来日アーティストの情報はヨーガクプラスでCHECK!

ヨーガクプラスブログは、最新の洋楽情報をいち早く皆さんへお届けします!
先行受付けやプレゼント情報などもお伝えしていきます!

このブログをケータイでも読もう!

http://yo-gaku.eplus2.jp/
URLをケータイに送信

http://yo-gaku.eplus2.jp/あるいは、ケータイで左の バーコードを読み取りアクセスして下さい。

ブログ内キーワード検索

最新の記事

カレンダー

<< 2016年09月 >>





1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新ヨーガク情報&ニュース

[連載企画]FUJI ROCKの作り方にSMASH代表日高氏登場![連載「FUJI ROCKの作り方」]

2006年のフジロックが終了して早1ヶ月以上。今年は10周年という節目の年だったが、終わってみて大将は今、何を思っているのか。スタッフ打ち上げ会場に潜入し、大将に話を伺った。

日高:「もう無事に終わって良かったなぁというくらいかな。まったくいつもどおり。前にもどこかで話したけど、10回目だからとかそういうのはぜんぜんないから。お客さんに楽しんでもらって、毎年無事に終わらせることが俺らの仕事。それができたかなぁと思ってるけどね

まったくいつもどおり。そんな中でも、10回目を意識させるアーティストはいた。

日高:「10回目ということで言えば、1年目の天神山で40分くらいで終了したレッド・ホット・チリ・ペッパーズが今回出て、あれだけのお客さんが集まってね。すごくいいショーだったと思うんだよ。俺は始めと最後しか観なかったんだけれども、彼らはものすごい気合いが入ってた。そういうのがひとつの象徴だったのかな」

つづきはこちら

モバイル版は http://kb.eplus.co.jp/index.php?b=makingfrf

[連載フジロックの作り方] UA×菊地成孔登場![連載「FUJI ROCKの作り方」]

UA×菊地成孔

「UA×菊地成孔」のコラボレーションがついに実現! アルバム『cure jazz』を7月19日にリリースし、8月の東名阪ツアーを前に、フジロック出演が初披露となる。過去に、UAさんは99年(GREEN STAGE)、01年(RED MARQUEE)、04年(ORANGE COAT)に出演。菊地さんは04年のUAさんのステージにサックス奏者として参加、主宰するDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENでは、02年(WHITE STAGE)、03年(ORANGE COURT)に出演している。まずは二人の、対照的なフジロックの過ごし方から語ってもらった。

UA:「フィールド・オブ・ヘヴンを拠点にして、だいたいあの辺にずっといる。フィールド・オブ・ヘヴンに、いっぱい友達が店を出してるから、あの裏あたりでだらだらして。食べ物もけっこう美味しくなってきたもんね。“縄”のおにぎりが美味しいよ。川では、子どもを連れていったら、ダムを作るっていうことになっちゃって、みんなでダムを作ったの。めちゃくちゃ水が冷たくてさ」

菊地:「めちゃめちゃ楽しんでるじゃないですか(笑)」

UA:「わたし、フジロック、すごい楽しんでるよ!」

菊地:「僕はね、UAさんとシンメトリーとるために極端に言ってるわけじゃないんですけど、一歩も出ないですね。僕、ホテルが好きなんで。苗場プリンスは、ユーミン(松任谷由実)の“SURF&SNOW”のコンサートだとか、とんねるずのライブとかのためにですね、行ってたんですよ、学生の頃」

つづきはこちら

http://blog.eplus.co.jp/makingfrf/(PC)

http://kb.eplus.co.jp/mobile/main.php?b=makingfrf(携帯)

[連載フジロックの作り方] ところ天国的作り方[連載「FUJI ROCKの作り方」]

『ところ天国』
荒木さん
平井さん
関さん
SMASH 松岡さん
SOLNA CAFE 小木さん

グリーンステージより奥に進むとき、そこを通らないと他の場所には行けない、一日に何回も通る道の途中に『ところ天国』はある。フジロックに来る人にはお馴染みのエリアは、2003年に誕生し、今年で4年目となる。スタッフの荒木さん、平井さん、関さん、SMASHの松岡さん、SOLNA CAFEの小木さんにお話を聞いた。

荒木:「もともとあそこでボードウォーク・キャンプをしてたんですよ。ここでなにかやったら面白いから、じゃあところ天を売りましょうって話があって。それを聞いて、しばらくだまっていた日高さんが急に「名前を考えた、ところ天国にする」って言って」
平井:「で、みんなに衝撃が走った(笑)」

ところ天国とは、ボードウォークの製作・補修のためにボランティアで来ていた人たちを中心に集まってできた、いわばお客さんから派生してできたエリアだ。最初に苗場でフジロックが開催されたときには、立ち入り禁止区域だった場所。そこに出店が決まったのは、フジロックまであと1ヶ月程の時期のことだった。

平井:「みんなで草を刈りましたね。あのエリアって、昔はあんなんじゃなかったですよね?」
関:「石ゴロゴロで、木も生えてて、草もいっぱい生えてるところを、メンバーみんなで整地から始めて(笑)」
平井:「そばで橋を作る工事があるじゃないですか。重機を使って。そのときに、でこぼこになってるところを「ショベルカーでちょっと叩いてもらえますか?」ってお願いして、ガーンガーン!ってやってもらった(笑)」
荒木:「とにかく最初は、広大なスペースにテント一個だけ立てて、ところ天とハンバーガーとお酒。あとコンビニをやったら役に立つね、って掘建て小屋みたいなコンビニを作って。長靴とか、生理用品や電池を売った」
松岡:「それから、トリノ・オリンピックのスキー男子回転で4位になった皆川賢太郎くんのお父さんがやってる、ペンション・ハイジが苗場にあるんですよ。そこの『ハイジカレー』を移動式の店舗型バスで持ってきてね」
荒木:「そういうことで、1年目は始まりました。あの年は雨がすごく降ったんで、長靴があっという間に売り切れた。途中で湯沢に買い出しに行って長靴を探し回ったり…」
関:「本当に直前にできたから、パンフレットにも名前が載ってない。ところ天国って看板を出してたかどうかも覚えてない」

つづきはこちら

http://blog.eplus.co.jp/makingfrf/(PC)

http://kb.eplus.co.jp/mobile/main.php?b=makingfrf(携帯)

[連載フジロックの作り方] Milburn(ミルバーン)登場!![連載「FUJI ROCKの作り方」]

Milburn

ミルバーン

a.)フジロックのことは知っていましたか?もし知っていたら、どんなイメージでしたか?

もちろん知っているよ。僕らのフジロックのイメージは、地球の反対側で、僕らが聴きながら育った偉大なバンドが皆出演するようなすごく大きなイベント、って感じ。フェスとしてはすごく魅力的なセッティングになるだろうな。


b.)野外で演奏するのは好きですか?

今までに経験はないけれど、今回その機会ができてすごく楽しみにしているよ。


c.) FRFではどんなライブにしたいと思ってますか?

上手く演奏して、いつかまた呼んでもらえるように良い印象を残したいな。

つづきはこちら

http://blog.eplus.co.jp/makingfrf/(PC)

http://kb.eplus.co.jp/mobile/main.php?b=makingfrf(携帯)