの加工もされずにそのままレコードに記録されてる。『ザ・ネクスト・デイ』はとても勢いがあると同時にオーガニックな感触の作品になったと思うよ」

かつてロック・ミュージックがどんどん革新されていった頃の、『ロウ』〜『スケアリー・モンスターズ』といった70年代末から80年代初頭の頃のボウイの作品がフェイヴァリットだと言うザックには、この『ザ・ネクスト・デイ』はとてもあの頃の作品に近い感触を持ったアルバムになったという思いがある。そのため、長年のボウイ・ファンならば絶対に大歓迎するサウンドになったという確信も。

「デヴィッドはとてもクレバーな人だし、いつも物事をよく考えてる。いまのポップ・ミュージックがどれも加工されすぎたサウンドになっている中、人と違うことをやりたかったんだろうし、いまだからこそオーガニックなサウンドに立ち返る意味は大きいって思ったんじゃないかな。それに、彼のこの前の『ヒーザン』と『リアリティ』があまりにも洗練されたサウンドだったから、ちょっと違う感触の音にもしたかったんだと思う」

ボウイと共に仕事をしていると、自分自身がロックの長い歴史の一部に参加しているのだという喜びを感じるというザック。

「彼のバックで演奏していると、いままさに自分はロックの歴史を演奏しているのだなという気分になれるんだ。ライヴで過去の名曲を演奏するとき、特にそう思えるんだ。この曲はあのバンドのあの曲のプロトタイプだったんだなあっていうような発見がいつもあるんだよ」

最後に、世界のボウイ・ファンであれば誰でも訊きたい質問をした。ライヴとツアーの予定は?即座に返ってきた答えは「なにも聞いていないし、知らない」というもの。『ザ・ネクスト・デイ』のときは、「レコーディングに関して一切口外しない」という守秘義務契約書にサインしたザックに、重ねて訊いた。ひょっとして2枚目の守秘義務契約書にサインをしていない?ザックはただ笑うばかりだった。

(インタビュー・文:吉村栄一)

■デヴィッド・ボウイ日本オフィシャルサイト
http://www.davidbowie.jp

デビッド・ボウイ
『ザ・ネクスト・デイ デラックス・エディション』
(完全生産限定盤)
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★David Bowie(デビッド・ボウイ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-04-17 17:25 この記事だけ表示

[ニュース] バックストリート・ボーイズ「ニュー・アルバムは90%完成」[ニュース]

バックストリート・ボーイズのニュー・アルバムが完成間近なようだ。2009年の『This Is Us』以来4年ぶり、ケヴィン・リチャードソンの復帰作ともなる。

『Billboard』誌によると、ニック・カーターが新作は「90%出来た」と明かしたそうだ。「Everybody (Backstreet's Back)」「I Want It That Way」の作者/プロデューサーであるマックス・マーティンとの「美しい曲」が収録されているという。

2013年、20周年を迎えるバックストリート・ボーイズは4月20日、LAのフロリダ・シアターにてファン・クラブのメンバーを招き、記念パーティーを開催する。その後、ニュー・アルバムのリリースにあわせ大規模な20周年記念ツアーが行なわれるとみられている。また、4月22日にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにバックストリート・ボーイズの星が刻まれる。

Ako Suzuki, London

■バックストリート・ボーイズ official link
hhttp://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/backstreetboys/

バックストリート・ボーイズ
『ディス・イズ・アス(初回生産限定盤)(DVD付)』
NOW ON SALE!

>>ご購入はこちらから!

★Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-04-12 17:54 この記事だけ表示

[ニュース] アンダーワールドのカール・ハイド、キャリア初ソロ作品『エッジランド』ついに発売![ニュース]

アンダーワールドやクリエイター集団tomatoの創設メンバーとしてはもちろん、画家や写真家など様々な顔をもつカール・ハイド。その豊潤なキャリア史上初となるソロ・アルバム『エッジランド』が4/10にリリースされた。

アンダーワールドとは打って変り、ミニマルなバンド・サウンドの中でカールのソングライティングと歌声が映える本作品は、先日のSonarSoundの東京/大阪公演での初ライブがすでに話題!さらには、フジロック'13への出演も決まり、夏に向けて必聴の1枚となりそうだ。

日本先行でリリースされる本作品には、すでにライブで大きな反響を呼んでいる壮大な名曲「Out Of Darkness」をはじめボーナス・トラックを追加収録(通常盤2曲/DX盤6曲)!さらにデラックス盤は70分にもおよぶドキュメンタリー映像作品『THE OUTER EDGES[EDGELAND VERSION]』が付いた2枚組仕様となっている。

■カール・ハイド「The Outer Edges」

<公演情報>

FUJI ROCK FESTIVAL'13出演!
2013/7/26(金)、27(土)、28(日)
湯沢町 苗場スキー場 (新潟)
[チケット情報はこちら]

カール・ハイド
『Edgeland [帯解説/ボーナストラック6曲収録/DVD付] (BRC366X) [CD+DVD] [Deluxe Edition]』
発売日: NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

カール・ハイド
『Edgeland [帯解説/ボーナストラック2曲収録/通常国内盤] (BRC366)』
発売日: NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Karl Hyde(カールハイド) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-04-11 20:41 この記事だけ表示

[ニュース] 【フォール・アウト・ボーイ】待望の復活作のリリース直前、一夜限りのプレミアライヴ開催!世界初披露の新曲をファンにプレゼント![ニュース]

2008年12月に最新作『フォリ・ア・ドゥ-FOB狂想曲』を発売し、単独ツアーも各地売り切れ公演続出。
その後バンドは活動休止状態にあったが、2013年新作の発表とともに活動再開のニュースが世界を駆け巡ったフォール・アウト・ボーイ。日本ではその復活の場として8月に開催されるサマーソニックが選ばれ、それに先駆けて、一夜限りのプレミアライヴが開催された。
このプレミアライヴのチケットは発売後、即日完売。活動再開に対するファンの期待が分かる結果となった。

フォール・アウト・ボーイは、アルバム『セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言!』のプロモーションと、このプレミアライヴのため、来日。久しぶりの日本でも積極的に活動し、顔なじみのスタッフにも笑顔で挨拶を交わすなどして、活動停止中に止まっていた時計の針を再び動かし始めた様子だった。

このプレミアムライヴでは、開場から待ち構えていたファンが、ポスターの前で写真を撮影したり、ファン同士で交流するなど、楽しんでいる様子。
そしてライヴがスタートし、フォール・アウト・ボーイが登場すると、待ってましたとばかりのファンからの声援が鳴り止まない状況。1曲目の「スリラー」を披露すると、会場のボルテージが一気に高まった。
「アイ・ドント・ケア」から、今回のアルバムのリード・トラックとなる「僕の歌は知っている」が始まると、既に知っているファンは口ずさみ、場内がファンの歌声で響き渡った。
アンコール後、ニュー・アルバムに収録される「ザ・フェニックス」を世界で初披露し、日本のファンにとっては最高のプレゼントとなった。最後はライヴでのアンセムとなっている「サタデイ」で締めくくった。

いよいよ、日本でも本格的に活動を再開したフォール・アウト・ボーイは「僕たちは何回も日本には来てるけど、今回初めて桜を見ることができたよ。すごく綺麗だった。でも、桜よりも今見えてるこの光景が何よりも1番綺麗だよ。あと、みんな僕たちの歌に英語でシンガロングしてくれてて今、すごく感動してる。アリガトウゴザイマス!」とコメントし、「サマーソニックでまた戻ってきます。それまでは最高に仕上がったアルバムを聞いて、待ってて下さい!」と嬉しそうに話した。

“自分たちにとっての大切である音楽”を再びプレイするために戻ってきたフォール・アウト・ボーイ。今後の活動に目が離せない。

■フォール・アウト・ボーイ「僕の歌は知っている」ミュージック・ビデオ

■フォール・アウト・ボーイ official link
http://www.universal-music.co.jp/fall-out-boy/

<公演情報>

SUMMER SONIC 2013 出演
2013/8/10(土)・11(日)
東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
大阪:舞洲サマーソニック大阪特設会場
[チケット情報はこちら]

フォール・アウト・ボーイ
アルバム『セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言!』
初回生産限定デラックス盤<日本独自企画盤>
DVD付
発売日: 2013/04/17
>>ご購入はこちらから!

★FALL OUT BOY(フォール・アウト・ボーイ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-04-09 20:21 この記事だけ表示

[ニュース] 【Yeah Yeah Yeahs】ニュー・アルバム4/17発売、シングルMV解禁![ニュース]

ヤー・ヤー・ヤーズが彼らの最新作となる4枚目のアルバム『モスキート』2013年4月15日にリリースすることを発表(日本盤は、4月17日リリース)。

"私たちはこの音楽からファンに何かを感じてほしいの、彼らの内側にある絶望的な状況から呼び起されるものだったり、なんでもね"とシンガーのカレンOは語る。
"すごくたくさんの感情がこの作品には込められているの。それはまるで、溝に落ちた私たちが昇っていくための縄梯子のようなものでもあり、体のほこりを払う作業のようなものでもあったの。他の人たちにとっても、その人たちを引き上げてくれるものであればうれしいと思うし、こういう素敵な気持ちをみんなと分かち合えることがすごく楽しみよ"

『モスキート』はデイヴ・シーテックやニック・ローネイらがプロデュース、また1曲のプロデュースはジェームス・マーフィーが手掛けている。これらの楽曲はテキサスTornillaのSonic Ranchでレコーディングされた。1曲には、ドクター・オクタゴン(クール・キース)が参加している。

"今回は、演奏しやすくって、Lo-Fiなアプローチでソング・ライティングしたの"とカレンO。
"アルバムの大半は、マンハッタンにある私たちの地下スタジオで、ドラム・マシーンと、ポンコツのキーボード、そしてたくさんのディレイ、私たちはThe Soupと呼んでるんだけど、を使ってデモ録音したのよ。"
"このレコードはみんなが聞いたことのある私たちの作品の中で、もっともきまぐれで、幻覚状態のようか感じの楽曲になってるわ"と彼女は続ける。 "レゲエのルーツだったり、ミニマリストたちのサイケデリック文化の影響も感じることができるはずよ"

■シングル「サクリレッジ」のMusic Video解禁!

■ YEAH YEAH YEAHS (ヤー・ヤー・ヤーズ) official link
http://www.universal-music.co.jp/yeah-yeah-yeahs/

YEAH YEAH YEAHS(ヤー・ヤー・ヤーズ)
『モスキート』
2013/04/17発売!
>>ご購入はこちらから!

★YEAH YEAH YEAHS(ヤー・ヤー・ヤーズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2013-04-04 19:01 この記事だけ表示