来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース]スティーヴ・アップルトン、ショウケース・ライヴ開催で大盛況![ニュース]

20億円の超イケメン新人遂に日本上陸!
スティーヴ・アップルトン、
「完全オール・イン・ワン」なショウケース・ライヴ開催で大盛況!


キマグレンのクレイがこの夏「大注目する海外アーティスト」として8月「音霊」への出演も大決定!

AppletonLiveMain235.jpg7月29日にアルバム『ザ・サン・カムズ・アップ』で日本デビューを果たすスティーヴ・アップルトン。デビュー・アルバムにして作詞・作曲・プロデュース、そしてパフォーマンスまでを100%自身で手がける<完全オール・イン・ワン>アーティストとして大きな話題を呼んでいるが、その才能とモデル以上のルックスでも大きな注目を集め、なんとCDデビュー前にもかかわらずヨーロッパと中国では本人出演のCMを含む超大型タイアップが決定!この春から各国で約20億円という大規模キャンペーンで展開され、まさに世界で話題沸騰中だ。 そのスティーヴ・アップルトンが現在プロモーションの為、初来日中!昨日都内で行われたデビュー・ショウケース・ライヴでは、超話題の新人をひと目見ようとファンとメディア関係者が詰め掛け、ぎっしりと会場を埋めつくした。大勢のオーディエンスで熱気が高まる中、ライヴがスタート。

AppletonLive1_235.jpg
現在J-WAVE “McDonald’s TOKIO HOT 100” (6/7付)で早くもTOP10内にランクインを果たしているデビュー・シングル「ダーティ・ファンク〜パーティは終わらない!」をはじめ、デビュー・アルバムから6曲を披露。そのフレッシュなヴォーカル・パフォーマンス、ギターとピアノを自在に弾きこなすマルチ・アーティストぶりで、来場者を魅了!さらに一足先に夏を感じさせてくれるカラフルでポジティヴな楽曲で、アルバム発売前にも関わらず会場は大盛況となった。 同時に、キマグレンのクレイが「この夏大注目する海外アーティスト」として、今年で5周年を迎える「音霊」への出演決定も発表!出演日は8月14日(金)に決定しており、アップルトン本人も「8月に再びファンの前でパフォーマンスすることを今から楽しみにしているよ!」と語っている。


『音霊 OTODAMA SEA STUDIO』とは―
神奈川県/逗子で育ったクレイ& イセキ(キマグレン)の2人が、本当に何もないところから2005年に逗子海岸に立ちあげた夏季限定オープンの「海の家 兼 ライブハウス」。逗子の穏やかな海を愛する気持ちと、音楽(ライブ)に対するリスペクトを融合するべく誕生。今年で5周年を迎える。2009年は、6月19日(金)〜8月30日(日)まで73日間連続で開催! 
http://eplus.jp/sys/web/irg/otodama/index.html

----------------------------------------------------------------------------
この夏の扉をイチ早く開けてくれる!!
09年サマー・パーティ・アンセムの決定版!!

先行シングル
「Dirty Funk|ダーティ・ファンク〜パーティは終わらない!」
着うた(R)、着うたフル(R)はレコチョク他主要サイトで配信中!
PCシングルはモーラ、iTunes Store等主要サイトで配信中!

デビュー・アルバム
『When The Sun Comes Up|ザ・サン・カムズ・アップ』
7月29日 世界先行発売!!
2ヶ月限定スペシャルプライス¥1995(税込)BVCP 40054  
日本盤ボーナストラック2曲収録!


スティーヴ・アップルトン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp



[ニュース]アリス・イン・チェインズ、奇跡の大復活![ニュース]

ジェリー・カントレル率いるUSロック・モンスター、
アリス・イン・チェインズ 奇跡の大復活!


新生アリス・イン・チェインズ、Virgin/EMI移籍第一弾となる待望のニュー・アルバム、2009年9月にリリース決定!!

伝説のロック・バンド、アリス・イン・チェインズがEMI/ヴァージン・レコーズとワールドワイドの独占契約を結び、10年以上の長い時を経て久々のスタジオ・アルバムをリリースすることになった。
彼らはプロデューサーのニック・ラスクリネス(ラッシュ、フー・ファイターズ)と、2008年10月にカリフォルニア州ノースリッジのスタジオ606でレコーディングを始め、最近ハリウッドのヘンソン・スタジオでミキシングを終えたところだ。大きな期待が寄せられているこのアルバムは2009年9月に全世界リリースされる予定。
アリス・イン・チェインズは、今までに何度もグラミー賞にノミネートされ、全世界で1,700万枚以上のアルバムを売り上げ、11曲のシングルをトップ10に送り込む、という輝かしい業績を達成しているロック・バンドだ。
1987年にシアトルで結成され、1990年にアルバム・デビュー。同じくシアトル出身のニルヴァーナやパール・ジャムらと、オルタナティヴ/グランジ・ムーヴメントを牽引した。そのヘヴィ・メタリックなサウンドとダークなグルーヴは多くのファンの獲得に成功し、3枚のスタジオ・アルバムを発表するも、2002年にオリジナル・ヴォーカリストのレイン・ステイリーの死により活動休止を余儀なくされ、解散に至る。しかし、復活を望むファンの声は常に続いていた。
ギタリスト/シンガーのジェリー・カントレル、ドラマーのショーン・キニー、ベーシストのマイク・アイネズは、2005年にインドネシアの津波被災者救済チャリティ・コンサートで再会し、アリス・イン・チェインズを本格再始動させる。
その翌年に新ギタリスト/シンガーでアトランタ出身のウィリアム・デュヴァール(COMES WITH THE FALL)と共にワールド・ツアーを開始。
2006年7月にはUDO MUSIC FESTIVAL 2006に出演、13年振り2度目となる日本でのライヴを行った。「これまで意義深い旅を過ごしてきたし、とてつもない物語だった」と、カントレルは語っている。
「ヴァージン/EMIに籍を置けるなんてとてもエキサイティングだし、アリスのキャリアに新しい一章を加筆できるのが楽しみだ」
「俺達はいい状況にいる」と、キニーが付け加える。
「本当に誇りを持てるレコードを作れたし、音楽に対して情熱を抱いているチームを集めることができた。早くファン全員に新曲を聴いてもらいたい」

アリス・イン・チェインズはオハイオ州コロンバスで最近行われたロック・オン・ザ・レインジ・フェスティヴァルでヘッドラインを務めた。
次のコンサートは7月18日にデトロイトのコメリカ・パークでキッド・ロックと行う。 その後はメタリカと、8月1日、ダブリンのマーレイ・パーク、8月2日、ネブワースのソニスフィア・フェスティヴァル等のショウやフェスティヴァルに出演する予定である。
今年の前半には、レコーディングを一時休止してナイン・インチ・ネイルズと共にオーストラリア公演も行っている。戦闘体制は整っている。

ヘヴィ・グルーヴと歪んだギターが鳴りまくる、新生アリス・イン・チェインズ14年振りの4thアルバムを震えて待て!

◆EMI ミュージック・ジャパン 最新の洋楽情報はこちらから
http://emij.jp/intl/ (PC/携帯 共通)


アリス・イン・チェインズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]エンパイア・オブ・ザ・サン、衝撃のデビュー・アルバムを発売![ニュース]

奇抜なビジュアルとドリーミーなサウンドで
2009年大注目のユニット、エンパイア・オブ・ザ・サン。
衝撃のデビュー・アルバムを発売!


一体これは何なんだ!?
奇抜で度肝を抜かれるコスプレに身を包み、眩しいほどドリーミーでエレクトリック、そしてサイケデリックなサウンドで現在世界中に中毒者続出のエンパイア・オブ・ザ・サン。6月10日にデビュー・アルバム『太陽の帝国』を国内発売し、遂に衝撃の日本上陸を果たす。
エンパイア・オブ・ザ・サンはスリーピー・ジャクソンのフロントマン、ルーク・スティールと、知る人ぞ知る元ティーネージャーのメンバーで現PNAUのニック・リトルモアからなるオーストラリア発、異色のスーパー・デュオ。ルークがカリスマ・ボーカリストとして君臨するスリーピー・ジャクソンは2枚のアルバムをリリースしすでに世界的に高い評価を得ているロック・バンドであり、ニックはエレクトロ・シーンを代表するアーティスト。2人は9年前に衝撃の出会いを果たし、制作活動を開始。現代のミュージックシーンをリードする2人の強烈な個性と想像力が生み出した異次元世界は2008年、オーストラリアでデビューするやいなや反響が広がり、今年遂に世界でリリースされることとなった。
バンド名は、スピルバーグ監督の映画「Empire Of The Sun」に由来しているが、実際はアレハンドロ・ホドロフスキー監督の1973年に公開された前衛映画「The Holy Mountain」(キリストのごとく磔にされた主人公が社会を離れ、道中出合った仲間と共に不老不死を求める旅に出る、というストーリー。)からインスパイアされている。
今回のアルバムはまさに映画を作るように、アルバムの元となる脚本を考え、シーンに合った曲をそれぞれ作ってゆくように制作。こうして生み出された音はキャッチーでありながらも、ブレることのないコンセプトを本質的に占めており、壮大で今のポップシーンとは一線を画している。
一度聴いたら、一度見たら忘れられない存在だ。

walking_on_a_dream200.jpg

●エンパイア・オブ・ザ・サン
デビュー・アルバム『太陽の帝国』(原題:WALKING ON A DREAM)
2009年6月10日発売(輸入盤好評発売中)
TOCP-66889 税込¥2,500
日本盤のみ、ボーナストラック3曲を含む全13曲+ビデオ1曲収録のCDエクストラ仕様

●エンパイア・オブ・ザ・サンに関する詳細は日本版公式サイト
http://emij.jp/eots/ (PC/携帯)   


エンパイア・オブ・ザ・サン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]クイーン+ポール・ロジャース:最新ライヴDVD 7月1日発売決定![ニュース]

クイーン+ポール・ロジャース:最新ライヴDVD
7月1日発売決定!


35万人の大観衆を熱狂させたクイーン+ポール・ロジャースの最新ライヴDVD『ビッグ・ライヴ 2008 〜ライヴ・イン・ウクライナ』が7月1日に発売される。

TOBW-3372.jpg

今作は、最新作『コスモス・ロックス』のリリースに合わせて行われたヨーロッパツアーに先駆けて2008年9月12日のウクライナ、カラコフ広場で開催されたチャリティ・フリー・コンサート「アンチ・エイズ・コンサート」に出演した模様をドキュメント収録。

この公演が行われたカラコフの自由広場はヨーロッパ第2の規模の広場であり世界でも6番目の大きさを誇る。この日はなんと35万人の大観衆が集まり、ギター、ドラムそしてヴォーカルの大爆音と共に地響きのようなコーラスが2時間の全曲で湧き上がった。

昨年の12月1日世界エイズデーには、イギリスと日本で1日限りの映画上映が行われた。日本では新宿バルド9、大阪梅田ブルク7、またアメリカでは11月6日に394館で上映。日本のツアーはまだ実現しておらず、ファン必見のクイーン最新ライヴDVDだ。

◆クイーン日本公式サイト(EMI Music Japan)
http://emij.jp/queen/ (PC・携帯)

◆クイーン+ポール・ロジャース
『ビッグ・ライヴ 2008 〜ライヴ・イン・ウクライナ』
2009年7月1日(水)発売

・DVD:スタンダード・パッケージ
¥4200(税込) TOBW-3373
・2CD / DVD:デジパック、24ページ・ブックレット
¥5800(税込) TOBW-3372
・Tシャツ付ペシャル・パッケージ(輸入盤のみ)2CD / DVD:
デジパック、24ページ・ブックレット

[収録曲]

01. ONE VISION
02. タイ・ユア・マザーダウン
03. ショー・マスト・ゴー・オン
04. ファット・ボトムド・ガール
05. 地獄へ道連れ
06. ハンマー・トゥ・フォール
07. アイ・ウォント・イット・オール
08. ブレイク・フリー
09. Seagull
10. ラブ・オブ・マイ・ライフ
11. '39
12. ドラム・ソロ
13. アイム・イン・ラブ・ウィズ・マイ・カー
14. セイ・イッツ・ノット・トウルー
15. Shooting Star
16. Bad Company
17. ギター・ソロ
18. Bijou
19. Last Horizon
20. 愛という名の欲望
21. C-lebrity
22. Feel Like Making Love
23. ボヘミアン・ラプソディ
24. Cosmos Rockin’
25. オール・ライト・ナウ
26. ウィ・ウィル・ロック・ユー
27. 伝説のチャンピオン
28. ゴッド・セイブ・ザ・クイーン


クイーン+ポール・ロジャース の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]ソニック・ユースが、待望のニュー・アルバム全世界に先がけ日本先行リリース![ニュース]

SONIC YOUTH

SONIC YOUTHのニュー・アルバム、日本発売決定!
Tシャツ+ボーナスCD付き限定もあり!

SONIC YOUTH (ソニック・ユース)

今回レコード・レーベルに縛られない自由な創作活動によって制作された、ソニック・ユース(Sonic Youth)のニュー・アルバム『ジ・エターナル(The Eternal)』。
インディー・レーベルの老舗マタドールから発売される海外盤に続き、いよいよ日本でのリリースが決定! 日本盤はホステスからで、ボーナス・トラック2曲の追加とサーストン・ムーアによるライナー・ノーツ付き。通常盤(HSE-60017 税込2,490円)に加え、初回生産限定のTシャツ付き仕様盤もあり、6/3(水)に同日発売された。
 日本独自のTシャツ付き仕様盤はSサイズ盤(HSE60019)とMサイズ盤(HSE60021)の2タイプがあり、ともに2008年NYライヴ音源入りボーナスCDや、16ページにも及ぶアート・ブック「Sonic Death」も付いて、価格は2タイプとも税込6,980円。
 本作より、ここ数年ツアー・メンバーとしてバンドに参加していた元ペイヴメントのギタリスト、マーク・イボルドが正式加入。アルバムのプロデュースは前作『ラザー・リップト』(2006年)に引き続き、ジョン・アニェッロとアーロン・マランがアシスタントを務めており、レコーディングは昨年11月から12月にかけてバンド保有のEcho Canyon West studioにて行なわれた。従来のレコーディング方法を捨て、作曲しては翌週に即レコーディングという作業を繰り返しての制作となったよう。
 サーストン曰く“十数年経とうと信頼関係が築けなかったメジャー・レーベルからの解放”となった本作、その仕上がりは期待大!

SONIC YOUTH 出演
★SUMMER SONIC 09★

■09/8/7(金)、8(土)、9(日)
東京会場:千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞州サマーソニック大阪特設会場

チケットTickets
[PC]
[携帯]

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/sonicyouth


ソニック・ユース の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp