来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース]ボン・ジョヴィ、ニュー・アルバム『ザ・サークル』緊急先行試聴会に特別ご招待![ニュース]

ボン・ジョヴィ、ニュー・アルバム『ザ・サークル』緊急先行試聴会に特別ご招待!

今年25周年を迎えるボン・ジョヴィが11作目のニュー・アルバム『ザ・サークル』を11月4日に発売します。

さらに、10月25日からは1年9ヶ月ぶりの来日も控えています。このニュー・アルバムの発売と久々の来日を記念して、リリースに先駆けアルバム収録曲の緊急先行試聴会を行います。こちらの試聴会にボン・ジョヴィファンの皆様を抽選で100名をご招待いたします。

応募期間は2009年10月26日までになります。まずは下記のサイトにアクセスしてください。
https://secure.musicreg.net/checkform?force_form=1&form_id=7123

皆様からのご応募を心よりお待ちしております。


『ザ・サークル』〜デラックス・エディション(CD+DVD)
2009/11/4発売
¥2,500 (税込)

>>ご購入・ご予約はこちらから!



地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/bonjovi

★ボン・ジョヴィ 最新情報をお届けします★
ボン・ジョヴィ を「お気に入り」に登録すると、コンサート決定や新譜などの最新情報、
チケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。この機会に是非ご登録を!
ボン・ジョヴィをお気に入り登録する

ボン・ジョヴィ
の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]ブルーノートが送り出す大型新人“クリスティーナ・トレイン”デビュー![ニュース]

ブルーノートが送り出す大型新人“クリスティーナ・トレイン”デビュー!
Spilt Milk

あのJAZZの名門レーベル“ブルーノート”からまた大型新人がデビューした。ノラ・ジョーンズ、プリシラ・アーンに継ぐ、ブルーノート・レコード一押しの女性シンガー・ソングライター“クリスティーナ・トレイン”だ。驚異的なヴォーカルを存分に発揮した都会的でソウルフル、豊潤なアルバム『Spilt Milk』でデビュー。輸入盤CDが10月20日に発売された。

>>ご購入・ご予約はこちらから(輸入盤)

クリスティーナ・トレインは、ボーカリストとして穏やかなバラードやパワフルな声を変幻自在に操り、ブルージーなビブラートが若きダスティ・スプリングフィールドのような幅と気品を見せ、ロンドンの香りとメンフィスの香りも込められている。
ニューヨーク生まれ、ジョージア州サバンナ育ちも彼女は、幼少期にはバレエのレッスンを受け、クラシック音楽やオペラとともに、ジャズやブルースを聴き、さらにヴァイオリンを弾き始めたが、間もなく歌手としての才能に目覚める。10代の頃に、母親がしまいこんでいた、ジョニ・ミッチェル、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツェッペリンなど、60年代や70年代のレコードの山を発見し聴くようになり、19歳の頃には、地元ですでにプロとして歌うようになる。南部を拠点にしていたプロデューサーがトレインをみつけ、ニューヨークのブルーノートに売り込む段取りをつけてくれた。レーベルの首脳陣は育成契約を申し出たが、母親から大学にゆくことを勧められ、その意見に従う。ジョージア州アセンズにある大学に進学したが、一方でバンドに入って音楽活動も続け、勉強よりも練習とライヴ活動に明け暮れる日々を送った。やっと音楽活動に専念できる状況になったとき、ブルーノートは彼女を待ってくれていたのだ。
プロデュースを手がけたジミー・ホガース(プロデューサー/コリーヌ・ベイリー・レイ、ジェイムス・ブラント、ダフィー他)はこう語っている。「クリスティーナは本物のクラシックとなる声を持っている。歌に込められた感情を忠実に表現しながら、いともたやすく歌う」

クリスティーナ・トレインのデビュー・アルバムの国内盤は2010年2月に発売予定。女性シンガーソングライターの系譜にあらたな「名盤」の誕生だ。

◆クリスティーナ・トレイン 日本公式サイト
http://emij.jp/kristina/

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/kristinatrain


クリスティーナ・トレイン の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]20年に1度の奇跡 第2章―レオナ・ルイス、大ブレイクを果たしたデビュー作に続くニューアルバム 『エコー』 日本発売正式決定![ニュース]

20年に1度の奇跡 第2章―レオナ・ルイス、大ブレイクを果たしたデビュー作に続くニューアルバム 『エコー』 日本発売正式決定!

re_LL_Echo.jpg2008年最大の新人として大ブレイクを果たした“20年に1度の奇跡”=レオナ・ルイス。06年、英人気オーディション番組『X-ファクター』において、その5オクターブの声域をもつ類稀なる才能と並々ならぬスター性で英国中を魅了し、圧倒的強さで優勝。翌07年から08年にかけて、シングル「ブリーディング・ラヴ」・アルバム『スピリット』が、イギリスのみならずアメリカや日本を含め世界中で空前の大ヒットを記録。この『スピリット』に続くニュー・アルバム『エコー』の日本発売日が11/25に正式決定。

>>ご購入・ご予約はこちらから!


re_LL_happy.jpgまた、同作からの1stシングル「ハッピー」を今週10/21からモバイル・PCで一斉配信し、11/11にはCDシングルでも発売する。

>>ご購入・ご予約はこちらから!

「ハッピー」は、レオナ自身のソングライティングによる究極の応援ソングであり、感動的なバラード。既に世界中で好調にオンエアがスタートし、間もなくビデオ・クリップも解禁。アルバム『エコー』には、「ブリーディング・ラヴ」を手がけたライアン・テダー、これまでにバックストリート・ボーイズ、ブリトニー・スピアーズ、ボン・ジョヴィなど数多くの著名アーティストのヒット曲を量産してきたマックス・マーティン、グラミー受賞歴も誇るジョン・シャンクスなどが参加し、ジャスティン・ティンバーレイクやノエル・ギャラガーも楽曲を提供。さらなる成長を遂げたレオナのボーカル/表現力と共に、世界中で大ヒットした前作をも凌ぐ内容。

11/2にはレオナの地元であるイースト・ロンドン/ハックニーにある、1901年にオープンし、かつてチャップリンもパフォーマンスした由緒あるミュージック・ホール「ハックニー・エンパイア」にて全世界向け発売記念イベントを開催し、これまでで最大の約10曲をフル・パフォーマンス。来月下旬に世界中で新作『エコー』を発売し、2010年には初のワールド・ツアーも予定している。

◆レオナ・ルイスオフィシャルHP
http://www.sonymusic.co.jp/leonalewis

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/leonalewis


レオナ・ルイス の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]あの人もこの人も・・・全世界の著名ミュージシャンを魅了!ニュートン・フォークナーのニューアルバムが発売中![ニュース]

あの人もこの人も・・・全世界の著名ミュージシャンを魅了!ニュートン・フォークナーのニューアルバムが発売中!



小山田圭吾、押尾コータロー、大橋卓弥(スキマスイッチ)他、日本のトップ・アーティストが絶賛!
全英3週連続1位、100万枚のセールスを記録したデビュー作を凌ぐネクストレベルのポップ・アルバム「リビルト・バイ・ヒューマンズ」が発売中!

デビュー・アルバム『ハンド・ビルト・バイ・ロボッツ』が口コミで全英3週1位、100万枚の大ヒット作を記録し、そのソウルフルな歌声と“超絶アコギ・プレイ”で英SSWシーンのトップに躍り出たニュートン・フォークナー

ここ日本でも幾度かの来日を経てそのマジカルなギター・プレイと素晴らしい歌声で人々を魅了している彼が、待望の新作『リビルト・バイ・ヒューマンズ』を本日10月14日に発売した。英本国では9月28日に発売されて以来「前作を凌ぐ」と各メディアから絶賛をうけ、全英アルバム・チャートトップ3入りを果たす等変わらぬ人気を見せつけている。

ニュートンはジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)や、ロジャー・ダルトリー(ザ・フー)等超大物アーティストのお墨付きを得る“ミュージシャンズ・ミュージシャン”(ミュージシャンから高い評価を得ているミュージシャンの意)として知られているが、今回アルバムに参加しているグラミー・ノミネート・プロデューサーの小山田圭吾氏、押尾コータロー氏、
そして、以前より彼の音楽に興味を持っていた大橋卓弥氏(スキマスイッチ)も「歌はもちろんだが、やっぱり彼のギタープレイに耳を奪われる。リズミカルなギターに、リズミカルな歌。

彼の奏でるグルーヴィーな世界観に一度浸ると抜け出せなくなる事間違いなし。」とコメントを出しているように、海外だけではなくここ日本のトップ・アーティストからも注目を受けている。前作より更に楽曲スタイルの幅を広げたこの注目の新作には親日家であるニュートンが日本盤にのみ収録を許したというザ・ビートルズ「ヒア・カムズ・ザ・サン」珠玉のカバー曲も収録。
この秋美しいメロディに浸りたい音楽ファンの方には是非お勧めしたい、鉄板の一枚だ。

オフィシャルサイト:www.sonymusic.co.jp/newtonfaulkner


newton-faulkner_cd.jpg『リビルト・バイ・ヒューマンズ』
2009/10/14発売
¥2,520 (税込) 

>>ご購入はこちらから!


地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/newtonfaulkner


ニュートン・フォークナー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]マッシヴ・アタック、ニュー・アルバムに先駆けてデジタル配信限定EPをリリース![ニュース]

マッシヴ・アタック、ニュー・アルバムに先駆けてデジタル配信限定EPをリリース!



全ての音楽シーンを震撼させる最後のカリスマ、マッシヴ・アタックが3年ぶりとなる新曲を発表した。
デジタル配信のみでリリースされたのは、新曲4曲が収録された配信限定EP 『スプリッティング・ジ・アトム EP』。
EPのタイトル曲にもなっているリード・トラック「スプリッティング・ジ・アトム」は、Daddy G、3DことRobert Del Najaとマッシヴ作品では常連Horace Andyの3人がヴォーカルを務めている。
「プレイ・フォー・レイン」(Pray For Rain)という曲ではTV ON THE RADIOのフロントマン、Tunde Adebimpeがゲストして迎えられている。
この新曲2曲の他に、実に7年ぶりとなるニュー・アルバムに収録される予定の楽曲のリミックスが2曲加わる。
Martina Topley-Birdをフィーチャリングした「サイケ」(Psyche)を話題のVan Rivers&The Subliminal Kidが、Guy Garveyをゲストに迎えた「ブレットプルーフ・ラヴ」(Bulletproof Love)はChristoff Bergによるミニマルなプロダクションが付け加えられている。

マッシヴ・アタックは5枚目となるスタジオ・アルバムを来年2月に発売予定。
2003年に発表した『100th WINDOW』以来となる実に7年ぶりとなる新作に期待は膨らむばかり!
既にわかっているコラボレーション相手としては上記のTunde Adebimpe (TV ON THE RADIO) / Damon Albarn (Blur/Gorillaz) / Hope Sandoval / Martina Topley-Bird / Guy Garvey / Horace Andyなど。
今回、配信限定としてリリースされたEPは、ニュー・アルバムへのヒントが凝縮された要注目作と言っていいだろう。

『スプリッティング・ジ・アトム EP』

<収録曲目>
1. Splitting The Atom feat. Horace Andy
2. Pray For Rain feat. Tunde Adebimpe (TV on the Radio)
3. Bulletproof Love (Van Rivers and The Subliminal Kid Remix) feat. Guy Garvey (Elbow)
4. Psyche (Flash Treatment) feat. Martina Topley-Bird

◆マッシヴ・アタック アーティスト・ページ
http://emij.jp/massive/


地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/massiveattack


マッシヴ・アタック の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp