来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ライブレポ] Brian Littrell スペシャルライブ イベントレポート!![ニュース]

ブライアン・リトレル スペシャルライブ イベントレポート
日時:2006年7月10日(月)
場所:渋谷 O-EAST
 今年1月に日本でもドームツアーを成功させた、Backstreet Boys(BSB)のブライアン・リトレルが、初のソロアルバム『Welcome Home』リリース記念の完全招待制イベントを行った。1万人の応募が殺到し、ラッキーなファン1000人が集まった。

 会場アンケートによる質問にブライアンが答えながら、弾き語りによるライブパフォーマンスを挟むフリースタイル形式。来日した空港で大勢のファンに出迎えられ、BSB全員で来たと思われたんじゃないかと驚いたというブライアン。ソロになってBSBと違う点は?の質問に「ひとりぼっち」と日本語でおどけ、よりパーソナルなメッセージを込めたアルバムになったと語った。

つづきはこちら(PC版のみ)

 


Brian Littrell の公演情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
2006-07-19 15:50 この記事だけ表示   |  コメント 0

[ニュース] アンダーワールドが手がけるオリジナル・サントラが発売![ニュース]

photo

アンダーワールドが手がける映画『Breaking and Entering』のオリジナル・サウンドトラックは、今秋V2より発売されることとなった。

映画『Breaking and Entering』は、『コールド・マウンテン』、『イングリッシュ・ペイシェント』等の監督、アンソニー・ミンゲラが監督・脚本を手がけ、ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ等が出演する。
全米公開は今秋を予定しており、日本公開時期は未定。

アンダーワールドは、過去にも映画『トレインスポッティング』で「ボーン・スリッピー」が起用され、大ブレイクしただけに、期待は高まるばかりだ。

     ★       ★       ★       ★       ★

【アンダーワールド】

93年にアルバム・デビューを飾って以来、現在まで4枚のオリジナル・アルバムをリリースし、世界のダンス・ミュージック・シーンを塗り替えてきた。また映画「トレインスポッティング」の挿入歌「ボーン・スリッピー」(96年)が映画と共に大ブレイクしたことがきっかけとなり、一躍メジャー・シーンに躍り出た。彼らの活動は自身もメンバーの一員であるアート集団TOMATOと連動によって、音楽作品のみならず、ライヴ、アート、ファッション、映画、コマーシャル、コンピュータと、表現の可能性をどこまでも広げてきた。そのマルチメディア活動の集大成をしたDVD”Everything, Everything”(2000年)をリリースし大ヒットを記録した。
2005年には「エレクトラグライド」で来日を果たしている。また2005年秋以降、自身のサイト(http://www.underworldlive.com/)のみで次々と新作を発表、販売をしており話題を呼んでいる。

     ★       ★       ★       ★       ★

【アンソニー・ミンゲラ】

演劇、テレビ界でキャリアをスタートし、、「モース警部」シリーズなどの脚本を手掛け、「愛しい人が眠るまで」で映画監督デビュー。96年作品の「イングリッシュ・ペイシェント」がアカデミー監督賞など9部門を制覇し映画も大ヒット、巨匠の仲間入りを果たした。
99年に「太陽がいっぱい」をパトリシア・ハイスミスの原作に忠実にリメイクした「リプリー」でもアカデミー脚色賞などにノミネートされ、他にも「コールドマウンテン」でも数々の賞にノミネートされている。脚本家出身であるため、キャラクターの内面の創造に定評がある。

     ★       ★       ★       ★       ★

その他、アンダーワールド情報に関しては下記URLまで
http://www.v2records.co.jp/underworld

 

2006-07-14 14:02 この記事だけ表示   |  コメント 0

[ニュース] カリブの大型新人タミー・チン!来日ショウケース・ライヴ開催[ニュース]

ショーン・ポールも太鼓判を押すタミー・チン、来日ショウケースに先着100名!

レゲトンはもう古い?いま、レゲエ最新ヒット・リディムの最有力となっているのが、ショーン・ポール昨年のメガヒット曲「ウィー・ビー・バーニン」に使われ大ブレイクを果たした“ステップス”。そして、そのリディムを使用し、現在クラブ・シーンを席巻しているのがライトスキンなレゲエ・ポップ・クイーン=タミー・チンによる「ハイパーヴェンティレイティング〜恋はハイ↑ハイ↑ハイ↑」。日本でも既に着うたで大ヒットしており、今夏の定番チューンとなりつつあります。

タミー・チンは、1983年、ジャマイカはキングストンの生まれ。中国の血も混じったミクスチャーで、ショーン・ポール、ビーニー・マン、シャギーなどとのコラボレーションで一躍シーンの注目を浴びた本格派アーティスト。ショーン・ポールは彼女について、「ビヨンセと組んだ以上、それ以上のR&B女性アーティストはいない。だから自分と同じ国の、同じくらいセクシーで、同じくらい才能のあるタミーと組もうと思ったんだ」と語っています。

そんなタミー・チンが、待望のデビュー・アルバム『アウト・オブ・メニー...ワン』発売(8月9日予定)を前に、7月21日(金)、西麻布の
CLUB XROSS(http://www.club-xross.com/)にて来日ショウケース・ライ
ヴを行います。開場18:00、開演19:00で、バックには現在大ブレイク中のレゲエー・ダンサー=なすっこキューカンバも参戦決定!当日は何と先着100名まで無料で入場できるとのこと。昨年のリアーナに続くカリブの大型ニューカマーを見逃したくなければ、21日18:00、XROSSに集合!詳しくはhttp://tami-chynn.jpまで。

[新譜]ジャネット・ジャクソン新曲『CALL ON ME feat.NELLY』解禁![ニュース]

JANET JACKSONの新曲『CALL ON ME(コール・オン・ミー)』が2006年6月21日が日本時間午前0時に本邦解禁されました!

TOSHIBA EMI INTL.サイトでは早速、新曲の先行試聴をスタート!!

ジャム&ルイス、ジョンタ・オースティン、ジャーメイン・デュプリ、ネリーなど
超豪華アーティストが参加の先行シングル。是非!皆様下記サイトからお聴きください。

待望の通算9枚目のニュー・アルバム『20 Years Old』は9月20日に日本先行発売決定。(世界発売9月26日)
こちらもお楽しみに!!

■ジャネット・ジャクソン新曲先行試聴はこちら!
http://www.toshiba-emi.co.jp/intl/special/0609janet/audio.htm (PCのみ)

JANET JACKSONの来日公演が決まった際はメールでお知らせします。JANET JACKSONのアーティストの最新情報はもちろんプレゼント応募や先行予約もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!

[新譜] KASABIAN 待望の2ndアルバム“EMPIRE”今秋9月リリース![ニュース]

デビュー作でレジスタンスをスタート、怒涛のライヴ活動で世界中に無数の賛同者を増殖させ、無敵艦隊と化したKASABIANが今作ではいよいよ本格的に体制を制覇!!!

翻された反旗はそして帝国となり、強力な破壊力を持って世界を凌駕する・・・

危険度100%の最新アルバムはその名も"EMPIRE"。

X-Dayは9月6日!!


〜About new album "Empire"〜

"This album's for all the kids who fought for us"-Serge
このアルバムは、俺達の為に戦った奴らに捧ぐものだ。---サージ

Tracklist:

1.Empire
2.Shoot The Runner
3.Last Trip
4.Me Plus One
5.Sunrise
6.Aponea
7.Program 88
8.Stuntman
9.Seek & Destroy
10.British Legion
11.The Doberman


★オアシスやローゼズ、マニックス等UKのトップアーティストの名作を生み出したウェールズのRockfieldスタジオにて制作された本作は、 精力的なツアーで培ったバンドとしての彼らの底力が見事に刻み込まれ、ヴィンテージな質感をもちながら、それでいて、彼ららしい"今"なサウンドに仕上がった、正にカサビアン節の真骨頂的作品!!!

★Producerは前作同様The Music, Editors, DJ Shadowとの仕事で知られるJim Abiss,MixerはNirvanaの"Nevermind"やLim Bizkit等を手掛けた名職人Andy Wallaceが担当。