来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース] エイミー『グラミー賞』歌詞を変えてのパフォーマンス!ここ日本でもバックオーダー殺到!![ニュース]

 2月10日にロサンゼルスのStaples Centerで開催された、アメリカ最大の音楽賞『第50回グラミー賞』の授賞式で、主要3部門を含む最多5部門で受賞したエイミー・ワインハウス。最終的に彼女はロンドンから衛星生中継で授賞式に参加しました。

Amy Winehouse (エイミー・ワインハウス)ロンドンは朝4時。グラミー賞としては異例の衛星生中継を敢行。気になるエイミーのパフォーマンスは・・・。心技体、全てがパーフェクトだった。横綱相撲とも言える圧倒的で、貫禄のパフォーマンス。顔には生気がみなぎり、目力も復活、声も張りがあり、数日前までリハビリ施設に居たというのが信じられないくらい素晴らしかった。

まず1曲目はグラミー賞関係者へのメッセージかと思われる、「ユー・ノウ・アイム・ノー・グッド」(私が良い子じゃないのは分かってるわよね)。曲の途中で“My Blake”と夫の名前を一度叫んでいるのに気付かれました?

そして、世界的ヒットとなった「リハブ」。ここでもエイミーは拘置所に拘留されている夫にメッセージを送っている。エイミーのことを思い最低の旦那と別れるよう助言する中、I’d rather be at home with Ray, → I’d rather be at home with Blake,(家でレイ・チャールズを聴いてた方がずっとまし → 夫(ブレイク)と家にいた方がずっとまし)I’m gonna, I’m gonna loose my baby, → I’ll never never lose my baby,(私の愛しい人をきっと たぶん失ってしまうから → 私は私の愛しい人(夫)を絶対、絶対失ったりしないわ)

と歌詞を変えてパフォーマンス。誰もが感動し、エイミーの実力を再認識させるもので、これでグラミー賞複数獲得に異論を挟む者など現れるはずもないと強く確信させられるパフォーマンスだった。

主要部門の“Record Of The Year”受賞の際には再びロンドンと回線が結ばれましたが、当初エイミーは、驚いた様子で立ちつくすばかり。その直後、バンドのメンバーやコーラス隊から抱きしめられ、祝福されると、観客から「エイミー! エイミー!」とコールされる中、次のような受賞コメントを述べています。
 「みなさん、ありがとう。私の両親にも。この賞は、(夫の)Blakeのものよ。そして、ロンドンに捧げるわ。カムデン・タウンが焼け落ちてしまったんだから(抜粋)」。

この衛星生中継の後、エイミーは、入院中のリハビリ施設に戻っています。
ちなみに、今回の『グラミー賞』では、エイミーのプロデューサーとして知られるMark Ronsonも、“Producer Of The Year, Non-Classical”部門で受賞。授賞式に出席した彼は、「彼女(エイミー)が、ここに居たら良かったと思うよ。僕達がこのアルバム…、この旅路を共に歩んできたという事実を考えると、これはその頂上だ。音楽界における、最も重要な夜だからね」と語っていました。
さらにカニエ・ウェストの“Best Rap Album”受賞時、ステージ上でトロフィを手にしたカニエは、次のような受賞コメントを述べています。「エイミー・ワインハウスとプロデューサーのMark Ronsonが“Album Of The Year”を受賞すべきだ。俺もね」

この話題を受けて、ここ日本でも新聞・テレビなどを賑やかしがあり、オーダー殺到!昨日「バック・トゥ・ブラック」のバックオーダー、何と脅威の1日で5万枚!これでアルバムのトータルセールス、15万枚突破!この勢いは止まらない!まさに世界制覇!

◆エイミー・ワインハウスオフィシャルサイト
http://amyrehab.jp

メールこの記事を友達に教える
(PC版のみ)


エイミー・ワインハウス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[ニュース] ネヴァーストア日本デビューに先駆けて、“ストリート・チーム”を大募集![ニュース]

Neverstore (ネヴァーストア)



★SUM41 日本公演のツアーのオープニング・アクトに大抜擢!!
期待の新星ネヴァーストアが“ストリート・チーム”を大募集!!
ストリートからネヴァーストアを盛り上げていきましょう!!

ネヴァーストアいよいよ2月20日、日本デビュー!
そして早くも4月に行われるSum41のオープニング・アクトに新人にして異例の大抜擢!
日本でもっとも支持を集めるパンク・ロック・バンドのオープニングで、最高の形で日本お披露目を
果たすネヴァーストアが、日本デビューに先駆けて、日本のファンにサポートを呼びかけ!!

“ストリート・チーム”を大募集!

>>ストリート・チームとは、バンドを愛するファンが草の根活動で、あちこちにバンドの情報を
流布していく…、いわゆるサポーターであり、口コミ活動隊!
日本でデビューするにあたり、一番リスナーに近いストリートから盛り上げていこうという企画です!

ストリート・チームでは、自身のHPや、ブログ、SNS等のWeb上でネヴァーストアを
どんどん宣伝していきます! 
アーティスト・サイトへのリンクの貼り付けや、バンドの紹介など、方法は様々!
そして紹介したページのURLをBMGの所定ポストに送信!→inter@bmgjapan.com

また、ネヴァーストアのチラシを配布するメンバーも大募集中!
学校や行きつけのショップ、クラブ、ライブハウス等…。ネヴァーストアを地域に広めるべし!
ストリート・チームに参加して頂いた方の中から抽選で5名様に、
ネヴァーストアオリジナルT-シャツをプレゼント!!
また応募者全員に、ネヴァーストアフラッシュ待ちうけをプレゼント中!(期間限定)



Neverstore (ネヴァーストア)Neverstore(ネヴァーストア) are:
<中>
Jacob Widen(ジェイコブ・ウィデン)
(Vo/Gu) Born: 1 December 1983
<左>
Oscar Kempe(オスカー・ケンペ)
(Ba) Born: 9 September 1984
<右>
Erik Lantz(エリック・ランツ)
(Dr) Born: 23 May 1986

★SUM41ジャパンツアー全公演に出演★

(※愛知追加公演を除く)
■4/21(月) ZEPP NAGOYA
■4/22(火) ZEPP FUKUOKA
■4/23(水) ZEPP OSAKA
■4/24(木) ZEPP OSAKA
■4/26(土) ZEPP SENDAI
■4/29(火) 国立代々木競技場第一体育館

チケットチケットのお申込み
[PC] [携帯]

メールこの記事を友達に教える
(PC版のみ)

NEVERSTORE の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


  

[ニュース] 新作が絶好調のマーズ・ヴォルタは忍者がお好き!?[ニュース]

"理解するのではない、美しくも残酷なこのカオスにおぼれてしまえばいいんだ!"という、強烈なキャッチが印象を残す、実に4枚目のオリジナル・アルバムとなる新作『ゴリアテの混乱』を発売したマーズ・ヴォルタ、今週日本先行発売となった今作ですが、初動は絶好調!!1/22付けのオリコン・デイリー・チャートでは並み居る邦楽の強豪の中、総合14位!洋楽では2位というチャートアクションを見せています!特に話題の高音質CD、SHM-CDとライヴやPVなどの映像が入ったDVD付きで発売された限定盤に人気が集中しており、欲張りなマーズ・ヴォルタ・ファンを狂喜乱舞させている模様です!

このSHM-CD、特別に専用のデッキなどを買う必要もなく、通常のCDプレーヤで再生するだけで高音質を体験できるという、優れたシロモノ。特にマーズ・ヴォルタのように楽器の音の数も多く混沌とした音も、高音域から低音域まで、よりクリアーに、より鮮明に、よりラウドに!!再現できており、大絶賛!ちなみに、ローリング・ストーンズやエリック・クラプトン、スティーリー・ダン、スティーヴィー・ワンダー、カーペンターズなどなど、人気旧譜中心に50タイトルを同じく今週(1/23)に一斉発売しており、コチラ(http://www.shm-cd.jp)もチェックすべし!!

また、サウンドはもちろん、タイトル、ジャケット、歌詞、キャラクター・・・いつもナゾの多いマーズ・ヴォルタですが、今作の制作のテーマは"ボード・ゲーム"なんだとか・・・。"オマー(Gu.)がエルサレムに行ったときに、骨董品でお土産を買ってきてくれたんだ。そのお土産がボード・ゲームで、ストーリーは恋愛の三角関係をテーマにしたものだったんだけど、三角関係に巻き込まれてしまうと実際の世界でも悪いことがたくさん起きて・・・。ゲームの中に精神や心が囚われてしまい、まるでバンドが巨大なモンスターにとり憑かれてしまったような状況になってしまったんだ。それがこのアルバムのタイトルの由来になっているんだよ。(ゴリアテとは旧約聖書に出てくる巨人で、西欧では巨大なものという意味の比喩としてよく使われる)その御祓いとして、僕らがこのボード・ゲームの音楽版を作るしかないと思ったんだ。ゲームにはたくさんの詩篇が書かれたりしていて、それも歌詞のように思えて、アルバムの曲中にも登場しているよ"とは、ヴォーカルのセドリック。全くもって一般人の感覚とは超越しております・・・。ちなみに、このアルバムのテーマとなったボード・ゲームのマーズ・ヴォルタ・バージョンなのか、海外のアマゾンのサイトではPCでプレイできるナゾのゲームがWebで公開されております。

メールこの記事を友達に教える


マーズ・ヴォルタ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[ニュース] ジャック・ジョンソンのスクリーン・セーバー無料DL企画実施中[ニュース]

Jack Johnson (ジャック・ジョンソン)サーファー、フィルム・メーカー、そしてシンガー・ソングライターとして独自のスタイルを築き上げた 全米ミュージック・シーンのカリスマ、ジャック・ジョンソン。待望の4thアルバム『スリープ・スルー・ザ・スタティック』が、2月6日に発売されます。これを記念して、ジャック・ジョンソンのスクリーン・セーバーが無料でゲットできるキャンペーンを実施! ダウンロードして、あなたのPCをジャック・ジョンソン仕様にしよう!


■ユニヴァーサルミュージック・ジャック・ジョンソン特集ページ
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/jack_johnson/index.html

(U-EXPRESS会員登録が必要です。もちろん会費無料!)

ジャック・ジョンソン来日公演
■4/12(土)、4/13(日) 
横浜赤レンガパーク野外特設会場(神奈川)

■MYSPACE
http://www.myspace.com/jackjohnsonmusic

メールこの記事を友達に教える
(PC版のみ)

ジャック・ジョンソン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp


[ニュース] ジャネット新曲“フィードバック”のPV全貌判明!制作費1億円!よりセクシーな映像!コンセプトは「原点回帰」、そして「近未来」[ニュース]

世界に君臨する歌姫ジャネット・ジャクソン(41)の、来る08年2月20日(予定)にリリースする約1年半ぶりの新アルバム「ディシプリン」に収録されるリード・シングル“フィードバック”のPVの内容が判明した。

全身黒のウェットスーツ風の衣装に身を包んだジャネットとダンサーたちが宇宙から無機質な地上に舞い降りて激しいダンスを披露する、近未来を想定したスペーシーな世界観。ダンスの背景にはCG処理を施した白い液体が乱舞し、赤い全身タイツ風衣装に身を包んだシーンでは謎の白い発光球体を操るジャネットが。そもそもこの楽曲“フィードバック”はかなりセクシーな意味合いを含んだ内容の曲で、白い液体は精液、発光球体は卵子をデフォルメしたもので、舞台となっている宇宙は子宮・母体をイメージしている。“フィードバック”がセクシーな楽曲・PVに仕上がったことに関して、「セックスのことを語るのは恥ずかしいことではない」とジャネットは述べている。

さらにジャネットの十八番とも言える集団ダンスもたっぷりと披露しており、まさしく出世作「コントロール」(86年)や「リズム・ネイション」(89年)の頃に原点回帰を果たしている。本人自らが振り付けやコンセプトを考えたようで、まさしく新アルバム「ディシプリン」にかける意気込みが並大抵でないことを伺わせる。2パターンある黒と赤の衣装も、身体のラインがはっきりとわかる全身をピタッと包むもので、シェイプ・アップの効果が持続していることは明らか。「いかにも女の子的なファッションは好きでない」と広言するジャネットだけに、どこか男勝りでお転婆なイメージだ。ちなみに赤い衣装時ではハイヒールを履いており、ジャネットにとってハイヒールでのダンスは初挑戦だった。

 なお、同PVは1月18日(金)より日本のテレビ等で解禁、お茶の間で目にすることができる。
 この“フィードバック”のPCと「着うた(R)」は今週水曜日にリリース開始!「着うたフル(R)」は1月30日にリリース。

さらにアルバム「ディシプリン」はアイランド・デフ・ジャム移籍第1弾となり、同社会長のLAリード(49)によれば「アルバム「ヴェルヴェット・ロープ」(97年)の頃からジャネットにはアプローチしていた。まさしく10年越しの恋が実った」と語っている。マライア・キャリーボン・ジョヴィを大復活させたLAリードの手腕は、ジャネットでも冴えわたるに違いない。

メールこの記事を友達に教える
(PC版のみ)


■MYSPACE
http://www.myspace.com/janetjackson

ジャネット・ジャクソン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp