来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[連載] ビークルヒダカトオルのLIVEに出る豆単!第30回はTHE CLASH特集![連載「LIVEに出る豆単!」]

――今回はクラッシュ。教授が最初に7インチを買ったバンドだとか。

ヒダカ:そう。実は俺人生で最初に買った7インチが、アリスの「ジョニーの子守唄」と、クラッシュの「THIS IS RADIO CLASH」なんだよ。多分洋楽のレコードってモンキーズを先に買ってるんだけど、シングルが欲しい、7インチが欲しいって思わせてくれたのがクラッシュで。

 

――いいエピソードですね。でも最初に聴いた時、パンクだって思いました?

ヒダカ:うーん、最初はパンク・ロックそのものがあんまりわかってなかったから、なんか広くロックとして聴いてた気がする。何よりジョー・ストラマーのルックスがそれだけでクールだったから。後からパンク・ロックにおけるクラッシュの立ち位置を改めて考えるようになって、それでまた感動したけどね。

 

つづきはこちらから
http://yo.eplus.jp

[豆単]ビークルヒダカトオルのLIVEに出る豆単!グウェン・ステファニー特集[連載「LIVEに出る豆単!」]

NO DOUBT/Gwen Stefani (ノー・ダウト/グウェン・ステファニー)

――今回はたっぷりありますよ。まずグウェン姐さん。

記憶を辿ってみれば、この人ってもともとこういうキャラじゃなかったんですけど。


ヒダカ:そう、我々の世代にとってはノー・ダウトの人ですから!
西海岸のスカパンクの流れから出てきたヒロインだよね。
でも思い返すとノー・ダウトでもネプチューンズ・プロデュースの曲(5th『ロック・ステディ』収録)があったじゃない?
あれが転機になったんじゃないかと俺は読んでるね。
それまではわりと能天気なパンク姉ちゃんだったわけで、でも恋人と別れ(注:ノー・ダウトのトニー(b)とグウェンはかつて恋仲だった)、だんだん大人になって、ネプチューンズっていう新しいサウンド・プロダクションを手に入れて一気にたくましくなった
その強さがあるからグウェンって嫌われないよね。
パンク畑の人からも全然嫌われないし、特に同性からの支持がすごい。
男性から可愛いって言われるだけじゃなく、きちんと同性の支持による基盤があって、だからこそ何やってもOKなんじゃないかニャ、と。
ファッションだけじゃなく、生き様、音楽的なところまで参考にしたくなるアーティストですよ。

つづきはこちら

http://blog.eplus.co.jp/worldride/ (PC)

http://kb.eplus.co.jp/index.php?b=worldride (携帯)


SPACE SHOWER TV[WORLD RIDE]
初回放送:毎週(月)23:00〜24:00
リピート:毎週(火)21:00〜、毎週(水)14:00〜、毎週(土)24:30〜

[連載]【U2特集】BEAT CRUSADERSヒダカトオルのライブに出る豆単![連載「LIVEに出る豆単!」]

第21回:U2特集!

――U2はみんな好きですよね。嫌いっていう人に会ったことがない。
ヒダカ:あ、そう言われるとそうかも。じゃあ俺は嫌いんなろう…あはは!

――教授は反抗期の子供ですか!?
ヒダカ:ニャハハ、スマソング・イズ・グッド! やっぱりアダグジもU2には非常に影響を受けてまして、思い入れはたっぷりありますY。一般的にはU2の名盤って86年の『ヨシュア・トゥリー』だと言われるんだけど、俺が最初に知ったのは83年発表の『WAR=闘=』。当時千葉テレビでやってた『テレジオセブン』っていう洋楽情報番組がありまして、そこで「ニュー・イヤーズ・デイ」のビデオをチェックスしたのが出会いですニャ。

つづきはこちら

[連載]ビークルヒダカトオルのLIVEに出る豆単!FRF特集[連載「LIVEに出る豆単!」]

9/25[MON]の「WORLD RIDE」は、FUJI ROCK FESTIVAL'06特集第2弾です。

Broken Social Sceneってのはまことに奇異なバンドでして、2人の基本メンバーBrendan CanningとKevin Drewを軸に、その友人達が任意に集まって毎回人数と形態を変えながらレコーディングやライブを行うんですよ、奥様。それでも、ライブやアルバム、曲自体の統一感はちゃんとあるんだから不思議…一見とっ散らかりそうなサウンドも、かつてREMやNIRVANAらが内包していたUSインディー的(カナダ・トロントが拠点ですが…)グッド・メロディーを携えたサウンドになってるんです!

つづきは

http://blog.eplus.co.jp/worldride/ (PC)

http://kb.eplus.co.jp/index.php?b=worldride (携帯)

[連載]ビークル ヒダカトオルのLIVEに出る豆単 第10回:“EPITAPH”[連載「LIVEに出る豆単!」]

Matchbook Romance

Motion City Soundtrack

8/7[MON]の「WORLD RIDE」は、EPITAPHレーベルの特集です。

 今回ご紹介してるアメリカ西海岸を拠点とするインディー・レーベルEPITAPH(エピタフ)は、我々BEAT CRUSADERSが2006年4月に東阪にて行われたイベント"PUNKSPRING"にて対バンした、アメリカン・パンク界のベテランBAD RELIGIONのギタリスト、ブレット・ガーヴィッツにより設立・運営され、いわゆる<メロコアの走り>のレーベルとして広く認知されていマシータ…自身のBAD RELIGIONはもちろん、THE OFFSPRINGRANCIDNOFX…代表的なアーティストを挙げるだけでも一目瞭然! 日本のパンク界に与えた影響も半端ないY! なレーベルなのドS。

つづきは

http://blog.eplus.co.jp/worldride/ (PC)

http://kb.eplus.co.jp/index.php?b=worldride (携帯)