来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース] ソニマニ/サマソニ出演カサビアン、デビュー10周年を飾る新作が4作連続で全英1位![ニュース]

2000年代前半/UKロックバブル期の他とは一線を画す衝撃デビューから、2000年代後半のシーン不振にも動じることなく、デビュー10周年を迎えた現在まで高い支持を獲得し続けるイギリスを代表する国民的バンド、カサビアン。常に万単位の会場をソールドアウトし、2012年にはヨーロッパ最大級のレディング/リーズ、そして今年は、ロックバンド最高の名誉であるグラストンベリーや日本でもソニックマニア/サマーソニック(大阪)ヘッドライナーも務める世界的ライブ・アクトとしても知られている。そんな彼らの不動の人気を実証するように、通算5作目となるニュー・アルバム『48:13』(フォーティーエイト・サーティーン)が2ndアルバムから4作連続となる全英1位を獲得。今週18日にはボーナストラックや初回特典を加えた日本盤CDの発売を迎え、21日には、彼らの母国イギリス中部に位置し、ロンドンから電車で1時間ほどの地元レスターにあるヴィクトリア・パークで、5万人もの観衆を前に新作発売記念スペシャル・ライブを開催する。

「今作は俺たちにとって最もビッグで最もモダンで最もアグレッシヴな作品になった。これまで違ったアルバムを作ることで学んで、多忙な旅を経験してきて、これまで作った中で、これまで学んだ中で、最高のものができたよ。」(サージ)
「今作のアルバム・タイトルはシンプルで、俺もサージも、アルバム・タイトルの意味とかをいちいち説明するのがもう面倒なんだ。なぜ『ヴェロキラプトル!』や『ルナティック・アサイラム』なのかって。だからシンプルにアルバムのトータル・タイム(ボーナストラックを除く)=『48:13』にした。明白なタイトルだ。俺たちにはもう説明の必要がない。」(トム)
「このピンクは未来的なパンクのエッジがあるんだ。タイトルはアルバム全体の経験を完璧に要約してる。これ以上ない最高のタイトルになってるんだ。」(サージ)
と今作について語るトムとサージ。

また、新作のキックオフとなった4月下旬のパリ公演後に、「最高だったよ。バイクに乗るように古いギアもうまく作動してた。最初のショウであれだったら、日本に行くまでにどんなことになってるか分からないな。出だしがあれだったら、火星まで行く勢いだ。」と語っていた彼ら。8月のソニックマニア/サマーソニックへの出演に関して、「俺たちは日本が大好きなんだ。8月に日本に行く頃にはライヴの経験も十分に積んでいる。日本は俺たちがバンドとして人気の出た場所でもある。それに、観客の反応がワイルドで、イギリスでも見たことないくらい。だから、日本とは常に恋愛関係にあるようなもんで、俺たちに対して親切で敬意を表してくれてきた。日本のみんなは俺たちが何をしたいのか常に理解してくれてきたと思うんだ。だから楽しみで仕方ないよ。絶対に楽しませる。」とメッセージを送る。

レスター公演後、今月29日にはロックバンド最大の名誉であるグラストンベリー・フェスで初のヘッドライナーを務め、8月にはソニックマニア/サマーソニックでついに日本にやってくるカサビアン。ライブ体感熱望度を昂ぶらせる、デビュー10周年を飾る集大成にして最高傑作『48:13』を引っ提げ、カサビアンが全開モードに突入している。

■Kasabian - Re-Wired

【オフィシャルサイト】
KASABIAN (カサビアン) オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/kasabian/

【ライブ・コンサート情報】

SONICMANIA
2014/8/15(金)
東京:幕張メッセ
※下記ページにて随時ご案内いたします。
[チケット情報はこちら]

【関連商品】
KASABIAN (カサビアン)
『48:13』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★KASABIAN (カサビアン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>KASABIAN (カサビアン) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-06-19 15:51 この記事だけ表示

[ニュース] ピットブル、2014 FIFAワールドカップ大会公式ソングを開会式で熱演![ニュース]

記念すべき節目の第20回大会となる2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会の開会式が 日本時間、6月13日(金)の午前3時より行われた。
開会式では、Ne-Yo、クリスティーナ・アギレラ、アッシャー、シャキーラ、KE$HA(ケシャ)等とのコラボで数多くのヒット曲を排出、自身でも全米1位シングルを2曲持つ、世界的に高い人気を誇る<お祭り番長>ピットブルと音楽界、映画界で共にアメリカン・ラティーナ最大のセレブ、ジェニファー・ロペス、ブラジルを代表する美女シンガー、クラウディア・レイチの3名による今大会の公式ソング「ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)」のパフォーマンスが行われ、大会の開幕に大きな花を添えた。
サッカー王国ブラジルのサンパウロ・アリーナで行われたオープニング・セレモニーは中央に設置された球体LEDを中心にブラジルを象徴する、あふれる自然、陽気な人間、サッカーというセレモニー・コンセプトに即した様々な衣装を身に付けたダンサーの踊りと映像からスタート。パフォーマー500人、地元ダンサー800人を始めとして約1750名が参加するブラジルの歴史と文化を象徴する圧巻のスペクタクルが披露された後、「ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)」のイントロが流れ始めると中央の球体LEDが開き青色の衣装を着たクライディア・レイチが登場し歌唱をスタート。続いて、ブラジル・カラーのポロシャツを着たピットブルとグリーンの衣装に身をまとったジェニファー・ロペスが装置の中から登場、直前に登場したすべてのパフォーマーとともに公式ソングで大いに式を盛り上げ、会場を一体にするワールドカップ開幕の祝宴にふさわしい熱演となった。

★Pitbull (ピットブル) 最新情報をお届けします★
Pitbull (ピットブル) を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
Pitbull (ピットブル) をお気に入り登録する


■Pitbull - Timber ft. Ke$ha

【オフィシャルサイト】
Pitbull (ピットブル) オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/pitbull/

【関連商品】
Pitbull (ピットブル)
『ワン・ラヴ、ワン・リズム 2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会公式アルバム』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

Pitbull (ピットブル) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>Pitbull (ピットブル) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-06-19 15:24 この記事だけ表示

[ニュース] 満員のファン感涙の嵐!TLC圧巻のベストヒット・ライブ!本日大阪にて最終公演![ニュース]

4年ぶりとなるTLCの来日公演。6月18日、東京・赤坂BLITZには、彼女たちの登場を待ちわびるファンが早々と詰めかけ、開演30分前には立錐の余地もないほどだった。オーディエンスの7〜8割は女性。いわゆるB・ガール的なファッションに身を包んだ人もいれば、お揃いのTLCのTシャツを着たグループもいるなど、心の底からTLCを愛していることが瞬時に伝わってきた。

バンドが定位置につき、DJが客席を煽った後、まず6名のTLCダンサーズが威勢よく登場。歓声が飛び交う中、ダンサーたちと同じ淡いブルーのセットアップ姿のT・ボズとチリが姿を現すと、絶叫にも近い大歓声が会場に轟く。デビュー時のストリート・ガール的なイメージのまま「Ain't 2 Proud 2 Beg」でスタートしたショウは、前半、「What About Your Friends」「Silly Ho」「Hat 2 Da Back」といったヘヴィ・ビートのアップ・チューンで猛攻撃。ステージの熱気に負けじと、客席も大合唱で応える。その後も「Baby-Baby-Baby」「Diggin' On You」「Red Light Special」とベイビーフェイス作のキュートでセクシーなミディアム〜スロウを3連発。続く「Creep」も含め、90年代アトランタを象徴するようなディープでレイドバックしたグルーヴで懐かしさを誘い、T・ボズのハスキーなアルト・ヴォイスとチリの滑らかでコシのある声も当時のままで、“あの頃”に連れ戻してくれた。

ショーの後半、「FanMail」「I’m Good At Being Bad」の前後ではファンに心からの感謝の気持ちを送ったT・ボズとチリ。続いてアコースティックな音使いの「Damaged」「Unpretty」では、その切なさの滲むリリックがに共感を得ているであろう、多くのファンが共に口ずさむ。その後ダンサーたちのパフォーマンスを挿み、チリとDJによる「自惚れの強いダメ男に“絶対NO”を突きつける」パフォーマンスも盛り込んだ「No Scrubs」で本編は終了。これほどまでのベストヒットの連続に会場の熱気はピークに達したかに見えたが、満員のオーディエンスの心を最も掴んだのは紛れもなくアンコールで歌った「Waterfalls」。「レフト・アイが一番好きだった曲よ」というチリの紹介の後、ラップのパートではステージ後方のモニターに故レフト・アイの映像が映し出され、観客の涙を誘った。天国に旅立ったレフト・アイは、もう帰ってこない。けれど一度結ばれた糸は解かずに前進していく……そんな思いを伝えるべく最後に歌ったのが、昨年本国で放映された伝記映画『Crazysexycool: The TLC Story』のためにNe-Yoが書き下ろした新曲「Meant To Be」だったのだろう。レフト・アイを含めた変わらぬグループの絆、そしてファンとの絆を確かめ合うようにしてライヴは終了した。アッという間だが濃密な70分。ロビーや帰り路で、涙を流しながら語り合う女性グループが多かったが、TLCの音楽とともに生きてきたことを改めて噛み締めたに違いない。



なお、本日6月19日にはTLC大阪公演(なんばハッチ)が行われる。

2014年6月18日(水)赤坂BLITS
〈演奏曲目〉

-INTRO-
Dubstep
Ain't 2 Proud 2 Beg
What About Your Friends
Silly Ho
Hat 2 Da Back
Baby-Baby-Baby
Diggin' On You
Red Light Special
-DJ BREAK-
Creep
Fanmail
I'm Good at Being Bad
Damaged
Unpretty
-DANCER BREAK-
No Scrubs

-ENCORE-
Wtaerfalls
Meant To Be

【オフィシャルサイト】
TLC (ティーエルシー) オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TLC/

■TLC - Creep
【ライブ・コンサート情報】
2014/6/18(水) 赤坂BLITZ (東京)
2014/6/19(木) なんばHATCH (大阪)
TLC (ティーエルシー) チケット情報
【関連商品】
TLC (ティーエルシー)
『グレイテスト・20イヤーズ・ヒッツ』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★TLC (ティーエルシー) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>TLC (ティーエルシー) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-06-19 12:05 この記事だけ表示

[ニュース] リリースから38年『ラモーンズの激情』がゴールドディスクを獲得![ニュース]

1976年のリリースから実に38年。今もなお多くの人に愛され続けているラモーンズのデビュー・アルバム『ラモーンズの激情』がついに50万枚のセールスを記録し、アメリカでゴールドディスクに認定されたことが明らかとなった。

ラモーンズといえば、メンバー全員ラモーン (Ramone) の姓を名乗り、UK、USそして日本のパンクロックに多大なる影響を与えた伝説のバンド。ちなみに元メンバーのC・J・ラモーンは、昨年開催されたフジロックフェスティバル'13のGREEN STAGEに出演。「Gabba Gabba Hey!」のコールで会場を大いに沸かせたのも記憶に新しい。

今回のゴールドディスク獲得にあたり、日本でファンクラブ「RAMONES FAN CLUB JAPAN」を運営している畔柳氏は「ラモーンズのファーストは、100年経っても色あせないアルバムだと始めて聴いた瞬間に誰もが思うんじゃないかなぁ。タイトルの『ラモーンズの激情』、レンガの前にずらっと並ぶメンバーのモノクロの写真、1曲3分足らずのシンプルな曲の集大成、どれも38年前という古さを全く感じさせない。語り継がれるものって、錆びないということを実証しましたね。メンバーは亡くなってしまっているのに作品が生きているって本当に凄いことだと思います!」と喜びを語っている。


【オフィシャルサイト】
RAMONES (ラモーンズ) 日本オフィシャルサイト
http://wmg.jp/artist/ramones/index.html

C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) オフィシャルサイト
http://acmerecords.net/badchopper/

★C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) 最新情報をお届けします★
C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) をお気に入り登録する

【関連商品】
C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン)
『ラモーンズの激情 (紙ジャケットCD) [Limited Edition]』
NOW ON SALE
>>ご購入はこちらから!

★C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
>>C.J.RAMONE (シージェイ・ラモーン) アーティストページ
>>メールで受信する (お気に入り登録)


★洋楽来日公演ライブ、チケット情報ほか連日連夜更新中!
ヨーガクプラス

2014-06-18 12:52 この記事だけ表示

[ニュース] LOUD PARK 14出演も決定しているUKバンド、ドラゴンフォースに新ドラマーが加入![ニュース]


8月に最新作を発表、そして10月にはLOUD PARK 14出演も決定しているUKが誇るメロディアス・スピード・メタル・フォース:ドラゴンフォースに新ドラマーが加入!

8月13日に待望の最新作『マキシマム・オーヴァーロード』を発表する、イギリスが生んだ超絶メロディアス・スピード・メタル・バンド、ドラゴンフォースは、元BRAINDAMAGE、KILL RITUALのドラマーであったジー・アンザローネを新たなドラマーとしてバンドに迎え入れたことを発表した。

イタリア出身のジーは、ミラノにあるNAMMアカデミーを卒業後ドラム講師としても活動していたのだが、彼の加入により、ドラゴンフォースの特性の一つとも言うべき多国籍のメンバー構成がより際立つこととなる。ジーのライヴ・デビューは、9月17日のエジンバラ公演からスタートする「マキシマム・オーヴァーロード」、今までバンドのリズムを任されてきたデイヴ・マッキントッシュの後任としてドラゴンフォースの一員となるのだ。

デイヴ・マッキントッシュは今後プログレッシヴ・ロックへの音楽的愛情を追求していくべく別の道を進むという。今回の脱退において、デイヴはこうコメントを残している。
「長く考えた結果、俺はプログレッシヴ・ロックへの愛情を追求していくために、ドラゴンフォースのメンバーと別々の道を進むことにした。メンバーにはこれからも世界的に幸運が続くことを願っているよ。個人的にも『マキシマム・オーヴァーロード』の発表をすごく楽しみにしている。だってこの作品は今までドラゴンフォースが発表してきた作品の中でも一番最高な作品なんだからね! 数えきれないくらいのツアーやショウ、そして発表してきたアルバムを通してサポートし続けてくれたファンには本当に感謝している。君たちがいなかったら、とてもここまでやってこれなかったと思うよ。これからはプログレッシヴ・ロック・シーンで名の知れたアーティスト達とプレイして、ツアーをし続けていく予定だ。また君たちにどこかで会えることを本当に楽しみにしている。ステイ・メタル! 数週間のうちにオープンするデイヴ・マッキントッシュのウェブサイトも是非チェックしてみてくれ。いろんなビデオをこれからアップしてく予定だからね。 ドラゴンフォースよ、永遠なれ!」

ドラゴンフォースのギタリスト、ハーマン・リはドラマーの交代劇についてこう語っている。
「デイヴとはいろんなことを一緒に経験してきた。友人として、そしてミュージシャンとして、彼がドラゴンフォースにもたらしてくれたすべてに本当に感謝しているんだ。彼の新しいプロジェクトが素晴らしいものになるよう、メンバー全員が願っているよ」

■ ドラゴンフォース official link
OFFICIAL SITE:www.dragonforce.com
OFFICIAL FACEBOOK: http://www.facebook.com/dragonforce
OFFICIAL TWITTER: http://twitter.com/dragonforcehq
OFFICIAL YOUTUBE CHANNEL: http://www.youtube.com/dragonforce


DRAGONFORCE(ドラゴンフォース)
『マキシマム・オーヴァーロード』
2014/8/13発売!
★日本盤のみボーナス・トラック1曲追加収録
★日本盤初回限定3Dジャケット仕様
★通常盤&DVD付限定盤 同時発売

>>ご購入はこちらから!


★DRAGONFORCE(ドラゴンフォース) 最新情報はこちら★
コンサート情報や、チケット優先予約などのお得な情報はこちらでチェック!
DRAGONFORCE(ドラゴンフォース) アーティストページ
メールで受信する (お気に入り登録 PC・携帯共通)


★LOUD PARK (ラウドパーク) 最新情報をお届けします★
LOUD PARK (ラウドパーク) を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
LOUD PARK (ラウドパーク) をお気に入り登録する


LOUD PARK (ラウドパーク) の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録は こちらから!
http://yo.eplus.jp


2014-06-06 17:29 この記事だけ表示