来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース] グラミー賞常連!全米が恋するシンデレラ歌姫キャリー・アンダーウッド、デビュー10周年を記念しベスト盤を発売![ニュース]

グラミー賞6度、ビルボード・ミュージック・アワード8度、その他含めトータルで65ものアワードを受賞!いまや全米シングル/アルバム・チャート、そしてグラミー賞常連のトップ・シンガー、キャリー・アンダーウッドが、デビュー10周年を記念した自身初のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』を2/4に発売する。
彼女は2005年に放送された全米の超人気TV番組「アメリカン・アイドル」のシーズン4に出場、辛口審査員として有名なサイモン・コーウェルにその美しい歌声と美貌を絶賛され「彼女はいずれ大物になる」とお墨付きをもらい見事優勝、同年に発売した1stアルバム『サム・ハーツ』で約700万枚を超える大ヒットを記録し、その後2007年に発売された2ndアルバム『カーニバル・ライド』、2009年発売の3rdアルバム『プレイ・オン』、2012年発売の4thアルバム『ブローン・アウェイ』の3枚いずれも全て全米アルバム・チャート初登場1位を獲得。
アルバム総セールスは1,500万枚を超え、計20を数えるシングルのうち13曲が100万枚以上のセールスを記録するという輝かしいキャリアを築きあげて、トップスターの仲間入りを果たした。自身初となるベスト盤にはその20のシングルをすべて収録しているほか、客演曲や初披露のレア・トラック、さらに今年の第57回グラミー賞でも「最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞」にノミネートされ現在MVがYouTubeにて約800万回視聴されるなど話題の最新シングル「サムシング・イン・ザ・ウォーター」も収録。本日よりソニー・ミュージック洋楽オフィシャルTwitterではベスト盤発売を記念してバレンタイン直前のスペシャル・キャンペーンもスタート。歴代の大ヒット・シングルを網羅したベスト盤とともに是非チェックしてほしい。

■Carrie Underwood - Something in the Water

【オフィシャルサイト】
Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド) 日本オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/carrieunderwood/

【関連商品】
Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)
『グレイテスト・ヒッツ』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2015-02-05 12:24 この記事だけ表示

[ニュース] ボブ・ディラン、米国最大の定期刊行物『AARP(全米退職者協会)・ザ・マガジン』の独占インタビュー[ニュース]

ボブ・ディランが、36作目のスタジオ・アルバム『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』が2月4日に発売されるのに先駆け、米国最大の定期刊行物『AARP(全米退職者協会)・ザ・マガジン』のインタビューに答えた。AARPとは、以前は「American Association of Retired Person」(全米退職者協会)と呼ばれていた、会員4000万人、50歳以上の人なら誰でも会員になることができる全米最大の「非営利団体」。その定期刊行物でもある「AARP ザ・マガジン」は米国最大の発行部数を誇っている。
ボブ・ディランがインタビューに答えるのは約3年ぶりのこと。合計1万5000字にわたるインタビューの中では、新作のレコーディングの裏話、フランク・シナトラからアーヴィング・バーリンにまで多岐にわたるアーティストたちへの思い、そしてアメリカのバラードの名曲をレコーディング・アーティストとしての人生におけるこの時期に解釈しようと決めたかなどが語った。ジャック・フロスト(ボブ・ディラン)がプロデュースを手がけた『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』は、2012年に世界的ヒットを博した『テンペスト』以来、ボブ・ディランが放つ初めての新しい音楽となる。

インタビューのハイライトは以下の通り。

<フランク・シナトラの影響やアーヴィング・バーリンについて>
・フランク・シナトラの偉大さについて:
「…彼がいなくなったことなんてなかった。わたしたちがここに残るはずだと思っていたものは、実際には消え去ってしまったけどね。でも彼がそうなったことはない」

・フランク・シナトラがもしこのアルバムを聴いたら:
「まず、これらの曲を我々が5人編成のバンドでやったってことに驚くと思うよ。ある意味誇りに思ってくれるんじゃないかな」

・アーヴィング・バーリンについて(アメリカを代表する偉大な音楽家。代表作は「ホワイト・クリスマス」「ゴッド・ブレス・アメリカ」など。今作では「ホワットル・アイ・ドゥ」が彼の作品)
「何から何までやった男というのを僕はひとりだけ知っている。それがアーヴィン・バーリンだった。彼はメロディも歌詞も書いたんだ。あの男は全くの天才だったね。というか、彼はとにかく留まるところなく才能を与えられ続けていたんだ。…」

<音楽とレコーディングについて>
・音楽を生演奏で録音することについて:
「これらの曲は僕にとってたったひとつの方法でしか録音できないものなんだ。それはごく少ない数のマイクを使って、フロアで生演奏することだった。ヘッドホンもオーバーダブもヴォーカル・ブースも、個別のトラッキングもない。昔ながらのやり方だっていうのは分かっているけど、わたしにとっては、こういう曲をやるのにうまくいく唯一の方法なんだ。ヴォーカル的には、マイクから6インチ(約15cm)くらいしか離れていないところで歌ったような気がする」

<カルチャーとミュージック・ビジネスについて>
・若者たちが’40年代や’50年代の曲を“corny”(陳腐)だと思うかどうかについて:
「これらの曲は受け入れるにしろ拒むにしろ、少なくとも素晴らしい美徳を持った曲なんだ。これらの曲はそういうものだ。それらが古臭く陳腐に聞こえるのであれば、それについてはそれだけだね。でも今日、人々の生活は、あらゆる悪徳やその罠に満ちている。野心、貪欲さ、身勝手さはみな悪徳と関係があることを、遅かれ早かれ見抜かなければならない。さもないと生き延びることはないからね。…悪徳が破滅させる人々のことは見えない。わたしたちはその華やかな部分を毎日見ているに過ぎないんだ。ビルボードの広告から映画、新聞、雑誌まで、わたしたちが見るところすべてにね。わたしたちはあちこちに人生の破滅とその嘲りを見ている。これらの曲はああいうものとは程遠い。ロマンスは永遠に廃れることがない、急進的なものなんだ。今のメディア・カルチャーからは外れているかも知れないけど…」

・アメリカにおける大企業の影響力について:
「この国は大企業に乗っ取られてしまった。レコーディング・スタジオの中でもね。大陸の端から端まで見ても、みんな同じ服を着て、同じことを考えて、同じものを食べている。何もかもが加工されてしまっているんだ」

<本人の人生と時代について>
・1966年の隠遁生活の時期が、子供たちを守るためだったかどうかについて:
「全くその通りだよ。芸術を諦めてそうしたんだ…」「確かにそうしたよ。そうしなければならなくなったのは辛かったね。でもそれ以外選択肢がなかったんだ」

・テレビなしで育ったことについて:
「わたしはテレビなしで育った最後か、それにかなり近い世代だったんじゃないかな。だからわたしたちはラジオをよく聴いていた。…わたしたちにとってはこれがテレビみたいなものだった。耳にしたものすべてを、どんな姿か想像することができたからね。ラジオで耳にするシンガーも、どんな姿か見ることができなかったから、どんな姿か想像したんだ。…そういうことのおかげで、今のリスナーとしてのわたしがある。ドアがバタンと閉まる音とか、車の鍵がジャラジャラ鳴る音とか、小さなものに耳を澄ますようになったんだ。木々の間を吹きぬける風、鳥たちの歌、足音、ハンマーが釘を打つ音とかね。そういうランダムな音さ。牛のモーと鳴く声もね。そういうのをみんなギターで爪弾いて、歌にすることができたんだ」

ボブ・ディランは、これまでにグラミー賞11度受賞、ロックの殿堂入り、ソングライターの殿堂入り、英セント・アンドルーズ大学と米プリンストン大学からは名誉博士号を授与された他、数々の栄誉を受賞。ここ10数年はノーベル文学賞候補として毎年取りざたされている。近年のボブ・ディランは“新たな全盛期”ともいえる大活躍ぶりで詳しくは下記を参照していただきたい。ボブ・ディランの全世界トータル・アルバム・セールスは1億2500万枚以上。2014年日本では今年3月から4月にかけて来日公演が行なわれ、それに伴うキャンペーン”ディラン祭り”を実施。全オリジナル作品、ライヴ、ベスト盤を含む43作品をすべて紙ジャケットで復刻、30周年記念コンサートの映像作品とCD、11月19日には歴史的作品『ベースメント・テープス・コンプリート:シリーズ第11集』を発表、12月24日には究極の神ジャケ・プロジェクト第4弾として1990年から2000年代までのオリジナル作10タイトルが再発され、43作品が遂に完結した。2015年2月4日早くも新作『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』が発売となる。

【近年のボブ・ディランについて】
<ボブ・ディランの近年のスタジオ録音5作について>:
ここ15年の間に5作はリリース。いずれも最高峰の評価を得る
●1997年:『タイム・アウト・オブ・マインド』はプラチナ・ディスクを獲得、アルバム・オブ・ザ・イヤー他、複数のグラミー賞を受賞。
●2001年:『ラヴ・アンド・セフト』も引き続きディランにとってプラチナ・アルバムとなり、グラミー賞に数部門ノミネートされ、最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバムを受賞した。
●2006年:『モダン・タイムズ』は全世界で250万枚以上を売り上げるとともに、ディランにとってさらに2つのグラミー賞をもたらした。
●2009年:『トゥゲザー・スルー・ライフ』も売上が100万枚を超え、初めて全米と全英の両方および他5ヶ国で初登場1位となった。
●2012年:『テンペスト』はリリースと同時に、14ヶ国でトップ5に到達。ここ数年の間に全世界を回った。コンサートでは、このアルバムからの楽曲を中心にセットリストに加えている。

<近年の受賞歴他動き>
●2000年スウェーデンのポーラー音楽賞を受賞
●2001年映画『ワンダー・ボーイズ』の挿入歌「シングス・ハヴ・チェンジド」でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞を受賞。
●2004年に発売され世界中でベスト・セラーとなった『ボブ・ディラン自伝(Chronicles: Volume One)』はニューヨーク・タイムズ紙のベスト・セラー・リストに19週間ランク・イン。
●2005年マーティン・スコセッシ監督によるドキュメンタリー『ノー・ディレクション・ホーム』放映。
●2008年ピューリッツァー賞特別賞受賞。 「卓越した詩の力による叙情的な作品により、ポピュラー・ミュージックとアメリカ文化に与えた多大な影響」を称えられる
●2009年初のホリデイ・スタンダード集『クリスマス・イン・ザ・ハート』をリリース。同作からの印税はすべて世界中の飢餓対策チャリティに寄付されている。
●2012年アメリカ合衆国文民に贈られる最高位の勲章「大統領自由勲章」受章授賞式ではバラク・オバマ大統領は自身がディランのファンであることを明かしている。
「ボブが23歳になる頃には、その強く独特で、とてもパワフルな声の力で、単にその音楽だけでなく、音楽の伝えるメッセージ性や、どのように人々の心を捉えるかといったことまでを革新的に変えたのです。今日、ブルース・スプリングスティーン
からU2に至るまで、誰もがボブに感謝しています。アメリカの音楽の歴史で彼以上に偉大な人物はいないでしょう。正直、本当に大ファンなんです。大学時代にボブの曲を聴いて、彼がこの国の極めて重要な何かを捉えていたので、私の世界が広がっていったのを覚えてます」(バラク・オバマ大統領)
●2013年フランスのレジオンドヌール勲章受章
http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/


■Bob Dylan - Stay With Me

【オフィシャルサイト】
Bob Dylan (ボブ・ディラン) オフィシャルサイト
http://www.bobdylan.com/us/home

【関連商品】
Bob Dylan (ボブ・ディラン)
『アナザー・セルフ・ポートレイト(ブートレッグ・シリーズ第10集)』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

Bob Dylan (ボブ・ディラン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Bob Dylan (ボブ・ディラン) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2015-02-03 19:53 この記事だけ表示

[ニュース] パット・メセニー・グループ初のベスト・アルバム ジャケット解禁ッ!TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」ジャケット仕様に決定ッ!![ニュース]

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」エジプト編エンディング・テーマとして絶賛オンエア中のパット・メセニー・グループの名曲「ラスト・トレイン・ホーム」。
エジプトを旅する承太郎一行のイメージを感じさせるこの曲に、往年のファンはもちろん、アニメを通してこの曲を知った新たな層まで好評を得ている。
そして、日本オリジナル企画で世界に先駆けて3月4日にリリースとなる、彼ら初のベスト・アルバムのジャケットがTVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」ジャケット仕様に決定しましたッ!!

「Last Train Home」、「Have You Heard」、「Here To Stay」など、数々のグラミー賞受賞作品をはじめ日本で人気のある楽曲のみ12曲を収録。
原作者、荒木飛呂彦先生から、シングルに続いてこのベスト・アルバムにもお墨付きコメントを頂いた!

パット・メセニーのギターで表現される、大陸を通り抜ける“風”のイメージに惹かれます。
「印象派の音楽」といった趣があります。
荒木 飛呂彦

承太郎一行の旅に寄り添うように流れる「ラスト・トレイン・ホーム」をはじめ、パット・メセニー・グループの数々の名曲・名演を収録したベスト・アルバムを聴きながら、‘承太郎一行の旅’ を感じてほしい。
さらに、この『エッセンシャル・コレクション〜ラスト・トレイン・ホーム』CDショップ購入者特典も決定した!
TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」エジプト編のアニメーション絵柄告知ポスター(B2サイズ予定)を購入者特典としてプレゼントされる。
*こちらは先着となりますのでお早めにご予約ください。
*一部店舗は対象外となります。詳しくはCDショップにお問い合わせください。

<パット・メセニー・グループ 「ラスト・トレイン・ホーム」,アルバム『スティル・ライフ』>
パット・メセニー・グループは1978年にパット・メセニーとキーボーディストのライル・メイズを中心に結成されたジャズ・フュージョン・グループ。
「ラスト・トレイン・ホーム」は、1987年にリリースされたアルバム『スティル・ライフ』に収録されている。
このアルバムはブラジル音楽やサルサ音楽などの影響が感じられる意欲作で、1988年度グラミー賞ベスト・ジャズ・フュージョン・パフォーマンス賞を受賞した大ヒット作品。
「ラスト・トレイン・ホーム」はタイトルどおり、家路へ向かう最終列車を思わせるカントリー調のメロディだが、パットの奏でるシタール風のギターがどこか無国籍な感覚を漂わせており、現在もステージでよく演奏されている人気楽曲。

【オフィシャルサイト】
Pat Metheny (パット・メセニー) オフィシャルサイト
http://wmg.jp/artist/pat_metheny/

【関連商品】
Pat Metheny (パット・メセニー)
『エッセンシャル・コレクション~ラスト・トレイン・ホーム』
発売日:2015/3/4
>>ご購入はこちらから!

★Pat Metheny (パット・メセニー) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Pat Metheny (パット・メセニー) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2015-02-03 19:40 この記事だけ表示

[ニュース]世界最強ガーリー・ポップ・クリエイター、チャーリーXCX待望のニュー・アルバム『SUCKER(サッカー)』日本発売![ニュース]

ガール・パワー全開!マルチな才能で大ヒット連発!
快進撃を魅せる世界最強ガーリー・ポップ・クリエイター、チャーリーXCX待望のニュー・アルバム『SUCKER(サッカー)』2月18日、日本発売決定!
さらに、日本だけのスペシャル曲の収録が決定!
人気アーティスト=安田レイと宏実が日本語作詞を担当しチャーリーが自身の大ヒット曲「ブーム・クラップ」「ブレイク・ザ・ルールズ」を日本語で歌った“ジャパニーズ・バージョン”2曲を特別収録!
1月28日からiTunes Storeにてアルバム先行予約もスタート!!

全米7週連続1位という記録的なヒットとなったイギー・アゼリアのシングル「ファンシー (feat. チャーリー XCX)」に客演&楽曲参加、この曲で第57回グラミー賞では最優秀レコード賞を含む2部門でノミネートされている、 ガーリーな魅力全開の女性アーティスト、チャーリーXCX(チャーリー・エックス・シー・エックス)。
自らのシングル「ブーム・クラップ」も、昨年全米シングル・チャートで最高8位を記録するなど快進撃中の彼女が、米Rolling Stone誌の2014年ベスト・アルバムの6位にランキングされた最新アルバム『SUCKER』を、2月18日に日本発売することが決定したが、その中に“日本のファンのために作ったスペシャルな楽曲”が2曲収録されることが分かった。

そのスペシャルな楽曲とは、なんとチャーリーが自身の大ヒット曲「ブーム・クラップ」「ブレイク・ザ・ルールズ」を日本語で歌ったという“ジャパニーズ・バージョン”で、さらに、その日本語詞を、日本の人気アーティストである安田レイと宏実がそれぞれ手掛けたという、日本のファンにとってはかなりプレシャスなトラックだ。
チャーリーと言えば、2013年に彼女が発表したシングル「Super Love」で密かに来日し、新宿の超人気スポット=ロボットレストランでミュージック・ビデオを撮影、昨年8月サマーソニック2014で再来日した際には、「ブーム・クラップ」の日本版ミュージック・ビデオを渋谷やお台場で撮影した他、きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfume、Tommy february6といった日本のアーティストが大好き!と公言するなど、実は“かなりの日本ツウ”であり、昨年8月の来日時には”新しいアルバムが出る時に日本のファンのために日本語で歌ってみたい“という希望を日本のスタッフに漏らしていたという。
その理由をチャーリー本人はこう語っている。

「私は日本が大好きで、「Super Love」のミュージック・ビデオを撮影した東京の滞在は素晴らしかった!日本の文化やファッションには魅了されてきたわ。
東京へ行く度に、まるで他の惑星に来たような気分になるほど、日本は素晴らしくて凄いところ。
だからこそ、今回自分の曲を日本語で歌ってみたかったの。これは、是非とも挑戦したかったことなの。
というのも、私はきゃりーぱみゅぱみゅをはじめとしたJ-Popが好きで、日本語詞の楽曲の響きが素晴らしいと思ってたから。ちゃんと歌えてたらいいけど(笑)!」

こうしてチャーリー本人からの提案でスタートしたこの企画は、日本側スタッフとチャーリー側のセッションを経て、楽曲のイメージも考慮し、最終的に「ブーム・クラップ」の日本語詞を安田レイが、「ブレイク・ザ・ルールズ」の日本語詞を宏実が担当することとなった。
こうして、2014年11月末には、ちょっぴりせつない胸キュン・ラヴ・ソングである「ブーム・クラップ」、ガール・パワー全開のハイテンションな「ブレイク・ザ・ルールズ」共に、両アーティストの持ち味が活かされた絶妙な日本語詞が完成し、チャーリー本人の超多忙なスケジュールを縫って2014年の暮れにロンドンにてレコーディングが行われた。

実際のレコーディングでは残念ながらアーティスト同士の対面は実現しなかったのだが、今回のコラボに関して両アーティストはこう語っている。

安田レイ 「私も大好きで、つい口ずさんでしまうCharli XCXの「Boom Clap」、なんと日本語バージョンのリリックを担当させていただきました!
”胸の鼓動が高鳴ってしまう”そんな気持ちを歌った、キュートな中にもスパイスのある一曲。
日本語で歌った時も、その想いがストレートに届くような、そんなワードをチョイスするように心がけました!
すごく楽しくて、彼女の魅力が詰まった一曲、是非、彼女のキュートな日本語にキュンキュンしちゃってください♪♪」

宏実 「『BOOM CLAP』が街で流れているのを聞いた時、そのセクシーな歌声とバウンシーかつキャッチーなサウンドに一瞬で惹かれ、すぐにSHAZAMでチェックしてそれからCHARLI XCX の虜!今回『BREAK THE RULES』の日本語バージョンの作詞の依頼を頂けたときはすごく嬉しかったです。日本語詞を書かせて頂いて、自分でも歌ってみて、改めてめちゃくちゃクレイジーで最高に爽快な曲だなと改めて感じました!CHARLIの日本語もすごく上手でビックリ!!
『BREAK THE RULES』日本語バージョン是非聞いて覚えてパーティーで常識外れに派手に騒いじゃってください!!」 そして、チャーリー本人も、両アーティストに感謝のコメントを述べると共に感想をこう語っている。

チャーリーXCX 「ハーイ、レイ!「Boom Clap」の日本語詞を書いてくれてどうもありがとう!
あなたなしでこの日本語バージョンは実現できなかったわ。ホントにありがとう!
ハーイ、ヒロミ、「Break The Rules」の日本語詞をどうもありがとう!
あなたの歌詞に救われたわ!書いてくれてありがとう!日本語詞のレコーディングはもの凄く大変だった。
でも、最終的にはなんとか歌えるようになった気がする(笑)。
すごくカッコいい曲に仕上がったから、実現できてホントにうれしい!」

■Charli XCX - Boom Clap (Tokyo Ver.)

【オフィシャルサイト】
チャーリーXCX 日本オフィシャルサイト
http://wmg.jp/artist/charlixcx/
【ライブ・コンサート情報】
2015/4/15(水) umeda AKASO (大阪)
2015/4/16(木) LIQUIDROOM (東京)
チャーリーXCX チケット情報
【関連商品】
チャーリーXCX
『SUCKER(初回限定“BOOM”プライス盤)』
発売日:2015/2/18
>>ご購入はこちらから!

チャーリーXCX 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>チャーリーXCX アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2015-02-02 20:47 この記事だけ表示

[ニュース] グラミー受賞DJ兼プロデューサー=マーク・ロンソン自身初の大快挙![ニュース]

世界的スーパー・スター=ブルーノ・マーズを迎えた最新シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が全米シングル・チャート3週連続1位を獲得、世界30カ国以上のiTunesシングル・チャートで1位を獲得するなど全世界のチャートを大席巻中のマーク・ロンソン!ブルーノ・マーズが熱唱する同曲のMVはYouTubeにて1億4千万回以上再生されているほか、米人気TV番組「The Voice」での圧巻のパフォーマンスが話題となりすでに約400万回以上の再生回数を記録。
今月海外で発売された待望の最新アルバム『アップタウン・スペシャル』は全英アルバム・チャート初登場1位を獲得、全英シングル・チャートは6週連続1位を獲得しシングル&アルバムともに自身初のダブル1位を獲得!全米アルバム・チャートでは自己最高記録の初登場5位を獲得した。これまでマーク・ロンソンは故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年のグラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞。その他ブルーノ・マーズの全米N0.1ヒット・シングル「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」をプロデュースするなど、DJ兼プロデューサーとしての独自のセンスが多くの著名アーティストからリスペクトされていたが、最新アルバムでは彼の得意分野ともいえる80年代、90年代、00年代のヒップホップやR&B、ソウル、ファンクなどを華やかに盛り込んだ作品となっており、過去最高傑作と多くのメディアが評価。
国内でも最新シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」がUSEN洋楽ランキングで2週連続1位を獲得するほか、iTunesポップ・チャートではシングル&アルバムともに1位を獲得(1/7付)するなどすでに話題を集めている。ブルーノ・マーズほかスティーヴィー・ワンダーが2曲参加するなど豪華アーティスト参加でも話題のニュー・アルバム、待望の国内盤は今春発売予定だ。

オフィシャルサイト】
Mark Ronson (マークロンソン) 日本オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/MarkRonson/

【関連商品】
Mark Ronson (マークロンソン)
『Record Collection』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Mark Ronson (マークロンソン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Mark Ronson (マークロンソン) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2015-02-02 20:31 この記事だけ表示