来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース] イギリスの新星、THE 1975がサマーソニックに2年連続出演決定![ニュース]



昨年、デビュー前にも関わらず日本最大級の夏フェスであるサマーソニックに出演・初来日し、会場を満員にしたことで大きな話題となったTHE 1975。このサマーソニックの直後に本国イギリスにて発売した待望のデビュー・アルバム『THE 1975』は、見事全英1位を獲得。そんな彼らが、今年もサマーソニックに出演することが決定した。

昨年10月16日に日本デビューを果たした彼らのデビュー・アルバムの売れ行きは、ここ日本でも好調で、ポップ〜ロック〜パンク〜シューゲイザー〜R&Bとジャンルをクロスオーバーする多様性にあふれるその音はさることながら、4人全員美男子であるということもその人気の一つと言えよう。
昨年8月にサマーソニック東京公演に出演の為に初来日した彼らは、同フェスティバルの翌週に、ソールド・アウトしていた初の日本単独公演を東京にて行った。そして、今年2月上旬、初のジャパン・ツアーにて日本に戻ってくる!
今回は東京のみならず、大阪でも単独公演を実施予定。東京・大阪ともライヴ・チケットは既にソールド・アウトしたほど人気の高い彼らだが、惜しくもこれらの公演のチケットを手に入れられなかったファンには朗報の、サマーソニック2014の出演決定が本日、公表された。新人バンドが2年連続同フェスティバルに出演するのは早々ないこと。今後の彼らにも期待大だ。

■THE 1975 (ザナインティーンゼブンフィフティー)
マンチェスター出身のバンド。読み方は、ザ・ナインティーン・セブンティファイヴ。メンバーは、同じ中高に通っていた平均年齢24歳の4人。2013年、大ヒット・シングル「チョコレート」で、本国にて一気にブレイクを果たす。同年8月の初来日時には、デビュー前にも関わらずライヴ会場を超満員にするなど、今最もアツいこの大型新人が放った同デビュー・アルバムは、全英初登場1位を獲得!

【オフィシャルサイト】
THE 1975 (ザナインティーンゼブンフィフティー) オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/the1975

【ライブ・コンサート情報】

単独公演
2014/2/4(火) 赤坂 BLITZ (東京)
2014/2/5(水)梅田 CLUB QUATTRO (大阪)
THE 1975 (ザナインティーンゼブンフィフティー) チケット情報

SUMMER SONIC 2014
2014/8/16(土)・17(日)
東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
大阪:舞洲サマーソニック大阪特設会場
※下記ページにて随時ご案内いたします。
[チケット情報はこちら]

【関連商品】
THE 1975 (ザナインティーンゼブンフィフティー)
『THE 1975-デラックス・エディション』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★THE 1975 (ザナインティーンゼブンフィフティー) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>THE 1975 (ザナインティーンゼブンフィフティー) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-01-22 15:19 この記事だけ表示

[ニュース] EDMをリードする世界的DJアヴィーチーのアンバサダーにIMALUさんの就任が決定![ニュース]

世界を席巻するEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)シーンの中でも現在最も世界を踊らせているDJ/プロデューサー、アヴィーチー。iTunesでは世界70ヵ国の国と地域で1位を獲得した大ヒット・シングル「ウェイク・ミー・アップ」を収録したアルバム『トゥルー』が遂に日本でも1月22日に発売となる。


そのリリースを記念して、かねてよりファンであることを公言するIMALUが"アヴィーチー・アンバサダー"に就任。日本でのアヴィーチー大使として活動を行っていくことになった。IMALUはその一環として「ウェイク・ミー・アップ」のカヴァーを本日公開した。
このカヴァーはIMALUが定期的にカヴァー曲をYouTubeに公開し、人気を集めている「IMALU Live Lounge」シリーズの最新楽曲でもある。ニッキー・ミナージュの「スーパー・ベース」のカヴァーは45万回再生を突破するなど、アーティストとしても高い評価を得ている。今回の「ウェイク・ミー・アップ」のカヴァーに関してIMALUは「高い音と低い音の差が大きくて難しかったです!それにこれだけの名曲なので緊張しましたが(笑)大好きな曲を歌えて幸せでした。」と語った。

IMALUがアヴィーチーのことを知ったのは2, 3年前。そして昨年韓国で行われたウルトラ・ミュージック・フェスティヴァルでそのパフォーマンスを見てさらに好きになったとのこと。アヴィーチーについて好きなところは「独自の音楽をもっているところ。曲や映像、照明などすべてがエンターテイナーなところ。そしてイケメン。同じ年として本当に尊敬してます!」と語っている。

2014年には本格的に音楽活動の再開を公言しているIMALUはアヴィーチー・アンバサダーに就任したことについて「日本のファンはもちろん沢山いますが、もっともっとアヴィーチーの音楽が広がるよう私も頑張りたいと思います!」と決意を新たにした。

そしてアルバム『トゥルー』のリリースにあわせて、全国の主要クラブで「オフィシャル・リリース・パーティー」も開催される。日本盤購入者には特典も用意されているので詳細はアヴィーチーの日本オフィシャル・サイトをチェック!

■IMALU Live Lounge - Wake Me Up (Avicii) - Cover


★Avicii(アヴィーチー) 最新情報をお届けします★
Avicii(アヴィーチー)を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
Avicii(アヴィーチー)をお気に入り登録する

■アヴィーチー official link
http://www.universal-music.co.jp/avicii

AVICII (アヴィーチ)
『トゥルー(初回限定盤)』
2014/1/22発売
>>ご購入はこちらから!

★AVICII (アヴィーチ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2014-01-21 19:27 この記事だけ表示

[ニュース] 全米9週NO.1! グラミー賞有力候補の歌姫、ロード。日本の人気女性クリエイターとコラボ![ニュース]



昨年、全米デビューを果たし、女性ソロ・アーティストとしては2013年の最長となる全米シングル・チャート9週連続1位を達成した17歳の歌姫、ロード。日本時間1月27日に発表される第56回グラミー賞でも主要2部門を含む、4部門にノミネートされるなど全世界から大注目が集まっている。
そんなロードが日本デビューとなるアルバム『ピュア・ヒロイン』の発売を2月19日に控え、全米・全英1位獲得シングル「ロイヤルズ」で、日本の人気女性クリエイター=秋赤音(アキアカネ)とのコラボが実現、日本オリジナルのミュージック・ビデオからの画像が公開された。

Youtubeの再生回数でも1億2千万回を超える大ヒット・シングル「ロイヤルズ」の海外でのヒットの秘密は、歌詞とそのメッセージの世界観が同世代であるティーンエイジャーから圧倒的に支持されたこと。 “言葉の壁はあるが日本でもこの世界観を伝えたい”という海外レーベルからの熱い想いに応えるべく、白羽の矢が立ったのが、数々の人気アーティストのCDジャケットも手掛けるなど、クリエイターとしてもその評価も高く、1月18日に劇場公開される映画『エンダーのゲーム』のイメージ・イラストも手掛ける気鋭のアーティスト秋赤音。
アジアはもちろんヨーロッパでも活動を行うなど世界的規模で活動を行っている秋赤音は、日本デビュー前ながらロードの楽曲・世界観を把握しており、今回のコラボ・オファーを快諾。ロードも彼女が描いたラフ画を一目見て彼女の大ファンになり究極のコラボが実現した。日本オリジナルのミュージック・ビデオはロードの日本公式オフィシャルサイト(lorde.jp)にて近日中に公開される予定だ。
「まだアジアには行ったことはないけど、J-POPにも興味があるし、吉本ばななが大好きな作家の1人」という親日家のロード。今後の来日にも期待が高まる。

■ロードからのコメント:
 去年の12月に初めてこのビデオのラフを見せてもらったんだけど、もう最初の画像を見た瞬間に大好きになったの。とにかくクールでしょ。目の細部や爪の色も、雰囲気をつかんでくれていて“凄い”の一言。日本のトップ・クリエイターである秋赤音さんとコラボできて本当に光栄です。

■秋赤音さんからのコメント:
初めて動画を見たときから、あまりの才能と堂々としたパフォーマンスにただただ魅了されました。
更に歌詞の訳を知り、共感を覚えると共に、そうしたありふれた感情を彼女にしか表現出来ないような言葉にまとめられていて感動しました。今回はそんな素晴らしいアーティストLORDEさんの動画を作成することが出来てとても光栄です。今後、どのように成長、活躍していくのか楽しみであり、とても期待しています。

★Lorde (ロード) 最新情報をお届けします★
Lorde (ロード)を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
Lorde (ロード)をお気に入り登録する


■Lorde - Royals (US Version)

■LORDE (ロード) official link
http://lorde.jp/

LORDE (ロード)
『ピュア・ヒロイン』
2014/2/19発売
>>ご購入はこちらから!

★Lorde (ロード) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2014-01-20 17:30 この記事だけ表示

[ニュース] ロス・ロンリー・ボーイズによる、もう一つの「ティアーズ・イン・ヘヴン」の来日公演動画公開[ニュース]

エリック・クラプトンの名曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」を、クラプトン自身がライブで歌わない理由を、知っている人は少なくないだろう。この曲は、彼の亡くなった息子に捧げられた悲しい、私的で特別な曲なのだ。
一方で、ロス・ロンリー・ボーイズの代表曲「ヘヴン」も、悲しい体験をもとに作られた曲だということはご存知だろうか。
「ヘヴン」はロス・ロンリー・ボーイズが第47回グラミー賞で4部門ノミネートされ、最優秀ポップ・グループ賞に輝くきっかけとなった代表曲。日本では朝の人気番組「スッキリ!!」の天気予報のコナーのBGMとしてもお馴染みのナンバー。
明るく爽やかなイメージのこの曲だが、背景には「ティアーズ・イン・ヘヴン」同様に、悲しい出来事があるのだ。

彼は、14歳になる頃から父や2人の弟(ジョジョとリンゴ)と共にナッシュビルで毎晩ステージに上がっていた。当時は酔った客から心ない言葉をかけられる事もあり、辛い日々だったという。
しかし、やがてヘンリーの前に全てを分かち合える女性が現れ、18歳で男の子の父親となった。かけがえのない家族を得て、幸せな毎日を送っていたヘンリーだったが、そんな日々は長くは続かなかった。
愛息子、エンリケが乳幼児突然死症候群(SIDS)によって天国へと旅立ってしまったのだ。ヘンリーは「何故神様はこれほどまでに僕に試練を与えるのだろう」と打ちひしがれて、何も手につかなくなってしまった。

その時、涙に暮れるヘンリーにまるで息子からのメッセージのごとく、浮かんで来たフレーズ、それが「ヘヴン」の一節だったのだ。

「息子に会える天国とは一体どれほど遠くにあるのか?ここよりも心が救われる場所は一体何処にあるのか?どうしたらこんな自分の生き方を変えられるのか?」

神様にこのように問いかける歌詞は、その時のヘンリーの心の叫びであり、息子を悼む気持ちだった。このようにして出来上がった曲はやがて、悩みを抱える多くの人々の心の琴線に触れ、世界的なヒット曲となったのだ。

そして今も、この曲が持つ癒しのメッセージ、ポジティヴなヴァイヴは世界中の人達の心に届き続けているというわけだ。「ティアーズ・イン・ヘヴン」を歌わないと決めたクラプトンとは対称的に、ヘンリーはこの曲を歌い、伝え、人々と共有することで自分の体験を昇華していく道を選んだのだ。

いよいよ1月30日から来日公演が始まるロス・ロンリー・ボーイズだが、2012年に行われた前回の単独来日公演での「ヘヴン」のライブ映像が1月10日にYouTube上に公開された。(協力:WOWOW)

■Los Lonely Boys - Heaven (Live in Japan 2012)

このライブ・パフォーマンスについて、メンバーのジョジョ(vo & b)はこう語る。
「初来日したときの「ヘヴン」の感動のテイクが日本盤に収録されるなんて最高だね!とてもスペシャルだ。あの日のことは凄く覚えてるよ。ステージ上からオーディエンスが泣いているのが見えたんだ。本当に素晴らしい、何ものにも代え難い時間だった。早く日本に戻ってプレイしたいよ。」

辛い過去や、悩みを抱えている方も、同じ想いを共有できる彼らの来日公演に足を運んでみてほしい。この単独来日公演時の「ヘヴン」の音源は、『レヴェレーション』の日本盤にボーナス・トラックとして収録されている。

■ロス・ロンリー・ボーイズ オフィシャルリンク
http://www.sonymusic.co.jp/artist/LosLonelyBoys/

公演情報

2014/1/30 (木) LIQUIDROOM(東京)
2014/2/1 (土) Nagoya CLUB QUATTRO (愛知)
2014/2/2 (日) SHANGRI-LA(大阪)
[チケット情報はこちら]

Los Lonely Boys
『レヴェレーション 』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★Los Lonely Boys (ロス・ロンリー・ボーイズ) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)


2014-01-17 17:52 この記事だけ表示

[ニュース]1D、日本初!ドコモのCMに出演!1/14(火)よりオンエア!![ニュース]

2011年のデビューからイギリス・アメリカ・日本を始め世界中で一大センセーションを拡大し続けている今世紀最大のスーパー・グループ=ワン・ダイレクション(1D)。
昨年11月にリリースした通算3作目の最新アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』が日本、アメリカ、イギリスを始め世界31の国と地域で週間チャート1位を獲得し、アメリカでは「グループとしては史上初のデビュー・アルバムから3作連続初登場1位」という自身の世界記録を更新するなど、世界中で空前の大ヒット中の彼らが、日本のCMに初めて出演することとなった。

1Dが登場するのは、NTTドコモ『ドコモの学割2014』新TVCM 「Message from 1D~たった3年で人生は変わる。~」篇で、使用楽曲は最新アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』収録の「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」。1月14日(火)より日本全国で順次オンエア開始される。
今回のCMは、「たった3年で人生は変わる。」というメッセージのもと、結成から僅か3年で一躍世界のスーパースターとなり、その人生をガラリと変えた1Dが登場。
家族や友人を大切に思う気持ちなど、これまで見せなかった素の表情、等身大の言葉が楽しめる内容。

1Dを起用した理由についてNTTドコモは、『毎年ドコモは、学割をはじめとした料金プラン、強いLTEネットワーク、豊富な機種ラインナップ、さまざまなサービスで、学生みんながつながり、新しい一歩を踏み出すことを応援してきました。普通の学生から、たった3年で人生をガラリと変えたONE DIRECTION。彼らとコラボレーションし、彼らを通じて、『たった3年で人生は変わる』というメッセージを発信することで、これから新しい毎日をはじめる日本の学生たちに、勇気や希望を与えることができたら。そんな想いから出演を依頼いたしました。
上記の料金プラン、ネットワーク、機種ラインナップ、サービスはもちろんのこと、CM、グラフィック、WEB施策などのコミュニケーションにおいても学生を応援し、「さあ、みんなでひとつに。ドコモにONE DIRECTION」をメッセージにすることで、この春も、ひとりでも多くの学生とそのご家族に、より充実した毎日をお届けすることを目指します。』と発表している。

【「Message from 1D~たった3年で人生は変わる。~」篇】は、ごく自然に他愛もない会話をしながら歩いている1Dが、コンサートスタッフやメイク、スタイリストとすれ違いながら廊下を進んでいくと、最後は大勢の観客が集まるライブ会場にたどりつくというストーリー。途中で映るのは5人ではしゃぐときとは打って変わり、普段TVでは見せないリラックスした表情で普通の学生として過ごしていた3年前の日常を語るメンバー1人、1人の姿。ハリーは「3年前までは、かなり素朴な毎日だった」、ルイは「公園に集まる典型的なイギリスの10代。」、ゼインは「友達は自分にとって大事な存在。」、リアムは「正直、子どもの頃は全然お洒落じゃなかった。」、ナイルは「自分を信じて夢を追い続けろってことかな。」と。

5人は廊下でマイクを受け取って円陣を組み、かけ声と共に階段を駆け上がった先には多くのファンが待ちわびるライブステージが。3年前には想像すらできなかった舞台。1Dの活動を通じて3年間で人生が変わった様子を表現。

メンバー(ゼイン、リアム、ハリー、ルイ、ナイル)が個々に3年前の自分について語り、今では世界のスーパースターの座に上りつめた彼らが、3年前は普通の平凡な青年だった様子がうかがえる内容。普段見ることのできない自然体の1Dから、CMを見る日本の学生たちも、自分たちにも同じような何かが起こる3年間が待っている、これまでとは違う新しい出会いや成長が待っていると感じてもらえるだろう。

撮影が行われたのは2013年クリスマス直前のロンドン。超多忙の1Dが今回の撮影にさけた時間は僅か2時間という中、メンバー同士仲が良いことで知られる1Dは、5人集まれば、踊ったり、叫んだり、楽器で楽しんだり、メンバー同士でふざけ合ってと大はしゃぎ。なかなか撮影が始められない、なんてことも。撮影の間にはメンバー5人のキャラクターが炸裂。ハリーは得意の日本語「ガンバリマース」を披露すれば、ナイルは小道具のドラムセットで遊び、ゼインが撮影内容をリポートしてくれる裏で、ルイはカメラがまわる直前までスケートボードに乗って大騒ぎ。そしてリアムはそんなメンバーの「舞台裏」の様子をビデオカメラで撮影してくれた場面も。終始笑顔と笑い声の絶えない現場だったという。

また、メンバーは日本のファンに向けて、「日本に行った時はいつもみんなのお陰で最高の時間を過ごしているよ。ライブも素晴らしかった。いつも遠くから応援してくれて、僕たちが行くのを待っていてくれてありがとう。絶対に行くから待っててね!また直ぐに会えるのを楽しみにしてるよ!」とメッセージを送っている。

今回のCMで使用されている「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」が収録されている最新アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』は発売1か月ながら早くも全世界で400万枚以上のセールスを売上げ、前作を上回る勢いで大ヒット中。日本でもヒットを記録した映画「ワン・ダイレクション THIS IS US」のDVD/ブルーレイが2014年2月12日に日本発売。また、同日よりマダムタッソー東京にて、ロンドン~NY~シドニーを経て等身大フィギュアの3カ月限定展示もスタート。また、今年4月からは、25,000枚のチケットが即日完売した日本公演を含め世界中で200万人以上を動員した昨年のアリーナ・ツアーを上回るワールド・スタジアム・ツアーも控える1D。まだまだその勢いは止まらない。

★ONE DIRECTION (ワン・ダイレクション) 最新情報をお届けします★
ONE DIRECTION (ワン・ダイレクション)を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
ONE DIRECTION (ワン・ダイレクション)をお気に入り登録する

■ONE DIRECTION (ワン・ダイレクション) official link
http://www.sonymusic.co.jp/artist/onedirection/

ワン・ダイレクション
『ミッドナイト・メモリーズ-アルティメット・エディション』
NOW ON SALE

>>ご購入はこちらから!

★ONE DIRECTION (ワン・ダイレクション) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
アーティストページ (PC)
アーティストページ (モバイル)
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)

2014-01-16 18:44 この記事だけ表示