来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[ニュース]11月4日、禁断の最新ビデオ遂に解禁…!ブリトニー・スピアーズ 全米No.1の新曲「スリー☆禁断のラヴ・エクスタシー」[ニュース]

11月4日、禁断の最新ビデオ遂に解禁…!ブリトニー・スピアーズ全米No.1の新曲「スリー☆禁断のラヴ・エクスタシー」
re_「3」PVスチール.jpg
   デビュー10周年を記念して発売される最強ベスト『コンプリート・ヒット・シングルズ』の発売に先駆けてリリースされた最新シングル「スリー☆禁断のラヴ・エクスタシー」が、全米シングル・チャート(Billboard Hot100)初登場1位という輝かしい記録を達成したブリトニー・スピアーズ。同シングル・チャートで圏外からいきなりの1位を記録したのは実に3年ぶりの快挙となる!

またリリース初週に全米含め3カ国でiTunesチャート1位、さらに5カ国でiTunesのトップ5にチャートインを果たし、全米ではすでに約60万ダウンロードを達成し、脅威的な快進撃を見せている。ビデオ公開前のシングル・リリースにもかかわらずこれらの偉業を達成したのは、世界中がブリトニーの新曲を待ちに待っていたという人気健在ぶりを証明するもの以外何ものでもない。

そしてその最新シングル「スリー☆禁断のラヴ・エクスタシー」の待望のビデオが完成し、いよいよ本日ここ日本でも解禁となる!「スリー☆禁断のラヴ・エクスタシー」のビデオでは、悩殺必至のゴージャス・ボディを大胆に魅せるセクシーなレオタード姿で登場し、ダンサーとしての本領を遺憾なく発揮!

キケンなほど甘美で官能的な“禁断の愛の世界”をスタイリッシュ&グラマラスなダンスによって描いた傑作ダンス・ビデオに仕上がっており、アメリカでは本人のサイトで公開された瞬間からアクセスが殺到し、再びブリトニー・フィーバーが巻き起こり大きな話題となっている!

   今年に入ってから5年ぶりのワールド・ツアーを開始し、精力的に音楽活動を行っているブリトニー。デビュー10周年を記念して発売される『コンプリート・ヒット・シングルズ』は、デビュー・アルバム「ベイビー・ワン・モア・タイム」から去年発売された全米No.1アルバム『サーカス』に至るまでの歴代ヒット・シングルを完全網羅しているだけでなく、最新シングル「スリー☆禁断のラヴ・エクスタシー」も収録される本当に豪華なベスト盤となっている。またスペシャル・プライス盤CDに加え、ボーナスDVD付き初回生産限定デラックス・エディション(日本盤スペシャル・スリーブ・ケース仕様)の2ヴァージョンが同時発売。
2ヴァージョンともに「ブリトニー・スピアーズ  デビュー10周年記念プレゼント・キャンペーン」の応募QRコードが封入されている!(スペシャル・プライスCDは初回プレスのみ応募券封入。

コンプリート・ヒット・シングルズ(初回生産限定盤)(DVD付)
¥2,729 (税込)
2009/11/25発売

>>ご予約・ご購入はこちら!


コンプリート・ヒット・シングルズ
¥2,310 (税込)
2009/11/25発売

>>ご予約・ご購入はこちら!

この10年、世界最強の“アイコン”として常にシーンを賑やかせてきたブリトニー・スピアーズ。その中でも、今が最もキャリアとしても女性としても輝いていると言って過言ではない。このベスト盤を聴けば、世界がこの10年をブリトニーなしで語ることができないように、これからの未来もまたブリトニーなしでは語ることができないであろうことを確信させられる!

なお、最新シングル「スリー☆禁断のラヴ・エクスタシー」は11月11日より、「着うた?」「着うたフル?」「RBT」の配信を開始する。

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/britneyspears


ブリトニー・スピアーズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]4日間限定! マイケル・ジャクソン遺品展が11/9(月)から開催決定![ニュース]

4日間限定! マイケル・ジャクソン遺品展が11/9(月)から開催決定!
mj46_main.jpg

マイケル・ジャクソンの遺品展が東京・六本木で開催されることとなった。
かねてからマイケルと親交のあったプリンセス天功がプロデュースを務めるこの遺品展。11/21にNYで行われるプライベートオークションに出品される遺品のなかから、プリンセス天功みずから厳選した46点が展示される。

マイケル遺品.jpg

「ビリー・ジーン」で使われたグローブをはじめ、マイケルのシンボルともいえるハットやソックスなど、予想落札価格2億円以上とも言われる貴重な品々が一堂に集まる。
世紀に一人といわれた偉大なエンターテイナーの歴史を彩ってきた数々の遺品に、ファンならずとも胸を熱くするに違いない。

◆マイケル・ジャクソン遺品展 MJ46 JAPAN TOUR
 マイケル・ジャクソンが遺した46の奇跡 PRODUCED BY PRINCESS TENKO

<日程>09/11/9(月)〜11/12(木)
<会場>ROPPONGI HILLS umu (東京)
<開催時間>9日(月) 12時半〜22時(22時半)   10日(火)〜12日(木) 10時〜22時(22時半)
<チケット>前売券 1,000円 (税込)
★前売券をご購入頂いた方には会場にてマイケル・ジャクソン遺品展オリジナルポストカード(非売品)をプレゼント

チケットTickets
[お申込みはこちら]

当日券 1,000円 (税込)
*混雑の場合、当日券の発券を中止・中断する場合がございます
*前売券をご購入頂くと、当日スムーズに入場列にお並び頂けます
*再入場・展示会場内での飲食、喫煙・撮影不可

◆マイケル・ジャクソン遺品展 MJ46 JAPAN TOUR オフィシャルサイト
http://www.mj46.jp/

アーティストの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]AC/DC ’Black Ice Tour’ が‘Billboard Touring Awards’にノミネート[ニュース]

AC/DC ’Black Ice Tour’ が‘Billboard Touring Awards’にノミネート
チケットセールス及びツアー収益を対象として贈られる、‘Billboard Touring Awards'に、AC/DC'Black Ice Tour'がノミネートされた。

2008年10月〜2009年9月迄の集計に基づいており、他にU2‘360TOUR'、マドンナ'Sticky&Sweet TOUR'がノミネートされている。発表は11月5日、ニューヨークにて行われる。

詳細はこちら!(英語)

埼玉、大阪公演事務局2次先行受付中!(〜11/1(日)18:00まで )

カラオケライブスケジュール
■10/3/12(金)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
■10/3/16(火)大阪 京セラドーム大阪

チケットTickets
[お申込みはこちら]


AC/DCの情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]GUNS N' ROSES、日本・台湾・韓国に続き、カナダツアーも決定![ニュース]

GUNS N' ROSES、日本・台湾・韓国に続き、カナダツアーも決定!


東京/大阪公演ほか、台湾や韓国でのツアーも決定しているガンズ&ローゼズがカナダ公演を行う事がプロモーターより発表された。日程は、2010年1月13日から、13公演。

X000000194p.jpg
2010/1/13 Winnipeg MTS Centre
2010/1/16 Calgary Pengrowth Saddledome
2010/1/17 Edmonton Rexall Place
2010/1/19 Saskatoon Credit Union Centre
2010/1/20 Regina Brandt Centre
2010/1/24 Hamilton Copps Coliseum
2010/1/25 London Jhon Labatt Centre
2010/1/27 Montreal Bell Centre
2010/1/28 Toronto Air Canada Centre
2010/1/31 Ottawa Scotiabank Place
2010/2/1 Quebec city Colisee Pepsi
2010/2/3 Moncton Coliseum
2010/2/4 Halifax Metro Centre

詳細はこちら!(英語)

東京・大阪公演チケット発売中!

カラオケライブスケジュール
■12/16(水)大阪 京セラドーム大阪
■12/19(土)東京 東京ドーム

チケットTickets
[お申込みはこちら]

ガンズ&ローゼズ の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp

[ニュース]グラミー賞常連アーティスト ジョン・メイヤー、ニューアルバム『バトル・スタディーズ』発表![ニュース]

グラミー賞常連アーティスト ジョン・メイヤー、ニューアルバム『バトル・スタディーズ』発表!

2009年11月17日、ジョン・メイヤーが『バトル・スタディーズ』を携えて帰ってくる。
ファースト・シングル『フー・セイズ』は、“誰がいけないと言うのさ……?”と因習に異を唱える、巧緻なアンセム。

『Battle Studies/バトル・スタディーズ』
12/2発売予定! ¥2,520円(税込)
(US:11/17発売予定)
※ジャケット写真はUS盤です。

>>ご購入・ご予約はこちらから(US)
>>ご購入・ご予約はこちらから(日本盤)


2009年9月29日、ニューヨーク発――ジョン・メイヤーの『バトル・スタディーズ』が09年11月17日(日本発売12月2日)にコロンビア・レコーズから発売される。7つのグラミー賞に手にしている彼の4枚目のスタジオ・アルバムは、ジョン自身とスティーヴ・ジョーダンの共同プロデュース作品であり、批評家筋から絶賛を浴びた06年の『コンティニュアム』以来3年ぶりの新作となる。1970〜80年代のカリフォルニア・ロック/ポップの温もりとメロディとシンプルさを織り交ぜた『バトル・スタディーズ』は、告白調で肩の力が抜けていて、かつ解放感溢れるアルバムであり、レコーディグ場所はカリフォルニアの一軒家。ジョンは6カ月にわたってそこに住み込んでアルバムを制作し、仕上げの作業はロサンゼルスの著名なキャピトル・スタジオにて行なった。

アルバムからのファースト・シングル『フー・セイズ』は――社会的束縛に抵抗して――ひとりの人間が成し遂げられること、或いは挑戦できることの一般的な基準に異を唱えるものだ。『バトル・スタディーズ』はまた、『ハートブレイク・ウォーフェア』『アサシン』『ウォー・オヴ・マイ・ライフ』で普遍的テーマを描く一方、『ロック・ソング』と再解釈を施された『クロスローズ』(※)ではギターの腕を存分に披露。コラボレーションに積極的なこのギタリストは、音楽界において最も将来有望な新進アーティストのひとり、テイラー・スウィフトを『ハーフ・オヴ・マイ・ハート』のゲストに招いている。

「僕は時代劇に取り組む映画監督のようなスタンスで、音楽と向き合っているんだ」とジョンは語る。「『コンティニュアム』がR&Bとソウルに根差していたとすれば、『バトル・スタディーズ』では、トム・ペティやフリートウッド・マックやニール・ヤングのタイムレスさを意識しながら曲を綴ったのさ。メロディとメッセージは簡潔で、シンプルであるからこその効率性を伴う直感的なものなんだ」。
『バトル・スタディーズ』のリリースに続いて、2010年初めには北米ツアーも企画されており、間もなく詳細が明らかになる予定だ。その前にジョン・メイヤー・トリオ(ジョン・メイヤー、スティーヴ・ジョーダン、ピノ・パラディーノ)の貴重な公演が12月に2度行なわれる旨が、すでに発表されている(12月29日はサンディエゴのコプリー・シンフォニー・ホール、大晦日はラスベガスのハード・ロック・ホテル&カジノ内ザ・ジョイントにて)。

毎年恒例のジョンの“ホリデー・レヴュー”(※)を置き換える形で、これらのコンサートからの収益は退役軍人にまつわるふたつのチャリティ団体――MOM(Military Outreach Ministry Camp Pendleton)とNCIRE(Veterans Health Research)――に寄付される。MOMは、信教に関わらず若い軍人の家族を支援する非営利団体で、NCIREは復員軍人省と提携している最大規模の非営利研究機関。NCIREが取り組む多数の調査案件には、心的外傷後ストレス障害など戦闘に起因する傷害の、原因とその最良な治療方法が含まれている。

<ジョン・メイヤーについて>
言葉による表現とメロディを融合させる確かな才覚を通じてジョン・メイヤーは、本格的で尊敬すべきソングライター兼ミュージシャンとして、ポップ・カルチャーの世界において極めて限られたステータスを確立。称賛をもって迎え入れられた2001年のデビュー作『ルーム・フォー・スクエア』以降、アルバムを発表する度にさらなる評価を獲得してきた。03年の『ヘヴィアー・シングス』、05年のジョン・メイヤー・トリオのプロジェクト、06年の『コンティニュアム』を経て、今『バトル・スタディーズ』を完成させるに至り、彼はジャンルの境界を超越したミュージシャンかつコラボレーターと広く認識されている。このギタリスト/ヴォーカリスト/ソングライターはこれまでにグラミー賞に7回輝き、アルバム・セールスは世界合計で2,000万枚に迫る。

2007年5月に『タイム』誌は、毎年同誌が発表している、最も大きな影響力を誇る現代の思想家・指導者・アーティスト・エンターテイナーのリスト“TIME100”に、ジョンをセレクト。また『ローリング・ストーン』誌の年に一度のギター特集の表紙を、2年連続――初回は07年2月の“ギター・ヒーローズ”特集、2度目は08年5月の“現役の伝説的ギタリスト”特集で、同世代のギタリストやアイコンたちと共に彼をフィーチャーした――で飾っている。

幅広いアーティストたちとの共演は、コラボレーションを好むことで有名なジョンの顕著な特性だ。ロックからブルース、ヒップホップからジャズにカントリーまでを網羅して、エリック・クラプトン、B.B.キング、バディ・ガイ、Tボーン・バーネット、ハービー・ハンコック、ディクシー・チックス、ジェイZ、アリシア・キーズ、テイラー・スウィフトらと、ステージに立ったりレコーディングを一緒に行なったりしている。2005年にはジョン・メイヤー・トリオとして、ピノ・パラディーノとスティーヴ・ジョーダンというふたりの実力派プレイヤーとツアーとレコーディングを敢行したことは、ご承知の通り。3人のライヴ・アルバム『トライ!』は、焼けつくように熱いブルースとロックを突きつけた。『コンティニュアム』の時と同様に、ジョンは09年11月17日にリリースされる4枚目のスタジオ・アルバム『バトル・スタディーズ』でも、共同プロデュースを担当している。

※『クロスローズ』:ロバート・ジョンソンの『Cross Road Blues』にアレンジを加えた、クリームのシングル曲を指すと思われる。
※“ホリデー・レヴュー”:ジョンが07年から毎年クリスマス時期に行なっているチャリティ・ライヴ・イベント“Annual John Mayer Holiday Charity Revue”のこと。第一回の模様はライヴ作品『ホエア・ザ・ライト・イズ』に収録。

地下鉄MYSPACE
http://www.myspace.com/johnmayer


ジョン・メイヤー の情報はもちろん、プレゼントやアーティストの最新情報もチェックできるYO-CHECK(ヨーガク★チェック)の登録はこちらから!
http://yo.eplus.jp